ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

プロモーション

BIGMAC CHANNEL

2016年7月28日

Facebook広告とInstagram広告を使う企業が増えている

A growing number of companies that use the Facebook advertising and Instagram ad

 

企業にとってSNSは重要

FacebookやTwitterなどのSNSが世の中に受け入れらえて
数年の月日が経ちました。
人々はSNSを情報源として利用したり、連絡手段として
利用したり様々な使い方をするようになりました。

人々の生活に入り込んだSNSを次は企業が宣伝媒体
として意識するのは当たり前のことです。
Yahoo!とGoogleだけが元々は独占していた
インターネット広告市場にSNS広告が登場して
凄まじい勢いで成長し拡大しているのが現在です。

我々もリスティング広告やSEO対策だけをやっていては
クライアントから必要とされなくなるのです。
現に昨年の春くらいから、Facebook広告やInstagram
広告、Twitter広告、YouTube広告の運用依頼が
後を絶ちません。

時代の流れを考えると自然なことですが、
ここから3年、5年はもっともっと大きな変化が起きて
いくのだろうと想定しています。

企業はどうやってSNSを活用しているのか?

あくまで私たちに対する依頼が多いという基準で
どんな取り組みが多いのかをご紹介します。

採用や求人としての活用

売り手市場と言われている求人市場。
景気や情勢が厳しい会社、行政が急拡大して人員不足
な会社はたくさんあります。
少しでも若くて有望な人材を確保するために、
ターゲットがよく使っているだろうSNS媒体にて
ブランディングや求人広告を多く活用しているのです。

店舗集客としてのSNS活用

特に多い利用は、飲食店さんやエステ、美容室など
店舗にお客様を集客したい人。
「忘れられないように」という意味でターゲットが
ログインする確率が高い媒体に一定の露出を
行うことでターゲットの脳裏に焼き付けるという
目的でSNS広告を利用している企業が多い
イメージです。
既存の4マス媒体(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)
より広告料金も割安なのと、自社が欲しい
ターゲットにターゲティングした上で広告を
配信できることが大きなメリットのようです。

オンラインショップとしてのSNS活用

オンラインショップのお客様もよく活用しています。
店舗集客ではないですが、使い方は店舗集客
と同じように忘れられないために露出する
企業も多いですが、Facebook広告や
Instagram広告にて新商品の案内やイベント
情報の告知により直接の販売を促す広告として
活用される方もいます。
リスティング広告以外の集客手段として
完全に認められたイメージです。

クライアント獲得のための活用

SNS広告はそのターゲティングの精度に
メリットを感じている方も多いです。
自社が情報を伝えたいターゲットに
ターゲティングして新規顧客の獲得の
ため利用しているパターンもあります。
我々も新規顧客の獲得のために、
Facebook広告を活用しています。

時代はどんどん進化するを理解しよう

 

Hands of clinicians working with liquids in laboratory
現在も、アップルウォッチやGoogleグラスなど
ウェアラブル端末が発表されたり、人工知能が
話題になったりしています。

「自分には関係ないことだ」
と思っていたら取り返しのつかない事態に陥る
と私は思っています。
テクノロジーの進化は今後も止まることなく
進んでいくでしょう。

昔からあったもの、昔はうまくいった手法など
当り前が当たり前ではなくなるのです。

物事を知っている人、知らない人では、
見える世界は全く違ってくるのです。
情報の価値は本当に大切なものに変わりました。
ただし、何の情報を信用していくのか見極める
力も同じように大切なことを忘れずに。

BIGMAC CHANNEL

2016年6月15日

集客にばかり目を向けてはいけない

Do not direct the eye only to attract customers

あなたのサイト、穴が開いてないですか?

私たちは集客をメインとしている企業イメージですが、
実は集客と同じ、もしくはそれ以上に力をいれているのが
改善です。

多くの人は、集客さえうまくいけば売上が上がると
考えています。
でも実際は“サイトの穴”をみつけて改善してから
集客を強化したほうがスケールが早いのです。

■集客のためにチラシをやろう
■集客のために新聞広告やテレビCMをやろう
■集客のためにDMを送ろう

などなど集客にばかり目が向いていると
想像以上の損をすることが多々あります。

どれだけ集客を増やしても、あなたの店舗や
サイトに致命的な欠陥があったとすれば、
その集客は無駄にしかならないということです。

リアル店舗やウェブショップでもそうですが、
集客【最大化】と同時に改善【最適化】も
考えることが大事だということを忘れてはいけません。

探す

 

穴をみつけるには?

