ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ厳選おすすめ情報

2016年11月

おすすめ情報

2016年11月29日

AIの発達と社会への影響

ai,人工知能,ロボット

AI(人工知能)とは、簡単にいうと「勉学や推論、
判断など人間知能を人工的に実現させるもの」という訳です。

ふと人工知能と言われると、iphoneの「Siri」や
ロボットの「Pepper(ペッパー)」がぱっと思い浮かぶ人が
多いでしょう。

私もiphoneを使い始め、「Siri」に初めて問いかけた時。

期待していた答えを得られなかったり、
思うようにはいかないなぁと感じていました。

ですが問いかけを繰り返す内に、
理解できる言葉が増えていきました。
確かに『学習』をしているのです。

仕様に従った単純な作業だけではない、
人と同じように学んでいく知能。

今回は「AI」について紹介していきます。

”人間”対”AI”

人と同じ、学ぶ知能。どれほどまで進化しているかを
例としようと思ったとき、
『将棋』が真っ先に頭の中に浮かびました。

これまで、ニュースや報道にも取り上げられていた「電王戦」。
ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

将棋界において4年前から始まり、
プロ棋士とコンピュータ将棋による戦いが続いています。
結果から述べると、コンピュータの勝ち数が多く、
プロ棋士と言えども勝ち得ない状況となっています。

一度将棋をされたことがある方は
イメージしやすいかと思いますが、
将棋は9×9マスの盤面上で8種類の駒を使用します。
戦法もあり、その場に応じて指し方も変わるため、
考えられるパターンが本当に多いです。

そのためコンピュータが
人の思考に追いつくのは難しいと言われていました。

コンピュータ実装当初、人間で言う『経験』もなく
『感情』もない物が将棋を指すために、
評価基準が与えられました。

盤面に残っている駒…○点

自分の駒を一つ前に動かす…○点

などから一手一手を計算させ、
勝ち筋を自分で学習していく。
そうしてコンピュータの中での基準が出来上がり、
人に追いつくまでになりました。

学習をすると言う面に対して、
この他の分野にも応用が利くことがわかります。

人工知能の応用と利便性

とある通販サイトのお問い合わせページを覗くと、
ユーザー側が『気になる質問』や
『疑問』を自由に尋ねることができるチャット形式を
準備されているサイトが存在します。

これまで問い合わせが多かった内容である時。
ユーザーは「よくある質問」として
カテゴリから選択していくこともでき、
文章を入力した場合はすぐに返信をしてくれます。

どうしてもわからないことに関しては、
「サイト運営社」へのお問い合わせページまでの
誘導を行ってくれます。

さらに調べてみると、製造や流通、金融への導入であったり、
ファッションのコーディネートをしてくれるアプリと
言ったものまで開発されています。

どの分野においても、導入のメリットと言えば
やはり『人員コストの削減』でしょう。

人を介することもなく、上記のチャットであれば、
会社までの『お問い合わせメール』を送信してもらう
内容が減らせることに繋がっています。

ユーザーにとっても企業にとっても有用性が高く、
時間短縮、手間を極力減らしたいという
希望を叶えてくれていますね。

『2045年問題』

ここまでの技術の発達により、
人工知能に対して良いものばかりではない、
という意見も勿論現れています。

総務省を通じて、人工知能が人類を超えてしまい、
2045年には人類の地位がコンピュータに
奪われるのではないかという推論がありました。

SF映画でも、ロボットが人を襲うようになるという
テーマは良く聞きます。
ルンバを部屋に設置したら、人を誤認識してしまい、
掃除しようとするならまだかわいいものです。

