ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

リマーケティング

BIGMAC CHANNEL

2016年4月9日

地方で需要があるYahoo!プレミアム広告

Yahoo! premium advertising there is a demand in rural areas

 

Yahoo!プレミアム広告とは?

国内のネット利用で誰もが知っている媒体は、
【Yahoo!JAPAN】と【Google】ですね。
人によって好みや用途が違うのですが、私の印象では
まだ地方ではYahoo!JAPANを使用している人が多いと思います。

私たちのようなインターネット広告(リスティング広告)運用会社に
は、運用型の広告の他にYahoo!JAPNプレミア広告への掲載に
対するご相談が多く寄せられています。
今回は、Yahoo!プレミアム広告の中でも実用性があり人気の
メニューをご紹介していこうと思います。

まず特に覚えておく必要があるメニューです。

Yahoo!JAPANブランドパネル

Yahoo!JAPANおよび、Yahoo!BBのトップページに掲載される
注目度が最も高い広告。数年前までは、全国一斉にしか掲載
することが出来なかった広告メニューですが、現在は特定地域の
ユーザーに限定して掲載が可能です。
特定した地域での高いインプレッション効果を与えることができます。
運用型のディスプレイ広告とはっきり違うのが
「インプレッション課金」という点になります。

文字通り、「ブランドパネル」なので、その企業やブランドの
認知度アップやブランディングに使用するクライアントが
非常に多い傾向です。
特に地方で使用する傾向にある業種では、テレビ局、
新聞社、イベント会社、結婚式場、求人サイト、車ディーラー、
大型スーパー、市役所などです。

地域にセグメントした場合最低出稿金額は、
55万円~最低掲載期間は
1週間というのも地域の中小企業にとっては使いやすい使用に
変わっています。
※最低出稿金額と単価は掲載地域によって異なります。

Yahoo!JAPANブランドパネル

 

Yahoo!JAPANプライムディスプレイ

トップページを除く、Yahoo!JAPANのあらゆるページと
パートナーサイトへ大型バナー広告(プライムディスプレイ)を
掲載できます。こちらもブランドパネルと同様で地域にて出稿
することが可能なメニューになります。特定した地域での高い
インプレッション効果を与えることが可能です。
こちらもクリック課金ではなく「インプレッション課金」
という点になります。

ブランドパネルより安価で、最低出稿金額は、10万円~
掲載期間は5日からというメニューです。
金額的にも地方の中小企業が使用しやすいものなので、
地方のイベントや新商品のアピール、新店舗オープン訴求など
に使用するクライアントが非常に多い傾向です。
エリア、時間、デモグラフィック(性別や年齢)、行動などより、
ターゲットを絞り込んだ訴求ができるのが
このメニューの強みです。

特に地方で使用する傾向にある業種では、美容室、飲食店、
イベント会社、結婚式場、エステ、車ディーラー、市役所、
小売店などです。ブランドパネルよりも更に使いやすい
プレミアムメニューなので、非常に問い合わせの多い
メニューになります。
※最低出稿金額と単価は掲載地域によって異なります。

Yahoo!JAPANプライムディスプレイ

事例

Yahoo!JAPANという信頼感ある媒体の目立つところに自社の
広告を掲載できるのが最もユーザーに信頼感や安心感を与える
という意味でも掲載するクライアントが多いのです。

 

プレミアム広告の使用用途について

私たちがプレミアムメニューを販売していて感じる傾向です。
ブランドパネルもプライムディスプレイに関しても似たような
使い方をしているクライアントが多いです。
使用用途は下記のようなものです。

・イベント告知
・特別番組の宣伝
・新店舗オープンの告知
・新商品販売の告知
・チラシ折り込みの告知
・キャンペーンの告知
・ブランド認知訴求
・企業ブランディング

ほとんどが上記のような用途での出稿です。
目的として、Yahoo!JAPANに掲載しているという信頼感を
アピールしたいクライアントが非常に多いです。
地方のフリーペーパーの情報と、全国版媒体とでは信頼感が
全く違うのは当たり前の話ですよね。

 

費用対効果を最大化する使用法

基本的にYahoo!JAPAN代理店機能をもっている会社であれば
上記のプレミアムメニューを使用することはできますが、
“せっかくのプロモーションだからもっと費用対効果をあげたい”
という方はうちのような運用型広告をメインで行っている代理店に
相談することをおすすめします。

