ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ厳選おすすめ情報

2016年5月

おすすめ情報

2016年5月31日

デザイナーが知っておきたい主要ライセンス

著作権やライセンス、
制作に携わるデザイナーとしては
結構敏感だったりします。
画像やイラストの著作権については
ネット上で公開するにあたり誰でも気にしていることとは思いますが、
その他にもプログラムやフリーソフトウェアにもいろいろなライセンスがあるので
デザイナーが最低限注意しておきたいライセンスについてまとめました。

GPL(GNU General Public License)

現在、おそらく世界でもっとも広く使われているオープンソース・フリーソフトウェア用のライセンスです。
こちらの要点は

  • 無保証
  • 著作権表示の保持
  • 複製・改変・再配布・販売は誰でも可能(商用可)
  • GPLライセンスのソフトウェアやプログラムを使用した場合、その制作物もGPLライセンスで配布しなければならない
  • 簡単に言い換えると、誰でも(商用も可)自由に複製や編集はできるが、
    保証はしないし、著作権表示を決してはいけない。
    また、そのソフトウェアやプログラムを配布・販売することは許可されているが
    その場合のライセンスもGPLライセンスにしなければいけない。
    ということです。

    このGPLライセンスが普及されたことで、
    自分の作ったソフトウェアがどこかで勝手に独占的に使用されたり
    横取りされてしまうことが防げるようになりました。
    身近なところでいうとwordpressもGPLだったりします。

    LGPL(GNU Lesser General Public License)

    上記のGPLライセンスの制約を若干緩めたものがLGPLとなります。
    GPLライセンスとの違いは

    動的リンクとして使用した場合、そこ以外の部分にはLGPLライセンスを適応させなくてもよい

    つまり、外部ファイルとしてLGPLライセンスのプログラムを使用する場合は
    それ以外の部分はLGPLライセンスにする必要がないということです。

    BSD

    こちらはGPLやLGPLに比べると非常に緩いライセンスです。
    こちらの要点は

  • 無保証
  • 再配布時には著作権表示を保持
  • 以上の2点です。
    この2点を守れば、自由に改変、再配布、独占販売だってOKです。
    しかし、このライセンスには「オリジナルBSDライセンス」と「修正済BSDライセンス」の2つがあり、
    オリジナルの方には謝辞として初期開発者を表示するという条件がついていますので
    少し注意が必要です。

    MIT License(X11 License、X License)

    こちらの要点は

  • 無保証
  • 再配布時には著作権表示を保持
  • となっており、「修正済BSDライセンス」と同条件のライセンスです。

    Creative Commons

    Webデザイナーはよく注意しておくライセンスです。
    このCCライセンスは「著作権者のクレジット表記」が絶対条件となっているので
    なかなかWEBサイトの受注制作などには使い勝手はよくないかと思います。
    著作権者のクレジット表記の他に、
    ・非営利の場合のみ使用許可・改変の禁止・同一条件の継承義務
    の3つの使用条件を組み合わせることで、
    著作権者の希望に沿ったライセンスを明示できます。
    無料配布されているphotoshopのブラシファイルなども
    CCライセンスのものが多いので、使用する際には注意しましょう。

    以上、よく目にするライセンスを紹介させていただきました。
    写真やイラストなどはもちろん、
    Webサイトの制作において配布されているjqueryを使用する場合なども
    使用できる範囲・ライセンスなどをしっかり調べることが必要となります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    メルマガ登録

    おすすめ情報

    2016年5月31日

    リスティング広告運用~まずは階層を知ろう!~

    Get to know the listing advertising operation - First hierarchy! ~

     

     

     

     

     

     

     

    リスティング広告運用を始めるにあたり、
    いきなり一から自分で開設&運用をしよう!

