スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2017年2月21日

思考力と行動力を鍛える

train-thought-and-action-skills考える、行動する。

聞くだけだと、当たり前のことじゃないの?
と思うかもしれません。
しかしその当たり前が案外難しいものです。
できていると思っていてもどちらかが
疎かになってしまうことがよくあります。
私は、必死で考え行動することで
苦手だった対話スキルを磨き、
その中で行動力も徐々に身についていきました。

思考と行動。
どちらも疎かにならないように意識することは、
仕事や学業においてとても
重要なことだと私は考えています。

思考と行動はセット

・ただ考え込んでしまうだけで行動に移さない人
・何の考えも無しに突っ走ってしまう人

この記事の読んでいる人の中にも、
どちらかに当てはまる人が
いるのではないでしょうか。
私は珍しいタイプで、
以前はどちらにも該当していたのに
両方同時にはできませんでした。
変わった人ですよね(笑)

脱線してしまいましたが当然、思考と行動
どちらか片方では成果を出すことができません。
誰もが経験している学校の授業を例にして説明します。
先生に難しい問題を出された時、
答えが分かっているのに手をあげない人、
答えはわからないけどとりあえず手を上げる人。
どちらのタイプの人も、授業内での成績は
あまり良いものではありません。

このように、考えるだけでは
何も達成することはできませんが、
ただ行動するだけの人が物事を達成できる
確率も低いことが分かります。
しかし、この2つがセットになると
物事を達成できる確率は格段に上がります。
家では勉強法を考え実行し、
学校では答えを必死で考え、
自分から手を上げて発表する。
こんな友人はいませんでしたか?
きっとその友人は成績が良かったはずです。
仮に目標達成ができなかったり
成果がでなかったりしたとします。
それでも、考えて行動することを怠らない人は、
どちらかを疎かにする人より確実に
成長できると私は思います。

自分の時間を作る

周りに多くの人がいる場所は、
思考したり行動したりするのに良い環境とは限りません。
もちろん他人の意見を聞くことも重要です。
しかし、大勢の前だとその場の空気に流されたり
感情的になってしまったりして、
即断即決で行動して後悔する可能性もあります。
他人の評価を気にして、冷静な判断が
できなくなる人もいるかもしれません。
そうならないために自分の時間を十分に設けましょう。

ちなみに私は自分自身と向き合うとき、
なりたい自分を言葉にしてメモ書きしてみたり、
その時の自分に合った本や
ブログを探して読んだりしています。
意味がないと友人に言われる事も多いですが、
実際に書いたり話したりすると自分が
そうなれる気がして案外楽しいものです。
そして本やブログを読むと、著者、投稿者の考えを
知ることができて自分自身の
考え方の幅も広がります。

これは私のやり方なので
万人におすすめはできませんが、
考えることが苦手だったり
本が嫌いだったりする人でも、
自分なりのやり方を見つけることで
自分と向き合う時間が楽しいものに
なるのではないかと思います。
面倒に感じると思いますが、
習慣にして続けることが重要なポイントです。

必然を逃さない

私は高校時代、飲食店で
アルバイトをしていました。
最初のころは誰ともコミュニケーションを
とらなかったり、商品の説明が完璧と言われて
自分だけで店がまわると思っていた時期もありました。
しかしアルバイトリーダーに選ばれ、
デシャップという立場になって
考え方が180度変わりました。

簡単に言うとデシャップは、
店の経営者である店長や共に働くスタッフと
お客様をつなぐ仕事です。
自分が厨房に上手く注文を伝えられなかったり、
ホールのスタッフに適切な
指示が出せなかったりすると、
商品の提供が遅れてしまいクレームに
直接つながってしまう重要なポジションです。
重要であるがゆえに自分にかかる
プレッシャーや忙しさは、
他のスタッフとは比べ物になりません。
そんなつらい業務内容だったからこそ
コミュニケーションをとること、
協力することの重要さに
気づけたんだと今では思います。