弊社は昨年、北陸・中部エリアでトップの賞も頂きました。

その理由。
プレミアム広告は名前の通りプレミアムなメニューなので、
運用型広告と比べると費用が高いです。
せっかく高いメニューで集めてきた見込顧客を簡単に逃がしたくは
ないですよね?
その場合には、運用型のメニューである、リターゲティング広告と
組み合わせて運用することを私たちは推奨しています。
プレミアムメニューとリターゲティングを併用して使用することで
更なる接触を生み効果を最大化できるのです。
リターゲティング広告の解説はコチラ

普通の代理店でなく運用型代理店のワケ

一般的な広告代理店は、クライアントさまに、
“Yahoo!ブランドパネルがだしたい”と相談されたところで
私たちのような会社に相談するしかありません。
なぜなら全くもってインターネット広告の仕組みを理解していない
からです。既存4マス媒体に比べるとインターネット広告は
使用も多数あり複雑です。また凄く早いスピードで新しいメニュー
がリリースされる業界です。
専門的に知識を蓄積しているネット専業代理店でないとその変化には
ついていくことができないのです。

また、私たちのような専業会社に依頼する
メリットもたくさんあります。

インターネット専業代理店に相談するメリット

1.何を聞いてもすぐに解答してくれる
2.専業なので知識と経験が豊富だから安心できる
3.媒体と直接交渉できるから交渉が有利になる
4.効果を上げるために他のメニューもご提案できる
5.数値を基にした建設的な話ができる
6.ネット業界の最新情報がわかる
7.実績を基に効果的な運用を行うことが可能

他にも媒体と直接お話をして交渉できたり、
セミナーでメニューや魅力を説明してくれたり色んなメリットは
存在します。だから普通の代理店と明確に違うのです。
“広告代理店”と言っても、普通の広告代理店と、
インターネット広告専業代理店では全く知識や経験、販売している
商品まで違うことを理解しましょう。

「できる」という人と「使いこなせる」という人は
全く違うということです。

まとめ

 

matome

 

今回は、地方の中小企業さまから特にご相談が多い
Yahoo!JAPANプレミアムメニューをご紹介しました。

今まで取引がある広告代理店に相談したら「できますよ」
と言ったから、出稿したらいいメニューでないことは、
わかって頂けたかと思います。
インターネット広告メニューは通常の4マスメニューとは
比べ物にならない複雑で細かく構築されているものなのです。
専門知識をもたない人に任せても得られる結果は見えています。

方向性をしっかり示してくれる人を頼りにしなくてはいけません。
あなたの広告の目的、ターゲット、意図などに合わせて広告を
だせるのがインターネット広告なのに、
そこを疎かにしてはいけません。

信頼できるインターネット広告代理店を
しっかり探すことをおすすめします。

BIGMAC CHANNEL

2015年2月12日

ここ最近のPPC広告について

288

 

ここ最近、PPC広告に変化を感じます。

今までは、検索連動型広告にてコンバージョンを大量にとれて

いたWEBサイトが検索連動型広告にて決まりが悪くなってきた。

違った言い方をすると、CPAがどんどん高騰してきた。

これは凄く問題ですが、逆にとてもいい兆しもある。

 

それは、リマーケティング(追客)広告。

 

これだけ世の中に色んなECサイトがあると、

ユーザーは比較し簡単には購入しなくなる。当然です。

少しでも安いところ、サービスのいいところ、会員登録をしなくて

いいところで買うなど「買う」ことには色んな条件が必要。

そんなユーザーに効く広告がリマーケティング広告。

 

僕達は、数種類のリマーケティング広告を使い分けます。

それは離脱したユーザーによって離脱の理由が違うから。

価格なのか?商品力なのか?タイミングなのか?

