ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2015年6月7日

「1ドルはどこに消えた?」から得る教訓(回答編)

さて、「1ドルはどこに消えた?」の問題。

きのうの記事からの続きです。

 

問題をおさらいすると、こうです。

3人の男がホテルに入りました。

ホテルの主人が一晩30ドルの部屋が空いていると言ったところ、

3人は10ドルずつ払って一晩泊まりました。

次の朝、ホテルの主人は部屋代が

本当は25ドルだったことに気づいて、

余計にもらった分を返すようにと、

ボーイに5ドルを手渡しました。

ところがこのボーイは「5ドルでは3人で割り切れない」と考え、

ちゃっかり2ドルを自分のふところに納め、

3人に1ドルずつ返しました。

さて、整理してみましょう。

3人の男は結局部屋代を9ドルずつ出したことになり、計27ドル。

それにボーイのくすねた2ドルを足すと29ドル。

最初に3人が支払った額は30ドル。

さて、1ドルはどこに消えたのでしょうか?


 

 

1ドルはどこに消えたのか?

 

この問題、実は「数学界で話題になった問題」ではなく、

「なぞなぞで有名な問題」なんだとか。

 

はじめに「なぞなぞ」だよ、と伝えられていたら、

ひっかけ問題かも、とか違った確度から見てみよう、とか

浮かんだのかもしれませんが…。

 

ぼくは、この時点で固定観念にとらわれていた

のかもしれません。

 

回答を書きます。

最初から1ドルは消えてなどいない。

要するに、この問題自体がおかしいということ。

どこがおかしいのか?

3人が払ったのは30ドルではなく27ドルで、

ホテル側の収支:30-5に、ドアマンがくすねた2ドルを足して

30-5+2=27ドルなので、計算が合います。

27ドルに2ドルを足して29ドルとする、ということが

そもそもおかしいわけです。

 

 

思い込み誘導と、その打開策

 

この問題を通して何を言いたいかというと、

「前提条件が絶対じゃない。固定観念にとらわれてはいけない。」

ということ。

 

この問題の内容も、先輩起業家が最初に「数学界の話」と言ったことも、

人の思い込みをうまく利用する、という点が共通します。

結果、別の方向に誘導されてしまったわけです。

 

思い込みをしてしまった時点で、

物事を多角的にとらえられず、視野が狭くなるということが

よくわかります。

 

我々の仕事はマーケティングを通じて人と向き合うこと。

仕事にしろ何にしろ、物事を進めていく場合には、

頭を柔らかく、発想を柔軟にするために、

視野を広く持つことが重要。

 

そうすれば、起きうる問題ごとを回避できるし、

壁に当たった時の対処もできるってもんだと考えています。

4/5/500 83.3

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2015年6月6日

「1ドルはどこに消えた?」から得る教訓(出題編)

クシャミを思いっきりするときは「パッション!」と言ってしまう。
sneeze

 

こんにちは。野村です。

パッション=情熱。

情熱と共に日々を生きていきたいものです。

 

先輩起業家から出されたお題

 

あれはいつだったか、メールマガジン起業家として活動していたころのことです。

 

「野村くん、論理問題は好きだよね。じゃあ、こんな問題はどう?」

と言われ、「昔、数学界で話題になった問題なのだけれど…」と

前置きの上、出された問題です。

 

「消えた1ドル」という問題。

あなたも、考えてみてください。

 

「消えた1ドル」はこんな問題

 

3人の男がホテルに入りました。

ホテルの主人が一晩30ドルの部屋が空いていると言ったところ、

3人は10ドルずつ払って一晩泊まりました。

次の朝、ホテルの主人は部屋代が

本当は25ドルだったことに気づいて、

余計にもらった分を返すようにと、

ボーイに5ドルを手渡しました。

ところがこのボーイは「5ドルでは3人で割り切れない」と考え、

ちゃっかり2ドルを自分のふところに納め、

3人に1ドルずつ返しました。

さて、整理してみましょう。

3人の男は結局部屋代を9ドルずつ出したことになり、計27ドル。

それにボーイのくすねた2ドルを足すと29ドル。

最初に3人が支払った額は30ドル。

さて、1ドルはどこに消えたのでしょうか?


