ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

2015年6月

BIGMAC CHANNEL

2015年6月27日

無料という落とし穴

8919573-六角メタリックな背景、金属製の紙の穴。ベクトル-イラスト

 

無料で○○をやるだけで儲かります。

みたいな打出しをして見込顧客を集めている会社は

世の中にいっぱいあります。

中には本当に無料で利益をだしてくれる会社もあるのかも

しれないけど、基本的にはそんな甘い話はない。

 

僕も起業して色んな人にあってきたけど、間違えないでほしい

のは優秀で結果がでるもの、誰しもが欲しがる素晴らしいもの

には「価値」があり決して無料や無償ではないということ。

 

無料で無償で全く自分が求めていた結果がでないくらいなら

しっかり予算を用意してその戦いに挑むべきだと思う。

特に起業したてでお金がない人、業績が悪くて余裕がない人は

「無料」という言葉に弱いと思うけどそれこそが「落とし穴」です。

 

自分に自信がある技術や商品はみんな「価値」を感じているから

無料や無償になんてするはずがない。当たり前です。

 

よく、ホームページを5万円で作ってくれる会社があるとかいう

話も耳にしますが、僕は絶対にそんなところに仕事を頼まない。

それはそれなりの出来しか想定できないからです。

 

しっかりした商品や技術にはちゃんと理由があって値段や価値が

決められているものです。安くていいものなんて大手企業しか

開発できないことは冷静に考えればわかると思います。

 

もっともっと自分のビジネスを伸ばしたいと思っている方、

無料や無償という言葉に簡単に騙されてはいけません。

 

本質を見ることです。

 

BIGMAC CHANNEL

2015年6月23日

中部・北陸ブロック2014年度下半期Yahoo!プレミアム広告1位受賞。

10985875_1636425873238414_8465657065080000248_n

 

YaHoo!さんに表彰いただきました

昨日は、Yahoo!中部・北陸ブロックの表彰式でした。
弊社が2014年度下半期のプレミアム広告部門で1位を受賞しました。
ちなみにスポンサードサーチはカルテットコミュニケーションズさんです。
縁があってカルテットコミュニケーションズの堤社長と
仲良くさせて頂いているので会場でもご一緒ができて
大変刺激になりました。

 

中部エリアの状況

表彰式の前にYahoo!JAPANのセミナーも開催されたのですが、
中部・北陸ブロックは昨年の倍のネット広告売上だそうで順調に
成長しているそうです。
まだ関東と比べると少ないものですが、少しづつこのエリアの
クライアントさんもネット広告を意識するようになってきた実感です。

 

11168538_1636447539902914_9173317700745636051_n

受賞の際に少しお話をさせて頂いたのですが、僕達が根をはり
成長してきたのは福井県です。
福井県には、99%と言ってもいいほど中小企業
がひしめいています。Yahoo!の全体広告比率では、
中小企業の2%しかまだネット広告を使っていないそうです。
ちょっと意外だけど本当です。

 

私たちの役割

僕達の役割は、この中部・北陸エリアの中小企業の
方々に最高のネットソリューションを届けることだと
再認識した時間でした。
日本の成長を支えているのは中小企業です。
僕達はその中小企業様のためにお力になれないのでは、
存在している意味がないのだと思います。
今年も半分を折り返しました。
残り6ヶ月、もっともっと多くのお客様に最高の
ネットソリューションをお届けしたいと思います。
Yahoo!さんいいキッカケをくれて本当に感謝します。
驕らず頑張っていきます。

 

BIGMAC CHANNEL

2015年6月19日

時間を有効に使う意識

lgf01a201310230600

 

時間は誰でも平等で限られています。

この限られた時間をどうやって自分なりにコントロールして

使っていくかで充実感は変わると思う。

 

6月は色んな新規案件に恵まれて走り回っています。

既存のお客様にも迷惑をかけてはいけないので今まで通り

打合せをさせて頂く中で新規の動きが激しいとさすがに

時間に追われます。

でもこの追われているのが成長する時間だと自覚できる

ようになってきました。

 

仕事ができる人は毎日遅くまで仕事をしているとは限らない。

本当に仕事ができる人は自分で時間と人をコントロールして

自分にも余裕ををもって仕事ができる人。

僕はまだまだです。

この1ヵ月、毎日遅くまで時間をかけてしまい自分のプライベート

が全くない状況です。いけないですね。

 

一つ一つの目の前の仕事は当然ですが大切です。

でも経営者という立場ではそれだけしていればいいわけではない。

しっかり会社やスタッフのことも見えるようにしないといけない。

この葛藤はずっと続くんでしょうね。

 

自分の敵は自分。

明日からも負けないように踏ん張ります。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年6月14日

日常から学べる。

20150614060211

 

日常のなにげない一部から発見があります。

 

週末にはうちの愛犬と毎週散歩するコースがあるのですが、

ついこないだ田植えしていたと思っていた苗がみるみる育って

いる光景に出会いました。

 

写真では確認できないけど、この1本1本の苗が生長するには

色んな自然の力があります。

水、太陽、昆虫、鳥、人、色んな外部要因が重なって「成長」

していけるんだと感じました。

自分が当たり前だと思っていることに一つも当たり前なんて

ないんだと思います。

 

会社も同じで、自分が成長させたわけでは全く無く、

クライアントさん、スタッフ、媒体さん、スタッフの家族など多くの

方の協力があって成長できていると改めて思いました。

 

感謝は絶対に忘れてはいけない気持ち。

 

明日からまた1週間、頑張っていきましょう。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年6月13日

温度感の違い。

free_texture_old_paper_stock

 

先日、ここ最近で課題だと感じていることを相談しました。

それは、営業の「温度感」と内部の「温度感」の違いについて。

 

凄くわかりやすくアドバイスしてくれたのでココに書きます。

 

例えば飲食店の場合。

料理に異物が入っていたり、オーダーメニューをだすのが

遅かったりすると全て怒られるのはこの場合の営業である

「ホールスタッフ」になります。

このホールスタッフが次から怒られないようにどれだけ

気をつけても自分の管理外のところで客に怒られます。

それは料理をつくっている人間と提供する人間が別々だから

必ず起こることなんです。

その問題を解決しないままでいると、ホールスタッフは気分が

悪くなりやがて限界に陥って退職を選びます。

 

防ぐにはどうしたらいいんでしょう?

 

ホールが普段どんな言葉を客にかけて、かけられているのかを

料理人が直接的に経験するしかありません。

実際の声を聞かないとどれだけホールが料理人に事実を

伝えても伝わらないのが現実です。

ホールは料理人のことを、料理人はホールのことを理解しよう

としないとこの溝は埋まらないです。

 

これは僕達の業種でも全く同じなのです。

 

営業は基本的にお客様と直接的な関わりがあるから

気持ちや戦略など明確に見えますが、それを第三者に

伝えるとなると100%は絶対に伝わらない。

だからこそ、うちのリスティング広告担当者も今後は

直接お客様の元にお伺いすることを決めました。

僕達のような会社は「チーム」であることを意識して

お互いの業務や悩み、苦労を理解しようとすることを

軽視していてはお客様にいい結果をお返しすることは

できないと思います。

 

的確なアドバイスいつも感謝しかありません。

いいことは必ず取り入れます。

 

 

1 2