『仕事』『事業』において、
人に成り代わる可能性が出てきているということです。

機械に奪われる仕事はあるのか

機械でも代行できる仕事と言われると、
単純作業であったり数値等の基準が明確であるものであれば、
可能なのではないかという予想がついてきます。

下はこれまでに、実際に予想されてきていた
様々な記事から抜粋した職業です。

・銀行、金融

・店舗レジ

・スポーツの審判

・簿記、会計事務

・不動産ブローカー

・タクシードライバー

・コールセンター

などなど。

会計(数字を取り扱う)職業は、
計算に必要な情報があればエクセルなどに数字が入力されれば…

野球の審判は、
バッターの身長や投げるボールの位置情報が分かれば…

簡単に考えすぎかも知れませんが、
可能性は十分にあるということです。

タクシードライバーを例に挙げましたが、
今月バスの自動運転実験が実施されました。

走行スピードや走行環境、考慮する要因は多く、
危険性もありますが、希望の行き先を指定して
走り出すタクシーが実装される日が近いのでは、
と考えてしまいます。

人にしかできない事と将来に向けて

ここまでくると、『機械にはできない』『AIでも難しい』ことは
あるのか
と考えてしまいますし、
単純な作業では人間の方が優れているとは言いづらいです。

その中で、人にしかできない事を挙げるとすると、

『人対人』が絡んでくるもの。
数値に基づく予想からの判断。
物事に対して個人による付加価値をつけること…

ではないでしょうか。
一人一人のスキルや考え方は違いますし、
AIとの差が生まれる部分であり、人の強みだと思います。

長くなりましたが、あくまで今回のおすすめ記事は、
皆さんの仕事の仕方や働き方を変えて欲しいという
テーマではありません。

AIの可能性をテーマとした内容で書き出しましたが、
こういった内容を書きたくなってしまうのは、
私自身も受け止めていかなければと思ったためです。

AIだけの世界とならないよう、
技術の発達には追いつけない力を磨いていきましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2016年11月29日

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いとは?

what-is-the-difference-between-offset-printing-and-on-demand-printing

そろそろ年賀状の季節になってきました。
年賀状を印刷する方法としては、
自宅のインクジェットプリンターで刷っていらっしゃる方が
多いのではないでしょうか。

実は何気なく使っている印刷にも種類があり、
メリットとデメリットがあります。
今回は代表的な印刷である、
オフセット印刷とオンデマンド印刷の違いについて
書いていきたいと思います。

印刷の種類

印刷とは名前の通り、
「版にインクをつかって紙などに刷る」ということです。
版を使わない印刷方法もありますが、基本は版を用いられます。
印刷版の種類により、平版印刷、凸版印刷、凹版印刷などが
あります。

オフセット印刷

現在の印刷の代表的な平版印刷のひとつです。
商業印刷物や美術印刷の多くはこの印刷方式を用いられています。
一番ポピュラーな印刷方法です。
街中で見るポスターや書籍などは、ほとんどこの方法を
用いられています。

特徴

実際に印刷イメージが作られている版と紙が直接触れないのが
特徴です。
版につけられたインキを、
一度転写用ローラーであるブランケットに移し(Off)、
ブランケットから印刷用紙転写(Set)させ、
紙などの被印刷体に印刷するため、オフセット印刷とよばれます。

オフセット印刷機には、
紙1枚ずつに印刷をしていく枚葉機、
ロール紙に連続的に印刷していく輪転機などがあります。
枚葉機は1枚ずつ紙に印刷するため、紙の選択の自由度が大きく、
小ロット印刷に向いています。

ただし、取っては刷るという手間があるため、
スピードは輪転機に負けてしまいます。
輪転機は1枚の紙に一気に印刷していくため、
枚葉機より早く刷れます。

機上でインキ乾燥、用紙の折りと断裁ができるため、
大ロットの印刷(大部数のチラシや新聞、雑誌など)に
向いています。
ただし、紙の種類や大きさは枚葉機より自由度はありません。

メリット

・版を用いるため大量に印刷ができる
・大ロットほど安くなる
・品質が良く、写真や文字が綺麗に印刷される
・特色を使うことができる
・大きいサイズを印刷することができる
・使用できる紙の種類が豊富
(凹凸のある紙にも印刷することができる)

デメリット

・小ロットだと単価が高い
(最初に作成する版のコストがかかるため)
・作業工程が多いため、納期に時間がかかる
(版を作成する工程があるため)

オフセット印刷は時間がかかっても、
綺麗に仕上げたい印刷物に向いています。
逆に、小ロットで
短期間で仕上げてもらいたい場合は向いていないことになります。

オンデマンド印刷

「要求があったときに迅速にサービスを提供する(On demand)」
方式ののことです。
パソコンからデータをプリンタに送り印刷するため、
版の作成が必要なくデジタルデータを直接出力します。
短時間で印刷することができ、小ロットだと単価が安くなります。