    ・・・なんてことは非常に難しいものです。

    まずは、他の人が開設&設定して、
    実際に運用している管理画面を開いてみましょう。

    しかしながら、管理画面を開いてもチンプンカンプンかも…。

    そんなリスティング超初心者方へ、
    この管理画面の構造をお伝えします。

    4つの階層に分かれています。

    リスティング広告運用は、下記の二つで行えます。

    ・Yahoo!プロモーション広告
    ・Google Adwords

    二つともに構造はだいたい同じです。
    どちらも、下記の4階層に分かれています。

    ・アカウント
    ・キャンペーン
    ・広告グループ
    ・キーワードと広告

    階層のくくりとしては、下記をご覧ください。

    資料by Yahoo!
    kouzou

     

     

     

     

     

     

    それでは、この各階層について書かせていただきます。

    ▼アカウント

    アカウントは、一番上階層です。

    企業や店舗の広告を、このアカウントは1つの中で運用します。

    しかし、企業内でも、複数のホームページを持っていたり、
    扱う商材が多数ある場合などは、ホームページごとや商材ごとに
    アカウントを開設する場合もあります。
    そういった場合は、別にすることで、予算管理もしやすくなります。

    ▼キャンペーン

    キャンペーンでは、予算管理、配信日時、配信先などの
    ターゲティング設定をします。

    アカウント内でも扱う商材や予算、広告掲載目的が違う場合は、
    このキャンペーンで分けて運用します。

    ▼広告グループ

    広告グループでは、この下の階層の広告とキーワードを
    とりまとめることができます。

    広告グループこどに入札単価を設定したり、
    対象外キーワードもここで設定したりもします。

    ▼広告

    掲載したい広告のことです。

    テキスト広告の場合は、タイトル・説明文・リンク先URL・表示URLで構成され、
    ディスプレイ広告の場合は、広告画像・リンク先URLで構成されます。

    ▼キーワード

    広告に関する語句のことです。
    インターネットユーザーが検索した際に入力するであろう語句のことを
    キーワードと呼びます。

    そんなキーワードの設定方法については、こちらをご覧ください。

    キーワードマッチタイプ

    キーワードの選定について

    ・・・ということで、今回は、基本中の基本!
    これを知らなきゃ、管理画面はチンプンカンプン!となってしまう
    階層について書かせていただきました。

    この階層の意味を知った上で、管理画面をのぞいて
    各階層を開いていってみてください。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    メルマガ登録

    おすすめ情報

    2016年5月31日

    キーワード選定の手助け!リスティング広告におけるサジェスト機能の活用法

    e27be930d388109dc6804d1027a71b85_s

    みなさんサジェスト機能というものをご存知ですか?
    何だか難しそうな機能だなと感じたあなた!
    実は知らず知らずのうちにこの機能を利用しています。

    今回はリスティング広告における
    サジェスト機能の活用方法についてお話したいと思います。

    サジェスト機能とは?

    みなさんは何か情報を得たいときに
    yahoo!やgoogleなどの検索エンジンで
    検索をかけると思います。
    その際、文字を全て打ち終わる前にキーワード候補の一覧が表示され、
    すべて入力する手間が省けたと感じた事がありませんか?
    それこそがサジェスト機能です。
    サジェスト機能とは、
    検索サイト上で検索キーワードを入力する途中に
    検索エンジンがある程度の予測を行い、
    入力文字列のしたに候補として表示する機能のことで、
    パソコンの場合だと表示された候補はTabキーで選択が可能です。
    スマートフォンの場合だと、
    表示された候補をタップすることで検索結果のページに遷移します。

    リスティング広告においての活用法

    筆者も普段からこのサジェスト機能を多く利用することから、
    他にも同じようにこの機能を利用するユーザーはたくさんいるはずです。
    そのことからサジェストされたキーワードに
    入札しているリスティング広告は
    表示回数が増加すると予想することができ、
    特にメインのキーワードを入力した際にサジェストされる複合ワードは
    検索クエリに含まれている割合が高いと考えられます。
    例として、サッカー用品の販売サイトであれば
    「サッカー」がメインキーワードとなるので、
    「サッカー」と入力した時にサジェストされる複合ワード
    「サッカー スパイク」、「サッカー ユニフォーム」、「サッカー ボール」
    などは表示回数が多いと考えられます。

    このようにサジェストされる複合ワードを調査して
    キーワードの選定を行うことで、
    ユーザーが検索をかけそうなキーワードを絞り込むことが可能となります。
    また既に洗い出してあるキーワード以外の候補が発見できれば、
    新しくキーワードとして登録することで
    新たな訴求対象を見出すこともできます。

    さて、サジェストのキーワードの選定を確認した後は、
    運用を行ってみてから実際のパフォーマンスを解析してみましょう。
    検索クエリにおいてサジェストキーワードの割合はどのくらいなのか?
    そもそもサジェストキーワードは入稿されているのか?
    入稿している場合は表示回数が多いのか?
    CPCやCPAはどうなのか?

