ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2017年6月24日

デザインに行き詰まりを感じたとき、試す価値のある7の方法

デザインに行き詰まりを感じたとき、試す価値のある7の方法

「いいアイディアが思い浮かばない・・・」
「作ってみたけど思ったようなものにならない・・・」
「いつも同じようなデザインになってしまう・・・」
デザイナーであれば、一度はデザインすることに行き詰まりを感じたことがあるかと思います。
そんな時、あなたは自分が行き詰まりから抜け出せる方法を把握していますか?

私はデザイン(主にWebサイトのデザイン)の仕事をしているのですが、最近デザインに行き詰まりを感じることが多くなり、仕事中よく眉間にしわを寄せています。趣味でデザインをしているのであれば、時間を気にせず悩んだり、諦めてやめることも出来ますが、仕事ではそうはいきません。どんな案件にも遅かれ早かれ納期があり、時間を気にしつつ進めなければいけないし、嫌だからやめるなんてことは基本許されません。

行き詰まった時、自分ができることを把握しておくことが解決への近道になると思い、今回の記事では、デザインに行き詰まりを感じたときの対策をまとめてみました。デザイン関係以外の職についている方にも、参考になる部分があると思いますので、ぜひご一読ください。

デザインまとめサイトからインスピレーションを得る

この方法は、大半の方がもう実践済みですよね。今は多くのデザインまとめサイトがあり、質の良いデザインを効率よく探せるようになりました。
良いと思ったデザインはスクリーンショットを撮って、ピンタレストなどのコレクション機能があるサービスに保存しておき、行き詰まったときに見返すと何かヒントになるものが見つかるかもしれません。

優れた作品は眺めるだけでいい刺激になり、自分もこんなデザインが出来るようになりたい!というやる気が湧いてきませんか?もちろん、「きれいだな〜、かっこいいな〜」と憧れだけで終わるのではなく、そのデザインのどこを気に入ったのか、考えながら観察する癖をつけるようにすると、ただ眺めて終わりでなく、自分の身になっていくと思います。

私がよく参考にしているWebデザインのまとめサイトをご紹介します。

bookma v3!

このサイトの良いところは、ページの表示切り替えが出来るところで、通常は、よくみるグリッドレイアウトになっていますが、切り替えボタンをクリックすると1サイトが大きく縦並びに表示される形になります。予想以上に見やすい!
その他にも、クリックされた回数が多い順に表示できたり、検索カテゴリが多すぎず少なすぎず必要最低限なところも気に入っています。それと、ゴリラが可愛いです。

logostock

ロゴマークのデザインを集めたサイトなんかもあります。
ほとんどが日本の企業のロゴマークなので、配色やフォントの使い方が参考になります。

freepik

フリー素材サイトに頼るのもいいですね。freepikは、イラストのみならず名刺のデザインから写真素材まで幅広く網羅しています。
デザインの参考にするのもよし、素材として利用するのもよしです。(無料で利用する場合はクレジット表記が必要です。)

オフラインのデザインに目を向ける

先程も書きましたが、ネット上には国内外から集められた素敵なデザインが溢れかえっています。その上、パソコンやスマートフォンを開けば、いつでもどこでも見られるという手軽さや圧倒的な情報量から、どうしてもオンラインばかりに目が行きがちです。
ですが、ちょっとオンラインから離れて、オフラインのメディアに目を向けてみると、新鮮なアイデアが見つかる可能性があります。

毎朝家に届く折り込みチラシを見てみたり、美容室の待ち時間に雑誌を広げたり、スーパーで夕飯を買うついでに、いつもは通らない通路にある商品のパッケージを見てみたり、CMを流し見したり(個人的にテレビを消音にして見ると、デザインがいつもより入ってくる気がします)。

デザインから距離を置く

進まないデザイン案件は一旦横においておき、他の案件を進めましょう。
一番いいのはデザインから一旦離れて、コーディングや資料作成などの事務作業をすると、良い気分転換になります。別の作業をしている間に、閃くこともあるかもしれません。
なかったとしても、ただ悶々と悩んでいるより、進められるものを進めていたほうが有意義な時間の使い方が出来ますよね。

