スタッフ厳選おすすめ情報

2015年7月

おすすめ情報

2015年7月31日

「注目を引く」これが広告の本懐だ!

こんにちは、野村です。

 

大阪は「海遊館」の中吊り広告が凄いと噂になっています。

 

リアルに破れている広告

中吊り広告に載っているサメの写真が、
その広告の端っこを噛んで引き裂いている!

というデザイン。

だまし絵な感じになっていて、リアル感が出ています。

多くの注目を集めているようで…。

表も裏も、すごくリアル。迫力を感じます。

書いてるぼくも、シャークワールド へ行きたくなってきた。

 

 

多方面で話題に

 

 

広告の本懐は、目立つこと。

うん、こうやってまとめてみると分かります。

これは注目を集めますね。
こうやって目立っている時点で、勝負ありだと思います。

バズられるし、広告効果は非常に高くなっているはずです。
目立ったもん勝ちですね。

この広告のポイントは、ひとつ。
いかに枠を飛び出したアイディアを出せるか?
ということ。

広告の本懐は、目立つことだと思うのです。
その意味で、今回の事例は非常に勉強になります。

おすすめ情報

2015年7月31日

様々なコンバージョン2 ~ユニークコンバージョン・Googleアナリティクスとの違い~

こんにちは。
Bigmac株式会社です。

 

前回の「様々なコンバージョン1 ~コンバージョン・総コンバージョン~」に続きまして、

本日も≪コンバージョン≫について、リスティング広告でのお話をベースに書かせていただきたいと思います。

 

2.コンバージョンに至ったクリック・ユニークコンバージョン

次に「コンバージョンに至ったクリック」と「ユニークコンバージョン」ですが、

これらもリスティング広告の管理画面での呼び方の違いで、同じ意味のコンバージョンになります。

コンバージョンに至ったクリック・・・GoogleAdWords

ユニークコンバージョン・・・Yahooリスティング広告

ユニークとは「唯一の、たった1つの」などの意味で、

同じユーザーが何度コンバージョンしてもコンバージョンは「1」しかつきません

0708_2

上記の場合、

コンバージョン数・総コンバージョン数では「2」となりますが、

コンバージョンに至ったクリック数・ユニークコンバージョン数は「1」になります。

そしてこちらもコンバージョンがカウントされるのは7/1(広告のラストクリック日時)となります。

 

リスティング広告管理画面では「表示項目」(Yahooリスティング広告では「表示」>「表示項目の編集」)にて

コンバージョンも含めて表示させたい項目を編集できます。

前回お話した「コンバージョン・総コンバージョン」と「コンバージョンに至ったクリック・ユニークコンバージョン」は

(ECサイトは特に)数字に大きな開きが生じる可能性があります。

しっかりと意味を理解し、数字を確認していく必要があるでしょう。

 

※Googleアナリティクスのコンバージョン

同じコンバージョンでもGoogleアナリティクスとリスティング広告管理画面のコンバージョンでは

数値に大きな違いを経験した人は多いと思います。

詳細を説明するとながくなってしまうので今回は割愛させていただきますが、

簡単に言うとユーザーを判別する「Cookie」の種類がGoogleアナリティクスとリスティング広告では違うことから

コンバージョンの数値に多かれ少なかれ差が生じてきます。

ここではリスティング広告を扱っている方が注意すべき点を2点紹介させていただきます。

 

1)コンバージョンがカウントされる日時

コンバージョンがカウントされる日時がGoogleアナリティクスとリスティング広告では差が生じる可能性があります。

Googleアナリティクスのコンバージョン・・・コンバージョンが発生した日時

リスティング広告管理画面のコンバージョン・・・(広告の)ラストクリックが発生した日時

それぞれこのようにコンバージョンがカウントされます。

下記のような場合、

0708_2

Googleアナリティクス・・・7/5にコンバージョン1、7/10にコンバージョン1

リスティング広告管理画面コンバージョン(総コンバージョン)・・・7/1にコンバージョン2

となります。

Googleアナリティクスではコンバージョンが発生しているのに

リスティング広告管理画面ではカウントされていない…

そんな時に過去データを遡ると前月のコンバージョンが増えていることもあります。

 

