おすすめ情報

おすすめ情報

2017年7月27日

仕事ができる人は運動をしている?仕事と運動の関係性とは?

motion夏に入り、毎日が暑くなると、暑すぎて運動をするのがなかなか億劫になりますよね。運動が健康のために必要なことは誰もが理解をしている事実ですが、運動をしようと思っても仕事が忙しいなど、動こうと思っても意外と動けないものです。

しかし、中強度の有酸素の運動を続ける事で、歳を重ねても神経細胞が再生されるなど、運動をすることには大きなメリットがあるようです。この記事では仕事ができる人と運動との関係についてご紹介します。

仕事ができる人は運動をしている?

休みの日に動けばと思っていても、いざ休みになると休みの日はゆっくり過ごしたいなどと思ってしまう方もいるのではないかと思います。私も運動をしようと思っていても、なかなかできずに1日が終わってしまうということがほとんどです。しかし、仕事ができる人は運動をしているなんてことも多いそうです。

あるデータでは皇居の周りをランニングしている会社員の半数以上が年収700万以上と答えていたという結果になっているそうです。ではなぜ仕事ができる人は運動をしているのでしょうか。仕事と運動の関係性について調べてみました。

体を鍛えることと、計画的に仕事をすることが似ている

仕事ができる人は、目的を明確にする→そのための目標をたてる→目標達成のための具体的な行動を考える→実際に行うという一連の計画の流れを理解しています。体を鍛える場合も同じで、目標を立て、逆算しトレーニングを積む必要があります。

この過程は似たようなものがあるようで、目標を立ててその過程をしっかりとこなしていくということが着実にできる人は仕事においても運動においても同じだということですね。                        

「体が資本」だということを理解している

「体が資本」この言葉は、松下幸之助が言った言葉ですが、どんなに才能がある人でも健康でなければ十分に仕事もできず、才能も生かされないということだそうです。それを理解しているからこそ、できる人は運動をかかさないということですね。仕事ができる人はスキル向上のための投資も行いますが、それと同時に健康のための体への投資もしっかりと行っているそうです。

運動は脳を活発にする効果がある

運動をしているとアイデアが湧いてくることがあるという方もいるかと思います。そういう方は運動が脳にも良い影響を与えていることをなんとなく感じていることでしょう。

実はこれを実証するための研究が行われていて、米国の高校で、授業が始まる前にランニングなどの運動の時間を設けたことがありましたその結果運動を行った生徒の記憶力や集中力は上がったそうです。これは脳の前頭前野というところが活性化をするためだそうです。

ストレスを軽減することができる

ここ最近、マインドフルネスという方法がストレス軽減に良いと言われています。瞑想のようなもので呼吸など一点に意識を集中することでストレスを軽減させるという手法です。なんだか日常に取り入れることが難しそうだと思うかもしれませんが、実は運動にもこのような効果があるといわれています。

運動中は筋肉の動きや呼吸に意識が向いていくため、脳の動きが制限されます。これがストレスの解消に繋がります。また、運動と言っても筋トレやスポーツなどいろいろなものがありますが、ジョギングがおすすめだそうです。ジョギングをしているときは「セロトニン」というものの分泌が促されるようで、眠気を覚ましたり、幸福感をもたらす効果があるとのことです。この時に大切なことが日光を浴びることのようですので、その点を意識をすると更に効果が上がるようです

ストレスを溜めずに健康な状態で仕事に望むということは大切なことです。そういった意味でもできる人というのは運動を行うことで精神的な部分のケアも怠らないということではないでしょうか。

体型でその人がわかる

運動やトレーニングだけには限らず、自分自身を律するための習慣を身につけているということは仕事で成功をするために必要なことのようです。どれを成功と呼ぶかは人それぞれですが、仮にそうでなくとも自分を律するための習慣を身につけることは大事なことです。

アメリカでは、肥満な人は自分自身をコントロールできていないんだなと思われてしまうこともあるようです。そのような人が会社のリーダーとして多くの人を率いて行けるのか、という厳しい見方があるのですね。

反対にしっかりと鍛えられている人は、自己管理ができ、肉体だけではなく精神的にも力のある人だということになるようです。本当にそうなのかどうかまでは言い切れないですが、周りに与える影響が違ってくるということですね。

仕事と運動の関係性について書いてきましたが、運動を行うことによってメリットは多岐に渡っているようです。仕事が忙しいときでも、30分ほどで良いので生活の中に運動を挟むと、集中力があがったり、気分転換ができて仕事の効率もあがるようなので意識してその時間を作っていきたいですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録