おすすめ情報

おすすめ情報

2016年9月22日

デザインに活かせる「色」の影響力

本文に出てくる9つの色に区切られたマスに、それぞれの色から連想されるもののイラストが描いてある。

色は、私たちが思っている以上に人の心や体の働きに影響を与えています。

あの人はなぜいつもあの色の服を着ているのか?
このお店のロゴにはなぜこの色が使われているのか?

「色」の持つ意味を知ることで、
デザインにおいて適切な色を選ぶことだけでなく、
人の心理やデザインの意図を知ることもできます。

色は、以下の4つの面から人に影響を与えています。

1.心理的影響
暗記力、回想力、認識力などの人間の能力を増す。
また、色にによって理解・学習能力を高めたり誘導ができる。

2.生理的影響
神経に影響を与えることで、血圧の上昇や降下を促す。

3.感情的影響
気分が明るくなったり、安心を感じたり、気分の変化が生じる。

4.文化的影響
文化は、人に基本的な価値観や感覚を与える。
文化によって色が人に与える印象も異なる。

今回は、9つの色が人間に与える影響をご紹介します。
では、それぞれの色の持つ意味と働きを見ていきましょう。

 

赤色の影響力

強いエネルギーをもたらす色

赤色は「活力・情熱・興奮」といった強いエネルギーをイメージする色で、
積極的なリーダータイプの人に好まれる色です。
また、やる気になっている時・元気がほしい時・自信を取り戻したい時・
自分をアピールしたい時など、エネルギーが満ち溢れているか補給したい時に
赤が好きになる人が多いです。

一方で、赤には「怒り・攻撃的・警戒心」といったネガティブなイメージもあります。
怒りや攻撃性も強いエネルギーのひとつ。
活力や情熱と同じ強いエネルギーが、ネガティブな表れ方をしたものです。

自己主張の激しい、目立つ色

赤はとても自己主張が激しく、小さくても目立つ色です。
そのため、信号機やパトランプ、消火器など、危険を表すサインとして利用されています。

赤は、血や肉・熟した果実の色であり、遠い昔から「生命に直結する」色でした。
そのため人は本能的に赤に反応するようなったと考えられます。
また、食欲や性欲といった動物的な生命力を高める色でもあります。

あたたかさを感じる色

赤は暖色の代表的な色で、あたたかみを感じる色です。
赤に囲まれた部屋では体感温度が2~3℃上がるという実験結果も報告されています。
これは交感神経が刺激され、脈拍と体温が上がり血流がよくなるためと考えられています。

寒気を感じる時や慢性的な冷え性対策に赤の効果を取り入れましょう。
冷えやすいお腹や足先には、赤の下着と靴下がおすすめです。

橙(オレンジ)色の影響力

陽気であたたかい、人間関係を促す色

橙(オレンジ)は赤と黄色が混ざった色で、
太陽や炎のような陽気であたたかい高揚感を表す色です。

橙が好きな人は、陽気で人付き合いがよく社交的で楽天的なタイプが多いです。
さびしがり屋やお人好しが多いのも特徴です。

楽しい雰囲気を作り、食欲を促す

橙色には消化、新陳代謝をよくする作用があり、食欲を促す効果があるので、
食欲がない日が続くなら食卓に橙を取り入れるといいでしょう。
キッチンや食卓に橙の色があると、料理も食事も楽しくなります。

カジュアルで親しみやすいイメージから、
飲食店のインテリアやWebデザインに使われることも多い色です。

不安や抑圧から解放する

橙のやさしくてあたたかい光は、血管や自律神経を刺激し身体を活動的にし、
恐怖やプレッシャーによる心の不安や抑圧を取り除く効果があります。

心が乱れている時や不安で押しつぶされそうな時は、橙の光を見れば、
心身のバランスを整えることができるでしょう。

 

黄色の影響力

希望と喜びを与える色

黄色は太陽の光にもっとも近い色で、
古代のエジプトやマヤ文明では太陽を表す色として崇拝されてきました。

黄色は明るい太陽のように人々に希望と喜びを与え、
楽しい感情を生み出す色です。

心理学的には、強い希望を抱いているときに鮮やかな黄色が気になる傾向があります。
また、希望をかなえるために乗り越えなけらばならないハードルがあるとき、
黄色+青や黒という高コントラストな配色を好む傾向があります。

知性を刺激する色

黄色は左脳を活性化させ知性を高めます。
理解力、記憶力、判断力が高まり、心の不安を解消します。

人前で話すのが苦手な人でも、黄色を使うと頭の回転が速くなり
会話をスムーズに運ぶことができるようになります。

甘え・自己アピールのイメージ

黄色はとても目立つ色で、危険を表すサインとして使われています。
自然界ならトラやハチの縞模様、人工物なら踏切や工事・立ち入り禁止の看板のように
黄色+黒は危険を表しているものが多いです。