一言で言うと、徹底的にデータを集計してみて
問題点の仮説を立てることです。
ウェブサイトの改善点をみつけたいなら、Googleアナリティクスが
最も有効ですし、ヒートマップなどのツールも使い方や
見方によっては有効な手段になります。

リアル店舗で言うと、顧客アンケートや情報を元に
接客・配置・メニュー・POPなどを見直すことです。
こちらはデータというより如何に顧客目線で
時点の悪いところを探していけるかが鍵となります。

私たちは、多くのリプレイス案件を頂きますが
正直、集客に問題があることより既存の店舗や
オファーに問題があることのほうが多いのです。

如何に多くの方が集客に意識をとられてしまい、
改善を疎かにしているかが見えます。

広告を使って集客をしたりすることは、最大化していく上で
必要ですし、目に見えて効果が見えやすいというのは
私も気持ちがわかります。
しかし、地味な積み重ねの改善にこそ大きな
インパクトがあるのです。

細かいデータと戦って紐解いていかなくてはいけない作業は
時間もかかりますし、効果は直ぐには見えない。
だから多くの方が後回しにするのです。

新規顧客と既存顧客にも同じ考え方をもつ

上で記載している考え方は、新規顧客と既存顧客に
対する考え方としても重要です。

・新規顧客の獲得コスト
・既存顧客の獲得コスト

獲得コストを考えても、新規ではなく既存顧客に対して
アプローチするほうが獲得コストは下がります。
その理由は、何かしらの接点が既に存在しているからです。
あなたのことを全く知らない人より知っている人のほうが
物を買ってくれやすい、来店してくれやすいという話です。

もし、あなたのショップやサイトで新規顧客ばかり
追いかける施策をしているのなら、考え方を変えて
既存顧客に対するアプローチを考えたほうが絶対にいいのです。

既存顧客へのアプローチ

既存顧客へのアプローチとして私たちが特に力をいれて
いるのは下記のメニューです。

・DM
・メールマガジン
・リターゲティング・リマーケティング(追客広告)

上記の3つは非常に費用対効果のいい施策になるので
私たちは必ず行うことにしています。
もちろん、売込感の強いメルマガやDMは逆効果を
招いてしまうのでそれとは違うアプローチを行います。

自分が一度行った店やサイトを利用しなくなった理由を
考えることが何よりの近道ではないでしょうか?

私はいつも自分に置き換えて考えるようにしています。
ユーザー心理を無視した販促活動は決して
うまくいくものではないのです。
売れ行きが悪いからといって、売込ばかりされたら
誰だって嫌になるじゃないですか。

まとめ

地味な積み重ねにこそ、時間はかかるけれど
大きなインパクトがあるということです。
何でも近道なんてありません。
地道に続ける、諦めない人が勝つのです。

私たちの業界も大きな変革の時期だと思います。
集客ができるだけではお客様を成功に導くことは
できません。
改善という武器がないとこれからは厳しい時代に
なると思います。

BIGMAC CHANNEL

2016年5月29日

福井でマーケティング職を極めていきたいならやるべきこと

Thing to do if you want to go extremely marketing positions in Fukui

 

マーケティング職で大切にしたい思考

ここ数カ月、“マーケティングのお仕事”という検索
キーワードでよくうちにアクセスがあるので、
もっと詳しく書こうと思います。
この時期、就職活動などで様々な業種を調べている
中でパッとイメージが沸かないから調べるのでしょう。
マーケティング職は毎日外に出て色んな人に声を
かけたり営業をする職種ではありません。
かっこよく聞こえるのかも知れませんが実際は直向きに
データと向き合う根気がいる仕事です。

