ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

2015年3月

BIGMAC CHANNEL

2015年3月31日

限界はない。

lgf01a201401191500

 

いつも間にか、自分の限界を決めたりしていませんか?

誰しも精神的に肉体的に追い込まれることはあると思いますが、

「限界」というラインを決めるのは、他の誰でもなく自分だけです。

 

僕が思うに諦めることは簡単なことで、その何倍も何十倍も何百倍も

「諦めない」ことは難しいこと。

自分のプライド、立場など色んな感情もある中で、諦めずにいること

は難しいことだけど、貫ける人はとても魅力的だ。

 

人生だから、いい時もあるし悪い時もあって当然です。

いい時には悩みも少ないけど、悪い時には悩みも多く物事を

投げ出したくなったりする時だって僕もある。

 

けど、結局は自分がどうありたいかだといつも思う。

諦めたらどれだけ気持ちが楽で笑顔でいれるか想像はつくけど

それは偽りだ。

諦めずにやりぬいた時に感じる感情のほうが数倍気持ちがいい。

こんな風に考えるようになったのはこの一年ぐらいかな。

 

従業員が増えて、責任や義務も増えたから毎日感じることも

変化してきたんだと思う。でもそれでいい。

自分が選んだ道だし後悔するには早すぎる。

 

いつの間にか、楽することより苦労を選んでいる自分が

いるのも気がついているけどそれが必ず自分の成長と会社の

成長に繋がると信じています。

 

経営者はお金をいっぱいもらい、いい服を買い、おいしい食事が

できて、綺麗な人と付き合えると思っている人たちも少なくはないと

思うけど、それは大きな間違い。

特に創業者は、みんなが見ていないところで人一倍のプレッシャー

を抱えて努力をしているもんです。

そうでないと会社なんてすぐにうまくいかなくなるし倒産する。

 

耐えて耐えて耐えること。これが一番の成長。

 

耐えた人にしか本当の喜びなんてわからないでしょ。

 

今日は東京に向かって移動している時に考えていました。

 

うちのスタッフに全てをわかってもらうことなんて不可能だと

思うしそんなことは望んでいないけど少しでも伝わるといいな

と思いました。

 

いま、とてつもなく悩んでいるわけではないですが、会社がうまく

いっているからこそ慎重に考える時間を今後も大切にしていきたい

と思います。

 

もう春ですね。

いい春になるようにスタッフ一同頑張っていきますよ。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年3月21日

売れる仕組み

czMjYXJ0aWNsZSMzMDA0NSMxMzg1MTUjMzAwNDVfeXhiY2tlc1VEcy5KUEc

 

売れるネット広告社の加藤公一レオさんから、

8年ぶりに出版した本を頂きました。

 

噂では聞いていたのですが、僕達マーケティングに携わる人間

として本当に参考になる内容でした。

レオさんのブログは前から読んでいるのですが、

あたりさわりない文章はほとんどなく、自分の意見を経験を元に

発言されているものが多かったので、好きでした。

 

今回の書籍でも全て言い切っています。

 

批判を怖がらず自分達がやってきたことを信じて覚悟して

書いていることにすごく感銘を受けました。

 

また、ダイレクトマーケティングについてもふれていて、

トータルでプロモーションを提案しているうちにとっても

モデルになる仕組みなど参考になったという所管です。

 

ブログも本もどこで誰が見ているかわからないですが、

スタンスに「ブレ」がない発言は本当にスッキリします。

 

福井で我々が開催しているインターネットセミナーにも

いつかお呼びしたいと考えていたので今回の接点が

何か嬉しい「縁」につながるように自分達も東京で動いて

いきます。

 

ちょうど、単品通販で悩んでいたタイミングでこの本に

出会えたこと運がいいと思います。

 

それではこのへんで。

 

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年3月17日

東京オフィスの準備

wallpaper0130020

 

いよいよ、4月から東京オフィスの開設です。

いや~楽しみでもあり大変でもあります。

そんな簡単に通用する場所ではないのもわかっている

けど僕には信頼できる優秀な仲間がいます。

 

パンフレットを制作したり、名刺を刷りなおしたり、

ホームページを変更したり、福井県庁の方とやりとりを

させて頂いたり大忙しになっています。

 

自分でその環境をつくっているんですけどね。

 

そもそも、「思わなければ叶わない」という言葉を僕は

いつも考えています。

目標もそうだし相手に対してもそうだし、「思う」ということ

ができていないのにそれが実現することはない。

たまたまのラッキーでさせ、思っていないと現実化しない。

 

僕達は、東京で何を残せるのか?