    様々な指標からサジェストキーワードを解析することで、
    今後のパフォーマンス向上へどういった施策が必要であるかを
    見つめ直すことができます。

    まとめ

    サジェスト機能は優れたキーワード選定方法の1つですが、
    この方法だけに頼らず、
    様々なキーワード選定方法と掛け合わせて、
    よりパフォーマンスの良いキーワードを探索していくことが
    アカウント全体のパフォーマンスの向上につながります。
    ちなみにこのサジェスト機能の利用者数ですが、
    yahoo!プロモーション広告の調査結果で、
    スマートフォンでの利用者数が8割以上という調査結果が出ています。
    スマートフォンリスティング広告施策においては
    無視できない大きな影響力があると言えます。
    実際に広告を運用している方で、
    なかなかキーワードの選定がうまくいかない、
    パフォーマンスが向上しないと思っている方は、
    一度このサジェスト機能に目をむけてみてはいかがでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    メルマガ登録

    おすすめ情報

    2016年5月31日

    Webフォントを使って、ワンランク上のサイト作りを!

    Webフォントを使って、ワンランク上のサイト作りを!

    Webデザイナーの方なら、MS Pゴシックやヒラギノ角ゴシックなどから
    一歩踏み込んだフォントでWebを作りたいと思いますよね。

    従来のフォントだと選択肢が制限されていましたが、
    CSS3からはWebフォントが利用できるようになっています。

    元来、Webブラウザは端末にインストールされているフォントを呼び出し
    文字を表示します。

    端末のフォントでは、Webデザイナーが意図しないWeb表示がなされてしまい、
    フォントに関するWebデザインにも制約が生じてしまいますよね。

    フォントを画像にして表示するという手はありましたが、
    文章修正のメンテナンス、文章の検索、SEO面で問題があります。

    そこでWebサーバー上にフォントファイルを置き、
    Webデザイナーの意図するフォントを表示できるようにした技術がWebフォントと言えます。

    従来のフォント指定について

    OSごとに標準搭載されているフォントを見てみましょう。

    Windows 8 / 7 / Vista メイリオ
    MS ゴシック
    MS 明朝
    Windows XP MS ゴシック
    MS 明朝

    MacOS X 10.5以降

    ヒラギノ角ゴシック ProN
    ヒラギノ明朝 ProN
    ヒラギノ角ゴシック Pro
    ヒラギノ明朝 Pro
    MacOS X 10.4 ヒラギノ角ゴシック Pro
    ヒラギノ明朝 Pro
    iOS HiraKakuProN-W3
    HiraMinProN-W3
    Android 4.0 モトヤLシーダ3等幅
    モトヤLマルベリ3等幅

    制作時にフォントにこだわって、多彩なフォントを自由に使ったとしても、
    エンドユーザーのPCにフォントのデータが無いため表示が変わってしまい、
    意図しない表示がされ、残念な結果になってしまうことが多々あります。

    この問題の解決手段として策定されたのがWebフォントです。

    フォントのデータをネットワーク上に置き、
    サイト表示の際はそこからフォントのデータをダウンロードして使用するため、
    ユーザーの環境に左右されることが無くなります。

    改めて、Webフォントのメリット、デメリット

    Webフォントを使用するメリット

    • ユーザーの環境に依存せず、インストールされていないフォントも表示できる。
    • 画像ではなくテキストなので、検索エンジンのクローラーに情報を拾ってもらえ、SEOに有利。
    • 修正、更新がテキスト打ち直しだけなので簡単。
      Photoshopなどのアプリケーションに頼らなくていい。
    • Retinaなどの高解像度ディスプレイでも綺麗に見える。
    • レスポンシブ対応が容易。

    Webフォントを使用するデメリット

    • Webフォントのデータを読み込むための時間がかかる。
    • 無料の日本語Webフォントは種類が少ない。
    • 日本語Webフォントは欧文のみのものに比べて重い。
      ※容量を削減するために、必要な文字のみを読み込む「サブセット化」で
      フォントファイル自体を軽量化することも可能です。

    Webフォントは敷居が高そう、、とお思いの方に

    Webフォントは難しいと思われがちですが、きちんとした手順を踏めば、
    さくっと導入できます。

    これを期に、フォントからサイトの雰囲気を変えていきましょう!