さて、答えを次の記事に回します。

ここを真剣に考えておくと、

この問題の持つメッセージが際立つと考えます。

あなたも、考えてみてください。

ではまた明日。

3/3/500 83.2

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2015年6月5日

ネットの発達と購買原理、ライティングの関係

好きなサーティーワンアイスクリームのフレーバーは「ハットナッツトリック」。
fl145_L

 

こんにちは。野村です。

 

ここ最近、ビジネスがらみの書籍を何冊か買ったのですが、

そのときそのときによって、買う本の傾向が違います。

 

Amazonの履歴を見返したりすると面白いのですが、

ある一定のテーマ性があるのです。

そのときの気分というか、共通したジャンルというか。

 

いまの気分で言うと、「ライティング=書く」。

ジャンルとしてど直球のライティング本か、

もしくは、ライティングに繋がるような書籍が多い。

 

というわけで、きょうは、

ライティングについて思うことを書きたいと思います。

その前に、言いたいことの前段となる前置きを書いてから。

 

 

ネットが発達して、人の購買心理は変わったか?

クロード・ホプキンスという人が書いた

「科学的広告法」という本を、数年前に読んだことがあります。

図書館で借りたんだっけな。

 

その中に、こんな文章があるんですね。

人間性は不変である。

今日と紀元前100年前のシーザー時代の人間性に、

ちっとも変わりはない。

つまり、人間の購買原理は不動不変といえよう。

だから、一度学んだら、後日これを学び直すような

必要は絶対にないのだ。

 

はい。

人間の購買原理は不動不変であって

いったん身につけたら学び直すことはないよ。

ということらしいですね。

 

一方で、インターネットが発達することで、

人間を取り巻く環境は、色々と変わりました。

具体的には、

媒体が多様化し、メッセージや情報量は肥大化することで

  1. ユーザーの注意は持続させにくくなっている。
  2. ユーザーへの多くの広告は埋もれてしまう。
  3. ユーザーの目が肥えて、
    誇大広告は見ぬかれやすくなっている。
  4. ユーザーは時間がない。
    解決策への簡便なアプローチがより重要になっている。

というような変化が起きています。

そしてこの変化は、これからも速く、大きく、

変わり続けることにあるでしょう。

 

こんな変化の大きい、激動の時代でも、

本当に人の購買原理は不動不変なのでしょうか?

 

 

イエス、それでも不動不変。

結論を言うと、

こんな激動の時代でも、人の購買原理は

変わらないと言えます。

 

ただ、人の置かれている環境は確実に変わりました。

情報は氾濫し、時間はなく、売り込みに懐疑的である。

 

その中で、見込み客の注意を広告で引こうとしたら…。

と考えたときに、ここで初めて「ライティング」が登場します。

(長かった… 前置きなげーよ!)

 

顧客リストも、そもそものオファー(提案)も、

すごく重要であるのは認めるところです。

 

ただ、人の置かれている環境を考えると、

限られた接触機会の中で、ライティングつまり書く技術の

重要性は、非常に高いと思うのです。

 

4390503769_d07a442d8a_o

 

身につけたら廃れない技術として、

ライティング力を高めたいなあ。

 

スタッフと共に高められたらなあ、と考えています。

ちょっと長くなったので、どういうことを勉強しているか?とか

これまで学んだ色んなこととかを、また書きたいと思います。

 

 

まとめ

お客の購買原理は変わっていないが、

お客の置かれている環境は変わりました。

ライティング技術は、そんな中でも変わらず有効な

スキルのひとつであると考えています。

2/2/500 83.4

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2015年6月5日

品質スコアの改善と影響

こんにちは。

Bigmac株式会社 インターネット事業部の吉川です。

 

前回は「品質スコアとは?」に関する記事を書きましたが、

 

今回はさらにさらに掘り下げて、

・品質スコアを上げるためにはどうしたらいいのか?

・品質スコアが上がるとどのような影響があるのか?