特徴

トナーによるレーザープリンタ方式
またはインクジェット方式で印刷します。
また、「カラーダイレクト印刷」ともよばれます。
トナー方式とは、
会社などに置かれているレーザーコピー機や
レーザープリンターとよばれるものと同様の仕組みとなります。

インクジェット方式も、
多くの家庭で利用されている
一般用のインクジェットプリンターと基本は同じ仕組みです。
一般用のプリンタとオンデマンド印刷機の違いは
まずマシンの大きさです。
業務用なので一般用のプリンタとは大きさが全く違います。
マシン自体が大きいので適応する印刷用紙や印刷サイズも違います。

それだけでなく、
印字を正確な位置に印刷するなど印刷することだけでなく、
印刷物を作る上での精度さも求められます。
また、業務用として利用するため、
マシンの耐久性や操作性など一般用とは
大きな違いがあります。

メリット

・小ロットで単価が安い
・版の工程がないため、短期間で仕上がる
・版を必要としないため、多種類の印刷が可能

デメリット

・特色が使えない
・大ロットの場合オフセットより割高になる
・オフセット印刷に比べると質が劣る
・ベタやグラデーションにムラができる
・細かい字は滲むため、精密なデザインには向かない
・色が安定しない

品質より小ロットで早く仕上げたい場合は向いており、
逆に大ロットで品質重視の場合は向いていないことになります。

まとめ

それぞれ特徴があり、メリットとデメリットがあることが
分かりました。
一見、オンデマンドのデメリットが多い様に見えますが、
オンデマンド印刷に向いていることは沢山あります。

また、最近のオンデマンド機種は印刷物の品質が向上しており、
オフセット印刷の品質との差が縮まってきています。
縮まっていてもオフセット印刷が一番綺麗なことに
変わりないですが、小ロットやコスト面からすると
オンデマンド印刷に分があります。

目的に応じて、大きく綺麗に印刷したい部分はオフセット印刷、
情報が変わるところはオンデマンド印刷など
使い分けることが大切なのではないかと思います。
また、オフセット印刷とオンデマンド印刷のほかにも
様々な印刷方法があります。
この記事を読んで興味を持っていただけた方は是非、
他の印刷方法も調べてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2016年11月26日

便利?不便?ハンバーガーメニューって?

convenient-inconvenience-what-is-a-hamburger-menu
みなさんハンバーガーメニューって聞いたことあるでしょうか?
「ハンバーガーアイコン」、「ハンバーガーボタン」とも
呼ばれています。
マクドナルドやハンバーガー屋さんの
店頭に置いてあるメニューではなくて、
スマートフォンサイトやタブレットサイト、
PCサイトでもちらほら見かける
三本線のナビゲーションメニューです。

なぜハンバーガーメニューと呼ばれるのかというと、三本の線が
ハンバーガーに見える事からこう呼ばれるようになったそうです。
前まではドロワーメニューと呼ばれていたそうです。

どうしてハンバーガーメニューが生まれたのか

WebサイトはもともとPC(デスクトップ・ノートパソコン)と
いったデバイス向けに考えられてきたので、
スマホサイト・アプリの設計はPCのサイト設計が
ベースになって考えられています。
そのためPCサイトにて左右の2カラムでエリアを定義したものを、
同じようにスマホで再現しようとすると、
必然的に縦に配置するしかないのです。

この限られたエリアの中で要素を配置するためには、
要素を小さくするか削除する必要がありました。
そのアイデアのひとつとして、要素のアイコン化が
考えられました。
それでこの三本線のメニューが生まれたのです。

最近多くのサイトやアプリがハンバーガーメニューを使っていて
三本線はメニューという認識が浸透しているので
UIとしては正解だと思います。

ハンバーガーメニューの
長所と短所を挙げてみましょう。

長所

  • コンテンツの表示エリアを大きく獲得できる。
  • ボタン自体は小さくでき、文字も必要ないので
    どんな画面デザインでも、あまり邪魔にならない。

短所

  • スマホを持ったばかりの人は、メニューだとわからず
    離脱してしまう可能性がある。
  • 下層コンテンツの入り口がメニューの中にあり2タップの
    操作が必要になるので、めんどくさいと思われてしまう。