完全に私の話になってしまいましたが、
あの時周りのスタッフのこと、
自分がすべきことを必死で考えて行動して
いなかったら今の自分はないと思っています。

考える、行動する。
この2つに全力で取り組まなければならない
機会は誰にでもあると思います。
考えることは面倒で行動することは
怖いかもしれませんが、
めったに無いチャンスが必然的に
起こったと思ってみると、
案外その気持ちが面倒さと恐怖に
打ち勝つのではないでしょうか。
私はアルバイトリーダーに選ばれた時、
考えること、行動することに
面倒さも恐怖も感じませんでした。
今ではアルバイトリーダーをできた
経験が必然だったと思っています。

そして今は、社内の制作部や
マーケティング部の方たちとお客様をつなぐ
ディレクション業務をするために、
必死でいろいろなことを学ぶ毎日です。
なぜか初めてする仕事のように
思えないのはきっと偶然ですよね。

これから社会に出て働くことになる方、
進学のための受験を控えている学生の方、
実際に働いている社会人の方。
人それぞれ所属する組織も価値観も違います。
だから私の考え方が誰に
対しても正しいとは言えません。
それでもこの記事が、今何かに
行き詰まっていたり悩んだり
している人達が変わるきっかけになって、
少しでも背中を押すようなものになれば幸いです。

おすすめ情報

2017年2月20日

Facebookブランドリフト調査とは??

What is Facebook Brand Lift Survey

皆さんは、「ブランドリフト」
という言葉をご存知ですか??
ブランドリフトとは、
ブランドの認知度を
アップさせたい広告(認知度広告)に
触れた人(接触グループ)と
触れなかった人(非接触グループ)に分け
広告に触れた人が、広告に触れなかった人より
効果が上がったことを示すための指標のことです。

Facebookブランドリフト調査とは
Facebook広告の広告効果の測定を
ブランドリフトを使って
調査するものになります。
アンケートを実施して
広告キャンペーンがユーザーの
興味・関心をどれほど引いているのかを
広告主が把握するために使用します。

今回は、Facebook広告や
Facebook動画広告で実行すべき
ブランドリフト調査をご紹介致します。

Facebookブランドリフト調査の仕組み

Facebookのブランドリフト調査は
Facebook広告作成の際の
キャンペーン目的が「投稿のエンゲージメント」
「動画の再生」、「近隣エリアへのリーチ」
「ブランドの認知度アップ」の4つに限定されます。
また、ユーザーへのリーチ数が50万人以上で
広告予算額が$2,000~$5,000またはそれ以上、
キャンペーン実施期間が5日以上の
広告キャンペーンでしか利用できないものになっています。

ブランドリフト調査のメリット

ブランドリフト調査のメリットは
出稿中の広告の広告想起、ブランドの認知度、
広告文の理解度などの指標に、広告がどのように
影響しているのかを把握できるようになります。

広告想起

広告想起とは、何人のユーザーが
広告を見たことを覚えているかを
効果測定したものであり、試験群と
対照群の調査データの差を計算することで
算出されます。
例として、広告想起率が
30%の試験群と20%の対照群で
広告を見たことを覚えていると回答した場合
10%が広告想起リフトになります。

ブランドリフト調査を実施するのに適したケース

1つのブランドや商品・商材に対して1つのキャンペーン目的を
使用しているものや、キャンペーン期間中は広告素材と予算を
変更する予定のないキャンペーンでおすすめです。

逆に、同じブランドや商品・商材に対して
複数のキャンペーン目的を使用している場合は
被験者が他のキャンペーンの広告を
閲覧してしまう可能性があるため
結果にズレが生じてきてしまう場合が
あるためおすすめできません。

調査結果を理解する

ブランドリフト調査結果からは、キャンペーンを最適化し
広告のパフォーマンスを最大化するために
広告を見たことを覚えているであろうユーザーの増加分や
広告想起率、予算に基づいた
広告想起ユーザーを増やすためのコストの
3つの指標を得ることができます。
また、1回ではなく複数回この調査を
実施することによって前回の結果と比較しながら
広告パフォーマンスの最適化を行う
ことができるのでより強化された結果が得られます。

