スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2015年7月6日

Yahoo!プロモーション広告「知っておきたい健康食品の掲載基準」

_7RlYlga_400x400

 

こんにちは!

Bigmac株式会社、野口です。

 

リスティング広告代理店ということで、

健康食品を扱うクライアントさんから、

PPC広告についての相談を頂くこともございます。

 

そこで本日は、Yahoo!プロモーション広告

「知っておきたい健康食品の掲載基準」というテーマで、

記載させて頂きたいと思います。

(Yahoo!JAPANが発表している2015年6月20日現在のデータを参考に記載しております。)

 

健康食品とは?

Yahoo!プロモーション広告では下記のような商品(商材)を、

健康食品として分類しております。

・甜茶(てんちゃ)

・乳酸菌

・ポリフェノール

・カテキン

・プロポリス

・高麗人蔘

・ビタミン

など

広告審査に抵触しやすい表現とは?

健康食品を販売する際に、Yahoo!の定める広告審査のガイドラインでNGとなりやすい、

広告に使用できない例は下記のような表現となります。

・花粉症に効くサプリメント

・くしゃみ、鼻水、鼻づまりに

・昔エジプトでは薬の代わりに飲まれてきた

・目のかゆみに

・海外では医薬品として使用されている

といった、表現が広告として認められない表現になります。

 

これがなぜNG表現なのかというと、

「医薬品であるかのような効果を示す表現」の為でございます。

 

掲載不可となる主なパターンとは?

掲載不可になりやすい、主な3パターンを紹介致します。

1.特定部位に効果があるような表現

特定部位の例としては「目」「鼻」「のど」などがございます。

2.医薬品的な効果効能をうたう表現

主な例としては、「鼻水を止める」「花粉症を抑える」

「免疫力アップ」「アレルギー反応を改善する」などがございます。

3.疾病の治療や予防を目的とするような表現

主な例としては「風邪」「花粉症」などがございます。

 

どのような表現ならOKなのか?

気になる広告に使用できる例ですが、

Yahoo!JAPANが発表しているガイドラインでは、

・手軽に飲みやすい

・飲みやすい味

・無理せず続けられる

・健康サポート

・健康維持のために

・ビタミンCが含まれます

などといった表現であれば掲載可となるようです。

(あくまでも例であり、確実な掲載を保証するものではございません)

 

こんなパターンにもご注意ください。

文章や文字だけではなく、画像が原因で広告審査でNGとなる場合もございます。

例えば、「気持よく春を迎えましょう!」という広告文と、

「女性が鼻をかむ画像」を組み合わせた場合、

・疾病への効果の暗示

ということで、NGとなります。

 

文章だけで見れば問題なさそうな場合でも、

画像や前後の文章との組み合わせで、

「医薬品的な効果を示す」ような表現はNGとなりやすいようなので、

健康食品を扱う場合は特に注意が必要です。

 

健康食品の市場規模は?

健康食品市場は7,000億円とも言われており、

これからまだまだ伸びていく可能性がありそうです。

 

ただ、健康増進法により広告表示規制がある健康食品などを、

インターネット上で販売していくには、薬事法や景品表示法など、

各種関係法令に違反しないようにWEB集客を行う必要がございます。

(心配な点などを相談したい場合、関係省庁や都道府県に窓口がございます)

 

以前、消費者庁に相談させて頂いた際、

とても親身に対応して頂いたことがありました。

(表示対策課の方に感謝です)

 

健康食品に限った話ではないですが、

法律を正しく理解した上で、広告運用を行いましょう^^

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2015年7月5日

思いもよらない、ユーザーと商品の化学反応

こんにちは、野村です。

 

 

先日、家の食器洗い乾燥機が壊れたので、休日の今日は電機店へ。

最近は、ビルトイン式というキッチン組み込み式が

一般的になってきたらしく、大きな電機店なのに品揃えは悪いことが判明。

 

 

家に帰ってからAmazonで検索すると、これまで使っていた機種が

実はかなり評判いいということが判明。

同じ機種をオークションで探して買うことで一件落着しました。

 

 

 

野村家の食洗機事情を話していても仕方ないので(笑)、

きょうはAmazon探索していたときに見つけた面白い事例を紹介。

 

screenshot-www.amazon.co.jp 2015-07-05 23-29-13

 

何の変哲もない、食器乾燥器に見えますね。

皿洗いをしたあと、早く乾くように乾燥してくれる家電品。

使い勝手がいいのか、145件ものレビューを獲得、平均4つ星と評判内容も上々のようです。

 

 

 

だがしかし、レビューを見てみると、どうでしょう。

 

screenshot-www.amazon.co.jp 2015-07-05 23-37-22

 

あれ?

「模型製作を趣味としている方には最適」?

「食器乾燥器としては性能的にかなり不満となるでしょう。」?

 

 

 

screenshot-www.amazon.co.jp 2015-07-05 23-37-37

 

んん…?