    欧文の所はおしゃれにしたいなら、Google Fontsがおすすめ!

    必要なフォントを選んで、出力されたタグをコピペするだけで、
    欧文Webフォントが使用できます!

    日本語はありませんが、欧文書体が幅をきかせているため、
    欧文のタイトルに使いたいなどであれば、こちらの方法が手軽です。

    google font

    google font

    日本語のWebフォントは??

    Google Fontsで調べるとわかりますが、全て欧文対応のものです。残念です…。

    が、日本語Webフォントとして、Googleが提供している日本語のWebフォント、
    Noto Sans Japaneseが『Google Noto Fonts』というプロジェクトで無料で公開されています。

    Noto Sans CJK JP

    Noto Fonts CJK JPとは、Googleとadobeが共同開発をしたフォントです。

    コンピューターで表示できない文字がある場合、
    文字の代わりに小さい四角(□)が表示されることが多いですが、
    Googleではそれを「豆腐」と呼んでおり、
    Webから取り除くためにNoto(no more tofu)フォントを作ったそうです。

    さすが、GoogleとAdobeが共同開発したフォントだけあって、
    すっきり整っていて、よみやすさ抜群です。

    困ったらNoto Sans Japanese、と思っても間違いではありません。

    Noto Sans Japaneseを簡単に導入

    CSSファイルに、以下のようにインポート文を追加すれば、
    urlに指定されているCSSファイル経由でNoto Sans Japaneseを読み込みます。

    @import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css);

    これだけで、あらゆる端末で同じフォントを、
    しかも日本語で使えるようになるのです。
    素敵ですね。

    Noto Sans Japaneseをより軽く使用するため、サブセット化する

    先ほどの方法でももちろん大丈夫ですが、
    全ての漢字やウェイトなどを網羅しているため、少し重くなりがちです。

    表示が重たくてストレスを与えてしまう、という事態を回避するため、
    フォントファイルを軽量化させてしまいましょう。

    1.「Noto Sans」をダウンロード

    「Noto Sans」をNoto Sans CJK JP よりダウンロードします。

    Noto Sans CJK JPを検索、ファイルをダウンロードしてください。
    noto font

    2.サブセット化のためのソフトをインストール

    下記のサイトから「サブセットフォントメーカー」「woffコンバーター」を
    インストールください。

    http://opentype.jp/subsetfontmk.htm

    http://www.forest.impress.co.jp/library/software/woffconvert/

    3.サブセット化してWebフォントのファイルサイズを軽量化

    サブセット化とは、普段使うものだけを抜き出す作業です。

    「第一水準漢字+ひらがな+記号」この辺りを抜き出せば
    普通のwebサイトであれば十分です。

    以下から、代表的なフォントに格納する文字です。

    https://drive.google.com/file/d/0Bza38quoCtHqM004SE1QUVlNLWc/view

    1. サブセットフォントメーカーを起動し、インストールしたファイルを指定します。

    サブセット

    2.「作成後フォントファイル」で軽量化したあとのフォントファイルの保存場所を指定します。

    3.「フォントに格納する文字」の箇所へ、先ほどダウンロードした文字をコピペします

    4.「作成後、WOFFコンバーターを起動する」にチェックを入れて、「作成開始」ボタンをクリック。

    5. 変換後のフォントファイルが1MB以下になっていることを確認してください。

    4.woffコンバーターを使用し、拡張子をwoffに変換

    フォントにもそれぞれの環境で対応したファイル形式があるので、それぞれ変換してやります。

    先ほどのサブセットフォントメーカーできちんと変換されていれば、
    そのままwoffコンバーターが立ち上がります。

    サブセット

    1.「変換前ファイル」でさきほど軽量化したフォントを指定します。

    2.「変換後ファイル」で拡張子を変更した後のファイル名を指定します。

    3.「EOTファイルを生成する」にチェックを入れて、「変換開始」をクリック。
    ※EOTファイルはIEでも表示させるためのフォントファイルです。

    5.サイトに日本語Webフォントをインストール

    これで日本語Webフォントのサブセット化は完了しました。

    あとはサイトに日本語Webフォントをインストールすれば表示されます!