また、ブランドリフトに影響する要因として
広告素材や、広告のターゲット層
広告がリーチするユーザーの人数と広告の表示回数
動画広告ならば広告の視聴回数など
様々な要因が挙げられます。

調査結果の解釈

広告想起リフトの調査結果から目的のキャンペーンが
どのユーザー(ターゲット層)に広告配信されたかを確認し
そのキャンペーンに関する指標を得ることができます。

広告想起リフトと広告素材を比較してみると
ターゲット層に向けてブランドを十分に取り入れられなかった
広告は統計的に低い結果が得られるので
ブランドを取り入れた広告を掲載してみると良いと思います。

広告想起率が高ければ
ユーザーの心に広告が響いていることの
証拠にもなり得ます。

まとめ

Facebookブランドリフト調査では、
ブランドの認知度アップのために出稿している
広告のキャンペーン目的の結果が目に見えにくいので、
その結果をできるだけ可視化することができる優れものです。

Facebook動画広告では、動画として再生していない
1秒や2秒程でも広告想起、ブランド認知などに
影響を及ぼすことがすでに明らかになっています。
視聴時間が長くなればなるほど
ブランドリフト効果は高まり、
10秒未満であってもブランド認知や
購買意向の向上が見られる傾向に
あると言われています。
また、フリークエンシーが高ければ高い
キャンペーンほど、広告想起が高くなる傾向にあります。
これは、動画広告だけでなく、ブランド認知を目的としている
Facebook広告でも同じことが言えると考えられます。

ブランドの認知を目的とすることが多い動画の広告や、
Facebookキャンバス広告など
この「ブランドリフト調査」をすることによって、
調査結果からどのキャンペーンの目的が
どういったターゲット層に配信されているのかを確認し、
次の施策のヒントを得ることで
より広告のパフォーマンスを上げることができるので、
まだ取り入れていない広告主様は
この機会に是非取り入れてみてください。

おすすめ情報

2017年2月18日

WordPress おすすめプラグイン

WordPress_Recommended_Plugins
WordPress(ワードプレス)のプラグインはたくさんあります。
しかし使ってみないと何ができるかわからないプラグインや、
そもそもどんなプラグインがあるかわからず、
困っている人もいると思います。
今回は使いやすく便利なプラグインをご紹介しようと思います。

WordPressプラグイン(以下WPプラグイン)とは?

ワードプレスの機能を拡張するための便利なツールです。
ワードプレスを使う人が
使用する目的にあったプラグインを使用して
カスタム機能を使えるように作られています。
目的が一つであっても
その目的を達成するためのプラグインは多数あるので
使いやすいものを探して使用することをおすすめします。

WPプラグインの使い方(インストール方法)

WPプラグインをインストールする方法です。
利用したいワードプレスサイトの管理画面を表示し、
管理画面の左メニューの
『プラグイン』→『新規追加』をクリックしてます。
『プラグインを追加』画面が表示されるので、
画面の右上に表示されている検索ボックスに
探したいWPプラグインのキーワードを入力します。
目的のWPプラグインが見つかったら
インストールボタンをクリックし
インストールを行います。
検索の結果の上にあるプラグインに表示された
「いますぐインストール」と書かれたボタンを
クリックして下さい。
プラグインのインストールが開始されます。
インストールが完了したら有効化をクリックして
そのプラグインが利用できるようになります。
必要な設定などをしてから使用できるようになります。

投稿に関するおすすめWPプラグイン

ワードプレスには記事の投稿をカスタマイズできる
『カスタム投稿』機能があります。
例として、通常のブログや新着情報に関しては
普通の投稿機能を使い、
『商品の紹介』や『お客様の声』など通常の投稿と
記事の内容や
見せ方を変えたいときに効果的です。