ハンバーガーメニューは、リテラシーの高いユーザーであれば
他サイトからの経験でそれが何かを理解できますが、
何も知らない人が見れば「3つの横棒が並んでいる」だけです。

興味本位でタップされることはあると思いますが、肝心の
「メニューを使いたい」というユーザにタップされることは
ありません。
ひと目でメニューとわかるデザインでなければいけないです。

ちなみにリテラシーとは読み書き能力。
また、与えられた材料を理解し活用する能力という意味です。

解決策は考えれる限り以下の3つかと思います。

  • ハンバーガーメニューにラベルをつける。
  • ヘッダー・フッターにメニューを配置する。
  • コンテンツ内にメニューを配置する。

ハンバーガーメニューに文字をつける

先ほども言った通り「3つの横棒が並んでいる」だけなので、
このアイコンが何を示しているのかを補足するというものです。
ハンバーガーアイコンに「メニュー」「MENU」
という文字列を添えるだけです。

デザイン次第では文字だけにする、つまりハンバーガーの
アイコンがなくても成立します。

しかし欠点があり、タップしないと中身が見えません。
PCのように画面を広く使えれば、メニューの中身を表示させて
サイト構造を伝えられるのですが、これがこの案の限界ですね。

ヘッダー・フッターにメニューを配置する。

この解決策は、さっきの文字を添える案の欠点だった
「タップしないと中身が見えない」も解消しているので、
ひとめでメニューとわかり、かつサイト構造を伝えられるので
メニューの目的を果たす意味では一番最適かと思います。

ただし、こちらの案にも「メニューが多い場合配置できない」
という欠点があります。もともとメニューの数は多すぎてもNGで、
人間が一瞬で視認できる数である、7±2個にすべきなので
多くても9個ほどかと思いますが、スマホの場合、
表示できても5個くらいかと思います。

コンテンツ内にメニューを配置する。

トップページにメニューを配置する案です。
こちらは、トップページをサイトの入口としての役割に
特化させる考え方です。

しかしこちらも欠点があり、ファーストビューが
メニューだけになってしまいます。
また、トップページのコンテンツ部分に配置されるので、
下階層へ移り変わるとメニューがなくなってしまいます。

そのため、ユーザはどこか気になるページに移った後に別ページに
移動したい場合、メニューのあるトップページに戻ってから
サイトを回遊するという動きになります。
また、ハンバーガーメニューにおいて、文字の有無や
枠線の有無でクリック率の検証をしているサイトがあるので紹介します。

https://ferret-plus.com/2672

こちらの検証結果を見る限り、3つの横棒に文字と枠線を
つけたものが一番クリックされるようです。

まとめ

安易にどんなサイトでも使うのではなく、
ユーザーがサイトを利用した時にどれだけ親切な
構造であるかが一番大事な事です。担当するサービスの目的、
ターゲットユーザのUXをしっかり考え、
最適なグローバルナビゲーションを
導き出していただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2016年11月26日

サーチコンソールはこんなことができる

SEO

the-search-console-can-do-this

サーチコンソールとは

Search Console(サーチコンソール)とは、IT用語で
意味を訳すと、Searchは「検索」、
Consoleは「制御装置」です。
合わせると「検索制御装置」となります。

以前は、「Googleウェブマスターツール」という名称でした。
2015年5月に「サーチコンソール」に変更されました。
もう1年半も経過したのですね。
弊社では、親しみを込めて「サチコ」と呼んでいるスタッフも
チラホラ出てきて、だいぶん浸透してきました。

さてさて、「Search Console」が「検索制御装置」ということは、
検索を制御するということになりますが、けっして、
ユーザーの検索をおさえつけて支配するとかいうわけではなく、
「Googleの検索サービスの情報を知ることができる」
というシステムなのです。

 

サーチコンソールの機能

「Googleの検索サービスの情報を知ることができる」
と1言でお伝えしましたが、
いったいどんな情報を知ることができるのか、
サーチコンソールの管理画面メニューにそってお伝えします。

まずは、管理画面メニューがコチラになります。
下記のメニューに記載した番号順にご説明します。

the-search-console-can-do-this

 

ダッシュボード

ダッシュボードでは、現在のサイト状態を確認できます。
サイトのエラーや検索アナリティクスのクリック数、
サイトマップ等が確認できます。

また、メッセージにより、変更した情報や
セキュリティの問題等が通知されます。

 

