ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

2016年6月

BIGMAC CHANNEL

2016年6月27日

社会人ほど勉強しなくてはいけない

I do not have to study about society people

 

学生時代の数倍努力が必要な社会人

幼稚園や保育園から始まる教育。
小学校、中学校、高校、大学を卒業すると社会人。
社会人になるまでに相当な時間を「勉強」に費やす。
しかし、社会人になると途端に努力を辞める人が
多い気がします。

学生のうちは、勉強することでお金がもらえるわけでは
ないですが、社会人になると今までの知識や経験や
アイディアで自分と勝負していかなくてはいけなくなる。

学生の時は、志望の大学や高校に入学するために、
必死で勉強したのに社会人になるとその必死さや
大切さに気づけない人がたくさんいる。

そんな状態で人より上を目指せるのでしょうか?

企業に勤めて賃金をもらい評価してもらうには、
ただ務めていればいいのではない。
入社1カ月よりも1年目、2年目と確実に進化して
いかなければ組織から離脱していく。

学生時代に「努力の大切さ」を学んだはずが、
努力もせずに会社の愚痴や他人のことばかり
見えるようではその人の成長はないと思います。

大切なのは、習慣にすること

私も学生時代にそんなまじめに勉強した記憶はない。
勉強する意味や目的を教えてくれる人もいなかったし
自分でその「WHY」を探そうともしていなかった。
今思うと心残りも多々あります。

しかし、学生から社会人になった時にその意図に
気がついてからは、欠かさず読書を欠かさずしたり
自分が成長できる環境をつくってきました。

習慣化すること

その重要性を学校教育では伝えたいのかも
しれませんが、伝わらない人がほとんどです。
学生生活が終わったら勉強は終わりではない。
そこからが寧ろ大切なスタートです。

社会人になったら自分が属する組織での
より専門的な知識や経験を積んでいくことで
社会から必要とされる市場価値のある人間に
なっていくんだと思います。

しかし、そこには学生時代より何倍もの
努力が必要だということを忘れてはいけません。
給与はその人の市場価値だからです。

「給与があがらない」
「なんであいつの給与だけ上がるんだ?」

など不満を口にする人もいますが、
まずは現実を受け入れることが重要。
会社はどうしても欲しい人にはそれなりに
見合った待遇をします。
給与や評価が上がらないのは人のせいではなく、
自分の責任だと感じることが大切な一歩なのです。

努力は人を裏切らない

努力

努力すれば何でも夢が叶うわけではありませんが、

その人の努力がマイナスに転じることはない。
そんな簡単な原理をまずは理解しましょう。

努力をしていない人より、努力している人に
チャンスは必ずやってきます。

上司から好かれている、男性に好印象、女性にモテる
からその人にチャンスがくるわけではありません。
その陰には必ず努力があることに気がつきましょう。

人によって、何が努力で何が努力ではないか?
という基準は曖昧です。
だから自分なりのルールを決めて取り組んで
習慣化すればいいのです。

・経済新聞を毎日読む
・ニュースを細かくチェックする
・セミナーに参加する
・毎日読書をおこなう
・健康維持のため運動を続ける

などなど人により努力の形は異なる。
結局のところ、努力をしている人しか
上には上がれないという話です。

地道な努力の積み重ねからしか、
大きな成果は生み出せないのです。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年6月25日

どうしても大切なことにだけ拘る

Stick only to absolutely important thing

 

何が大切で何が大切でないのか?

最近よく思うこと。
全てに拘るという人は、何が大切か自分でもわかって
いないとと思う。
大切なものを見極めている人は、大切にも優先順位や
判断基準がある。

例え自分の意見を通したくても、相手が苦しむこと
ばっかり注文していては相手は気分よく動いて
くれることは確実にない。

自分の意見が通ってスッキリするかもしれないけど、
相手にその発言や行動、押しつけは必ず残る。

果たしてそれは将来的にプラスになるかな?
果たしてそれについてくる人はいるかな?
果たしてカバーしてくれる人はいるかな?