大切にしておきたい5つの思考

・何故そうなったのか?理由を追及すること
・物事を根本から疑うこと
・仮説をたてること
・自分の考えが正しいと思わないこと
・臆病であること

私が弊社のマーケティング部署スタッフに常に
伝えていることは上記の5つです。
マーケティング職に最も大切なのは「思考」
だということです。
計算が早い、覚えるのが早い、タイピングが早い
など色んな特技があると思いますが、今までも
最も結果を残してきたのは他の人より考えて、
思考を大切にしている人です。

友達に、「何の仕事してるの?」って聞かれた時に、
マーケティングって答えれば聞こえはいいと思う
けど実際は根気が必要で派手な職種ではないと
いうことを認識しましょう。

どんなことを勉強していくべきなのか?

まずは、自分が検索して片っ端からリスティング広告、
SEO、Googleアナリティクス、マーケティングの本を
読むことが近道だと思います。

しかし、小手先の技術やメニューばかり覚えても
それだけでは伸びません。
先程も言いましたが【思考】なのです。

思考を磨いていくには、過去の偉人に学ぶこと
が必要だと思います。

・ドラッカー
・孫子の兵法
・日本の戦国武将

上記の3つのことが書かれている本では、戦略や戦術
など物事の考え方が学べます。
その人は何故そうしたのか?何を考えてその行動に
でたのか?何を想定していたのか?
など考え方思考の部分はマニュアル書籍では学べない
のです。戦略は歴史から学ぶのです。

人との出会いを大切にして知識と経験を吸収

MSセミナー

同じ目標や夢に向かって努力をしている人との時間は
必ず貴重な時間となりプラスになることが多い。
本やネットで知識を深めることも大切ですが、セミナーなどに
参加して経験者の話を聞くということもとっても重要です。

自分一人で考えていることが必ずしも正しいというわけでは
ないので他者の意見は必ずあなたに気づきをくれるのです。

体験しておくとプラスになること

・セミナーで経験者の方々と話すこと
・実際に自分で課題をつくり行動してみること
・自分のお金で経験していくこと

弊社のマーケティング部署でも昔はお客様の大切な予算を
誤って使用して効果をだせなかったり、無駄なメニューに
予算を使っていたころもありました。
それは、自分のお金ではないし当事者意識が低いから。
誰しも自分の稼いだ大切なお金なら大切に使うはずです。

リスティング広告、SEOなどウェブ集客に関わる人は
もっともっと当事者意識をもつことで成長すると
私は考えます。

マーケティングが出来れば未来は明るい

明るい未来

マーケティング職は、根気がいるし思考ができないといけないと
私は説明しましたが、逆にそれを出来る人が少ないという
事実にも気がつきましょう。
マーケティングスキルを身につけることで、必ず将来は明るく
なるしとても重宝される存在になれるのです。

言われた仕事をその通りやるのは当たり前。
言われた仕事をそれ以上に工夫してやれたら他の人より
会社やチームから大切にされるに決まってますよね。

データと向き合い、仮説を立ててアクションしてまた検証する
という根気が必ず成長サイクルへあなたを導いてくれるから
マーケティング職に私は大きな魅力を感じます。

もっと、マーケティングに興味をもつ人が増えることを
祈ります。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年4月30日

井の中の蛙になってはいけない

Do not become a big fish in a little pond

 

井の中の蛙の何がいけないのか?

井の中の蛙とは、文字通り一つの場所のことしか知らない
ということ。これは、ビジネスにおいても私は成長できなく
なる大きな要素だと考えています。

私もそうですが、気が許せる相手と話をしていたり食事を
しているほうが楽なのは当たり前です。
逆にそんなに関係性ができあがっていない人と話をしたり
することは数倍の気を使うし疲れます。
ただ、どちらが自分にとって成長できる時間かを考えた時は
間違いなく、楽ではないほうがいいわけです。

自分が楽な環境にばかりいると下記のようになります。

井の中の蛙のデメリット

・自分が見えている世界が小さいことに気がつかない
・知り合い同士だから斬新な発想ができなくなる
・情報源が少なく情報に乏しくなる
・仲間意識が強くなりすぎ他を冷静に判断できなくなる
・自分の知らない世界を否定する傾向になる
・他者の誹謗中傷を口にする

このように、狭い世界に委縮してしまうことで、本来は
自分にとって多くを吸収できることがあったとしても
そのチャンスロスを行うことが多くなる。
誰でも“楽”なのが一番だと思いますが、そこに成長はない。
成長したいなら色んな人に会って色んな話を聞くことを
大切にしなくてはいけない。
目的を見失ってはいけない。

あえて、井の中の蛙のメリットを考えてみても一部の人との
関係性が深まることぐらいで他に私にはメリットは、
浮かびません。

変わっていくにはどうしたらいいのか?

