ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

2015年11月

BIGMAC CHANNEL

2015年11月21日

インフィード広告×レスポンシブ広告

20151121092135

 

 インフィード広告とレスポンシブ広告

パソコン版Yahoo!JAPANトップページにレスポンシブが
掲載されるようになりました。【2015年11月2日より】
これにより広告在庫が大幅に増加します。
YaHoo!インフィード広告が配信された時にも大きな話題
になりましたね。過去の紹介記事→YDNインフィード広告

 

何が変化するのか?

インフィード広告とレスポンシブを両方使えることになった
ことでYahoo!トップページを2つのデバイスで抑えることが
可能になりました。共通の特徴は下記です。

■トップページだから多くのユーザーに見てもらえる
■記事になじむ広告だからクリック率が良さそう

またバナーのサイズもインフィード広告と全く同じサイズ
【300×300】【1200×628】なので両方の使い勝手も
いいと感じています。ターゲティング設定も従来の
インフィード広告と同じようにできるので是非試してみましょう。
おすすめは、リターゲティングからの使用です。

 

まとめ「何をしたいか」

どんどん今までに無かったメニューが登場しますが、
どれだけお金を使ってもターゲットに届かなければ
その広告は意味をなさないです。
誰にどんな広告を届けるかというターゲティングを重視
した上でメニュー選定をすることをおすすめします。

 

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年11月18日

やはり結果です。

メンズファッション秋服おすすめコーディネート2015年版

 

結果が全て

昔から親しくさせて頂いている福井の企業、
「株式会社ドラフト」さんがここ最近も本当に成長中です。
久しぶりに【メンズファッション】というビックキーワードを検索
したらSEO1位という凄さ。中々この辺のキーワードで
SEO1位を狙うのは簡単ではないし毎日コツコツと努力を
重ねていないとできないこと。
ちなみにサイトはコチラ→http://clubd.co.jp/wp/post-7633

 

何故1位をとれるのか、それは努力

我々もよく、クライアントさんにSEOのことを相談されたり
しますが今は外部リンクでの施策は全くオススメすることは
できないので自社にどれだけのリソースがあるのか?
が大きな課題になります。
外部リンク頼みの施策では、Googleのアップデートにて
評価を下げることが多いからです。
ブログや記事を更新したり、コンテンツのもつ力をどれだけ
信じて続けていくことができるかが一つの鍵になるんでは
ないでしょうか?

 

いつも前向きなチャレンジ精神

先日も社長の伊藤さんと2人で食事をしていて
今後の展望など話を聞きましたがほんとに
いつも良い刺激をもらいます。
無理だと思われていることに大きなリソースをさくことは
決断しづらいですが腹をくくってそこを信じてきた人しか
見えない世界もあるんだと感じました。
我々もドラフトさんに負けないように。日々努力です。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年11月15日

来期より新事業を始めます。

gatag-00012793

 

新事業をはじめるにあたって

今月で今期の終了ですが、新しい期が始まると同時に
新事業部を立ち上げる計画を立てています。
もちろんあれもこれもと手をだすと失敗することは理解して
いるのであくまで我々のメインサービスである
「リスティング広告運用」にも関連するサービスです。

 

新事業の目的

自分達だけで収益化できるモデルをこの一年探して
きましたがやっと見つけることができました。
「メディア事業部」として動かしていくつもりです。
何かのニュースサイトなどの情報サイトをつくるという
コストもかかるリスキーなものではなく、うちのスタッフを
活かしたサービスを構築できると考えています。
我々は「広告」というものにコミットしている会社なので
その軸をずらさないように気をつけていきます。
まだどんな形になるのか自分でもクッキリは見えて
いないのでここから2週間しっかり考えて可能性を
高めていきたいと思います。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年11月12日

一歩先へ

12239570_1033633463354647_4980850193281611454_n

 

2015年に積極的に取組んだこと

今年は、本当に多くのセミナーにうちの社員を参加させました。
自分の中で解決できない課題などを根本的に解決してくれたり
するのは、やはり外部からの刺激です。
県外にばかり出張なので経費はかかりますが、その何倍も成長
してくれる社員を感じるのは本当に幸せです。