2)トラフィックの種類の違い

0708_2

上記の場合、リスティング広告管理画面ではコンバージョンが反応します。

ただGoogleアナリティクスの

サマリー > すべてのトラフィック > チャネル

を確認すると「Organic」のコンバージョンがカウントされ、

「Paid Seach」ではコンバージョンはカウントされません。

参照元/メディアも同じようにコンバージョン発生時のものが表示されます。

 

以上のような違いから、Googleアナリティクス、リスティング広告管理画面

双方のデータを確認していく必要性があることが分かります。

 

ユーザーのリテラシーも高くなっている昨今、

サイト訪問後、ユーザーが比較検討のために離脱することは少なくありません。

どうしてもコンバージョンが発生したラストクリックにのみ焦点があてられることが多いですが、

ファーストクリックも含め、サイトの内容や戦略に合わせてそれぞれに評価すべきという流れになってきています。

このあたり、次回の「アトリビューション分析」記事にて少しお話させていただきたいと思います。

 

以上、本日は「コンバージョンに至ったクリック」「ユニークコンバージョン」と

「Googleアナリティクスとリスティング管理画面のコンバージョンの違い」をお話させていただきました。

 

次回は「アトリビューション分析」と「アシストクリック後のコンバージョン」についてお話させていただきます。

こちらも一読していただけますと幸いです。

 

ありがとうございました。

 

おすすめ情報

2015年7月30日

非デザイナーでも簡単便利にWEBボタン素材が作れちゃう!ButtonMaker

こんにちは。野村です。

きょうは、便利サイトを紹介したいと思います。

 

記事タイトルどおり、

非デザイナーでも簡単便利にWEBボタン素材が作れちゃう

「ButtonMaker」というサイトです。

http://box.aflat.com/buttonmaker/

 

 

dai2

こんな「あっ!」なボタンや

 

dai1

こんな感じの、ブログへのリンクボタン。

 

 

こんな ボタン、ボタン、ボタン。

11 9 33

 

 

 

はたまた、グローバルメニューや背景も。

28 25 23 44

 

 

ひいては、四星球(スーシンチュウ)まで!笑

46 (神龍は出てきません)

 

 

…はい。つかみがOK出たところで、

実際に「ButtonMaker」サイトを見てみましょう。

screenshot-box.aflat.com 2015-07-30 23-36-38

こんな感じです。

今回、弊社主催のセミナーの申し込みボタンを作るにあたり、

非デザイナーであるぼくが「なんか簡単にボタン作れないかなー」と

検索したところ、昔に使ったことのあるこのサイトが出てきたという経緯です。

 

セミナーに参加する

こんなボタンが、ものの2~3分で簡単に作れちゃいます。

便利この上ないです。

 

上記ボタンと同様なものを作るには、

上記サイトをクリックして拡大。

同じ設定にすれば同じボタンが作れます。

 

それを少しアレンジすれば、あーら便利。

あなたオリジナルのボタンの完成です。

 

 

最近は、Web上で手軽に色んなことができるのでイイですね。

ぜひ、ボタン作ってみてください。

画像が作れない素人ほど、やってみるとハマるかも…ね。(・∀・)

http://box.aflat.com/buttonmaker/

おすすめ情報

2015年7月30日

無料で宣伝できちゃうGoogle+ローカルページ

こんにちは。

Bigmacの吉村です。

 

お久しぶりです。

日々の業務に追われて、なかなかブログを書けません(涙)

 

 

さてさて、

自分だけが忙しいのではないこと、わかっています。

 

これをお読み頂いているあなた様もお忙しいですよね。

そんなお忙しいあなたへお伝えしたい情報があります。

 

それは、あなたの代わりにお店の情報を宣伝してくれる

「Google+ローカルページ」さんのことです。

 

 

「Google+ローカルページ」とは、なんぞや?

半年前の私もそう思っていました(^_^;)

実は、何度も目にしているものだったのです。

 

はい。コレです。コレ。

Googleマイビジネス01

 

 

 

 

 

 

この赤色で囲った部分が、

Googleさんがしてくれている宣伝です。

この赤く囲った部分を「Google+ローカルページ」と言います。

 

ご自身の会社やお店をフルネームで検索してみて下さい。

架空の住所でない限り、

ほとんどの「Google+ローカルページ」が表示されます。

 

「ええっ!こんなページ作った覚えがない!」

そうかもしれません。

 

この「Google+ローカルページ」、

Googleさんが自動的に作成してくれることがあるのです。

Googleさんが、会社・店舗名、住所、電話番号などを

収集して、作ってくれているのです。

 

「勝手に作りやがって!料金払えないぞ!」

いえいえ、無料です。

 

けれど、この情報に誤りがあったらどうしましょう?

