ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

2014年12月

BIGMAC CHANNEL

2014年12月30日

今年もありがとうございました。

E291A5DLARGE

 

 

本年も大変お世話になりました。

 

立ち上げ1年目の今年、

 
おかげさまで売上高、利益共に個人事業の時とは

大きく違う良い成績を残すことができました。

 

ビックマックに暖かく関わって頂いている皆様のお陰です。

本当に今年一年ありがとうございました。
広告代理業とリスティング広告の二本の柱を元に

ここ最近ではYouTube動画広告もしっかりと運用して

結果を残せる体制が整いました。

 

来年はもっともっとお客様に良い結果をお届けできるように

体制を整えて来年もスタッフ一同挑戦していきます。

 
自分の家の空き部屋を事務所にして一人でスタートした会社。

色んな人に反対されたり止められたり批判をされたりしました。

逆に応援してくれる人達もたくさんいました。

起業したことによって仕事を依頼して下さった数々の方、

事務所や仕事の環境を提供してくれた方、

励まし支えてくれた方、

僕の家族、

ビックマックスタッフ、

ビックマックスタッフの家族、

ビックマックのブレーンさん、

 

心から感謝しています。

 

みなさんの存在がなければ今の僕達はありません。

何年経過しようが忘れてはいけないし、

忘れない一年になりました。

 
今年僕が自分の手帳など毎日、

目のつくところに書いて意識し続けた言葉。

この言葉をみるたびに自分の未熟さや先輩経営者の

素晴らしさに気がつくことが多かった。

 


口は人を励ます言葉や感謝の
言葉を言うために使おう。

 

目は人のよいところを
見るために使おう。

 

心は人の痛みがわかるために使おう。

 

耳は人の言葉を最後まで
聴いてあげるために使おう。

 

手足は人を助けるために使おう。

 

人には、口・目・心・耳・手足という表現手段があります。

 

これをどんなふうに使えるかで人の印象は変わります。

 

悪く使えば悪く使われる。良く使えば良く使ってもらえる。

 
2015年はまた会社として個人として更なる大きな

目標を掲げています。

携わってくれる人達のためにより努力します。

 
皆様、良いお年をお迎えください。

 

平成26年12月30日 ビックマックスタッフ一同

BIGMAC CHANNEL

2014年12月27日

北風と太陽

北風と太陽

 

 

北風と太陽って話。

みんな小さい頃に一度は聞いたことがあるんではないでしょうか?

子供の頃はそんなに深く考えなかったけど、これは社会にでた時に

とっても大切になること。

 

僕は経営という立場にたつまでこの話の本質を理解していなかった。

「人」を動かすということを真剣に考えたことはなかった。

 

でも今は、この話にある本質の意味がわかる。

どうしても人を動かしたいのであれば、相手が率先して動いてくれる

方法を探すべきで、決して無理やり動くことを強要してはいけない。

仕事というのは大体の場合が複数の人間が関わることが多い。

自分以外の人間は自分の思うように自然に動くということはまずない。

そこで、どんな言葉でどんな仕事をどんな依頼の仕方で伝えるのか?

これで全てが決まる。

 

感謝の気持ちが伝わり、事の重要性が相手に伝われば相手は率先

してその業務について動いてくれるが、強引にこちらの都合を押し付ける

とどうでしょう?

 

■何でやらないといけないんだろう?

■これは今やる必要があるのかな?

■この人のためにやる必要はあるのかな?

 

相手はこんな感情がわきます。

これは、誰にとってもいい循環にはならない。

やらされ仕事です。

 

急な仕事や突発的な案件ばかりを常に言われていると

当然その依頼者のために尽くす気持ちはなくなります。

しかし逆に、いつも相手の状況や立場やスケジュールを考えた

上で案件を相談してくる人には自然と尽くすものです。

当たり前ですね。

 

何かに集中しすぎて周りが見えなくなっていたりすると

この当たり前のサイクルを忘れがちになります。

 

どれだけ忙しくて自分に余裕がなくても相手を思った

発言や行動を心がけていかないといけないなぁと思った

1日でした。

 

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2014年12月25日

なぜ思考。

naze

 

 

なぜって日常でよく思いますか?

