おすすめ情報

おすすめ情報

2016年2月5日

GoogleAnalytics入門講座~マイレポートを活用しよう~

GoogleAnalytics

サイトによって、または目標の種類によって
見るべき指標は異なります。デフォルトで見たい指標が
確認できれば良いですが丁度良いものがない…ということが稀にあります。
そんなときはマイレポートを活用し、
自分の見たデータのみを確認できるようにしましょう。

GoogleAnalyticsのヘルプではマイレポートを下記のように説明しています。

マイレポートには、重要度の高いレポートや指標の概要を複数のウィジェットとして表示できます。一度に多数の指標を監視できるため、アカウントの状態や複数のレポートの関係性を迅速にチェックできます。マイレポートは簡単に作成、カスタマイズ、共有することができます。

GoogleAnalyticsヘルプ

マイレポートの組み合わせ方法は有限であるものの無尽蔵なので
当ブログではマイレポート作成の流れのみをご紹介致します^^;

マイレポートを作ろう

1.左のメニューの[マイレポート一覧]を選択
2.プルダウンで[非公開]と[+新しいマイレポート]が出てきますので[+新しいマイレポート]を選択。
※ちなみに、[非公開]という機能は、複数で同じGoogleAnalytics閲覧している状況ときなどで有効で、文字通り他のユーザーに自分の作ったマイレポートを閲覧できないようにする機能です。
google-analytics-my-report1

3.「空白のキャンバス」「デフォルトのマイレポート」、どちらか1つを選択するよう促す
ポップアップが表示されます。デフォルトでは「空白のキャンバス」が指定されており、
今回はゼロからマイレポートを作成するので「空白のキャンバス」のまま進めます。
4.マイレポートの名前を決めましょう。今回は便宜上「160127_マイレポート」とします。

google-analytics-my-report2

ウィジェットの追加

ウィジェットとは「マイレポート」に表示する
1つ1つの図表(グラフ等)のことです。ここで知りたい情報を選択していきます。
今回は作成までの流れをお伝えするため
「平均数量」「平均価格」「平均注文額」のみのデータを
マイレポートとして表示させます。

まず、「平均数量」を把握するウィジェットを作成します。
[ウィジェットの名前:]は「平均数量」とし、
[次の指標を表示]の部分に「平均数量」を選択し「保存」
google-analytics-my-report3

これを「平均価格」「平均注文額」も同様に行います。

全て登録すると下記のような感じになります。
google-analytics-my-report4

現在はセグメントを「すべてのセッション」になっているため
期間中の全てのデータが表示されますが
ここを例えば「タブレットとPCのトラフィック」と「モバイルトラフィック」を
対比させることで、デバイス別での大きな動き・流れを把握することができ、
デバイス別の結果を大局的に見れるようになるでしょう。

また、セグメントは最終の設定のまま保存されるので
複数のセグメントでの掲載結果を確認したい場合は
セグメント別にレポートを作成しても良いと考えます。
ex)Google対Yahoo!など

まとめ

時間は有限なので、GoogleAnalyticsの
全ての指標を確認するのは不可能です。
限られた時間の中で、効率良く確認できるよう、
マイレポートのような便利な機能はどんどん活用していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録