スケジュールに余裕があるのであれば、行き詰まったデザインを一日寝かせて翌日見てみると、どこに違和感があるか見つけやすくなります。

作業環境を変える

「環境を変える」と聞くと、まず「場所」を変えること思い浮かべると思います。

ノマドワーク(特定の場所ではなく、カフェやコワーキングスペースなどで仕事をする、場所にとらわれない新しいワークスタイル)を容認している会社はごく一部ですが、働く場所を変えることは、確実に行き詰まりに効果的です。場所を変えることで、気分転換にもなり発想が湧きやすくなるからです。

ですが、環境というのは「場所」のことだけではなく、「デスク周り」にも当てはまります。モノが散乱しているデスクを片付けるだけでも、気持ちに区切りがつき、仕事への集中力が高まります。
というのも、デスク周りにたくさんモノがあるだけで、気づかないうちに脳はそれらを情報として捉えてしまい、その分、目の前の仕事への集中力が欠けてしまうのです。整理する時間がない場合は、取り敢えず引き出しの中にでもいいので片付けてしまい、視界をすっきりさせることが大事です。

散歩をする

行き詰まれば行き詰まるほど、はやく終わらせなきゃという焦る気持ちで一杯になりますが、落ち着くためにも外へ散歩に出てみましょう。

スタンフォード大学の研究によると、座っているときより歩いている時の方が、約60%も新しいことをひらめいたり物事を生み出すクリエイティブな能力が向上することが分かっています。

流石に仕事中に職場を抜け出して散歩をするということは出来ない会社が多いと思いますが、お昼休憩やリフレッシュタイムに机に突っ伏しているのではなく、会社の周りを歩いてみたり、コーヒーを入れに席を立つだけでもリフレッシュになります。
ちなみに、屋内でも外を歩くのと同じ効果があるそうなので、真夏や真冬など気温の影響で外に出るのが億劫なときは会社の中をウロウロ歩き回ってみるというのもありですね。

ボーッと頭を空にして歩くのもいいですが、自然の中にはデザインのインスピレーションを刺激するものが多くあるので、注視しながら歩いてみるのも良いかもしれません。また、歩くことによってストレス解消、健康を保つ事ができるので、デスクワークが多く運動不足になりがちなデザイナーにとっては一石二鳥ですね。

他人にアドバイスを求める

ひとりで悶々と悩み込む前に、まわりにいるデザイナーの方に相談してみましょう。
作っているものが全体的にしっくりこない場合は「ぱっと見て、どうですか?」と率直な感想を聞くのもありですし、部分的に悩んでいるときは、「ここ、◯◯さんだったらどういう風にデザインしますか?」と聞いてみたり。
アドバイスをもらえるだけでなく、会話をすることで気持ちが和らぎ、精神的にも楽になります。

がむしゃらに作り切る

どんなにダサくなってもいいと割り切って、最後まで作り切る。

いいデザインが出来る出来ないの前に、形だけでもなんとかしないと仕事にならないので、とにかく作りきりましょう。

と言うのは簡単ですが・・・やるのはなかなか難しい。
これが出来てしまう人は、そもそも行き詰まらないと思うのです。
この方法がとれるようになるのが理想ですよね。

まとめ

以上、7つの方法をご紹介しました。

これらを実行したからといって、すぐに行き詰まりが解消するわけではありませんが、
解決への近道になることは確かです。

行き詰まりは、次のステップに進むために必要なこと。
行き詰まっている間は本当に辛いですが、お互いに一人前のデザイナーを目指して頑張りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年6月23日

明日から始める遅刻対策

measures-to-be-late-for-tomorrow

突然ですが皆さん、遅刻をしたことはありますか?私は学生時代、ほぼ毎日と言っても過言ではないくらい遅刻をしていました。しかし今では、遅刻することも無くなり毎日清々しい気持ちで業務を始めることができています。今回は、学生時代に遅刻常習犯だった私がどのような経緯で遅刻しないようになったのか、実体験を踏まえて対処法を紹介していこうと思います。

 遅刻する人としない人

・学生の頃から遅刻を繰り返していて、社会人になってもなかなか治らない。
・どれだけ意識しても決まった時間に起きる事ができない。
・準備の時間が長引いて気付いたら遅刻している。

