ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

2016年3月

BIGMAC CHANNEL

2016年3月27日

ブログなど自社情報の発信を継続するコツ

The trick to continue the transmission of the blog, such as its own information

 

自社のブログなど続ける上で困ること

自社の情報発信でブログを活用している企業は非常に多い。
しかし、ターゲット設定や目標、目的などを明確に情報発信を
しているブログは非常に少ないイメージです。
よく私たちに寄せられるご相談内容を今回はまとめたいと
思います。

情報発信について寄せられる相談の内容は、下記のような
ものがあります。

■そもそも何を中心に情報発信をするべきか
■誰に向けて発信したらいいのか
■ブログやSNSの何を使ったらいいのか
■何文字くらいで発信をしていったらいいのか
■情報発信継続のために情報をどうやって調べるのか
■情報発信の更新モチベーションをどうやって保てばいいのか

上記のような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
一気にすべてを解決することは難しいのですが、まずは情報を
整理することからはじめましょう。

1.情報発信の目的を明確にする
2.ターゲットを明確にする
3.どんな媒体を使うのかを決める

この3つを最も優先していくことをおすすめします。
この3つが固まっていない状態では全てがうまく回らなく
なることは間違いです。

 

どう考えて決定していけばいいのか?

まず、情報発信をしたいと思うことには理由があります。
理由はそれぞれありますが、下記のパターンがあります。

・自社店舗の集客をあげたい
・自社の認知度をあげたい
・自社の商品を多くの方に知って買ってほしい
・SEO対策で上位検索を狙いたい

など、それぞれ目的ややることは全く変わります。
ただ、前提として変わらないことは、情報を対象のユーザー
に読んでもらうことです。
どうでもよく、読んでいる人に全く有益でない情報を何で
発信しようが効果は全くありません。
情報発信の前提として、ユーザーにとって有益なものを
発信することを忘れないでください。

自社の情報をどんな目的でどんな人に届けたいという
ことが決まったら、次はどんな媒体で発信していくのかを
考える必要があります。

自社ブログ、無料ブログサービス、Facebook、Instagram、
Twitter、Google+、などこの他にも様々な媒体がありますが
あなたのターゲットが多く存在してそうな媒体を選択するべきです。
また、時代の流れは速いのですぐにユーザーは新しい媒体に移動
してしまうリスクも考えましょう。
毎日考えて情報発信していくのであれば、何かの外部要因で
溜め込んだコンテンツが無駄になることがないように考える
ことを私はおすすめしています。

特に私がそんな方々におすすめしているのは、
自社サイトでもブログを中心に情報を発信していくことです。
自社であれば外部からの要因をうけることは考えにくいですし
自社サイトが存在する限り溜め込んだコンテンツがなくなることは
ありません。いきなり、FacebookやTwitterがサービスを辞めると
なったらそれまであなたが溜め込んだコンテンツは全てなくなり
意味がなくなってしまいます。

そんなこと、嫌ではありませんか?

だから私は自社のブログをおすすめします。
ただ、自社のブログで情報発信していっても、あなたのターゲットに
そのコンテンツが見てもらえる可能性は低いです。
そこで情報拡散の手段として、FacebookやTwitterのような人気の
SNSサービスを使えばいいと思います。
媒体のユーザー移行が進んでも自社のコンテンツ発信の主軸を
ブログにおいておけば気にすることはないということです。

 

更新など継続に必要ことは?

情報発信の上で、多くの方が困るのが更新です。
更新して発信頻度を保つことが難しいのです。
ただ、私たちはどうやって情報発信を継続しているかを
今回はご紹介します。

・ネット上の有益な情報発信サイトの閲覧
・書籍を意識して読んでいく
・普段からネタを考えて生活する
・ニュースや社会の動きを自分事として見る
・業界の情報を徹底的に調べる

など普段からの情報収集を徹底的に行うことです。
それをやれないと、発信する情報は基本的になくなり、
自社のキャンペーン情報などを発信するよくある日記の
ようなブログに陥ってしまします。

ユーザーが有益に感じてくれる情報は何なのか?

