スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2014年7月11日

きょうは出張!静岡県三島市へ初上陸

いま、出張先に向かう特急電車内でブログを書いています。

福井県福井市のインターネットマーケティング会社、Bigmac Inc.の野村です。

20140712092044

 

 

今回の行き先は、静岡県東部の三島市。

初めて行く土地です。

 

 

 

え?なぜ三島市なのかって?

凄腕アフィリエイターたちが集うと噂の勉強会である、

「三島勉強会」に出席するためです。

 

 

 

初めての参加なので、楽しみ。

ちゃんと狙いを持って参加しているので、

狙いどおり、数々の収穫があるはずです。

 

 

 

追ってまた、レポートいたしますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2014年7月10日

憧れ

 

福井県福井市でWebマーケティング・集客代行などを手掛けている、Bigmac Inc.のマーケティング責任者、野村勇樹です。

 

 

 

 

きょうは、ひとりごとっぽく、自分と向き合ってみます。

 

 

 

 

 

憧れ。

昔から自分は、人に憧れる傾向が強かったかもしれません。

 

 

 

お金を、モノを、才能を、愛を、「持つ」人への憧れ。

何でしょうかね。

 

ぼくは昔、「持たざる者」だったんですかね。

そういえば学生時代は、コンプレックスが強かった気がするなあ。

得意なものはそれなりに持っていたはずなのに、

何でしょうかね。(2回目(笑))

 

 

 

以前より、総じて物欲・金銭欲は減った気がしますが、

人間力への憧れはむしろ強まったように感じます。

 

 

 

いま分かっていることは、

いずれにせよ、毎日少しずつ磨いていくしか道はないということ。

 

人を羨んで、やっかんでいても仕方ないですからね。

 

近道は無いんで、頑張りますよ。(・∀・)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2014年7月9日

PPC広告を理解するのに必要な自主練シート作りました

 

福井県福井市で集客コンサルティング・SEO対策などを手掛けている、Bigmac Inc.のマーケティング責任者、野村勇樹です。

 

 

 

インターネットマーケティングには、多くの専門用語が登場します。

それぞれの意味を理解して使いこなさないと、

正しい方向へ向かって行くことができません。

 

 

 

リスティング広告も同じですね。

下記のような専門用語のオンパレードです。

 

・表示回数(インプレッション)(Imp)

・広告費用(コスト)(Cost)

・クリック数(CT)

・成約数(コンバージョン数)(CV)

・購買金額(売上)

・クリック率(CTR)

・成約率(CVR)(CTC)

・クリック単価(CPC)

・顧客獲得単価(CPA)

・広告費用対効果(ROAS)

・広告利益率(ROI)

 

(今回、それぞれの言葉の意味がわからない人は

「◯◯とは」で検索してくださいね(照))

 

 

 

このような言葉たちに慣れていくには、

実際に触れて、使っていくのが一番です。

 

 

 

 

 

 

そこで、リスティング広告(PPC広告)の

計算練習用エクセルシートを作りました。ぱんぱかぱーん

 

このシートで計算練習を繰り返すと、

リスティング広告の数字がイメージできるようになるはず。

 

 

 

▼問題編:こんなやつです。(クリックすると拡大)

リスティング広告の各種数値を計算する問題

 

 

 

上記問題、ぜひチャレンジしてみてください。

答え画像へのリンクを載せておきますね。

 

▼回答編:答えはこちら

 http://big-mac.jp/wp-content/uploads/2014/07/答え.png

 

 

 

 

 

 

PS.

Bigmacスタッフの20代主婦女子も、毎日トレーニングしてくれると表明。

こういうの、コツコツ続けると本当に力になる。嬉しいですねー。

 

毎日テスト

うん、共に頑張ろう!^^

 

 

 

PPS.

