ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

社長ブログ

BIGMAC CHANNEL

2016年6月7日

スタッフが僕に教えてくれたコト

The staff told me to me things

 

不感症の経営者は成功できない

自分一人で起業してそれなりに売上を上げていくことは
タイミングや商品・サービスの需要やニーズによって
うまくいくこともある。
それなりにうまく会社がまわっていると経営者は
“自分の力でうまくいった”と勘違いしてしまう
こともある。

しかし、個人から企業(組織)に成長した段階で
様々な出来事が経営者に起こることは、
これから起業する人に覚悟しておいてほしい。

会社の成長と共に経営者も成長していかなくては
一気に歯車が狂ってしまうことも少なくないから。

私が感じたスタッフに教えてもらったこと

・自分の力だけで会社が成長しているのではない
・自分は経営者として至らないことが多い
・スタッフのためと言って自分&会社本位
・家族の大切さを理解していない
・感情のコントロールができない
・発言に注意を払えない
・立場を弁えていない
・影響力を考えていない

全くマネージメントを意識せず、
ただ勢いだけで進んできた私は
上記の状態に陥っていたと思います。

上記のような状態では、誰もこの会社で
ずっと働きたいなんて考えないです。
今は、それがすごくわかります(笑)

一人一人社員が増える度に、私はコチラが
仕事を教えるものだと考えていました。
しかし、現実は違います。

もちろん教える基礎的なスキルもありますが、
経営者としてはスタッフから教えられること
ばかりなのです。

本当の意味でスタッフの気持ちを考えるということは、
同じ立場で同じ状況で同じ目線で
その人の気持ちになって考えることです。

その気持ちを持つことができれば、
今会社に必要なこと、必要な人材、必要な制度が
わかるようになってくるものです。

経営者こそ、謙虚さを忘れてはいけない

“謙虚であれ”という言葉を
聞いたことがあると思いますが、
私が最も大事にしている言葉です。

・自分が間違っていることは素直に認める
・間違っていることは素直に改める
・人に対して誠心誠意の心でつくす
・人の注意をしっかり受け止める

上記のような感情をもてるようになるには、
まず自分が謙虚でなければいけません。

会社経営がうまくいっていると、
人のアドバイスに耳を傾けなくなったり、
全て自分の意見が多数派だと勘違いします。

そこに大きな落とし穴があるのだと思います。

何事にも謙虚であれ

謙虚という気持ちがあれば色々な要素を
吸収できる可能性が高くなります。
また自分の間違いに気がつくことも増えます。

私がスタッフから教わった一番のことは、
自分に謙虚であれということかもしれません。

スタッフと正面から接すること

スタッフ

僕も元々はサラリーマンでした。
しかし、いつの間にか当時の気持ちを忘れていました。
自分が身をもって経験していたのに忘れるのですから、
経験がないなら余計に理解は難しいと思います。

休日のこと、制度のこと、待遇のことなど
自分がいいと思う方法を試していくこともいいですが、
私はうちのスタッフと相談の上で限りなく全員が
納得できるものを会社に取り入れていきたいと思います。

IT業界は、メールやチャットのような機械的な
コミュニケーションと勘違いされることも多いですが、
それは違います。

人と人のコミュニケーションです。

私にとって、私を一番成長させてくれるのは、
うちのスタッフです。

スタッフから信頼される人格を形成できるように
もっと努力していかなくてはいけないと思います。

私をこのような環境まで導いてくれた人達に
心から感謝しています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録