遅刻する人と言っても人それぞれ様々な原因があります。(ちなみに私はほとんど当てはまっていました・・・。)朝会社や学校に遅刻するだけではなく、友人との待ち合わせに遅刻したり、取引先の方との打ち合わせに遅刻してしまうなど、遅刻には様々なシチュエーションも考えられます。

そして朝遅刻する人は大抵どんなシチュエーションでも遅刻した経験があるのではないでしょうか。それでは遅刻しない人になるためにはどのような対策をすれば良いのか。原因とそれぞれの対処法を考えてみましょう。

人それぞれ違う遅刻の原因

寝坊

遅刻の定番といえば寝坊です。ゲームやアプリに没頭して夜遅くまで起きていたり、目覚まし時計をセットし忘れていたり、原因は様々ですが根本的な問題は生活リズムが整っておらず体内時計が壊れている、睡眠時間が足りていない、この2点だと私は考えています。

準備の時間を考慮していない

準備の時間を考慮していないことも遅刻の原因の1つです。

例えば学校での授業の開始時刻が9:00だと仮定します。家から学校までかかる時間は30分です。ここで遅刻をしない人であれば準備をしても少し余裕があるくらいの時間に起きるように意識します。しかし、遅刻が多い人は準備が終わった時点で余裕が一切無いような時間の設定をします。そして結果的には準備が多少長引いただけでも遅刻してしまうのです。この場合の根本的な問題は、時間に一切余裕がない、全てが予定通りに進むと思い込んでいる、この2点だと考えられます。

時間厳守以外のことを優先してしまう

あまり多くは無いですが、時間厳守以外を優先してしまう人もいるそうです。例を挙げると、待ち合わせの時間にはギリギリ間に合いそうだから残っている仕事を仕上げてから向かう。親しい関係で少しくらい遅れても大丈夫だから残っている作業を進める。このような考え方の人はもしかすると遅刻が多い人かもしれません。

原因別遅刻対策

機械と時間を上手く使う

寝坊は最もポピュラーな遅刻の理由ですが、改善するには少し時間がかかります。

私が学生時代に遅刻を減らそうとした時、早起きは3ヶ月続ければ習慣になると言われた事を今でも覚えています。調べてみると実際に専門家も同じような事を綴っており、私自身3ヶ月だけ続けてみたら遅刻は圧倒的に少なくなりました。ではどうやって3ヶ月続ければ良いのか。もちろん楽ではありませんが、私が実践していた方法を紹介します。

まず1つ目は機械を上手く使うことです。私は爆音の目覚まし時計とスマホのアラーム、加えて光で起こしてくれる光目覚まし時計の3つを3ヶ月間使い続けました。気分の良い目覚めは期待できませんが、確実に目を覚ますことができます。そして2つ目はとにかく早く寝ることです。寝坊の原因である不規則な生活リズムと睡眠不足を解消するにはこの方法が1番効果的です。看護師さんや製造業の方など、夜勤のある人は生活リズムを整えるのが難しいかもしれませんが、毎日の睡眠時間を同じにするだけでも十分効果が期待できます。

この2つを3ヶ月続けてみて下さい。始めは相当辛いと思いますが、慣れてきた頃には朝の自然の光で目を覚ますことができるようになっていることでしょう。

余裕を持った時間管理

準備の時間を完全に忘れてしまって遅刻することが多い人は明日からでも改善する事ができます。その方法は細かなスケジュール管理です。準備の時間を忘れてしまう人はスケジュールを付けていても、準備や移動などを1つにまとめてしまっている事が多いのでは無いでしょうか。

自分の時間に余裕を持つためにも1つ1つの予定の間の行動まで、余裕を持ってスケジュールの管理をしていきましょう。はじめは面倒かもしれませんが慣れてしまえば楽なものです。

時間厳守は最優先

時間厳守以外を優先してしまう人は今すぐにでも改善しましょう。方法は簡単、とにかく時間厳守を最優先にしてください。残っている業務を終わらせたい気持ちも分からなくは無いですが、人の時間の方が更に大事です。