リスティング自主練習用問題シート(ウイルス検査済みエクセルファイル)

が欲しい方は、コメント欄からコメント頂くか、、、

何らかコンタクト頂ければ対応できますよ。ご遠慮なくどうぞ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2014年7月8日

リアルもネットも販売の本質は同じ

 

福井県福井市でホームページ制作コンサルティング・リスティング広告などを手掛けている、Bigmac Inc.のマーケティング責任者、野村勇樹です。

 

きょうは、福井県内で店舗経営をされている経営者の代表の方々と一緒に、福井西武屋上のビアガーデンに行ってきました。代表の徳山と一緒です。

 

 

BrYk4YECAAE5I-N
西武の屋上、十何年か振りのビアガーデンイベントらしいです。

 

10527511_694926243905943_8627315994064963097_n
蒸し暑さを吹き飛ばすような、爽快感のある屋上での食事と語らい。

ぼくはソフトドリンクでしたが。笑

 

 

 

おっと、ここまでだと、ただのグルメブログ。笑

きょう初めてお会いした、とある飲食業のオーナーOさんの話が

非常に本質的だなと感じたので、シェアしてみます。

 

 

 

 

 

 

マーケティングの話。

「リアルもネットも販売の本質は同じ」

という内容です。

 

 

 

 

 

 

O社長は福井県内に複数店舗を構えるケーキ屋のオーナー。

(ケーキ屋、は仮の話です。話をわかりやすくするため。)

 

 

 

 

 

そんなO社長のケーキ店について、ぼくから質問しました。

 

野村

「O社長のお店、ぼくの妻が好きで。」

 

野村

「ときどきケーキを買わせて頂くんですが、ぼくの妻が最近、

『◯◯ケーキを見ない。◯◯ケーキが好きだったんだけど、

もう売らないの?』と言うんですよ。

他にも好きな人がいそうなのに、もう出さないのですか?」

 

 

 

こんな質問に対する答えが、興味深いものでした。

 

 

 

 

 

 

O社長の返答コメント。

 

O社長

「もう出さないんですよ…。そういう場合。

まことに申し訳ないんですが、ほぼ望みないと思ってください。」

 

O社長

「もう出さないってことは、

市場に出してみて売れなかったケーキです。」

 

O社長

「うちは、一定の基準を決めていて、

市場に聞いてみて基準に達しないケーキは、売り止めます。」

 

O社長

「うちのケーキ店では『いいとも現象』って呼んでいて、

もう終了したあとで、『あれ好きだったのに…』と

なりやすいんですよー。」

 

 

 

なるほど、「いいとも現象」。笑

もう終わると決まってから、もしくは終わった後に

希少感が出るのは理解できます。

 

 

 

 

 

 

それを受けて、ぼくからさらに質問。

 

野村

「市場に出してみて、初速売上が一定以上を満たすものだけを残す。」

 

野村

「一定以上に満たないケーキは、売り止める。」

 

野村

「そうすると、O社長のケーキ屋さんは、商品数少なくならないですか?」

 

野村

「お店行くと、色々とたくさんケーキが並んでいるじゃないですか。」

 

 

こうお聞きしたところ、新商品をどんどんスタッフが考えられる

仕組みを既に高回転で回しているのだとか。

 

おお~。

仕組みづくりまで、しっかりされている。素晴らしい…!

 

 

 

 

 

 

ここまで聞いて、ぼくは思いました。

 

ああ、O社長のケーキ屋さんでは、

リスティング広告と同じことをやっているな、と。

 

「リアルもネットも販売の本質は同じ」だな、と感じたのです。

 

 

 

 

 

 

リスティング広告、特に検索連動型広告は、

市場にキーワードをたくさん放ちます。

 

(正確には、キーワードに付随した広告文も放つ。)

 

 

 

たくさんと言っても闇雲に放つのではなく、

参考資料を読み、調べ、聞き込み、考えて、、、

イケると思って世の中に投げかけるわけです。

 

 

 

そうすると、 良い or 悪い いずれかの結果が出ます。

良い反応が出たキーワードや広告は残す。

悪い反応だった、反応の出ないキーワードや広告は除外・停止します。

 