ということを念頭に考えると、あなたの会社のキャンペーン
情報ばかりがそれだとは考えにくいですよね。
その情報をみて何かの参考になったり、共感できたり、
勉強になったりすることで何度もユーザーはあなたの情報を
見てくれて信用してくれるのではないでしょうか?

情報発信を継続していくには、固い意志がいります。
そのためにも目的をしっかり持つことをおすすめします。

BIGMAC CHANNEL

2016年3月24日

4月1日に新卒会社説明会を実施します

We will implement the new graduates company briefing on April 1

 

新卒向け会社説明会を行います

開催日が近づいてきたのでちょっと書こうと思います。
弊社では、今年から初めて新卒募集を開始しました。
昨年の夏までは新卒採用のことを全く考えていなかったのですが、
ある人との出会いがあってやることにしました。

今までは、中途採用で会社を拡大してきたので現在いる
スタッフは全員が中途採用です。
これまでは、即戦力が欲しいとばかり思っていましたが、
ある程度会社の組織や仕組みが構築されてきたのでこのタイミング
で新しい取り組みをすることにしました。

先日は、サンドーム福井で開催された新卒説明会イベントにも
出店して想像以上の学生に興味を持ってもらえたこと嬉しく
思っています。
イベントに向けてしっかり準備をしてくれたうちのスタッフも初めての
経験だったと思いますがミスなくやってくれて感謝しています。

お陰様で、4月1日に開催する会社説明会にも多くの応募を
頂く結果となりました。

あくまで私たちのようなベンチャー企業は、選択肢の一つだと
思うのでしっかり自分たちの想いを伝えたいと思います。

 

説明会で伝えたい内容

私が主に伝えたいと思っていることです。

・私たちが起業に至った経緯
・私たちを巡る環境
・一般的な広告代理店と私たちの違いについて
・私たちが販売しているもの
・現在までの業績
・これから会社が向かう方向
・2016年に予定している新事業
・会社の雰囲気やりがいなど

上記の内容を私が直接お伝えさせて頂こうと
考えています。今日もどうやったら皆さんにわかりやすく
伝わりやすいかを考えてプレゼン資料を作成しています。

福井県内、福井県外からも応募を頂くなんてあまり想定
していなかったのでその人達の貴重な時間を無駄に
しないような内容をお伝えします。

 

私が思うこと

三期目で新卒募集ができるまでになったのは確実にうちの
スタッフのお陰だと思います。
絶対に私一人では今の会社の状態は作り上げることが
できなかったと思います。

営業、マーケティング、デザイン、総務など弊社では4部門に
わかれて普段の業務を行っていますが、それぞれに別々の
役割がありうまく補い合っていると感じます。

これから新しい風をいれていきますが、自分自身が傲慢に
ならず相手の立場を考えて行動できる経営者になるために
努力を続けていこうと思います。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2016年3月23日

常に危機感をもって挑む

Defy always have a sense of crisis

 

常に危機感を抱かないと成長しない

安心、安全、安泰という状態ではどうしても人は傲慢になり
油断して本来するべきことに手をぬく。
安心や安全、安泰が欲しくて日々努力をするわけだが、
いざそれを手にいれたとたんにダメになる人がいる。

それは、危機感が欠落したから。

危機感を常に抱いていれば、毎日憂鬱だし楽しくないことも
たくさんある。だけど、慎重にミスがないように心がける
ことで物事はうまくいくケースが多い。

どれだけ大きな大企業でも、安泰はない。
そういう大企業でも業績を伸ばし続けているところの経営者は
常に不安だし今も努力を続けています。

 

危機感を維持する方法は?

他を知ることです。どれだけその地域で1番だろうが、
それは井の中の蛙状態です。
上には上がいるし、下には下がいる。
だけど、トップの者が下と比べだしたら終わる。

「あそこよりは業績がいいから、、、」
「あそこも売上落ちてるし仕方ないよね、、、」

など、全く危機感がない人の発言です。
比べるなら自分よりも上でなくては現状を打破するための
危機感は生まれるはずがない。

友達の会社の業績が不振だからとか、
知り合いの会社より自社の売上がいいからとかで自分を
安心させているだけで成長がないことに気がつきましょう。

広い視野で世界を見て、自分が知らないものを取り入れて
いくことがネクストステップに繋がるのだと私は考えます。

 