について書こうと思います。

 

前回のおさらいになりますが、品質スコアは

・広告との関連性

・クリック率

・リンク先ページの品質

と特に深い関係があります。

 

ということは、ここを重点的に改善していくと品質スコアの上昇に

つながるということが分かりますよね。

キャプチャ

ではどのように改善していけばいいのでしょうか。

 

・「キーワード、広告文、飛び先に一貫性を持たせること」

一貫して検索ワードと広告文→飛び先のニーズが違うものは評価が低くなります。

検索キーワードが広告文、飛び先に入るようにして関連性を高めましょう。

 

・「クリック率をあげること」

情報のみを求めているネットユーザーにクリックしてもらうためには、

やはり情報っぽくキャッチコピーを書くことが重要になってきます。

→欲求を満たしてくれる情報

→お悩みを解決に導く情報

→先が気になる面白い情報

などユーザーのニーズに答えるキャッチコピーにしましょう。

 

・リンク先ページの品質の向上

キーワードとの関連性はもちろん、そのサイトに訪れた時に、

必要な情報が見つけやすいかどうか。

サイトの透明性や信頼性も大事ですよね。

 

そういう地道な作業を続けていくと、品質スコアは上昇していきます。

品質スコアが上がると以下の影響があります。

・広告の搭載順位が高くなる。(同じ入札単価でも)

・キーワードの実際のクリック単価が低くなる。

・広告が表示されやすくなる。

 

このように品質スコアが高くなるとクリック単価が低く抑えられ、同じ予算でも多くのクリックを得ることができます。

そして表示回数も増えるため、最大に効果を期待できるでしょう。

 

ぜひ、品質スコアを改善するためにご自身のアカウントの品質について見直してみてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2015年6月4日

アイディアを生む天才と凡人の紙一重な差

好きなメラ系呪文はメラゾーマ。
merada

 

こんにちは、野村です。

 

Bigmacでは何らかのアイディアを出すことが多いです。

インターネット広告の広告文しかり、

プロモーション案件のネーミング案しかり、

業務で詰まっているところを打開する案しかり。

 

マインドマップ使って、ブレストして…、みたいに

色々とアイディアを出すために、日々奮闘しています。

 

「アイディア出ないんすよね…」という相談があるので

スタッフにアドバイスすることもあるのですが、

「とにかく数多くを出すってことが大事だよー。」なんて

返事することが多いです。

 

そんな折、アイディア出しの基本であり、ある意味で極意が

書かれていると言っていい、とあるチェックリストを見つけたのでオススメさせて頂きます。

 

社内保存されたので、どこかのタイミングで社内掲示されるかもしれません!

 

 

<アイディアを生む天才と凡人の紙一重な差>

 

  1. 天才は、101回目に偉大なアイデアが出ることを知っている
    凡人は、1回目から偉大なアイデアが出ないことを恐れている
  2. 天才は、制限時間内はたくさん空振りした方がお得だと知っている
    凡人は、空振りが怖いので、選球しているうちに時間切れ
  3. 天才は、できない理由を覆すのが快感
    凡人は、できない理由を説明するのが達人
  4. 天才は、できる方法を実行して証明する
    凡人は、できる方法を探して説明する
  5. 天才は、思いっきり滑ったネタだと自慢する
    凡人は、思いっきり滑ったミスを隠ぺいする
  6. 天才は、相手のアイディアに反対でも「いいね…」から話し始める
    凡人は、相手のアイディアに賛成なのに「いや…」から話し始める
  7. 天才は、良いとこ取りして、パクリとパクリの集大成を生み出す
    凡人は、良いとこ取りして、バレないように修正物を生み出す
  8. 天才は、「自分は天才」という口癖をもつ
    凡人は、「自分は天才」という憧れをもつ
  9. 天才は、「多少の犠牲はしょうがない。前に進もう」と考えている
    凡人は、「多少の犠牲も出したくない。立ち止まって考えよう」と考えている

 

どうでしたか?

何かひとつでも心に響く言葉があれば、さっそく意識してみるといいかもしれませんね。

ぼくは自戒の念を込めて、ときどき振り返ってみることにします。

アイディアを生む天才と凡人の紙一重な差

Willforward inc.のFacebook記事より引用

1/1/500 83.5

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録