    軽量化したWebフォントをディレクトリーに配置し、CSSにフォント指定のコードを書きます。

    @font-face {
       font-family: "NotoSans";//好きな名前で設定
       font-style: "normal";
       font-weight: 400;
       src: url("./assets/fonts/NotoSansCJKjp-Regular.otf") format("opentype"),
       url("./assets/fonts/NotoSansCJKjp-Regular.woff") format("woff");  
    }

    太字を使いたい場合は、font-family: "NotoSansCJKSC;と指定すると使うことができます。

    @font-face {
       font-family: "NotoSans";
       font-style: "normal";
       font-weight: 700; //変更
       src: url("./assets/fonts/NotoSansCJKjp-Bold.otf") format("opentype"), ;
       url("./assets/fonts/NotoSansCJKjp-Bold.woff") format("woff");  
    }

    このサブセット化の方法を覚えれば、Web上に転がっている商用可などの日本語フォントを、
    ストレスフリーにサイトに導入できます!

    ぜひ覚えてくださいね。

    まとめ

    いかがでしたか?Webのフォントは紙媒体に比べて遊べない、とお思いのあなた。

    技術の進歩でWebフォントも捨てたもんじゃなくなってきています!

    ぜひワンランク上のサイトデザインに、ご活用ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    メルマガ登録

    おすすめ情報

    2016年5月29日

    不況こそライバル企業に打ち勝つチャンス

    recession-what-chance

    私は立場上、経営者の方とお会いすることが
    非常に多いのですが、周りの経済環境について
    お話をすると、捉えかたが2つに分かれることに気付きました。

    何がどう分かれるか?というと、
    「不況に対する心構え」です。

    不況が好きだ。という経営者の方と、
    そうではない経営者の方です。

    不況が好きだ、という経営者の方のほうが
    日本の景気が減退している環境にも関わらず、
    飛び抜けた成長や業績を見せている場合が多いです。

    不況について経営的にどう臨んでいるか?
    そのあたりを書くことにしました。

    不況はライバル企業に打ち勝つチャンス

    先日、不況が大好きだという、とある会社の
    社長と、深くお話をする機会に恵まれました。

    この社長、やせ我慢とか天邪鬼な気持ちからではなく、
    本当に心から不況が大好きだと考えておられます。

    詳しくお話をお聞きすると、
    「不況は痛手も大きいが、景気のいいときよりも
    悪いときのほうが、成長分野が豊富にある」
    と考えていることが分かりました。

    不況においてこそ、ライバル企業の何周も先を
    走ることができるのだと。

    要するに、不況のときは苦境が多いから、
    その苦境をバネにすることができれば、
    一人勝ちができる、という考えが主にあるのでした。

    景気のいいときには誰も気づかなかった
    ビジネスチャンス・市場・取引・発想の問題が
    不景気のときは出てきやすい、気づきやすい。

    不況が大好きというこの社長は、
    上記のような考えを持っておられました。

    この社長とお話をする上で、ビジネス停滞の要因を
    ちゃんと捉えていることも分かりました。

    この社長からお話を聞いたあと、自分でも書籍など
    参考にしながらまとめたのが、次のビジネス停滞要因です。

     

    不況によって助長されるビジネス停滞の4つの理由

    1. 事業のあらゆる要素に成長思考を取り入れていない
    2. 成果を計測・監視・比較・数値化していない
    3. 綿密なマーケティング戦略や計画、
      具体的な業績予測を立てていない
    4. 適切かつ具体的な目標の立て方がわからない

    この4つが、ビジネスを停滞させるのだと分かりました。

    今では、重々気をつけるようにして
    Bigmac経営に活かしています。

    書いたとおり、上記のような停滞問題は
    不況によって助長されます。

    不況と聞くだけでほとんどの人は動きが鈍くなります。
    何をしたらいいか分からなくなり、何もしないか、
    もともとうまくいっていなかったことを
    ますますやるようになります。

    不況の中で戦略的に動き、会社や部署内で賢く舵を取り、
    利益率の高いお客を育ててつなぎ止め、競争相手の弱みに
    乗じることができれば、不況は味方になる。

    市場環境全体は不景気ムードから長らく脱しておらず、
    その中でIT分野は頑張って伸びている。

    この環境をチャンスととらえ、Bigmacの成長に活かします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    メルマガ登録
    1 2 3 4 5 6