 

なぜこの看板はここにあるんだろう。

なぜこの人は仕事がうまくいくのだろう。

なぜあの人にはできて自分にはできないのだろう。

 

日常にもなぜ?って思うことはいっぱいある。

ただ、物事に関心を持つか持てないかの違いだけ。

 

なぜ?って日常の生活で考える癖をつけるだけで、

世界は大きく変わるって知っていますか?

何も考えずに感じずに日常を過ごすのと、物事の理由を

考えて日常を過ごすのでは、「思考」が変わるんです。

 

自分にとって当たり前のことは、他人にとって必ずしも

当たり前ではないし、全てにおいて理由は何かある。

 

なぜ思考をずっと繰り返している人は、頭の回転が違う。

それは考えていない人より頭をフル回転させているから。

当たり前です。

 

1000円のものを500円で売るときに、考えてない人は

「特価」とか「お得プライス」とかを表現してしまう。

でも、そんな簡単に安売りのイメージをつけてしまうので

はなく考える人はどうするでしょうか?

安売りっぽくみえない表現をするんではないでしょうか?

 

我々が行っている、リスティング広告運用代行でもこの

「なぜ思考」はとっても大切なのです。

ユーザーの購買心理を考えずに広告を運用していても

必ずといっていい程、求めている結果はでません。

 

なぜ、このショップで買ったのか?

なぜ、この商品をこの時間に買ったのか?

なぜ、今日だったのか?

とかいくらでも考えて仮説立てることは可能なんです。

 

なぜ?から逃げずに向き合う人、そんな人に少しづつ成長

していけるといいな。

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2014年12月23日

クリスマス

20091225_591068

 

 

今年も、もうクリスマスですね。

12月は師走というだけあって本当に時間がたつのが早い。

街に出かけるとそこらじゅうでクリスマスソングが流れて

いたりサンタのコスプレをしている人がいたり、盛り上がっています。

 

うちは、毎年クリスマスまでが凄く忙しいのです。

お世話になっている会社さんのケーキを買ったり、御節の注文を

集めたり、もちろん仕事がパンパンだったり。

 

それもあと10日弱で終わると思うと何かやる気が湧いてきます。

 

年越しに向けて、門松やしめ縄を用意して準備を怠らず

しっかり来年に向いていこうと思います。

 

今年は、リスティング運用代行のご依頼や、ホームページ制作

のご依頼がとっても多くヤリガイを感じた一年でした。

どちらかと言うと初めてのお客様より以前にどこかで失敗した

けど再チャレンジでうちに相談をくれたケースが多かったです。

本当に僕達を選んでくれてありがとうございます。

 

お客様の「想い」にもっともっと応えていけるように組織力の強化

を進め、来年の年末にはもっと信頼されるような会社を目指します。

 

今日はうちのスタッフの家庭でもクリスマスパーティーが

行われています。みんなが幸せが一番ですね。

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2014年12月18日

愚痴

GUCCI

 

 

愚痴を言って特になることは一つもない。

これ、本当ですね。

 

そんなつもりがなくても相手を傷つけたり、

誤解されてしまったりもするし、愚痴をひたすら発する

人の周りには素晴らしい人格者は絶対に寄り付かない。

冷静に考えれば当たり前です。

 

愚痴をもらさない人は、愚痴がもたらすネガティブの連鎖

をそもそも知っているから発するだけ損だとわかっている。

しかし、会社の不満、友人の不満ばっかり口にする人には

同じタイプの人ばかり集まるからずっと抜けられない。

 

愚痴が多い人は、いい事は自分のせい。

悪いことは、人のせいのような思考回路なのかもしれない。

都合いいですよね、、、。

 

僕も愚痴を言うなと先輩経営者の方に注意されたことが

ありますが、本当にこの半年そんな発言はなくなりました。

それは意識しているから。

 

何も考えず思ったことを口にしていたら子供と同じです。

 

SNSなどでも、社会に対する不満や人の不満を

ぶちまけている人がいますが、何をしたいのか不明。

またどう人に思われたいのかも不明。

むしろその人の投稿で不快に感じる人の方が多いのに。

 

僕はそんな人に何かしてあげれるような人間ではないけど、

最近そんな人をみて、可哀想だなぁと思う。

誰も注意してくれない、誰も助けてくれない、誰も振り向かない

そういう状況を作っているのは、紛れも無く自分自身だという

ことに気がついてくれるといいのに。

 

自分の周りにそんあ人が増えないように、

まずは、自分が気をつけよう。

 

 

1 2 3