ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Bigmac代表の熱血奮闘記

動画

BIGMAC CHANNEL

2016年1月17日

YouTube広告でブランディングをする

YouTube広告でブランディングをする

 

YouTube広告でブランディングするとは?

昨年の夏くらいから、YouTube動画広告を使用して
企業ブランディングをしたいという企業が増えています。
それには下記の理由があると思います。

1.配信コストが安い
2.テレビと違ってターゲティングができる
3.ターゲットに対して接触回数があがる
4.若いターゲットに自社の広告を届けられる
5.運用後の効果検証ができる
6.エリア別に配信できる

など他にも理由はあると思いますが、YouTube動画広告
を使いたいという企業様は、何と比較してYouTubeがいいと
判断しているかは明確です。それは「テレビ」です。

テレビに力が無くなったと考えているわけではないのですが
配信コストが大きく違うことや、ターゲティングができること
はとても大きな要因だと話を聞いていて感じます。
時代の変化もあって、10代~30代の男女が情報を収集
する媒体が変わったこと、生活スタイルが変わったことも
しっかり認識されている企業様はどこにターゲットがいて
どこに自分達の情報を届けるべきなのか?をしっかり考えて
いる傾向です。

 

どんな企業がYouTube広告を使うのか?

もちろんどんな企業様でも使用することは可能ですが
私たちに寄せられる相談のほとんどは下記です。

・全国に動画を流して「認知度」をあげたい
・月々のテレビ広告の予算をYouTube動画広告にシフトしたい
・限定した地域で若年層にだけある商品を刷り込みたい
・あるエリアでに認知を最大化するために使用したい

など実際に店舗をもっている企業様からの相談が多い。
もっとオンランショップをもっている企業様からの相談が多いと
予想していたのですが、現状は違っています。
テレビだけで獲得できていないだろう顧客をYouTube動画広告
を使って獲得したいというニーズが多いというイメージです。

 

2016年はどうなっていくのか?

動画広告をやりたいと言っても、一つ踏み込む時にネックに
なるのが動画を作る制作費です。
制作費が高いから中々踏み込めないというような企業様も
たくさんいます。しかし、昨年も安くてクオリティーの高い
動画制作サービスを提供する企業が多く誕生しています。
それによりこのハードルは下がってくると予想しています。

また、普段から都心や地方でもテレビCMを使っている
企業がどんどんYouTubeを試す機会が増えるのは
間違いないと思います。

みんながやりだすとそこは競合も参入して大変な競争が
生まれますが、まだそんなにYouTube動画広告を効果的に
使用している企業が少ない今こそチャンスと言えるのでは
ないでしょうか。

ぜひ、2016年は動画でチャンスを掴みましょう。

 

BIGMAC CHANNEL

2015年10月26日

長くずっと使えるという価値

83315716_th

 

価値の変化

僕が大人になるにつれどんどん日常のスピードが
上がっていくのは当然ですが、私たちの「消費」のスピード
も凄く早くなっていると思ったことはありませんか?
今年の正月にブレイクしたお笑い芸人は来年には
誰も興味を示さなくなる。今年の冬に流行った衣類は、
来年にはみんなまた新しいものに切り替える。
今年の冬によく使ったおもちゃは、来年の冬には使われず
物置の片隅にしまわれる。こんなスピードで私たちは「モノ」
を「消費」しています。

 

価値はどこに向かっているのか

すぐに消費されるものに「価値」がないのか?と言えば
そうではないけど、その逆にも目を向けたいと僕は思う。
長年、多くの人々に愛されてなくならないもの。
そこにはこの現代の消費スピードにのらない何かしらの
「価値」がそれぞれあるんだと思う。
他の製品より便利、他の製品より丈夫、他の人より
受け入れやすい、他の人より落ち着くなどそれぞれの
価値観は違うから一概にはいえないけど、
必ず消費スピード「ブーム」にはない価値がある。
「ブーム」を巻き起こすことは難しいことだけど、
「長く愛される」ことのほうがもっと難しいと思う。

 

ブームではいけない

我々、Bigmacでは、リスティング広告、
YouTube広告(Trueview広告)、Facebook広告、
Instagram広告という商品を扱っているが扱って
いるという「ブーム」では直ぐに終わりをむかえる。
その商品の価値を自分達が理解して、多くの人にその
価値を伝えることができなければいけないと思う。

