ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ情報

おすすめ情報

2016年6月28日

上を目指す?現状キープする?それより進化したほうが良い理由

keep-or-evoltion

上を目指すのか?キープするのか?
どちらにせよ、進化を目指すほうが良い理由をお伝えします。
これは経験上、かなり重要な話しだと思います。

 

ある程度、成功した後に分かれる選択肢

 

商売や会社経営、お店運営である程度稼げるようになると
面白いもので、2通りのパターンに分かれます。

 

  • さらに上を目指して突き進むタイプ
  • 現状維持のキープでいいやと思うタイプ

 

どちらを選択するか人それぞれで良いですし、
どちらでもそこに「自分の意思」があれば正解です。

 

ただ、個人的には、
「上を目指すにせよ、キープするにせよ、
進化にフォーカスしたほうが良い」と考えます。

何をキープする、進化する、もそれぞれで、
売上だったり、利益だったり、従業員1人あたり利益だったり
同じくそこに「自分の意思」があれば正解だと考えます。

 

売上で上を目指す場合、目標設定がわかりやすい

売上で上を目指す場合、わかりやすい理由としては、
進化するためには目標を設定する必要があるからです。

 

目標を達成するためには、設定するだけではなく、
それを達成するために必要なことを
考えたり、取り組んだりする必要があります。

そのプロセス(過程)が自分を成長(進化)させます。

 

また、結果として目標を達成できれば
いろんなものが手に入ります。

 

お金はもちろんのこと、それに見合うだけの
スキルや知識、実力、経験なども
積み重なっているので手に入るわけです。

 

充実感や達成感が得られるので
「成長欲が強い人」は精神的な充実も得られます。

 

キープする場合も、目標指数を変える必要がある

一方で、現状維持でいいや、というスタイルの場合は、
キープはキープでも頭を使って工夫をしながら
取り組まないと実は落とし穴があります。

 

例えば、同じレベルの収入をキープするとしても、
それを得るためにかかる「時間」や「労力」を減らそう!

 

こういう感じであれば、そこには創意工夫や効率化が
見られるのでまったく問題はないと考えます。

 

表面的な数字は変わっていなくても、それを生み出すための
時間や労力などの使い方はうまくなっているわけなので、
結果として「進化、成長」しているわけですから。

だから、どちらにせよ正解だと思うのです。

 

楽にキープできるわけではない!注意すべき落とし穴

ただ、怖いのが…

  • 何もしないで
  • 何も工夫しないで
  • 何も考えないで

いまの収入や生活水準だけキープできればいいや…
となると、これは危ない傾向です。

あなた
「お金も時間も余裕がある状態なのに
何がいけないんですか?」

こう言いたくなるかもしれません。

 

これに対する明確な理由は
私が身をもって味わっています。

いったい何かと言うと
楽しくないし、ボケるからです=退化する

 

お金や時間が手に入ったとしても、
そこで頭使わなくなったり、成長したいと考えなくなったり、
工夫しなくなったりすると…

途端に楽しくなくなります。

頭も急速にボケてきます。
退化して、人としての魅力もなくなっていきます。

 

せっかくお金や時間が手に入っても
これでは本末転倒、台無しです。

成功している方の中には
お金や時間はもう十分すぎるほど
手にしているのに、いまなお現役で活動している方が
たくさんいらっしゃいます。

 

そうではない方からすると

「お金や時間はあるのに、まだ働くなんて
○○さんはお金が大好きなんですね。金の亡者なんですね。」

と、不思議に思われるかもしれません。

 

でも、これは違います。

もしかしたら、お金が大好きで、金の亡者の方も
いるかもしれませんが、
(別にこれはこれで個人の自由なので良い)

そうではない方達は知っているのです。

 

お金とか時間があるとか関係無しに…

目標や進化を目指して活動しないと
楽しくなくなってしまい
ボケてきて、退化してしまうということを。

 

あとは、お金以外の何らかの「力」を
欲しがっているとかですね。
(一番多いのは「影響力」かな)

 

「上を目指すにせよ、キープするにせよ、
進化にフォーカスしたほうが良い」
のは個人的な経験からも間違いないと断定します。

そのほうが絶対に楽しいです。

 

Bigmacは、

Bigmacも、まだまだ成功というには
やることが山積みではありますが、

各スタッフの進化にフォーカスしてやっていくつもりです。
そのほうが、上を目指せるからです。

そして同じく、スタッフの進化にフォーカスすると、
キープするステージに行っても、強みを維持できます。

 

スタッフが進化するための投資も目標設定もしているので、
あとは気持ちを入れて、やるだけ。

楽しんで、いきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録