恐怖は時に人を奮い立たせる

追い込まれないと本当に自分の力を発揮できないと
わかっている人は自分のモチベーションを調整するのが
うまい人。危機感をうまくコントロールできる人と同じ。
毎日何となく暮らしていては、ただの時間の浪費に過ぎない。

上を目指せば危機感を保てる、
下を見れば安心を得られる。

どっちを選ぶかはそれぞれの自由ですが、
自分にしっかりと問いかけてみるといいと思います。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2016年3月22日

人はタイプによってかけられたい言葉が違う

People are different words that want to be multiplied by type

 

育った環境も性格も現在の状況も違う

人はそれぞれ全く違う人生の中でその人の人格は形成されていく。
育った環境や、友達や家族まわりの人だってみんな違う。
だから人によって嬉しく受け取る言葉もあるがそうでない言葉だって
当然存在してしまう。

「頑張って」
「期待してるよ」
「君ならできるよ」

などその人にとって良かれと思ってかけている言葉が逆に不信感や
反発を招いたりもするんです。
性格が全員同じならそれぞれの人によってかける言葉を変える
必要はないけれど、そうではないから人に言葉をかける時には
気をつかう必要がある。

 

共感や秩序、納得や勝ち負け

それぞれが向いている方向で嬉しい表現も言葉も違う。
共感を幸せに感じる人には自分がその人にいかに共感して
いるかをダイレクトに伝えるべきだし、秩序や規律を重んじる
人にはボヤっとした指示をださないこと。
納得しないと行動してくれない人には自分がだれだけ面倒だと
思っても納得して行動してもらえるだけの根拠を説明する。
勝ち負けにこだわる人にはその過程はあまり関係がない話なので
結果についてしっかり討論することが必要です。

うちみたいな人数の会社でもそれぞれ感じる価値は違う。

だからこそ、それぞれの性格を理解して接する必要があるし
その人に伝わる言葉を選ぶべきです。

 

個人を知ることはマネージメントに必須

私は今まで、個人を知ることをそんなに重要視してこなかった。
しかし、それでは組織のマネージメントが不可能だということに
気がつきました。

個人の能力や適性を理解しようとしていないのに、こちらの一方的な
指示を理解してもらえるはずはありませんよね。
そんな単純なことにすら中々気が付けないものです。

これからは、もっとマネージメントを重要視していく上でも、
うちのスタッフのことを理解していきたいと思います。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2016年3月21日

気分転換は必ず必要なこと

Change of pace it always necessary

 

気分転換に三国詰所にきました

ここしばらく考えることがすごく多かったので、一旦頭の中を
リセットしたくて環境を変えてみました。
福井県坂井市では、昔ながらの古民家を再生する事業を
この数年やっていて、その一つがこの三国詰所。
昔の柱などはそのまま、内装を現代風にアレンジしていて
とてもオシャレで気分があがる空間です。

一つの家を貸し切るような感じなので、自由に使えて
自分のプライベートスペースのようにリラックスできます。

地方にはこんないいプロジェクトをやっている場所も
あることをもっと全国の人に知ってもらえたらいいと
改めて思います。

 

環境が変われば気分も変わる

普段から同じ場所、同じ人、同じ考えでいると気がつかない
こともたくさんあります。息詰まった時にこそ、環境を変えて
みるのもいいと思います。

私はいつも何かに息詰まったり考え事に集中したい時には
温泉旅館や一人で旅行に行ったりして自分の頭の中を整理
してきました。

今もちょうど考えることがいっぱいあって逃げたくなるような
タイミングだったのでいいタイミングでお休みを頂けたことに
感謝しています。

この連休の間に頭の中をスッキリさせたいと思います。

 

休む時にはとことん休みましょう

考えるといっても、休みなので頭を休めることにも集中します。
一旦休めて空っぽにしないと新しいものも詰め込めないので
しっかり休んで整理したいと思っています。

温泉につかったり、ゆっくりお酒を飲んだり、おいしい食事
をしたり心と身体に栄養補給することでまた新しいパワーが
生まれてくるんだと思います。

みなさんも、連休しっかり遊んでしっかり休んでください。

 

1 2 3 4 5