全てに拘って相手に無理を押し付けることで、
生まれるものはマイナスでしかありません。
言い方、伝え方、態度、発言の全てが影響し
相手のイメージをつくります。

本当に上記の事実を理解できない人は、
一生、人という財産に困ると思う。

人は失敗からしか学べない

私は成功体験から学べたことより、
失敗体験から学べたことのほうが圧倒的に
多いと思う。

・人材育成
・営業戦略
・採用
・経営計画

など、今まで自分が踏み入れたことのない
世界でいきなり成功することは本当に
難しい。

ただ、言えるのは失敗は失格ではない
ということ。
失敗しなかったら気づくことができなかった
やり方、教育、計画など山ほどある。

失敗は最も成功に近いと感じること
だってあるんです。
だから失敗をその人自身がどう受け取って
次のアクションに繋げるかが鍵になる。

プロ野球選手だってそうです。
イチローなど素晴らしい選手でも成功率は、
3割です。10回のうち3回ですよ。

あれだけ努力している方々でもそうなのに、
成功が100%なんてありえないと思いませんか。

感情をコントロールしよう

自分の提案が通らない、
自分の進めたいスケジュールで進まない、
自分のことだけを考えてほしい。

上記のような感情を表にだす人がいます。
しかし、それは感情を出すことでうまく
いくのでしょうか?
その場はうまくいくかもしれませんが、
後で冷静に考えた相手はきっと嫌な気持ち
になり冷静になります。

他者が100%悪いことなんてありません。
きっと自分にだって原因があることの
ほうが多いのです。

自分の意見が多数派だと思っているから
物事に感情的になるし、議論ができない。
それは人格者とは言えません。

私も自分の感情を完璧にコントロールする
ことはできませんが、少なくとも自分の意見が
多数派ではないということは認識しています。

その気持ちがないと他者の意見を素直に
聞くことはできないと思います。

自分の都合やタイミングで物事を進めようと
しても結局は大切なものを失います。

それは、
【信用】【信頼】【尊敬】です。

ちょっと、残念なことがあったので書きました。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年6月15日

集客にばかり目を向けてはいけない

Do not direct the eye only to attract customers

あなたのサイト、穴が開いてないですか?

私たちは集客をメインとしている企業イメージですが、
実は集客と同じ、もしくはそれ以上に力をいれているのが
改善です。

多くの人は、集客さえうまくいけば売上が上がると
考えています。
でも実際は“サイトの穴”をみつけて改善してから
集客を強化したほうがスケールが早いのです。

■集客のためにチラシをやろう
■集客のために新聞広告やテレビCMをやろう
■集客のためにDMを送ろう

などなど集客にばかり目が向いていると
想像以上の損をすることが多々あります。

どれだけ集客を増やしても、あなたの店舗や
サイトに致命的な欠陥があったとすれば、
その集客は無駄にしかならないということです。

リアル店舗やウェブショップでもそうですが、
集客【最大化】と同時に改善【最適化】も
考えることが大事だということを忘れてはいけません。

探す

 

穴をみつけるには?

一言で言うと、徹底的にデータを集計してみて
問題点の仮説を立てることです。
ウェブサイトの改善点をみつけたいなら、Googleアナリティクスが
最も有効ですし、ヒートマップなどのツールも使い方や
見方によっては有効な手段になります。

リアル店舗で言うと、顧客アンケートや情報を元に
接客・配置・メニュー・POPなどを見直すことです。
こちらはデータというより如何に顧客目線で
時点の悪いところを探していけるかが鍵となります。

私たちは、多くのリプレイス案件を頂きますが
正直、集客に問題があることより既存の店舗や
オファーに問題があることのほうが多いのです。

如何に多くの方が集客に意識をとられてしまい、
改善を疎かにしているかが見えます。

広告を使って集客をしたりすることは、最大化していく上で
必要ですし、目に見えて効果が見えやすいというのは
私も気持ちがわかります。
しかし、地味な積み重ねの改善にこそ大きな
インパクトがあるのです。