検索での見え方

検索の見え方では、
構造化データ・リッチカード・データハイライター・
HTMLの改善・AcceleratedMibilePageesという
5つのメニューに細かく分けられています。

構造化データは、
サイトページ内のHTML文書が何を意味するかを
検索エンジンやクローラーに伝えるように
タグ付けしたもののことです。
この構造化データは、リッチスニペットを
表示させるためにも用います。

リッチカードは、
サイト内で行われるイベントやキャンペーン、
販売される製品に関するデータを
Googleの検索サービスに提供できます。

データハイライターは、
構造化データを記述してタグ付けするのではなく、
各データフィールドをマウスで簡単に
タグ付けすることができる便利な機能です。

HTMLの改善では、
タイトルを変更したり、ページを追加した時などに
問題がないか確認することができます。
具体的には、タイトル等が長すぎたり、
短すぎたり、重複しているものを発見できます。

AcceleratedMibilePagees
(アクセラレイティッド モバイル ページ)は、
略してAMP(アンプ)と呼ばれています。
こちらは、モバイル端末でのウェブページ表示の
高速化プロジェクトです。

 

検索トラフィック

検索トラフィックでは、
検索アナリティクス・サイトへのリンク・内部リンク・
手動による対策・インターナショナルターゲティング・
モバイルユーザビリティの6つのメニューに分けられています。

検索アナリティクスでは、
どのようなキーワードでどのページが検索されているのか、
また、サイト内の各ページがそれぞれ何位くらいで、
何回くらい表示されているかやクリック数等を
知ることができます。

サイトへのリンクでは、サイト内ページの被リンクの状態、
総リンク数やリンク数が最も多いリンク元や
最も多くリンクされているコンテンツ等が数値で確認できます。

内部リンクは、サイト内のリンク、
いわゆる「内部リンク」の状態を確認できます。

手動による対策は、
普通にサイトを運営していれば関係ないのですが、
サイト内にスパムが発見されたり、
外部サイトからのスパムで悪影響を受けていると
Googleから「手動による対策」が行われます。
その対策結果がここに表示されます。

インターナショナルターゲティングは、
特定の国のユーザーに向けて
サイトの運営をしている場合に使用します。
地域と言語に基づいたターゲットを設定できます。

モバイルユーザビリティは、
モバイル対応のサイトを運営している場合や
モバイル対応予定の場合に利用します。
モバイルユーザーから見た場合のサイトの評価や
問題を知ることができ、改善の手助けとなります。

 

Googleインデックス

Googleインデックスは、
インデックスステータス・コンテンツキーワード・
ブロックされたリソース・URLの削除という
4つのメニューに分けられています。

インデックスステータスでは、
登録されている検索ページ数の変動を
時系列で確認できます。

コンテンツキーワードでは、
サイト内でのキーワードが出現頻度順に表示され、
想定どおりのキーワードで認識されているかを
確認することができます。

ブロックされたリソースでは、
CSSやJavaScriptを不用意にブロックしていないかを
調べることができます。

URLの削除では、
検索エンジンに登録したくないページを
削除することができます。

 

クロール

クローラーは、クロールエラー・クロールの統計情報・
Fetch as Google robots.txtテスター・サイトマップ・
URLパラメータの6つのメニューに分けられています。

まずは、「クロール」という言葉。
聞きなれませんね。
検索エンジンからサイト内のページへ
アクセスすることを「クロールする」と言います。

クロールエラーでは、
クロールした際に発生したエラーを確認できます。

クロールの統計情報では、
1日あたりのクロールされた数や1日にダウンロードされる
キロバイト数やPageのダウンロード時間が確認できます。

Fetch as Google robotsでは、
サイトのページがGoogleでどのように表示されているかを
確認できます。新しいページを追加した場合や
更新した場合は、ここで登録をしましょう。

robots.txtテスターでは、
記述のミスのチェックやURLごとのクロークの許可や
ブロック状況を動作確認できます。

サイトマップでは、
検索エンジンのクローラー向けにサイトマップを作成できます。

URLパラメータでは、
URLパラメータを設定できます。ですが、
現在のところ、Googlebot でサイトの検出に関する問題は
発生していないため、URL パラメータを設定する必要はありません
(パラメータを誤って設定すると、サイトが Google の
インデックスから削除される可能性があります。
必要な場合を除き、このツールの使用はおすすめしません)。」
と記載されているので、むやみに操作しない方が無難です。