カスタム投稿機能を使うには主に二つの方法があります。
今回はプラグインの紹介なので
『Custom Post Type UICustom Post Type UI』を紹介します。

先ほど説明したプラグインのインストール方法で
『Custom Post Type UICustom Post Type UI』を
インストールします。
ダッシュボードに『CPT UI』と表示されるので
表示されている項目に、
必要なことを入力していくだけで
超簡単にカスタム投稿機能が作成できます。

この『Custom Post Type UICustom Post Type UI』と
セットでおすすめしたいWPプラグインが
『Advanced Custom Fields』。
このプラグインを使用すると
記事の編集画面の入力フィールドがとても見やすくなります。
使い方も簡単です。
『Advanced Custom Fields』をインストールして
有効化したら設定していきます。

『Advanced Custom Fields』の設定方法

まずは『新規追加』でフィールドグループを追加します。
グループ作成ができたら三つの項目を入力します。
『フィールドラベル』『フィールド名』
『フィールドタイプ』があり、
『フィールドラベル』は編集画面で表示される名前、
『フィールド名』は半角英数で入力しphpにその半角英数を書き込み、
フィールドの値を出すために使用します。
『フィールドタイプ』はフィールドの種類です。
テキストや画像、チェックボックすなど
基本的なものからグーグルマップなど
いろいろ用意されています。
自分の投稿タイプにあったものを選んでください。

その他にも必須項目かどうか、
記事作成者のための説明を設定したりできます。

ここで設定しただけではWebサイトの指定ページに
反映できていないので
それを出力できるように
phpにコードを書き加えていきます。

出力する『フィールドタイプ』によってコードは変わりますが、
短いコードで簡単に出力できるので
ストレスなく使用できるWPプラグインだと思います。

画像関連プラグイン『EWWW Image Optimizer』

先日初めて使用したWPプラグインも
とても簡単にす変えたので紹介します。

『EWWW Image Optimizer』は画像の品質を落とさずに
画像圧縮を行い、
容量を軽量化してくれるWPプラグインです。
画像ファイルの容量を減らすことで、
Webサイトの表示速度高速化してくれます。
WPのメディアライブラリに
アップロードされた画像をボタン一つで
最適化することができるプラグインです。

検索エンジン関連プラグイン『WP BASIC Auth』

WordPressサイトにBASIC認証をかけるための
WPプラグインです。
公開前のWebサイトで、人に見られたくないときや
検索エンジンにアクセスされたくないときに便利なプラグイン。
BASIC認証で使うID・パスワードは
『WP BASIC Auth』を
インストールしたWordPressの管理画面へのID・パスワードと
同じなのでいくつもID・パスワードを
管理しなくてもよく、簡単に使用できます。
このプラグインはインストールして有効化するだけで
BASIC認証がかかります。

SEO対策・ユーザビリティ関連プラグイン『Breadcrumb NavXT』

『Breadcrumb NavXT』はサイトに
パンくずリストを表示してくれるWPプラグインです。
パンくずリストはカテゴリ―、タグ、
日付などをベースに表示することができます。
パンくずリストとはユーザーが
Webサイトのどの位置にいるのかを分かりやすくするため、
Webサイトのページを階層順に表示しリンクを
設置したリストのことです。
ユーザビリティの向上やSEO内部対策のために大切なものです。

サイトマッププラグイン『Google XML Sitemaps』

『Google XML Sitemaps』は
検索エンジン用のXMLサイトマップを作成してくれたり、
ブログ記事などを更新したときに
自動的にサイトマップを更新してくれます。
サイトマップに含むコンテンツの種類なども
選択することができます。
初期設定のままだと、カテゴリーページや
アーカイブページは含まれていないので
しっかり設定しましょう。