余程優先度が高い業務ではない限り待ち合わせの時間には遅れないようにしましょう。遅刻ばかりしていると人の信頼を失うかもしれないということを常に念頭に置いて行動すると良いかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分の行動に当てはまる項目が見つかった人は要注意です。

遅刻は社会的にも人間的にもあまり好まれる行為ではありません。学生だからまだ大丈夫だと思っている人も要注意です。社会に出ても遅刻は治りません。学生の内から遅刻はしないように常に意識していきましょう。社会人であれば尚更です。1つの会社の社員である以上、寝坊をして社内での信頼を失ったり、遅刻をしてお客様との信頼関係を損なってしまうことは許されないことです。

遅刻は自分自身の評価の低下に確実に繋がります。学生でも社会人でも周囲の人たちに遅刻常習犯というレッテルを貼られてしまわないように意識していきたいですね。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年6月23日

わかりやすい!マニュアルの作成方法とは?

 Easy to understand! What is the manual creation method?

「○○さん、来月までに新人教育用のマニュアルを作ってくれないか?」と突然上司に言われ、どうやってまとめていこう、と思った方はいませんか?
そこで、今回はマニュアル作成の方法をご紹介します。

マニュアルとは?

マニュアルは別名、作業標準書・標準作業書・作業手順書などと呼ばれることもありますが、職場や会社で名称が異なるだけで使用方法はおなじです。そもそも、マニュアルとは、何もわからない状態の人に仕事内容をわかりやすく理解してもらい、業務効率につながるためのものです。

マニュアル作成を行う多くの方が、通常業務と並行して作成しているのではないでしょうか?通常業務と並行しての作成となると、経験をもとにして進めてきた業務をいざ言葉に置き換えようとすると、何から始めればいいのかとまどってしまいます。結果、事前の段取りを飛ばしてマニュアル作成に取り掛かってしまうことにより、新人には分かりにくい業務マニュアルになってしまったり、あるいは逆に詳細になりすぎて量だけが大きくなってしまいがちです。

新人にわかりやすいマニュアル作成のためには、業務を「第三者的な立場」で客観的に見ることから始めることが必要です。したがって、ここからはマニュアル作成の制作手順を解説していきます。

マニュアルの仕様やスケジュールを決める

事前準備

  • 読み手はどのような人か?新人?アルバイト?社員?
  • 読み手のスキルレベル(習熟度)はどれくらいかを想定する
  • 業務で要求されるスキルはどの程度か把握する
  • 必ず守らなければならないルールと、利用者の判断に委ねる区別をつける
  • マニュアルは業務すべてをカバーするのか、作業別に分けたものにするのかを明確にする

全ての業務をマニュアルに記載してしまうと、個人の裁量がない「マニュアル対応」を生み出しやすくなります。これは、読み手側になると、自分が機械のように感じ仕事のモチベーションも低下しやすいです。
どこまで業務内容をマニュアル化するかは、会社組織としての信念が表面化する部分のため重要に考えていかなければいけないポイントです。

情報収集・整理

  • 人、金、書類、成果物などの資源ごとに分けて作業内容を書き出す。
  • 見積もり、請求、納品など作業を区切って、業務フロー図を作成
  • 日時の期限(締め日、年次、月次、週次、日次)を明らかにして業務フロー図に記入し、ひとつの作業にかかる工数の目安を作る。
  • 集めた情報を業務フロー図にしてひもづけておく

業務資料を集め、基本からノウハウまでを図や文字にしていくことが情報整理の段階です。普段行っている業務を、いざマニュアル化しようとすると、うまく表現しにくいものです。そのため、この情報収集・整理が重要になります。

ポイントは日常的にメモやパソコンなどを活用して、思いついたときにササッと業務内容を記録しておくと効率がよくなります。

もし、資料が何もなく工場作業などのマニュアル作成の場合は、業務作業者に実際に業務を再現してもらい、それを別の人が客観的に手順や注意点を記録して、不明点を業務作業者に質問して聞く。このように第三者が客観的に記録すれば、漏れなく正確な情報だけを収集でき効率も良くなります。