それは当人しかわからないけど、迷っているユーザーに

最後の一押しを与えられる広告は、コレのみです。

 

これからのECサイトは、リターゲティング・リマーケティングを

うまく活用しないとどんどんCPAが高騰するのは間違いありません。

 

我々も更に制度を高めて他のリスティング広告運用代行会社と

大きな「差」をつけられるように努力します。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2013年7月31日

~ WEBサイト見直し ~

こんばんわ。
今日も暑い一日でしたが、皆様体力は大丈夫
でしょうか?
朝からいつも大変お世話になっているお客様のところで
WEBサイトリニューアル提案とソーシャルメディアの活用に
ついて議論させてもらいました。
「WEBサイトリニューアル」って皆さんどんなイメージですか?
多くの方は、デザインの変更をイメージすると思います。
デザインの変更も当然するのですが、サイトをリニューアルして
売上(利便性)が上がらなかったら意味がないです。
デザインがどんなに素晴らしくても見てもらえなかったら
どうでしょうか?
経費の無駄ですよね。
このクライアント様はECサイトを運営しいるので
我々は、リニューアルとして一番重要に考えたのは
デザインではなくて、、、
「リピートや再来訪&再購入を上げること」です。
ここには色んな仕掛けがあるので明かせませんが
ファンの増加や再来訪を増やしたいのです。
新規のユーザーはある程度、リスティング広告やディスプレイ広告
で誘導できますが、せっかくサイトにきても約半分の来訪者は
サイトから離脱します。
この離脱率を抑えるにはストレスのかからない誘導や導線が必要に
なってきます。この全体の仕組みを整えていくことが重要なんです。
また、商品を買って頂いたお客様に対するフォローも再購入には
大切な仕組みになりますね。
上記のように、一般の人が感じるリニューアルと実は全然中身が
違うリニューアルが今後は多くのお客様のサイトで必要かと思います。
商品力だけで売れる時代は終わりました。
見せ方や打出し方に工夫しないと競合犇めくWEB販売は勝ち抜けません。
安いから便利だからユーザーは物を買うのではありません。
その商品が欲しい!!必要だから商品を買うのです。
これからも、第三者の視点を持ち提案できるように日々色々な
サイトを見たりして日々進化したいと思えた時間でした。
※○○専務、必ず今までで一番のサイトに仕上げます。
いつも我々を信じてくれて感謝してます。

BIGMAC CHANNEL

2013年7月27日

~ MicroAd BLADE社 ~

こんばんわ~。
今日からダイエットのためにお客様のところの「ごまどうふ」
を2週間分まとめ買いしました。
しばらく夜は、ごまどうふ一本という自分との戦いに入りますw
しばらく続けて結果は報告しますね。
皆様がインターネットプロモーションで比較的耳にするのは
リスティング広告、Adwordsなどの言葉だと思います。
「DSP」という言葉はご存知ですか。
今日は、DSPの一つでBLADE社について。
最近、ある案件で仕事を依頼したのをきっかけに知り合った
会社ですが、一言で言うと、
「ターゲティング広告のプロ集団」です。
国内最大級のアドネットワークを使いターゲティング配信をして
クライアントサイトへきたユーザーを追いかける「リターゲティング」や
ネットワーク内に存在するサイト来訪ユーザーを追いかける
「オーディエンスターゲティング」を主に得意としています。
サイト来訪ユーザーの分析結果を基に緻密なターゲティングにて獲得客を
増やそうとするのでお客様にとっては非常に使える会社です。
大手企業のターゲティングも経験をもっていて、
「通販」のお客様に僕はおススメです。
YaHooのヤフーディスプレイネットワークやGoogleのターゲティングとは
違い、購買に至る可能性があるサイトに広告を打ち獲得できるか検証して
くれるので効率のよい運用ができるのです。
先日、担当者と打合せさせて頂き福井にはまだ絶対ない会社だと思いました。
しかし今後はリスティング広告のみでパイが決まっていくので
リピートを増やしたり、新規顧客を獲得してくるこのような会社は全国的に
も増えて成長していくと思いますね。
景気が悪いとか景気のせいにする方も存在しますし、
決して否定するわけではないですが、
僕の知っているIT企業は日々成長しています。
これから需要のもっと高まる業界に参入するのもいいかも?
とかも考えるくらい魅力的な技術や知識をもっている事は立派な
武器ですね。
僕も、僕にしかできないサービスや技術を身につけないと圧倒的に
強い会社にはなれないし、まだまだ勉強が必要です。
最近は、完全にオーバーワークぎみなので真剣に人材のことも考えて
います。会社の最大の財産は「ヒト」ですしそこに投資する
タイミングかなぁ~と悩んでいます。
早めに行動をおこしたいと思います。