また、自己アピールの強い人は黄色を好む傾向があります。
自分の方を向いてほしい=甘えの気持ちが強いときに黄色が気になります。 

緑色の影響力

バランスと安らぎの色

緑は暖色でも寒色でもない「中間色」で、もっとも刺激の少なく、
見る人に安心感と安らぎを与える色です。

また、情緒を安定させてくれたり、筋肉や骨その他組織の細胞を作る力を促進したり、
暖和効果があるので血圧を下げ、心身共にリラックスさせる効果があります。

癒しと成長のイメージ

緑は自然や平和をイメージさせ、自然がもつ癒しの効果をもたらします。
またスクスク伸びる草木のように、健康と成長をイメージさせる色です。

緑のネガティブな側面

緑は刺激の少ない色で、積極的で活発な人には好まれない傾向があります。
「保守的・受動的・マイペース」といった補色の赤とは正反対のイメージももつ色です。

青色の影響力

鎮静と抑制の色

青には鎮静作用があり、精神を落ち着かせる色です。
青の効果を取り入れれば、感情にとらわれず冷静に物事を判断できるようになります。

また、副交感神経が刺激され、脈拍や体温が下がり、痛みが緩和される効果もあります。

集中力をサポート

青は心身を落ち着かせ、長時間の集中力を助けるので、
単純作業や頭脳労働の場所で使うと効果的です。
集中力を乱さず、冷静な判断力で、飽きずに的確な仕事をすすめることができるようになるでしょう。

爽やかで信頼できるイメージ

青には「クール・爽やか・信頼感」といったイメージがあるので、
企業のWebデザインでよく使われます。
白との相性がよく、水や青空のようなクリアな透明感を表すことができます。

また、誠実さを感じさせる色なので、面接の時などに青い服を着ると効果的でしょう。

紫色の影響力

赤+青のバランスと癒し

紫色は「活発な赤」と「抑制の青」という正反対な2色が混ざった色です。
赤と青のように、ぶつかり合う2つの心が葛藤状態にあるとき、
両方の性質を持つ紫色が心のバランスを整えてくれます。

紫はよく欲求不満の色とか病的な色と言われますが、
本当は心身のバランスを整える癒しの色です。
心身が疲れてしまったときに紫の癒しを欲しているのです。

高貴な癒しの色

紫はスピリチュアリティを象徴し、セラピストやヒーラーが好む色でもあります。
遠い昔から宗教色として尊ばれてきた色で、
自分の潜在能力に気づかせてくれる色でもあります。

紫は深い瞑想に導き、潜在能力を引き出す色なので、
精神を集中したいときには紫を取り入れるといいでしょう。

紫のネガティブな側面

紫にはリンパ管や心筋、運動神経の働きを抑制する効果があるので、
スポーツで結果を出したい時には避けたほうがよい色と言えるでしょう。 

ピンク色の影響力

恋愛・しあわせ・思いやり

ピンクは、恋愛・しあわせ・思いやりなどのやさしいイメージをもつ色です。
恋に夢中の時や、幸せで充実している時、
また愛や幸せを欲している時などにピンクが気になります。

また、ピンクは心と体を若返らせる効果があり、
心を満たし人を思いやるあたたかさを与えてくれる色です。

甘さを刺激するのでダイエットに注意!

ピンクは味覚的な甘さを刺激する色なので、ダイエットのときには注意しましょう。
甘いものがとてもおいしく感じます。

黒色の影響力

強い意志や不屈さを感じさせる色

黒は、他の色に与える影響が強く、
色を組み合わせたときには黒のイメージが上乗せされます。

威圧感を感じさせ、力を象徴する色なので、
疲れていて、他人と少し距離を置きたい、と思ったとき、
外の世界から自分を守ってくれる印象の強い黒に惹かれると言われています。

また、黒には、弱さを隠して強く見せる効果があるので、
相手になめられたくない場面や拒否や拒絶を相手に与えたい場合におすすめです。

黒のネガティブな側面

黒はもともと恐怖の色でした。
それは、大昔を想像してみれば分かります。
夜になればあたりは真っ暗で、何も見えません。
野生の動物に襲われることも多く、おびえて暮らすしか手段はありませんでした。

つまり、黒は死と隣り合わせの色だったのです。
なので、黒は不安や恐怖を与え、人間の活動エネルギーを低下させ、
暗い気持ちになりやすい色なのです。

黒一色の空間に人間を置くと、各臓器の活動が著しく低下するといった
研究結果も出ていて、老化を促進させるとも言われています。

白色の影響力

 純潔・純真の色

白は、誠実さや上品な印象を与えるので
初対面の人に会うときなどは好印象を与える効果的な色です。

また、白の真っさらな状態は始まりや出発といったスタートを印象づけます。
白は役の色をひきだたせる効果のある色です。

綺麗に見える広告、商品のデザインなどは白地であることが多いです。
分かりやすい例として、フランス料理が綺麗に見えるのは、
基本的に真っ白な白い皿に色彩が鮮やかに料理を盛り付けているからです。

 

潔感のあるイメージ

病院などでは清潔感を重視し白が多用されます。

また、呼吸器系に作用し、呼吸を楽にする効果があったり、
切り替えの作用があるので前向きな気持ちになるパワーをくれたり、
白の軽いイメージは身体の不調も軽くしてくれます。

しかし、真っ白だと心が緊張し疲れたり、冷たさも感じさせてしまうため、
オフホワイトやアイボリーなどの方が清潔さを感じつつ落ち着きを得られます。

まとめ

ほとんどの人が、「色はただの色」としてしか見ていないと思いますが、
色は、こんなにも人の心や体に大きな影響を与えていたのです

この事実をを知ってから改めて身の周りのものを見ると、
理由があってその色が選ばれている事がわかりますね。

またその日選んだ服も、その日の感情に合った色を自然に選んでいたりもします。
一度身の回りの色を見てどんな影響をうけているか考えてみるのも面白いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録