これは私が実践していることでもあります。
簡単に言うといかに多くの人に会い、多くの考え方、
行動を知ることです。
それは自分の中にないものもかなり多いので大きな
刺激になるのです。

■行ったことがないところに行ってみる
■会ったことがない人に積極的に会いにいく
■やったことがないことに興味をもつ
■使ったことがないサービスを使ってみる

など自分が体験・経験していないものをいかに
実際に自分に落とし込むかが重要です。
今まで考えもしなかったことが新鮮で新しい可能性を
みつけることができます。

自分を楽な環境におけば楽です。
しかし成長したいのなら自分から行動しなければ
何も変わらないのは当たり前です。

大きな世界を知れば今までの自分が歩んできた道も
今までより、明確に見えるのではないでしょうか?

道

自分が正しかったかどうかは、自分が評価することではありません。
他者に評価されていくものです。
ただ、自分が納得して進んでいくためにも色んな価値観や感性に
より多く触れることを忘れてはいけません。
これは私自身が体験して心から感じていることです。

アクションから全てがはじまる

1年前まで私たちは福井という地方都市でリスティング広告運用
のお仕事を徹底的にやってきました。
福井ではある程度のシェアになり、少し満足していた自分も
いたのだと今は思います。

しかし、東京にオフィスを設けると今までにない依頼や相談が
非常に多く柔軟に対応することが難しかった。
その環境で考えたこと、実際に行動に移したことが私たちを
大きく成長させてくれたと実感しています。

“自分の固定概念を壊す”

固定概念とは本当に怖いものです。
それは時に人や会社の成長を著しく悪くします。
遠くから見ているだけ、まわりから聞いているだけでは
わからないことがいっぱいあるのです。
実際に自分で体験し経験することを大切にしましょう。

地方から中央へ進出しようと思っている方へ

私たちが実際に経験して言えることは、中途半端な気持ちで
中央に進出することを辞めたほうがいいということ。
地方で成功したことが必ずしも中央で成功したりするはずがない。
更にブラッシュアップしたものでなければうまくいかない。

またこんな考え方では受け入れてもらえない

・うまくいけば事業が広がるかもしれないという考え方
・中央の人、地方の人という考え方
・中央に住所があればお客が増えるという考え方
・中央は人が多いから売上はあがるだろうという考え方

上記のような考えだったら確実に失敗する。
中央はそこで成功するだけの実力をもった会社が存在する。
そこに容易な考えで進出しても絶対に勝てることはない。
進出するからにはそれなりの戦略を投下しなくてはいけないし
辛抱する覚悟がないと簡単に根付くことはない。

中央

本気で戦えるだけの情報、経験、戦略を持ち合わせて初めて
勝負ができるのだと思います。
そのためにも、大きな世界を知ることは本当に大切なのです。

私たちのこれから

お陰様で私たちは順調に中央でのクライアントが増えています。
それは自分たちの強みを見出せたことが大きかったのです。
どこでも同じサービスが可能であれば私たちを選択してもらえない。
自分たちの強みがなければ中央で成功することはないのです。

私たちにとって、地方での需要と中央での需要は全く異なる
ものでした。地方では当たり前だったことが中央ではなく、
中央では当たり前のことが地方ではないというくらい違うもの
なのです。

三期目という段階でこの事実に気がつけたことが私たちの最大の
収穫だと言ってもいいと思います。

これからもっと強くしていくべき項目。
もっと補っていくべき項目。

いまは、しっかり見えています。

 

BIGMAC CHANNEL

2016年4月28日

売上アップするためにGoogleアナリティクスは重要

Google Analytics in order to sales up is important

 