 

 

この図式が、O社長のケーキ屋さんのお話と

本質的には同じだな、と感じたわけです。

 

 

 

 

 

どんどん市場に問うて、良いものは残し、悪いものは排除する。

そうやって淘汰と進化を繰り返すものだけが、生き延びることができる。

それは、ダーウィンの進化論に同じ。

 

本質は、真実は非常に地味なものである。

そう感じた、有意義なビアガーデン食事会でした。

 

 

 

リスティング広告の基本であり奥義は、ここにあると考えています。

というわけで。

さーて、このあと少し広告キーワードの取捨選択をしておこうかな。

 

ではでは、またブログでお会いしましょう。^^

 

 

 

PS.

福井県内の方は、西武屋上ビアガーデンテラス、行ってみてください。

爽快感あるから料理も一層美味しく感じるし、楽しかったですよ。

10419561_1508901875990815_7180274605767974199_n

変顔しすぎて人相が悪い(汗)。

また行きますー。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2014年7月7日

仕事が差し迫ってきたら…オーバーワーク対処法

オーバーワークの現状と現状把握

福井県福井市で検索エンジン対策・ランディングページ制作などを手掛けている、Bigmac Inc.のマーケティング責任者、野村勇樹です。

 

 

ここ1~2週間ほど、明らかにオーバーワークです。汗

 

売上げアップのためのプロジェクトがいくつも同時進行している上に、社内スタッフ教育と書類作成、仕組みづくり、売上アップのための壁や問題点の噴出…と色々あるからです。あ、Webリニューアルとリスティング運用代行レポートの提出もあった。^^;

 

 

自分と自社の処理能力と組織体制が整っていないということなので、

反省点・改善点・課題として、山積みされていると言っていい状態。^^;

 

まあ、これまでもクリアしてきたし、クリアするしかないのですが。

クリアするべき課題があるということには、ワクワクしております。(笑)

 

 

オーバーワーク時に、どうやって業務を進行していくのか?

一方、こういうときにどうやって業務を進行していくのか、

自分メモを兼ねて、記しておきます。

 

 

 

まず、オーバーワーク気味だったり仕事が差し迫ってきたら、

下記を意識して、タスクを見ます。

 

・視野

・視点

・視座

 

ものの見方を、色々と切り替えてあげるわけですね。

特に「やること」を管理する場合は、

いったん「視野」を拡げるのが重要だと考えています。

 

「視野」に入ってきたもの全体を見て、

見えたままを落とし込むことを意識します。

 

 

 

上記の流れ、「視野を拡げる」ことを順序だてて書くと、

 

1.「やること」全体を見る。差し迫ってきたものだけを見て焦らない。

2.「やること」を全て書き出す。グチャグチャな頭をすっきりさせる。

3.「やること」の中で重要かつ緊急なものを優先順づけする。

4.整理できたので、優先順の高い順で、片付けていく。

 

 

 

こうやって書くとシンプルなのですが、

上記のようにすると、オーバーワークになったときでも

頭がスッキリして、やること、やらなければならないことが見えてきます。

 

 

タスクの整理整頓をすれば、全体を見通せる。任せることもできる。

一方、やることの整理さえしてしまえば、

あとは他の人やシステムに任せることもできますよね。

 

あとはやるだけにして、自分のできることをドカドカ片付けてしまいたいですね。

 

 

 

PS.

「視点」「視野」「視座」の、ものの見方の話は、また別に書いておきたいです。

マーケティング論を話すにも大事なので、また改めて書こうかなと考えています。

そういう話が好きなだけとも言えますけどー!(笑)^^

 

PPS.

オーバーワーク気味になると、どうしても長時間労働になって

「ブラック企業」気味になります。(笑)

ぼくの考えるブラック企業論もそのうち書いておきたいですねー。

こうやってブログネタを貯めておきます。(照)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録