業務マニュアルの作成

  • 通常業務をしながらすきま時間を利用して作る
  • エクセル、ワードなどあとから簡単に追加情報を加えやすいテンプレートを作成する。
  • 「業務必須」と「個人裁量」を明確にわけて、業務手順を順番に書き込んでいく。
  • 先に大まかな「目次」を作って工程全体を把握できるようにする。
  • 業務手順の際の注意点を書き込む。
  • 作業イメージが把握しやすくなる場合、写真やイラストなども用意する。

マニュアルの構成を決めるときに、大まかな区切り(目次)から小さな区切り(手順の説明)へとつながるようにすると、業務のイメージ把握がしやすくなります。業務ルールとなりにくい「マナー」などは、「ポイント」として別に記載すると、読みてにもわかりやすく円滑に業務が進みやすくなります。

マニュアルを部署内で共有して改善

おおまかな業務マニュアルが完成したら、まずは部署内の人に見てもらいましょう。なぜなら、マニュアルは自分ひとりで完璧に完成しようと思うと時間がかかるからです。部署内全員で確認できるように共有してもらい、追加でコメントを自由に入れられるようにシートを作成するとよいでしょう。コメントが多くなってきたら、部署内でミーティングの場を設け、マニュアルに追加・訂正して日々ブラッシュアップしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?マニュアル作成を1人で完璧に作り上げるとなると大変ですが、情報を集め大まかな構成を作成し、部署内で共有し複数人でブラッシュアップしていくものだと思うと気構えることなく取りかかれませんか?

どのようなマニュアルでも共通することは、業務工程を把握でき、ノウハウやコツなどを記載してあるマニュアルは、作業イメージがしやすくわかりやすいマニュアルといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年6月23日

成果アップのために!コンバージョンの種類を正しく理解

for-improving-achievements-understand-the-type-of-conversions-correctly

みなさんはコンバージョンについてこんな疑問を持ったことはありませんか?
「なぜコンバージョンの種類はこんなにたくさんあるんだろう」
「コンバージョンの指標の使い分けはどのようにしたらいいんだろう?」
今回は大事な指標の一つである、「コンバージョン」についてご説明していきたいと思います。

コンバージョンとは

コンバージョンとは、変換、転換、交換といった意味を持つ英単語です。リスティング広告などのネット広告の中では「見込み客」から「顧客」へ変換することを意味しており、最終的に「成約・成果」を意味する言葉として使われています。
主に、会員登録、資料請求、お問合せ、購入などをコンバージョンに設定するケースが多いです。
コンバージョンが発生した割合をコンバージョン率(CVR)と言います。
コンバージョン率=コンバージョン数÷クリック数
で算出します。

例えば、
施策1:クリック数300 コンバージョン数15
施策2:クリック数250 コンバージョン数14

上記の場合ですと、

施策1:(コンバージョン数)15÷(クリック数)300=(コンバージョン率)5%
施策2:(コンバージョン数)14÷(クリック数)250=(コンバージョン率)5.6%

施策1の方がコンバージョンの合計数は多いですが、施策2のほうがコンバージョンが発生する可能性が高いということになります。このように、コンバージョン率を比較することで、どの施策やターゲティングに広告費をかけるべきなのかということが見えてきます。

コンバージョンを1件獲得するためにかかるコストのことをコンバージョン単価(CPA)と言います。
コンバージョン単価=コスト÷コンバージョン数
で算出します。

例えば、
コンバージョン15回、クリック数300回、広告費50,000円の場合、
(コスト)50,000÷(コンバージョン数)15=3,333円
となります。

先程もお伝えしましたが、コンバージョンの定義は業種業界や、提供するサービスによってもことなってきます。ECサイトであれば、「商品の購入完了」をコンバージョンとすることが多いですし、住宅系の業種であれば「資料請求」、ブライダル関連であれば「ブライダルフェアの予約完了」などなど。
それぞれの業種によりコンバージョンの定義が違い、また難易度も違うため、これらの施策を比較しても意味のある結果が出せません。コンバージョン率は、定義を同じとした範囲内で比較し改善していくことが必要です。

主なコンバージョンの種類をしっかり把握しよう

コンバージョンにも、いくつかの種類があり、その意味をしっかり理解する必要があります。最終目的がコンバージョンの獲得である以上、コンバージョンの数やコンバージョン率は、施策を正しく評価するうえでとても大事な指標となります。
今は、サイトのアクセス解析が進んでおり、正確なコンバージョン数を測り出すことができますが、正確な数値であってもそもそもの前提が違っていると正しく結果を評価することができません。