細かいデータと戦って紐解いていかなくてはいけない作業は
時間もかかりますし、効果は直ぐには見えない。
だから多くの方が後回しにするのです。

新規顧客と既存顧客にも同じ考え方をもつ

上で記載している考え方は、新規顧客と既存顧客に
対する考え方としても重要です。

・新規顧客の獲得コスト
・既存顧客の獲得コスト

獲得コストを考えても、新規ではなく既存顧客に対して
アプローチするほうが獲得コストは下がります。
その理由は、何かしらの接点が既に存在しているからです。
あなたのことを全く知らない人より知っている人のほうが
物を買ってくれやすい、来店してくれやすいという話です。

もし、あなたのショップやサイトで新規顧客ばかり
追いかける施策をしているのなら、考え方を変えて
既存顧客に対するアプローチを考えたほうが絶対にいいのです。

既存顧客へのアプローチ

既存顧客へのアプローチとして私たちが特に力をいれて
いるのは下記のメニューです。

・DM
・メールマガジン
・リターゲティング・リマーケティング(追客広告)

上記の3つは非常に費用対効果のいい施策になるので
私たちは必ず行うことにしています。
もちろん、売込感の強いメルマガやDMは逆効果を
招いてしまうのでそれとは違うアプローチを行います。

自分が一度行った店やサイトを利用しなくなった理由を
考えることが何よりの近道ではないでしょうか?

私はいつも自分に置き換えて考えるようにしています。
ユーザー心理を無視した販促活動は決して
うまくいくものではないのです。
売れ行きが悪いからといって、売込ばかりされたら
誰だって嫌になるじゃないですか。

まとめ

地味な積み重ねにこそ、時間はかかるけれど
大きなインパクトがあるということです。
何でも近道なんてありません。
地道に続ける、諦めない人が勝つのです。

私たちの業界も大きな変革の時期だと思います。
集客ができるだけではお客様を成功に導くことは
できません。
改善という武器がないとこれからは厳しい時代に
なると思います。

BIGMAC CHANNEL

2016年6月12日

面白いプロジェクトがたくさん

Recycled calendar

 

関われる範囲が広がった

2016年も、もう半分が終わろうとしています。
年々月日が過ぎるのを早く感じるものですね。
この半年を振り返ってみると本当に多くの出会い
に恵まれました。

スタートアップのクライアントも多く、企画から販売
まで全てに関わることが増えたのです。
お店の立ち上げ、単品通販の立ち上げ、新商品の
プロモーションなど楽しみなものばかりです。

特に、東京や九州のお客様が増えました。
これは、出版があったことや東京で昨年一年の間、
活動して繋がった「縁」がでかいと思います。

無謀だとも言われたけど、東京にオフィスをだして
本当に良かったと思います。
もし、あのタイミングで我々が進出していなければ
今、私たちが手掛けている仕事とパートナーには
出会えることがなかった。

こうして振り返って一番感じること。

動くことでしか物事は進まない。

行動するかしないかは、気持ち次第。
いつまでも出来ない理由を考えているのか?
動ける方法を考えて動き出すのか?
思った時に行動しなければ絶対に後悔する。
それを一番感じた半年でした。

可能性がある事業は本当に面白い

地元である福井で様々な面白い事業を展開して
いる方々もたくさんいますが、東京で出会った
クライアントは少し規模感が違いました。

それは資金的なものではありません。
目標や夢です。
大きな目標や夢を叶えるために一緒にプロモーション
に関わらせて頂く責任は大きいけど、その先に見える
ものを一緒に見てみたいと思いました。

そこには不景気だとか、人口減少だとか
つまらないことを言っている人はいない。

人の責任、誰かの責任にして本質を見ていない
人は何をやっても伸びない。
リスクはこの世の中で仕事する以上、同じだ。

私は本気でこの人たちとずっと仕事をしたいと
心から思っています。
それが必ず自分たちの成長に繋がると確信
しているからです。

決して地元を安易にみているわけではない。
東京でしか得られない知識や経験を必ず地元の
クライアントさんに恩返しすると決めています。

東京での売上が急激に上昇すると共に、
私と副社長の不在は増えましたが、大丈夫。
うちには私たち以外の信頼できる仲間がいます。
信頼できる仲間がいるからこそ、動けるのです。