そして、自分達がどう成長できるのか楽しみです。

 

東京にはよくしてもらっている方々もたくさんいるので

その方々と近くでお話をできるようになるのも今から

楽しみにしています。

 

さて、怒涛の3月全力でいきますよ。

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年3月13日

ベースをあげること

l_106

 

今年も3月。

繁忙期の会社さんも多いのでないでしょうか?

お陰様でうちも日々忙しくてバタバタしております。

 

うちのクライアントさんにもよく相談されたりするのですが、

イベント時や繁忙期など明らかに売上が上がるタイミング

はどんな業種にもあると思います。

その時に集中的に広告を打ち込むケースが多いと思うの

ですが、僕は逆の考え方。

 

イベントやキャンペーンなど一時的に売上があがっても

それは長続きするものではありません。

何より会社の年間売上アップに繋がる行為は「ベースアップ」です。

ベースが上がれば会社の売上は安定するし一定のサービスを

お客様に提供することができるようになります。

また経営側も極度のストレスから開放されるのではないでしょうか?

 

ベースの売上アップのために見込客を集めて教育して既存客まで

引き上げる仕組みをつくりあげることが重要です。

見込客を集めるのに、インターネット広告や雑誌・新聞などの媒体を

使うだけであってそれらは手段でしかないことを売上を上げている

会社さんは知っていますよ。

今の時代、いきなり広告で購入させようというワンステップマーケティング

では難しいということです。

今、自分達の会社の売上を上げていくには、ツーステップマーケティング

を考えていかなくてはいけない。簡単にいうと見込客を既存客にあげる

仕組みが最も重要ということ。

 

どれだけ人はサービスに満足してもすぐ忘れる。

だから一度、二度三度のフォローや勧誘がうまい会社は業績を

抜群に伸ばしているんです。

 

「広告がきかないなぁ~」

「こないだ出稿した雑誌広告よかったなぁ~」

「リスティング広告って効果どうなんだろう?」

とか言っているうちは絶対に駄目ということです。

集客に問題があるのか、自社のサービスや「引き上げ」に問題

があるのかしっかり考えると広告手法も変わるものです。

 

大事なのは、ベースのアップ。

 

このために自社サービスを考えていくとネットでも店舗でも

売上はあがっていくと僕は実感しています。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年3月9日

雲や陰があるから

IMG_4418

 

成功や輝かしい活躍はクローズアップされやすいけど、

実はその光の裏に、「雲」や「影」もあることを忘れてはいけない。

 

喜びは苦しみを知っている人にしか感じることができないし、

苦しみも喜びを知っている人しか感じられない。

光があるから陰もあるのと全く変わらない。

人一倍の「影」を知っているからこそまぶしい光を放つ

ことができるのに近道ばかり選んでいてはそうなれない。

 

昨日の夕方、うちの愛犬を散歩に連れ出して、この「雲」を

みていて感じたこと。

 

facebookやLINEなどのソーシャルメディアで人は、他人に

知ってもらってもいい事実しか投稿しない。

どんなに輝かしく羨ましくあなたの目に映る人には

必ずといっていいほど「影」はある。

それを勘違いして受け取っていては本質は見えない。

隣の芝生は青く見えるけどいいことばかりじゃないということ。

 

ただ、光と影の出現バランスを調整するのに努力する

ことはできるんじゃないでしょうか。

 

■普段の発言

■努力を続けること

■人のために何かをすること

■自分以外の人を思いやること

 

自分に余裕がないと、思ってもないことを口にしたり

人にあたったり、人を傷つけたりします。

それは回りまわって必ず自分に何かしらの形で戻る。

不思議ですがそんなもんです。

 

自分本位ではなく、周りとの調和を大切に心がけ立ち振る舞う

ことは簡単なことではないけど、そこをしっかり保てるリーダー

にしか「人」はついてこない。

 

上辺だけの人間関係では強い信頼関係は築けません。

 

これからまだまだ「人」として成長しないといけないと

感じたいい時間でした。