WPプラグインを使用するときの注意点

便利なWPプラグインですがなんでもかんでも
プラグインに頼ることはおすすめしません。

・機能性はどう?
同じような機能を持つWPプラグインはたくさんあります。
その中でも自分が必要とする機能が備わっているか
他のプラグインとよく比べて選びましょう。
・ワードプレス本体のバージョン
ワードプレスの本体はバージョンアップされていきます。
本体のバージョンアップによって
使用できなくなるWPプラグインもあるので気をつけましょう。
・WPプラグインの使いすぎ
WordPressのデメリットは、機能が多いため
サイトに負荷がかかりやすい点です。
必要のないプラグインを入れすぎると
無駄な情報が増えてしまい、
サイトに負荷がかかるので
必要最低限のプラグインで作成しましょう。
・定期的にバックアップを!
WPプラグインの中でも、
サーバーの設定に影響するものもあります。
もしものときのために、
定期的にバックアップファイルを作るようにしましょう。

まとめ

定番で使いやすいWPプラグインと
使用するときの注意点をいくつか紹介してみました。
同じような機能がついているWPプラグインはいくつもあり、
プラグインどうしの相性みたいなのもあるみたいなので
使ったことのないWPプラグインも試してみて
今後、新たな発見ができるといいなーと思いました。

おすすめ情報

2017年2月17日

朝食と仕事は関係する?朝食を摂ることの大切さ

is-breakfast-and-work-related-Importance-of-having-breakfastみなさん、朝ごはんはしっかりと食べていますか?

忙しさに流され、食べてない人が多いのではないのでしょうか。

「朝は食欲がわかない」、「食べてる時間がない」とか
いろいろな理由があると思いますが、朝食は一日のスタート!!
とても大事なものです。

家ではなくとも会社に到着後に
少しでもいいので食べる習慣をつけましょう。
朝食を摂ることのメリットをまとめてみました。

メリット

1、脳、身体が目覚める

食事をすると、ものを嚙むために顎を動かしますよね?
これが、脳への刺激となるわけです。

そして同時に身体に食べ物が入っていき胃で
消化され栄養素を吸収していきます。
これにより全身の細胞に栄養と酸素がいきわたります。

寝起きモードの身体もぱっちりと目覚めることができるでしょう。

また、脳も活性化され仕事で必要不可欠な「判断力」、
「思考力」、「集中力」がつきます。

寝ている間は食事を摂ることが無理ですから、
寝ている間に脳が栄養を消費していっています。
ということは朝起きた時には脳に栄養はあまり無いのです。

その状態で仕事を始めたらどうなるでしょう。
脳は栄養が無ければ働けないので、判断力、集中力、思考力
が鈍くなり脳が活躍できません。
つまりは仕事効率の低下につながってしまいます。