例えば、コンバージョンと言っても、「すべてのコンバージョン数」と「1回のコンバージョン数」とでは結果の数値が違います。
クライアント側総コンバージョンの意味で話していて、こちら側はユニークコンバージョンの意味で話を進めていた場合、双方に行き違いが生じます。

また、コンバージョン率では、最低でも0.1%単位で数値を評価をしなければなりません。なぜなら、0.1%と0.2%を比べると、わずかな違いのように感じますが、0.1%と0.2%では2倍変わります。
仮に、リスティング広告へ2,000,000円の費用をかけているとして、コンバージョン率を0.1%から0.2%に向上させたということは、広告費を半分の1,000,000円削減することになります。

上記のように、コンバージョン率は、ほんのわずかな違いでも大きな差を生む数値なので、そもそもの前提が違うと結果に大きな影響が出てきます。ですので、コンバージョンの種類や用語を正しく理解しておく必要があります。

1回のコンバージョン

googleアドワーズ広告ではコンバージョンのカウント方法を選ぶことができます。1回のコンバージョンでは、広告をクリックして起こったコンバージョンはそのクリックで複数回コンバージョンがあったとしても、1回とカウントされます。商品や問い合わせの数よりも、顧客を獲得したかどうかを評価とします。
こちらは不動産系や保険などの資料請求をコンバージョンとするクライアントに向いています。たとえば、不動産系の場合、一人のユーザーが問い合わせや資料請求を一度の広告クリックで複数回行った場合、1回のコンバージョンでは、コンバージョンを1とカウントします。

すべてのコンバージョン

すべてのコンバージョンは、一人のユーザーでも、商品を2つ購入したのであれば、購入のアクションは2回なので2とカウントします。

1回のコンバージョンとすべてのコンバージョンの違いは、ユーザー単位でカウントするのか、アクションの単位でカウントするのかの違いです。
ユーザー視点での成果とするか、アクション視点での成果とするかで評価される数値が変わります。イコール顧客の獲得を評価とするか、売り上げを評価とするかということになります。

ビュースルーコンバージョン

ビュースルーコンバージョンとは、ディスプレイ広告の効果を測定する際に使用します。メディアサイトなどに表示されたgoogleディスプレイ広告をクリックしなかったユーザーが、30日以内に広告以外の別のルートでウェブサイトを訪問し、コンバージョンした際にそのユーザーに影響を与えたと判断されコンバージョンとしてカウントされます。
簡単に言い換えると、ビュースルーコンバージョンは「クリックされた」という直接的な効果ではなく、「表示された回数」という間接的な効果を数値化した指標となります。

YDNの新しいコンバージョン測定機能

最後に、先日yahoo!プロモーション広告よりYDN(yahoo!ディスプレイアドネットワーク)の新しいコンバージョン測定機能についてご説明します。
今までのコンバージョンの測定はCookie情報を用いて測定していましたが、Cookie情報に加え、ログイン情報も用いた測定に変わりました。この変更により、パソコンからスマートフォンのように、デバイスをまたいだコンバージョンも測定することができるようになったので計測の制度が向上します。
また、計測期間も30日しかできなかったものが、取り扱っているサービスや商材・商品によって7日~90日間の間で設定が可能になりました。こちらは、googleアドワーズ広告や、yahoo!プロモーション広告ではもともとある機能なんですが、ようやくYDNでも導入されました。

そして、新しい測定方法でカウントされたコンバージョンのことを「コンバージョン数」と表示され、今までの測定方法でカウントされたコンバージョンは「コンバージョン数(旧)」と表示されています。旧と表示された指標は、一定期間を過ぎると終了してしまうとのことですので早めに新しい指標に切り替えておく必要があります。

まとめ

「コンバージョン」と一言でいっても、何をコンバージョンとするかで大きく結果が変わってしまうこともあります。クライアント様からすると、最大の目的は売り上げを上げることであるのでその結果をコンバージョンとして設定していまいがちですが、Web上では、「売り上げ」だけがコンバージョンになるとは限りません。
クライアントのホームページ(出口ページ)上での最終着地が何かを考慮しそおコンバージョンに向かい施策を繰り返していくことが成果につながるのではないかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年6月22日

トレンドWebデザイン手法、グリッドレイアウト。1から10まで解説!

trend-web-design-method-grid-layout-i-will-explain-from-beginning-to-end

Web制作者なら一度は聞いたことがあるでしょう、グリッドレイアウト。

グリッドレイアウトって?

