ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ情報

おすすめ情報

2017年3月16日

ロングテールSEOとは SEOの基礎知識

SEO

big-mac.jprecommendlong-tail-what…owledge-of-seo

インターネットが目まぐるしく発達した事により、現在では個人でも手軽にウェブサイトを作れるようになり、たくさんのウェブサイトがネット上に存在します。
しかし、ウェブサイトや記事を苦労して作っても、誰にも閲覧されないのでは意味がありません。
自社サイトを上位表示させるためのSEO対策のひとつとして、ロングテールSEOをご紹介します。

ロングテールSEOは関連ワードを盛り込んで検索数を稼ぐ方法

ロングテールSEOは、検索ユーザーから手広くアクセスを勝ち取る手法です。
一般的に特定のキーワードだけでウェブサイトの上位表示を狙うのではなく、ビッグワードに関連するアクセス数の少ないスモールキーワードを複合した複合キーワードを多く盛り込むことで、より幅広い購買まで、あと一歩のユーザーを獲得するために動きます。

グラフで見ると長い尻尾(ロングテール)のように見えるため、ロングテールとよばれるようになり注目されています。
表(おすすめ記事リライト)

ロングテールキーワードは購入までの道のりが近い

ウェブサイトのアクセス流入数でみるとビッグキーワードでのアクセスは突出していますが、ロングテールキーワードはアクセス数は少ないものの、購入までの距離は近いです。

例えば、シャンプーを販売しているサイトでは、「シャンプー」がビッグワードで、「シャンプー おすすめ」、「シャンプー アミノ酸」「シャンプー ノンシリコン」などがロングテールキーワード(複合キーワード、スモールワード)です。

「シャンプー」というビッグワードはサイト流入数が多いですが、検索者の中には「シャンプー イラスト」「シャンプー 手作り」など、シャンプーを購入しようとしていないひともいるため、購入につながる可能性は低くなります。
しかし、「シャンプー おすすめ」「シャンプー ノンシリコン」などの複合キーワードであれば、シャンプーを購入したいユーザーに近いので、より幅広く購買完了まであと少しであるユーザーをウェブサイトに呼び込むことができ、ビッグキーワードに比べ商品を購入してくれる可能性は格段に上がります。

ビッグワードよりもロングテールキーワードでのアクセス流入が多い

ビッグワードとロングテールキーワードでのアクセス流入数を比較した場合、1つの単語でのアクセス数はビッグワードが圧倒的です。

しかし、ロングテールキーワードを多く設定することにより、総合的なアクセス数で見るとロングテールキーワードが全体のアクセス数の大半を占める事も珍しくありません。あるWebサイトによれば、サイトへのアクセスの8割はロングテールキーワードからというデータもあります。

より具体的に言えば、上位10個のビッグワードのアクセス数が1,000回だとしても、100個のロングテールキーワードのアクセス数が2,000回だという事もあるという事もあるのです。
1つずつのロングテールキーワードのアクセス数がたった2回だったとしても、ロングテールキーワードが1,000個あれば、全アクセス数は2,000回になるという事です。

塵も積もれば山となるという考え方ですが、実際にビッグワードよりもロングテールキーワードからのアクセス数が多いというウェブサイトは多く存在しています。
ロングテールSEOは軽視できない重要な要素と言えるでしょう。

ロングテールSEO対策を行うにはページの最適化が必要

ロングテールSEOの重要性について説明しましたが、具体的にはどのような対策が必要なのか、3つに分けて説明します。

ロングテールSEOの対策には、大きく分けて3ステップです。

  1. 自身の運営しているウェブサイトのSEO対策したいページを選定する
  2. SEO対策を行いたいビッグワードとロングテールキーワードを選定する
  3. ビッグワードとロングテールキーワードをウェブページのタイトルやコンテンツに多く反映させる

以上の3ステップです。

最終的には、自身のウェブサイトすべてにロングテールSEO対策をするにしても、初期段階としてはまずロングテールSEOの対策を行いたい自身のウェブページを選び出しましょう。

次に、軸となるキーワードと補助的なロングテールキーワードの洗い出しを行います。

つまり、先の例えで言えば「シャンプー」というビッグワードに関連する「おすすめ」や「ノンシリコン」などのロングテールキーワードの選定作業です。

ビッグワードとロングテールキーワードの選定には、「Googleキーワードプランナー」や「Googleキーワードサジェストツール」などを参考にすると便利です。

最後に、自身のウェブサイトコンテンツに、選定したビッグワードとロングテールキーワードを優先的に多く盛り込むことで反映されます。

作業自体は難しくありませんが、根気のいる作業には違いません。
ロングテールSEOには、地道な努力が必要です。

前述した3ステップは、ロングテールSEOの大まかな工程であり、実際にはロングテールSEOに限りませんが、サイトの構造を見直す作業や口コミやレビューなどの優良コンテンツを新たに作ることなども並行して行う必要があります。

ロングテールSEO対策の地道な苦労がデメリットを生むことも

ロングテールSEOは、アクセス数を稼ぐために重要な要素の1つですが、必ずしもいいことばかりだけではなく、リスクも存在します。

まず、1つのウェブサイトページにテーマが1つという基本ルールがあります。
Googleの検索エンジンには、検索キーワードに関連した優良なウェブサイトを上位に表示させるアルゴリズムが組まれています。

非常に優秀なシステムで構成されているGoogleの検索エンジンですが、あくまでもシステムなのであまりにもキーワード複雑だとGoogleを迷わせてしまいます。

何を主張したいのかが明確なウェブサイトの方がGoogleは明瞭に判断でき、高評価を得やすいことから、基本的にはウェブサイトページにテーマは1つという考え方になるのです。

逆に言えば、複合ワードを利用するロングテールSEOは、Googleが上手く判断できない可能性もあるので、あまり欲張ってキーワードを組み込みすぎるとウェブサイトの評価が下がり、上位に表示させるどころか、順位が下落する事もあるという事を覚えておきましょう。

せっかくのロングテールSEOが、自身の首を絞める事に繋がることがあるので、キーワード選定には要注意です。

思いのほか簡単に行えるロングテールSEO

ロングテールSEOの考え方や実際の対策法は非常にシンプルです。

ビッグキーワードだけを注視するのでなく、自分のサイトがどのようなユーザーに見てもらいたいかと考えたロングテールキーワードをも使い、質の良いコンテンツを作り続けるということです。
しかし、根気のいる作業であり作業には時間を割かなければなりません。

SEO対策の早い効果が実感したくて、しっかりとSEOキーワードの対策を組まず、質の悪いコンテンツやリンクを”とりあえず”で投稿すると、Googleからの評価を下げる事にも繋がるので事前準備はしっかりと行うことをおすすめします。

競争が激化しているネットコンテンツでアクセス数を稼ぎ出すには重要な要素であり、上手に対策を行えば大きなリターンも見込めます。
自身のウェブサイトを強化したい方や新しくウェブサイトを構築したいと言う方は、
ロングテールSEOも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録