朝食を抜いたから判断力が鈍くなり、
事故を起こしてしまったということも聞いたことがあります。

しかし朝食を摂った場合は脳に栄養がまわり、
脳がちゃんと働き、仕事のパフォーマンスが向上します。

2、代謝が上がる

人は夜寝ているとき、体が低体温になっています。
朝食を摂ることによりだんだん体温が上がっていき、
さらに代謝が活性化します。

たかが体温と思う人もいると思いますが、体温が
1℃あがるだけで基礎代謝は13%~15%上がるらしいですから
これは無視できませんね。

また、ダイエット中だからという理由で
摂らない人もいると思いますが、摂ることで体温が上がり、
代謝がアップし、脂肪が燃焼され結果痩せやすい身体になります。

それに朝食を抜ていて空腹だからと昼食も夕食も
がつがつ食べていては逆に太るかもしれません。

3、便秘解消

食事を摂ることにより消化器官が刺激され、
その刺激で腸が運動を始めます。この運動により
便が奥へと追いやられ排泄が促されます。

この運動が活発のが朝の時間帯なのです。
この絶好のタイミングを逃さないように
朝ごはんを食べる癖をつけましょう。

もちろん食べ物は便秘にいいものを選ぶといいですね。
案外苦しんでいる女性の人たちもいるはずです。

4、生活習慣病の予防

生活習慣病の原因で朝ご飯を食べない
ということが挙げられています。
なぜ、朝食と生活習慣病が関係あるのでしょうか。

人間は睡眠している間に体温が下がっています。
それを普段通りに身体を動かすまで体温を上げるのは難しいです。

しかし、朝食を食べることにより体温が上がり活発に
動けるようになります。
ですので、朝食抜きだとあまり動けず肥満に
なってしまう可能性があるのです。

しかもやっと昼ご飯を食べれるようになった身体は、
エネルギーをため込みやすくなり、それが肥満に繋がるのです。

5、悩みも減り、鬱も軽減される

鬱と朝食は密接な関係で、朝食を摂ることで自律神経の乱れも
減り、鬱病も減っていきます。

鬱の患者は、生活リズムがばらばらで昼夜逆転の人が多いです。
この生活リズムはちゃんと朝の決まった時間に起きて、
朝ご飯を食べ生活リズムを整えることにより克服できます。

また、自律神経失調症から鬱病になった方にもおすすめで
大事な治療として認識されています。

鬱の改善は、セロトニンが不可欠です。これは肉、魚、卵、豆類
などに多く含まれるアミノ酸を摂取することにより作られます。

これらの食べ物を食べることによって、
栄養が供給され脳が活性化されます。
こころと体は繋がってるからこころのリズムを
整えるためには、体のリズムを整えることが必要です。

逆にデメリットはあるのでしょうか?

1、眠気が来ない

朝食を食べると脳が活性化します。
それは先ほど記しましたね。
しかし、消化による眠気が来ます。

朝食抜きの人は消化に力を使ってないので、
眠くなりにくくなると思います。

2、時間短縮&朝食代を考えなくていい

朝は時間がない人が多いです。ちょっとでも長く寝てたいのに、
朝食を作って食べると考えるととても億劫です。

また、お金を節約したい人など抜くのではないのでしょうか。

デメリットは自分が考えた結果これだけです。
なので断食をしている人でなければ
朝食は毎日摂るほうが良いです。

それに摂らないと昼まで空腹に耐えられないと思います。(笑)

では、どのような朝食をたべればいいのでしょうか。
理想は主食・副菜・主菜が揃うことです。

主食・・・ごはんやパン、麺類などの炭水化物
副菜・・・肉や魚、卵などが使われているタンパク質源の料理
主菜・・・野菜やわかめなどの海藻類、じゃがいもなどのいもが
使われる料理(みそ汁など)

しかし時間がないなどの理由でなかなかに揃わないと思います。
そんな方には下記の食べ物がおすすめです。まとめてみました。

1、バナナ

主食・バナナはビタミン、ミネラルが
バランスよく含まれております。
肌の健康をよくしたり、体調を整えます。
それに腹持ちも良く体のエネルギーにも変わりやすいです。

また、イライラを軽減するセロトニンを多く含んでいます。
セロトニンは前向きな気分になったり鬱を抑えたりします。
仕事でイライラが多い!という人は朝食は
バナナだけでもありかもしれません。

2、ヨーグルト

ヨーグルトはタンパク質などの栄養素も豊富で、
リラックス効果もあります。

タンパク質は身体に必要不可欠で重要な役割を担ってます。
魚や肉にも豊富なのですが、朝からそれらはちょっと・・・
という方はヨーグルトで代替もありですね。

バナナとヨーグルトも相性抜群で、食物繊維などを
多く含むバナナと乳酸菌を含む
ヨーグルトを同時にとることで、その相乗効果に
よって整腸作用が高まります。

バナナシェイクとか飲みやすくて最高だと思います。
手間はかかりますが、、

3、フルーツグラノーラ

穀物や果物などの栄養価がたくさん含まれ、食物繊維
多く含まれています。カルシウムなどをはじめ、
ビタミンも豊富で、健康にも美容にも良い食品です。

鉄分も含まれておりほうれん草の約10倍です。
鉄分もとても大事で、不足してると貧血などを起こします。

自分も毎朝時間がなくフルーツグラノーラを食べているのですが、
皿にざくざくと入れ、牛乳をかけるだけなので
とても手軽でかつおいしくてオススメです。

牛乳じゃなくヨーグルトにかけたり、バナナを
入れたりするのも良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
朝食の大切さは感じていただけましたか?

