ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

2015年5月

BIGMAC CHANNEL

2015年5月30日

本当の優しさ。

IMGP0737(2)

 

本当に優しい人とはどんな人なんだろう?

こんなことを考える機会に恵まれています。

 

・人に対して怒らない人

・いつもフォローしてくれる人

・相談にのってくれる人

・優しく話してくれる人

 

僕は、上記のどれも本当の優しさだとは思っていません。

上記の行動を他人からしてもらった時に優しい人だなと

感じていると本当に優しい人を見抜くことができなくなります。

僕もわかっていなかった。20代の時は。

 

僕が思う、本当の優しさをもっている人はこんな人です。

 

・相手に嫌われてもいいから正しいと思うことを伝える人

・どんな人にでも正面から意見を言う人。

・相手の成長を考えて時に突き放し時に助ける判断をする人。

・本気で人を叱れる人。

・自分本位でなく相手の立場で考える人。

 

人に嫌われたくないとか愚痴られたくないとか考えていたら

上記の行動はできないと思います。

みんなと仲良くでは達成できないこともいっぱいあります。

衝突を恐れていては本当に分かり合えることなんて難しいと思うし

恐れれば恐れる程、相手との気持ちの理解は遠のきます。

 

相手に意見を言うからには自分ができていないと言いづらい

ものですが、完璧なスーパーマンみたいな人なんていないでしょ。

だからチームや組織でそれぞれが補いあっていくんでしょうね。

 

組織をつくっていくことは本当に難しいです。

でもここ最近は苦しみより楽しみが増えてきました。

 

変化を恐れずに変化を楽しんでいきましょう。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年5月27日

向き合うこと、逃げること。

ws1000516

 

人間誰しもミスや失敗をします。

その時の状況によって素直に謝れることもあるし、

その状況から逃げたくなることもあります。

でもそのどちらかの選択をする際、自分の立場や責任をしっかり

認識している人は、逃げるという決断はしない。

 

ミスや失敗をしたら怒られたりするのは当たり前です。

そこから逃げていては状況は益々悪化していくし、

信用なんて勝ち取れるわけがないですよね。

 

僕が尊敬している経営者から教わったことで大きいと思うのも

逃げないことです。

怒られるかな?つめられるかな?とか色んな感情は湧いてきますが

逃げるより正直に相手に向き合うほうが後々の結果は絶対にいい。

「逃げ」から生まれる何かなんてないと思う。

 

結果がでないのは自分の努力が足りないから。

怒られてイラつくのは自分に心当たりがあるから。

主張ばかりするのは周りを考えず自分本位で努力していないから。

素直になれないのは人の意見に耳を傾けないから。

馴染めないのは、自分が馴染もうとしていないから。

 

こんなことを感じることが5月は多かった気がします。

何か自分の主張を通したいのであれば一番の近道は努力して

結果を残すこと。

 

それができないなら世間一般の義務や権利を主張してはいけない。

 

会社のこと、自分のこと、まだまだです。

おもしろくなってきましたよ。

 

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年5月15日

データは何を言っているのか?

デザイン

 

いきなり、夏みたいな暑さになってきましたね。

地球の気候は確実に変わってきていますね。怖い。

 

今回は、レポートやデータについて書きます。

我々のようなリスティング広告運用代行会社やSEO会社は

毎月のようにクライアント様にデータを集計したレポートを提出

しています。その際に疑問点や改善点などポイントについての

話をしますが、最も重要なのは、でてきたデータが、

「何を言おうとしているのか?」をしっかり考えること。

ただの結果の理解に終わっていてはいけません。

 

PCの画面上でわかることも、実際に紙に印刷したり自分で文章に

してまとめたりすると見解が変わったり理解が変わると思います。

 

データは単なる数字ではありません。

 

そこから何を読み取り、次に何に活かすのか?を考えないと

そもそも収集したデータが活きないのです。

 