Webでは「フラットデザイン」や「レスポンシブWebデザイン」と同様の比較的ここ近年で出てきたデザイン手法ですが、もともとは「グリッドシステム」や「グリッドレイアウト」と呼ばれ、印刷物などの紙媒体でごく当たり前に使われていた手法でした。
具体的には、画面やページ上で、縦方向、横方向に渡る直線(グリッドライン)で格子状に分割し、それらを組み合わせて共通のマージンを用い、ブロック内の要素サイズや配置を決定し、多少サイズ感が違ってもきちんと配置された印象を与えるデザインとなります。

通常の1〜3カラム程度のサイトデザインに飽きたデザイナーやユーザーには、うってつけのWebデザインと言えるでしょう。
とはいっても・・なにそれ?というノンデザイナーの方、いくつか参考サイトデザインを挙げてみましょう。

グリッドレイアウトのWEBサイトをご紹介

TEAM BEYOND
https://www.para-sports.tokyo/
para sports TEAM BEYOND

SUPER ME INC.
http://superme.jp/
SUPER ME INC.

LaSalle Logiport REIT
http://lasalle-logiport.com/
LaSalle Logiport REIT

なんとなく掴めていただけましたでしょうか?レイアウト自体はとても整然としているのに、テイスト次第ではぐんと前衛的で遊び心のあるサイトデザインに仕上がったりもし、人気があります。

グリッドレイアウトのメリットとデメリット

メリット

  • ぱっと一瞬で多くの情報で訴えることができ、一覧性が高く、情報を見つけやすい。
  • コンテンツが多いサイトでも、全体のデザインが統一されやすい
  • コンテンツの変更時も、配置などに構わず更新でき、効率的

デメリット

  • 一度に視覚に訴える情報量が多くなり、見る順番に迷いやすい
  • 更新頻度が高いサイト程、過去の目当ての記事を見つけにくい
  • 全体的な統一感があだとなり、コンテンツごとの重要度がわかりにくくなる

といった一長一短の面を持っております。
そのWebサイトに本当にグリッドレイアウトが向くのかを見極め、取り掛かる前に次にご紹介するタイプの中でどちらにすべきかをきちんと見極めてからデザインしましょう。

タイプ別グリッドレイアウト

グリッドレイアウトは、大きく分けて2種に分類されます。ひとつづつ見てみましょう。

カード型グリッドデザイン

カードを複数並べたように見えるデザインです。
幅が固定になるため、コンテンツの重要度が次に紹介するものよりもわかりづらくなり、ポートフォリオサイトや順位付けをしたくないコンテンツサイトに向いていると言えます。有名なピンタレストもこちらのデザインを採用していますね。

CHECK IT OR KYOTO
http://www.checkitorgo.com/kyoto/
CHECK IT OR KYOTO

Pintarest
https://www.pinterest.jp/
Pinterest

可変グリッドデザイン

ブラウザ幅に応じて、コンテンツの幅や配置を変幻自在に操るデザインです。
レスポンシブデザインとの相性がよく、どんなデバイスやブラウザ幅で閲覧しても、常に最適なサイズで見せられます。また、コンテンツごとの高さだけでなく幅も数パターン用意することで、カード型グリッドレイアウトよりも重要度を視覚的に訴えやすくなります。

そのかわりデメリットもあり、可変なため位置を固定できず、コンテンツの再配置によりひとつひとつの位置・時にはサイズも変えてしまうのは、ユーザビリティに悪影響であるという意見もあります。

HAKUHODO i-studio
https://www.i-studio.co.jp/index.html
HAKUHODO i-studio

大阪工業技術専門学校
https://www.oct.ac.jp/
大阪工業技術専門学校

さて、グリッドレイアウトでサイト構築をする場合、「レスポンシブデザイン(レスポンシブレイアウト)」と「リキッドデザイン(リキッドレイアウト)」を紐解く必要があります。