 

セキュリティの問題

ここは、セキュリティの問題が検出されると表示されます。

 

その他のリソース

こちらでは、便利なツールやGoogle検索、Googleマップ、
Google+などのサービスを紹介しています。

 

まとめ

管理画面メニューにそってご紹介いたしました。
このサーチコンソールを使用することにより、
サイト運営の安定力を高め、SEOの改善に多いに役立ちます。
サーチコンソールを導入して、より効果的な集客をしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2016年11月25日

目にとまる広告文を考えよう!

catchoneseyesリスティング広告を運用する上で、
色々と頭を悩ませて大変な事のひとつが
「広告文を作る事」だと思います。
この広告文を作る作業、
一見簡単そうに見えて意外に難しく、
文字数制限もあるし、
キーワード(広告グループ)
によって同じ意味の文章でも
伝わるような言い方に変えたり・・・。
と様々な工夫が必要になります。

広告文作りに100点満点の正解はないため、
日々色々なコピーに触れて、
思いついたコピーを
試してみたりしていくことが大切です。
自分が何かのサービスや
商品を検索で探すときにも、
「なぜこの広告文は目に留まったのか」
と自分の気持ちを確認しながら
検索してみることも
自社の広告文を作るときの参考になります。

ユーザーが思わずクリックしたくなるような
広告であれば、クリック率の低下や
コンバージョンが少ないという課題も
解決できるかもしれません。

今回は限られた文字数の中で、
最大の効果を発揮するための
広告文作成はどうしたらいいか、
を考えてみました!

タイトルにキーワードを入れる

まずは視覚的に目立たせて目に止まる基本的な方法です。
広告文にキーワードを含めることにより広告が目立つようになります。

screenshot-search-yahoo-co-jp-2016-11-25-11-02-42

screenshot-search-yahoo-co-jp-2016-11-25-11-05-48

上の画像のように、
広告文の中に含まれているキーワードが
太文字で表示されます。
そして、タイトルにキーワードを入れると
「検索ユーザーの潜在意識に訴えかける」
×「広告が太文字で表示される」
=「クリック率のUP」
=「品質スコアのUP」
という方程式が成り立ち、
直接的な品質スコアの向上も
期待できます。
ただし、何でもかんでも
キーワードを詰め込まないように
だけ注意してください。
タイトルと説明文の両方に、
自然な形でキーワードを含めることができる
のが最も理想的だと思います。

アピールしたいキーワードを目立たせる

例えばこんな広告の場合
パターン1 強調なし

screenshot-adwords-google-com-2016-11-25-11-44-13

パターン2 Web情報満載を強調

screenshot-adwords-google-com-2016-11-25-11-45-43

いかがでしょうか?
《 》をつけたほうが、
少しだけ目立ってみえませんか?
この場合、ユーザーに伝えたいことは
「Web情報がたくさんあります!」
ということなのでキーワードの
「Web情報」を《 》で囲みました。
見出しの下にある説明文を読んでもらうには
見出しを目立たせてユーザーの方に
興味を持ってもらわなければいけません。
そのためには広告文の見出しを
目立たせることも非常な
スキルの一つだと言えます。
使用できる記号は
googleアドワーズ、
yahoo!スポンサードサーチによって違うので、
注意してください。

文字数制限のギリギリまで広告文を入れる

広告文を考えている時に、
いいテキストが浮かばず
微妙に文字数を余らせてしまうことが
たまにありませんか?
筆者もよくあることです。
しかし、せっかくスペースがあるのに
使わないのはもったいないです。
できる限り、制限ギリギリになるように
広告文を考えるように気をつけています。
こちらも比較画像を作ってみました。

パターン1 文字数が少ない広告

screenshot-adwords-google-com-2016-11-25-12-49-23

パターン2 文字数が制限ギリギリの広告

screenshot-adwords-google-com-2016-11-25-12-56-02

見出しの文字数が多ければ、
それだけ広告のスペースも増え
ユーザーの方によりアピールができます。
いきなり制限ぴったりの広告文を
考えるのは難しいですが、
初めから文字数を
制限に合わせようとするのではなく、
最低限入れたい言葉を使い、
そこから言葉をつなげて
制限文字数に合わせていく
方法もおすすめです。