ここ数ヶ月、Googleアナリティクスの見るべきポイントについてとか、

使い方についても相談を頂きますが、いつも感じるのは上記の内容

と同じことで、「意図をもって見ているか?」これにつきると思います。

何となくアナリティクスを見ていても何にもならない。

ましてや、リアルタイムで何人きているということに拘っていたり、

アクセスに拘っているのも意図や根拠がないと意味がない。

 

昨日、自社のリスティング広告運用レポートをみていて、

色んな事に気づき色んな対策が思いつきました。

そんな瞬間が最近は楽しくてたまりません。

 

BIGMAC CHANNEL

2015年5月14日

SEO1位が大切ではない。

PPC広告代理店   Google 検索

 

ここ1ヶ月くらい、「PPC広告代理店」という

キーワードでSEO1位をキープ。

けっこう多くの方から、色んな質問をもらうのでここに書きます。

 

1.PPC広告代理店でSEO1位ってどんなSEO対策やってるの?

 

2.PPC広告代理店キーワードで1位だと流入どれくらい増えた?

 

 

主に聞かれるのは上記の2つの質問です。

まず、何をやっているのか?その答えは地道な積み重ねです。

何か大きなバズをおこしてきたわけではなく、外部リンクに頼って

きたわけでもない。ただ毎日コツコツとサイト内にコンテンツを蓄積

してきたことです。昔から聞きますが「継続は力なり」そのままです。

近道ばかり選択するのではなく多少の遠回りを選択してでも地道に

施策を信じてやることが大切なのです。

 

次に2つ目に対しての回答。

これはSEO1位になった時に正直、期待しました。

結果は、期待していたほどのアクセス流入ではないというのが現状。

PPC広告代理店やリスティング広告代理店というキーワードにはかなり

多くの検索連動型広告が掲載されています。しかしそのキーワードで

本当に「悩み」をかかえた人がきているのか?冷静に考えると違うと思う。

本当に運用に困っていたり知識を取得したい人はもっと具体的なキーワード

検索を行うものです。これが本質だと思います。

自社の販売している商品やサービスでSEO1位をとることが

重要なキーワードもたくさんありますがうちの例を考えると

必ずしもそこが重要だとは考えにくい。

 

真剣に運用を悩んでいる方は、具体的にメニューや悩みを検索します。

「インフィード広告 ydn」

「リターゲティング 効果的な使い方」

「リスティング広告 どうやったらうまくいく?」

僕は悩んでいる人に適切で有益な情報をお届けすることが最も大切で

その際にみつけてもらえるかが鍵だと思っています。

 

単純に狙ったキーワードで1位というのが価値ではない。

大切なのは、誰に情報を届けたいか?じゃないでしょうか。

 

引続き、色んなキーワードで検証してまた書きます。

 

BIGMAC CHANNEL

2015年5月11日

時間配分

ppt041_1

 

時間配分について。

弊社では本日より日々の業務の時間割というか使う時間の割合を

大きく変えました。

 

何に時間をかけるべきで、何に時間をかけないか。

ここをきっちりすることで「結果」は大きく変わると思うからです。

仕事において「無駄」というものは無いと思いますが、

優先順位はあると思います。

弊社では最も優先するべき時間「考える時間」を最大化して

もっとクライアントさんのビジネスを理解することに集中して

いこうと思い時間配分を変えました。

 

相手のビジネスを理解しているレベルによって我々が行っている

リスティング広告運用代行は「精度」が変わります。

簡単なことです。ターゲットや市場があんまりわからないのに集客

施策を打ってもそこにターゲットがいなければ結果はでません。

けど、しっかり理解したターゲティングを行うことができれば広告の精度

は確実にあがり結果もついてきます。

業務は「手を動かすこと」に集中しがちですが、うちでは手を動かすこと

より「考えて答えや仮説を導き出すこと」を重要視しています。

 

相手の立場になるということは、相手を理解すること。

 

人は皆、自分本位です。

どれだけ自分を犠牲にしてまで相手を思いやる事ができるかが

後に大きな違いになるんではないでしょうか。

 

ここから1ヵ月、この仕組みがうまくいけばかなり結果も変わるはず。

 

楽しみです。

 

 

1 2