オンランショップで売上を上げるために大事なこと

売上の構成比というものは、簡単に3つの構成になります。

1.客数をあげること
2.客単価をあげること
3.購入率をあげること

集客をあげたりしたいのなら手っ取り早いのが広告です。
特にオンランショップだと、リスティング広告ですね。
ただ、集客をあげてもお客様に必要な商品でなければ
購入してはくれません。
例えどれだけ素晴らしい商品であっても、その説明が下手くそ
だったらその素晴らしさは伝わらないのです。

私たちは、リスティング広告運用代行のお仕事をメインで
行っているのですが、実は最も重要指標としてみているのは、
“Googleアナリティクス”なのです。
その理由は私たちが使用しているツールの中で最も信頼性が
高い解析データを取得できるからです。
インターネットでの販売メリットは、購入している方、購入していない
方のキーワードや属性、行動傾向などデータで見れることです。
運営にとって大切なデータを収集できるGoogleアナリティクスを
利用しない理由がないですよね。
下記は、Googleアナリティクスを利用するメリットです。

ペルソナを具体的に仮設立てられる

ネット販売だけでなく、リアル店舗の販売でもそうですが自分が
商品やサービスを販売して購入してくれる人をより具体的に
描くことが大事になります。どんな人が自分の商品やサービスを
欲しているのかわからなくては売れるものも売れません。
Googleアナリティクスを使用することで、ユーザーの性別、
行動傾向、購入までのプロセスなどが明確になります。

状況把握がよりスムーズになる

リアルタイムでの集客やユーザーの行動が把握できます。
それによって、自社が求められていることやこれから必要に
なるコンテンツを導きだすことができるようになります。

リストを抽出できる

広告の管理画面ではできないユーザーリストを抽出できる
ことができます。〇ページ以上ページを巡回している人、
〇分以上ホームページに滞在していた人などをピンポイントに
リターゲティングで追客できるリストとして使えるのです。

より相対的な判断ができる

広告だけの集客を見ているわけではないので、オーガニック、
リファラー、など複数チャンネルの傾向を使うことができます。
広告ユーザーの傾向とオーガニックユーザーの行動傾向も
大きく違う場合があるので相対的なチャネル別のデータを
みることができるのは大きいと思います。

私が説明した項目はごく一部です。
伝えたいことは、Googleアナリティクスを使うことでより正確な
データを元に次のアクションにつながられるということです。

集客だけに目を向けてはいけない

どうしても集客にばかり目がいってしまう人が多いのですが、
例えば集客を2倍にすれば売上が2倍になるという話をいう
人もいますが、そこには莫大なコストがかかる可能性がある。
それよりもホームページの改善を行い、
CVRをほんの数パーセントでも改善したほうが私はいいと
考えています。
カート部分や、トップページ、下層ページなどホームページには
様々なページが存在するので、修正にかけた工数に対して
最もインパクトのあるものから順に施策をおこなっていく
ことをおススメしています。

集団

集客、改善、アクションをいかに効率よく繰り返していくのかを
考えることが売上アップへの近道だと言えますね。
100人が見てくれて、1人購入してもらえるホームページではなく、
100人が見てくれて、5人が購入してくれるホームページを目指し
ていったほうがいいということです。

Googleアナリティクスには大きなニーズがある

私たちのお客様でも多くの方がGoogleアナリティクスのデータを
大切に活用しています。
むしろしっかり活用している方しかビジネスを効率的にうまく
好転させている人がいません。

ビジネスで、何となくという勘の時代は終わったのです。

勘でビジネスを軌道に乗せることなんて、今は難しいです。
これだけ色んなマーケティングツールや解析ツールがある
のだから、それを有効活用したほうが打率があがるに決まって
いるのです。

私たちはこの事実に1年以上前から気がついたので、
社内マーケティングチームにも徹底的にGoogleアナリティクスを
使用するように教育しています。

■書籍
■セミナー
■ブログ
■資格

などなど多くの情報の中から自分たちにとってうまく使える方法
を日々模索しています。

これから更にこのGoogleアナリティクスに注力していくので
益々、広告運用の結果が楽しみです。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 18