レスポンシブデザイン(レスポンシブレイアウト)

Googleが推奨しているレシポンシブレイアウトの方から解説しましょう。ひとつのHTMLを閲覧者のデバイスやブラウザ幅に合わせて適切なサイズで表示させるデザインを、レスポンシブデザインとされています。
メディアクエリ(Media queries)で構築する場合、ブレークポイント(Break point)はスマホ(640px〜750pxなど)、タブレット(960px〜1,024pxなど)、それ以上のPC(1,024px以上など)を指す3つで指定されています。

しかし、デバイスのサイズや画素は常に流動的で、度重なる規格変動により少し前のサイトでもレイアウトが崩れる、などの問題点がよく出てきてしまいます。
また、複数のブラウザ幅やデバイスにきちんと応じたデザインにしがたいため、どうしても一部の端末で表示が崩れたりすることを避けられません。全機種、全デザバイスは検証しようもありませんからね。

リキッドデザイン(リキッドレイアウト)

それに反して、リキッドデザインは、ブラウザの横幅に合わせて各コンテンツの表示サイズを動的に変更させることができるので、きちんと組まれていれば常識的な花幅であればほぼ一般的なブラウザ幅・端末でレイアウトが崩れません。

数年前まではスマホ・タブレット・パソコンの3サイズのみへの対応で良かったのが、各社いろんな端末やデバイス幅を市場に投入してきていて、タブレット並みに大きいスマホや、パソコン並みに大きいタブレットなど、メディアクエリでいざブレークポイントを設定しようとした時に、その境界の数値があいまいになりがちです。リキッドデザインはそういった時代の流れにフィットしたレイアウト手法と言えます。

また、リキッドデザインにはフレキシブルデザインも一部含まれるでしょうか。
しかしフレキシブルデザインは、完全に100%の横幅ではなく、たとえばPC程度以上のブラウザ幅で閲覧すると、サイト幅が960pxに固定されるなど、最大値や最小値を設定することができます。いろいろあって難しいですね。結局、どっちがいいんだ!という方に、それぞれの利点・欠点をお伝えします。

レスポンシブデザインとリキッドデザインのメリット・デメリット

ふたつに共通するメリット

  • HTMLが1つ(ワンソース)で済むため、制作や更新、運用に至っての手間が1回きり
  • ブラウザ幅を自動取得し、表示領域や画像を適切な幅に変更できるように組める

ふたつに共通するデメリット

  • パソコン用のHTML・CSSを一気に読む込むため、基本的に表示速度が全端末で遅くなりがち

レスポンシブデザインのメリット

  • 各デバイスに応じ、不必要な要素を自由に非表示にしたり部分的に変更したりなど出来る
  • レイアウトを各ブレイクポイント間で最適化できる

レスポンシブデザインのデメリット

  • レスポンシブは特にスタイルを強く上書き・打ち消していくように書き足していくため、構築に工数や時間がかかる

リキッドデザインのメリット

  • 各コンテンツを画面やデバイスのブラウザ幅や横幅にに合わせて、相対的に可変に出来る
  • 多少の規格変動になら更新なしで対応出来る

リキッドデザインのデメリット

  • 組み方の使用上、可能なデザインに限りがある(枠にはまったデザインになりがち)
  • コンテンツが長くなりがちで、読みにくいケースが多い

レスポンシブデザインやリキッドレイアウトをグリッドレイアウトに応用する

いろいろな情報を一気にご紹介したので、「結局グリッドレイアウトって・・!?」と悩んでしまったWebデザイナーのあなた。要は、いくつかの手法を比較検討し、その時の案件に応じたものをセレクトすればいいのです。
おそらく「レスポンシブ+グリッドレイアウト」「リキッド+グリッドレイアウト」「フレキシブル+グリッドレイアウト」など、複数の展開が思い浮かぶことでしょう。

ユーザーを飽きさせないためにあらゆる策を講じる1手段としてグリッドレイアウト、ぜひwebサイトに取り入れてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
1 2 3 4 5 6 7 188