忙しくて、朝食を食べれないという人もいるかもしれません。
また、朝食を摂ることについては軽視しがちの人も
いるしれません。

しかし、今回の紹介のように朝食には
メリットを多くもたらします。
朝からそんなのめんどくさいよ。。
という人もどんな方法でも使って
せめてフルーツだけでも食べて
仕事や学校へ行きましょう。

逆に朝食を抜くと上記以外の
デメリットもあるかもしれませんので、
今まで朝ごはんを食べるという習慣がなかった
という人もぎりぎりまで寝ていたい
という人もしっかり起きて意識して、
最初は「何かを食べる」ということから始めて、
朝食を習慣化し、すがすがしい
毎日を実現していきましょう!

おすすめ情報

2017年2月16日

WebマーケティングのPDCAサイクル

pdca-cycle-of-web-marketing
「リスティング広告を始めてみたが
思ったより効果があがらない」
と言うような悩みを持った広告主の方は
意外と多いのではないでしょうか。
その原因のひとつに、試みたことの検証が
しっかり出来ていないことがあげられます。
リスティング広告の運用には、
計画し、実行、評価、改善という
PDCAサイクルを回すことが必須になります。

「PDCA」という言葉を見たり聞いたり
したことはあるとおもいますが、
実際に「PDCA」を理解し、
業務改善までできている方はまだまだ少ないと思います。
今回はPDCAサイクルをうまく回していくための
ポイントや注意点などを考えていきたいと思います。

「PDCA」とは?

「PDCA]とは、Plan・Do・Check・Actionの頭文字をとった言葉で
マーケティングの考え方の一つです。
・「P」Plan=計画
過去のデータや今後の予測に基づき計画・目標を立てる
・「D」Do=実行
立てた計画に基づき実行する
・「C」Check=評価
予測通りの結果が出ているかを分析・検証する
・「A」Action=改善する
それぞれの段階での行動を順番にご説明します。

Plan 計画を立てる

「PDCA」のスタート「P」では、
広告を出稿するための計画を立てます。
そのために指標や目標を明確にします。
実施する項目例
・目標の売上金額、コンバージョン数などの設定
・予算
・ターゲット設定
・キーワード、入札単価のリサーチ
・競合他社の調査
・広告文
などなど。

リスティング広告では、
目標となるものを設定することが
非常に大事です。
そのため、目標とする獲得件数、獲得単価、
売上金額などを明確にします。
それに基づき、目標達成するために
必要な情報をリサーチし、施策を考えます。
まずは、競合他社がどれくらいあるのか、
競合の企業がだしている広告はどのようなものか
などの調査します。
そして、ターゲットやキーワードの設定
動画の視聴数や入札単価を調べたり、ペルソナの設計、
リンク先のなどを決め広告文を考えます。
リスティング広告はあくまでも
サイトへ誘導するための1つの手段ですので
広告を出せば必ず結果がでるとは言いきれません。
これは、どのような広告の種類(SNSや動画)
の出稿であっても同じです。
ですから、この「P」段階で具体的な目標を決め、
計画をしっかり立てておくことが
効果的なPDCAサイクルに繋がります。

Do 計画を実行する

次に計画に基づき実行に移します。
実際に運用してみると、計画とは
ズレが生じてきたり、新たな課題や
気付きが見つかってきます。
意外なキーワードからコンバージョンが出ていたり、
反対に無駄なクリックを発生させていたり
することもあるため、
キーワードのチェックや単価の調整など
必要に応じて柔軟な対応が大切です。
リスティング広告の運用では、
一番初めにアカウントの構築を行います。
最初の土台となるアカウントの構築が
しっかりできているかどうかで
その後の運用にも大きな影響がでます。
媒体、ターゲティング、マッチタイプなど、
色々な要素があるので目標や狙いたいユーザー
を考えながら取り組むことが必要になります。