また、筆者がよく広告文を作成する時に用いる
テクニックの一つなのですが、
googleアドワーズにも
yahoo!スポンサードサーチにも
文字数の制限があることは
みなさんもご存知だと思います。
一度、文字数の制限にとらわれずに
打ち出したい内容を
長くてもよいので書き出してみましょう。
そこから徐々に文字を削除して
広告文を精査すること
で作成時間も早く、
より引き締まった広告文を
作成することができます。

視覚的なインパクトだけでなく、
人間の心理に働きかける広告文を
作成することも有効です。

他社との違いや、自社(クライアント先)の強みを表現する

同じ商品やサービスになると、
広告文が似てきてしまうので、
差別化が難しくなります。
そのため、ユーザーに
「どこに頼んでも同じだ」
と感じさせない
広告文を考えることが必要です。

例えば、
・価格
・特典
・品質
・時間
・アフターサービス
・実績
などなど。

具体的な数字を入れることで
大きく反応も変化するので、
「実績10万件」や
「安心の5年保障」
などのワードを入れるようにしてみてください。

他の例ですと、
短い文字制限の中で、
クライアント先や自社の強みを
1つでも多くアピールする方法もあります。

パターン1
「ただいま50%割引きセールを実施中です。」
パターン2
「期間限定50%OFF、送料無料、年中無休!」

どちらも同じ文字数ですが、
パターン1は「50%割引き」という
1つの強みしか訴求できていません。
パターン2では「50%割引き」に加え、
「送料無料」と「年中無休」
という3つの強みを訴求できています。
リスティング広告では、
「○○です」「△△します」という
助動詞を文章に必ず含める必要はありません。
極力無駄な言葉を省き、
簡潔な言葉を並べる工夫も大事になります。

疑問形の広告文で訴えかける

検索するということは、
ユーザーが何か情報を
必要としている、ということです。
「○○でお困りではないですか?」
「□□だと思っていませんか?」
というような疑問形の広告文を書くことで、
広告文が目立つだけでなく、
興味を持ったユーザーは
「疑問の答え」を知るために
クリックする可能性が高くなります。

アクセスへのきっかけを作る

広告を見てサイトへ誘導したとしても、
実店舗での価格やサービスと
変わらなければ
ネットを利用する必要がないと感じ、
そのままサイトを離れてしまう
ということも考えられます。
そこで、広告文に
「ネット限定!」
などの文章をいれ、
Webから申し込みしようと
思わせるようにすることも
購入や申し込みにつなげるのに
効果的になります。

「限定」「今だけ」感を出す

上記の内容と同じような感じで、
今すぐ行動してもらえる何かを出すと
強い広告文が作れます。
こちらは特に女性ユーザーに効果的です。

・○月限定!
・県内唯一の、、、
・今だけ!
・○日まで!
などなど。

少し興味を持ってもらえたとしても、
ユーザーの大半が
「とりあえず、まだいいかな」と
結局忘れていってしまいます。
限定性の高い広告文を作成していきましょう。

コンプレックスの刺激

人は誰でも自分に対して、
何かしらのコンプレックスを持っていたりします。
そして、それを解消したいと
心から願っています。
ですので、コンプレックスを突く
広告文を作ることで
読むユーザーを刺激することができます。

・「あなたが痩せない理由」
・「なぜ彼女ができないのか」
・「サイトのアクセス数が伸びない原因とは?」

広告のターゲット層が、
どんな悩みを持っているのかを
考えてみると、効果的なタイトルが
思いつきます。

他にもまだまだ効果的な方法は
たくさんありますので、
自分に合った技術や
得意な文章の作成方法などを
見つけていく努力も必要です。

まとめ

リスティング広告は、
競合と差別化させ、
ユーザーの方に興味をもってもらうことが
非常に大切です。
決まった文字数の中で
どうやって広告を目立たせ、
魅力を伝えていく方法は
まだまだたくさんあると思います。
思わずクリックしたくなるような
広告文が作成できるように、
いろんな方法で広告文を
考えていきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
1 2 3 4 5 6