 

大丈夫!

あなたが、その会社・店舗のオーナーであれば、

修正することが可能です。

 

【例】こちら弊社クライアント様である

「熟成かつ 天膳本店」様のローカルページです。

Googleマイビジネス02

 

 

 

 

 

 

ページ左下の赤く囲った部分をご覧下さい。

「ビジネスオーナーですか?」と記載されています。

これが記載されている場合は、

Googleローカルの設定が済んでいないということです。

 

こちらの「ビジネスオーナーですか?」をクリックし、

手順通りに進めて行けば、

あなたがこのローカルページの管理者になり、

情報の修正や、写真の入れ替えや、

サイトURLを表示させたり…が可能になります。

 

Google+では、この他にも、

ブランド、組織、アーティストのページ、

Google+ブランドページなど、

なんだか、ややこしく(涙)いろいろあります。

おいおい、ご紹介していこうと思っております。

 

それでは、最後までお読み頂きまして、

ありがとうございました。

おすすめ情報

2015年7月29日

マズローの欲求段階説から考える、 ぼくが仕事を楽しめている理由

こんにちは。

ドラクエの「ホイミ」の呪文は

「回復」→「休憩」→「休み」→「イ木み」→「イホミ」→「ホイミ」が起源!

と聞いて驚きを隠せない、野村です。

 

 

マズローの欲求段階説から考える、

ぼくが仕事を楽しめる理由について書きます。

 

 

はーい。注目。

マズローの欲求段階説。ご存じですか。

自己実現理論とも呼ばれる、

アメリカの心理学者アブラハム・マズローが唱えた理論です。

マズロー顔 アブラハム・マズロー

 

maslow

簡単に言うと、人間の欲求には段階があって、

より低い位置にある欲求がある程度満たされないと

高い位置にある欲求を追求していけない。

こんな感じで認識しています。

 

 

自己実現の欲求を追求する状態、つまり

  • 自分の能力を発揮したい!
  • うおお、自分を高めるべくやってやるぜ!

こんな状態になったら、いいですね。

仕事上でも、活躍しそうです。

 

どうすると、こんな状態になるのか?

マズローの欲求段階説で説明すると…

 

他人やグループに所属して、

つまり仲間がいる状態で「社会的欲求」が

ある程度、満たされる。

 

なおかつ、仲間やパートナー、周りから

一定の評価をされることで、

「尊厳欲求(承認欲求)」がある程度、満たされる。

 

そうなると、

「よーし!自分の持ち味を生かして活躍しよう!」

と、イキイキ状態になる。

「自己実現欲求」を追求できるのかな、と思います。

 

 

 

ぼくの場合で見てみると、

1.生理的欲求…

まあ生きているし今日明日死ぬ感じではない。

2.安全欲求…

絶対安全じゃないがある程度以上満たしている。

3.社会的欲求…

Bigmacに所属し信頼に足る仲間がいる。

4.尊厳欲求(承認欲求)…

完璧ではないが内外から一定の評価はされている。

 

これらを踏まえて、

5.自己実現欲求…

自分の可能性にチャレンジしている。

 

このように、仕事を通して自己実現欲求を追求できている。

だから、仕事が楽しめているんじゃないかなと考えています。

 

 

すべてが100%満足か、っていうと全然ではあるんですけどね。

仕事もプライベートも、まだまだ高めるチャレンジ中なわけで。

 

 

 

同じ輪を、Bigmacの仲間内に広めていくために、

スタッフにも自己実現欲求を追求してもらうために、

3.社会的欲求や4.尊厳(承認欲求)を満たせるといいな。

 

そう考えています。

 

 

Bigmacを厳しくも温かい場にして。

いいところをたくさん見つけて、伸ばしてもらわないとな。

そう考えています。

 

このテーマ好きなので、また書きますね。

ではまた。

1 2 3 4 5 6 7 10