Check 結果の検証をする

運用をスタートさせて、
一定の期間が過ぎたら結果の検証をします。
確認するポイントは
・計画・目標は達成できているかどうか
・予算の消化具合はどうか
・クリック単価や顧客獲得単価の推移
・設定したターゲット、リンク先などは合っているか
・成果の出るキーワード、広告文
・成果の出ていないキーワード、広告文
などが上げられます。

それぞれを確認し、計画通りに進んでいない
項目について対策を考えます。
例えば、「品質スコアが低い」という課題であれば、
・クリック率が悪い
・広告グループの構成(広告文とキーワードの組み合わせ)
に問題がある
・広告文の変更(検索キーワードを含める)
などが原因として考えられます。
また、「コンバージョンが低い」
という課題であれば、
・キーワードが合っていない
・キーワードの単価設定が合っていない
・ランディングページやコンテンツの改善が必要
などが原因として考えられます。
なぜ失敗したのか、
なぜ成功したのかをここで分析します。
このことにより、PDCAにおいては
「Plan」と「Check」の項目が
とても重要な要素と言えます。

Action 結果の処置・改善

Checkの項目であがった
問題点や課題から、改善策を実施します。
実施項目例
・検証で見つかった問題点の洗い出し
・キーワードを追加する、削除する
・入札金額の見直し
・広告の配信先を追加、削除する
・キャンペーンの予算
などなど。
初めに立てた目標が達成できているか、
もし達成できていないのであれば、
問題点がどこにあるのかといったことが
見えてくると思います。
今の課題や改善しないといけないところを
リスト化し、結果に繋がっていない
キーワードや広告文の見直し、
運用予算の配分を再検討するなどの
処置が必要になります。

PDCAサイクルを回す時の注意点

PDCAを一度回しただけでは
効果は出ません。
何度も繰り返し回すことで
少しずつ業務改善されていき
効果がでてきます。
些細なことでも積み重ねることで
最終的に大きな結果に繋がります。

また、悪い結果だけでなく、
成功したことにも目を向けましょう。
PDCAは業務改善の方法の一つです。
成功事例も大きなポイントになります。
悪かったところの改善はもちろんですが、
よかったところをより伸ばしながら
継続していくこともとても大切です。

CAPDサイクル

ここまでPDCAサイクルについて
ご紹介してきましたが、
会社のWeb戦略方針などによっては
Planから始めると、どんどん計画が大きくなり、
実際に実行することが難しくなり、
正確に評価できなくなってしまうことがあります。
PDCAサイクルなので、
Planから始めることに執着しすぎてしまうことが
原因になります。
そういうときは、「CAPDサイクル」を
意識して取り組むことをおすすめします。

Check 現状の課題把握
現状のWebサイトやマーケティングの評価をし、
問題・課題点を出します。
Action 改善
問題・課題点をもとに、改善案を考えます。
Plan 計画
改善案をもとに目標やスケジュールを組み計画します。
Do 実行
計画を実行し、再度Checkで評価します。

もし、成果がなかなかでないなぁ、、、
と悩まれることがあれば、
一度CAPDサイクルに意識をシフトしてみて下さい。

最後に

PDCAを回すと言っても
一度回しただけでは成果は出ず、
結果を出すまでには
時間がかかってしまうので
効率的に運用できるまでに
試行錯誤の繰り返しになると思います。

ですが、
「どうすればこの商品やサービスが
届けたい顧客に響き、届くのか」
の視点を忘れずに計画・検証・改善
に取り組んでいくことが重要なのだと思います。
また、PDCAサイクルは様々な業種、
または私生活でも活用できる、
継続的改善を成功させるための基本となりますので

ぜひ今後の参考にしていただければと思います。

1 2 3 4 5 6 7 159