長くずっと使ってもらえる。
一番難しいことだと思うけど、目指して努力していかない
と絶対に届かない領域。
簡単じゃないから、面白いんですね。

 

 

BIGMAC CHANNEL

2015年2月14日

YouTube動画広告の可能性

動画 アイコン movie

 

昨年末から、本当に相談が多いのが、「Trueview」。

それだけYouTubeを閲覧する人が増えたということ。

 

YouTube動画広告(TrueView)の特にいいところは、

1視聴単価がテレビと比べてすこぶる安いこと。

福井県内だと、1視聴5円~9円でいけてしまう。

しかも、広くリーチすることもできるし、ターゲティング

をして配信することも可能です。

 

ここ十数年、テレビCMが不動の広告媒体でしたが、

現在このTruwview広告によって大きく変わろうと

しています。

 

こっから一年、どこまで需要が増えるのか、

僕達もすごく楽しみです。

 

時代は、進化し変化する。

 

いつの時代も。

 

BIGMAC CHANNEL

2014年11月26日

福井でのYoutube動画広告効果。

youtube-adds-creative-commons-content-to-video-editor-e9d304406e

 

 

先日、YouTube動画広告の福井での需要について

書きましたが、今回は効果について。

お客様の運用データを公表することはできないの

ですが、色々話せることもあるので書きます。

 

1.福井の人はYouTubeってみるの?

答/はい。凄く多くの方が利用しています。

 

2.YouTube動画広告最後までみる人いるの?

答/はい、これもたくさんいるんです。よく知られているのは

TruView広告という動画広告なんですが、5秒でスキップせずに

最後まで見る人はテレビより圧倒的に多いのです。

 

3.実際にWEBサイトに繋がるの?

答/はい。動画の再生後にWEBサイトにクリックしてきてくれる

ユーザーもいっぱいいます。動画を見た上で興味が湧いて

WEBサイトに飛んできてくれるので温度間も高いですよ。

 

4.YouTube広告でどんなことができるの?

答/それが凄いのです。自社のサイトを見た人がYouTubeをみた

時に自社のYouTube広告を配信できたり、年齢、地域、趣味&関心

にわけて配信ができます。セグメントやプレイスメント機能も

素晴らしく有効に使える媒体ということです。

 

運用をしている、我々Bigmacとしても今後YouTube動画広告には

大きな可能性を感じています。

他の広告より圧倒的に安い視聴単価で狙ったターゲットに

動画コンテンツをみせることができるのは使い方をしっかりできれば

大きな費用対効果を生めるものだと確信しています。

もちろん、むかないジャンルもあると思いますが。

 

媒体は常に進化しているので、またここで色んなこと、

報告させてもらいます。

 

では、今日はこの辺で。

 

 

 

BIGMAC CHANNEL

2014年10月29日

福井 Youtube広告を検索すると。

福井 youtube広告   Google 検索

 

 

福井 Youtube広告と検索すると上記の感じ。

全然関連性のないものが検索結果に出てくるし、

ニーズに合わせた会社が全くない。

 

東京などの中央ではガンガン動画マーケティングを

行っているので検索結果にもかんり多くの企業がヒット

するけど、福井は完全にゴール前がガラ空きの模様。

 

この業界のニーズをそろそろわかっている企業も増えて

きたと思うけど、具体的に手を打てている企業は少ない。

 

今月から、Bigmac inc.では需要にお応えして、

Youtube広告を取り扱うことになりました。

そんなに大きく告知しているわけではないけど早くも

数社様からご依頼を頂き実施させて頂く準備をしています。

 

リスティング広告と考え方や機能は似ていて、

リスティング広告の「良さ」をわかっている企業さんは、

抵抗無く始められるイメージです。

 

Trueview広告を用いて費用対効果の高い広告プロモーション

を展開できるように、体制や知識向上にこちらも急ピッチですすめて

いく必要性を感じています。

 

テレビが爆発的に普及したように、

Youtubeは世界的にもっともっと大きな市場になりますよ。

 

 

1 2 3