 

東京での刺激

今日も、野村は東京。
少し不在が増えて寂しいですが来春に会社としても
大切なプロジェクトがありその完成度をあげるため
毎月東京でミーティングを重ねています。
信頼できるパートナーに出会えたことで状況は大きく
変わるんだと思いました。
プロジェクトを発表できる日が楽しみです。

 

注目ジャンルへの興味関心

野口と小玉は金沢に出張。
Facebook主催のセミナーに参加しています。
Facebookは終わったとか色んな人から聞くことも
ありますが僕達は全くそんなことを思っていません。
現在も進化を続けている媒体だしFacebook広告の
「ターゲティング精度」は本当に素晴らしい効果を
もたらしてくれます。更なる運用ノウハウを得る為に
二人には参加してもらっています。

 

12189611_809110485862010_1007172786051005783_n

 

何故、外部刺激が重要なのか

他と同じことをやっていては勝ち残ることなんて絶対にできない。
僕達はマーケティングを更に強化してお客様にもっと喜んで頂く
ため努力を続けます。
一歩先、二歩先をいくにはチャレンジが不可欠です。
いつも通りの日常では感じることのない感覚や環境が知らない
うちに自分の活力になったり「やる気」「負けん気」を増殖させて
くれるもんです。またその場での新しい出会いにも必ず意味が
あって何かしらの効果を生むことも多いのです。

 

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年11月11日

YouTube広告が面白い

 

YouTube unveils their new paid subscription service at the YouTube Space LA in Playa Del Rey, Los Angeles

 

YouTube広告がどんどん進化している

YouTubeの利用がどんどん加速している。
弊社への広告運用代行の問合せも昨年の一年間
と比べ物にならない量の数になっています。
媒体への興味や注目度が大きくあがっている
とうことですね。
色んな動画を閲覧したくてユーザーは
「YouTube」にアクセスするわけですが、求めている
情報がほとんどと言ってもいいくらい今は「YouTube」
にて動画を見つけることができる。それを理解している
ユーザーが単純に増えたという話。

 

YouTubeの利用目的は何だろう

・好きなアーティストの曲を聴きたい。
・社内のBGMに使いたい。
・お笑いの動画をみたい。
・人気のYouTuberのチャンネルを閲覧したい。
・料理の方法をみたい

などなど、上記で述べたように、
「ウォンツ」と「ニーズ」のマッチング制度が
非常に高いこと。
これは媒体利用者が増える上で
最も大切なことです。数多くの「ウォンツ」と「ニーズ」に
対応できるサイトであれば利用者も
相当数増加していくのは間違いないと見込んで
そこに自社の広告を掲載したいという
広告主が増えるというスキームになっている。

 

YouTube広告はどう考えるべきなのか

単純にユーザーがいっぱいいるところに広告を
流せばいいという話ではない。
リスティング広告と同じで、ターゲットにしっかり有益に
タイミングよく動画広告を届けないと無意味になったり
「うざい」と感じられてしまいマイナスの効果を生んで
しまうのも現状です。
初めの5秒でスキップされても企業名や商品名を
認知してほしいから最初の5秒をしっかり
作りこむだったり、最後まで動画を見てほしいから
最初のほうは内容が何かわからない動画
を流したいとか、色んな考え方が存在するんですが、
大切なことは僕は売り手の意図ではないと感じます。
それは何かを買いたいという目的で「YouTube」を
利用しているユーザーはほとんどいないと感じて
いるからです。

 

「ウォンツ」と「ニーズ」をしっかり考えよう

もともと温度が低い人に過度な売込みをしてしまっては、
上記で述べたような「うざい」と認識される
可能性が高いです。
売り手の目的にばかり焦点をあてるのではなく、
買い手の心理を考えた戦略が必要ではないでしょうか?
うちで行っている事例をここで書くことはできないですが、
買い手の「ウォンツ」や「ニーズ」を考えて動画広告
に挑んでいる会社さんの「YouTube」動画広告の
費用対効果は非常に高いです。
テレビに変わるメディアと言われている「YouTube」。
まだまだこれからが楽しみですね。

 

 

 

1 2