「プラモデル塗装時の感想ブーストして購入」?

「若干の改造を加えると」?

 

 

 

なんということでしょう。

メーカーが本来リリースしている目的である食器乾燥という用途を逸脱して、

模型製作を趣味とするユーザーにバカ受けの商品となっているではありませんか!

 

これはもう何というか、実に滑稽とも言えます。

 

 

 

screenshot-www.amazon.co.jp 2015-07-05 23-38-10

 

このレビューなんか、「勝って損はありません。問題点を挙げるとすれば」の後に

実に本気なレビューが上記画像の3倍くらいのヴォリュームで書き綴られています。

これはもう何というか、もう一度言いますが、実に滑稽です。

 

 

 

滑稽ではありますが、これは事実。

 

何が言いたかったかというと、ユーザーの声に耳を傾ける。

ユーザーの声を聞くとすれば、こんな意外な発見も得られるかもしれない、

ということです。

 

 

この食器乾燥器メーカーの方は、これらユーザーの声を拾って

本格的に模型製作用乾燥機を、痒いところに手が届く商品として

リリースすることも可能でしょう。やるか、やらないかでしょうけれど。

 

 

ユーザー自身が情報を発信できるようになった世の中。

ユーザーの声に耳を傾けると、商品との間に

思わぬ化学反応を起こすことができるかもしれませんね。

 

参考リンク:Amazonで見つけた、件の食器乾燥器

 

30/30/500 xx.x

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2015年7月4日

ネガとポジの表裏一体

こんにちは、野村です。

 

 

きょう考えていたこと。

ネガとポジの表裏一体。

 

 

ポジティブとかネガティブとか、

安易に二極化して片方を排除し、

片方を励行する姿勢には疑問が残ります。

 

特にネガティブ否定、ポジテイブ肯定の論調が多いように思います。

 

 

 

4832958771_9008f87d30_z

 

一見ポジティブな言動は、実は

単なる現実逃避なのかもしれない。

 

一見ネガティブな言動は、実は、

理想を叶えるための現実的な第一歩なのかもしれない。

 

 

 

そう考えると、ひとつの事象を片面からだけ捉えるのは

ナンセンスだと思います。

ポジティブだろうが、ネガティブだろうが、

ステータス状態のひとつに過ぎないですからね…。、

 

 

個人的にはポジティブ思考だしポジティブで得する事のほうが多いが、

あらゆる局面でポジティブなだけがいいものではない、ということを

考えておきたい、と思っています。

 

29/30/500 xx.x

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2015年7月4日

CPAと売上

こんにちは。小玉です。

 

「CPAと売上」ということで、以前あったお話を交えてご紹介します。

 

 

CPAを下げて欲しい!

 

 

Aというクライアント様とお話させていただく機会があり、その時ご担当者様から

 

「CPAを〇〇円に下げてほしい」と伺いました。

 

ご担当者様が仰られるように、

 

1CVから得られる利益に対して、投下する広告費を超えたくないのはごもっともです。

 

 

どうするか?

 

 

「そうですね。でしたら、CPAが合っているキーワードのみを配信しましょう」

 

こういう話になるケースが多いように思いますが、

 

私は”CPAが合っているキーワードのみを配信する”ことが

 

必ずしもA社のためにならないと考えてます。

 

 

それは、A社がリスティング広告に対して望むものは、

 

最終的にはCPAを合わすことではなく、売上を伸ばすことだからです。

 

また”CPAが合っているキーワードのみを配信する”だけでは

 

売上を伸ばすことだけでは限界があり、どこかで売上が伸びなくなる傾向にあるからです。

 

 

まとめ

 

 

売上を伸ばす。

CPAを合わす。

 

この相反する2つの要素を内包した、戦略及び、リスティング運用が重要であり、

成果の違いを生む部分でもあります。

※ちなみに、話に上がったA社の場合。CPAにとらわれない運用を行った結果、大きな売上を残すことに成功しました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2015年7月3日

聞き上手

こんにちは。野村です。

 

 

Bigmacの一員として動くようになってから心がけていること。

特にクライアント様との折衝や相談をお受けするときに

気を付け、意識していることを書き記しておきます。

 

それは、聞くことです。

クライアントの話を途中で切らないで、全部お聞きする。

ちゃんとタイミングよくメモしたり、しっかりと心と身体で相槌をすること。

 

 

これまでは、おそらくぼくの心のなかに

「自分のことをわかってほしい」

「自分のことを認めて欲しい(凄いと思って欲しい)」

という心があったのだと思います。(無意識でしたが)

 

 

クライアントと相対して、悩みを聞き出す場では、違う。

そう気づきました。

 

代表の徳山が聞き上手なもので、お手本として盗みつつ、

時には彼から教えてもらって修行中です。

 

もっと高めていきたい、高める必要があるスキルです。

聞き上手。ものにします。

 

28/30/500 xx.x

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録