この夏が終わったら更にスピードアップ

シンガポール

 
そして、この夏が終わったら更に動きを加速させます。
シンガポール、バンコクなど自分の成長&会社の成長
のために、私は更に外に出ることを決めています。

そこで何を吸収できるのか?
それは自分次第ですし、無駄になるかもしれません。
でもどうしても見たい世界があるのがわかっている
以上は行動するしかないのです。

3年前から会いたかった人、尊敬している経営者、
その方々に触れることで私は変化したいと思います。

もっともっと、うちの会社を良くしていきたいし、
自分もまだまだ成長したいからとる行動。

またここで様々な変化をご報告させて頂きます。

お楽しみに。

BIGMAC CHANNEL

2016年6月7日

スタッフが僕に教えてくれたコト

The staff told me to me things

 

不感症の経営者は成功できない

自分一人で起業してそれなりに売上を上げていくことは
タイミングや商品・サービスの需要やニーズによって
うまくいくこともある。
それなりにうまく会社がまわっていると経営者は
“自分の力でうまくいった”と勘違いしてしまう
こともある。

しかし、個人から企業(組織)に成長した段階で
様々な出来事が経営者に起こることは、
これから起業する人に覚悟しておいてほしい。

会社の成長と共に経営者も成長していかなくては
一気に歯車が狂ってしまうことも少なくないから。

私が感じたスタッフに教えてもらったこと

・自分の力だけで会社が成長しているのではない
・自分は経営者として至らないことが多い
・スタッフのためと言って自分&会社本位
・家族の大切さを理解していない
・感情のコントロールができない
・発言に注意を払えない
・立場を弁えていない
・影響力を考えていない

全くマネージメントを意識せず、
ただ勢いだけで進んできた私は
上記の状態に陥っていたと思います。

上記のような状態では、誰もこの会社で
ずっと働きたいなんて考えないです。
今は、それがすごくわかります(笑)

一人一人社員が増える度に、私はコチラが
仕事を教えるものだと考えていました。
しかし、現実は違います。

もちろん教える基礎的なスキルもありますが、
経営者としてはスタッフから教えられること
ばかりなのです。

本当の意味でスタッフの気持ちを考えるということは、
同じ立場で同じ状況で同じ目線で
その人の気持ちになって考えることです。

その気持ちを持つことができれば、
今会社に必要なこと、必要な人材、必要な制度が
わかるようになってくるものです。

経営者こそ、謙虚さを忘れてはいけない

“謙虚であれ”という言葉を
聞いたことがあると思いますが、
私が最も大事にしている言葉です。

・自分が間違っていることは素直に認める
・間違っていることは素直に改める
・人に対して誠心誠意の心でつくす
・人の注意をしっかり受け止める

上記のような感情をもてるようになるには、
まず自分が謙虚でなければいけません。

会社経営がうまくいっていると、
人のアドバイスに耳を傾けなくなったり、
全て自分の意見が多数派だと勘違いします。

そこに大きな落とし穴があるのだと思います。

何事にも謙虚であれ

謙虚という気持ちがあれば色々な要素を
吸収できる可能性が高くなります。
また自分の間違いに気がつくことも増えます。

私がスタッフから教わった一番のことは、
自分に謙虚であれということかもしれません。

スタッフと正面から接すること

スタッフ

僕も元々はサラリーマンでした。
しかし、いつの間にか当時の気持ちを忘れていました。
自分が身をもって経験していたのに忘れるのですから、
経験がないなら余計に理解は難しいと思います。

休日のこと、制度のこと、待遇のことなど
自分がいいと思う方法を試していくこともいいですが、
私はうちのスタッフと相談の上で限りなく全員が
納得できるものを会社に取り入れていきたいと思います。

IT業界は、メールやチャットのような機械的な
コミュニケーションと勘違いされることも多いですが、
それは違います。

人と人のコミュニケーションです。

私にとって、私を一番成長させてくれるのは、
うちのスタッフです。

スタッフから信頼される人格を形成できるように
もっと努力していかなくてはいけないと思います。

私をこのような環境まで導いてくれた人達に
心から感謝しています。

 

1 2