スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2017年2月14日

現代社会に及ぼすSNSの影響力

パソコンや携帯電話、スマートフォンという機器は、
現代において欠かせないものとなっています。

そして、こういった機器が普及するにつれ、
オンラインゲームやアプリといったものが登場し始めました。

今回は、SNSの現代社会に及ぼす影響力について
お話したいと思います。
この記事でご紹介するのでLINE,Twitter,facebookの
比較的どの年代層の方も知っているものが
どんなメリット・デメリットがあるのか調査、解析しました。

LINEの特徴

LINEを利用しているユーザー数は、
2016年の1月時点で6,800万人程度で、
ソーシャルメディアの中では最も多い人数となっています。

このLINEというアプリは、
世代別に見てもほとんど差がないくらいに浸透しており、
10代から30代は90%超え、
40代から50代についても80%後半といった結果です。

LINEを使用するメリット

・メールや電話はお金が発生するのに対し、
無料でトークや通話が行える
・1対1のみではなくグループを作って多人数でのチャットも可能。
・さらに有名人の情報がすぐに手に入るという要素もあり
・メッセージを確認したかどうかが既読機能によって分かる
・自動翻訳機能が付いている

デメリット

・迷惑メッセージが突然届くことがある、
・通話の音質がやや不安定、
・TwitterやFacebookと違って拡散力があまりない

LINEを使用した広告
LINEの広告を活用する際に選択できる種類として、
「LINE公式アカウント」「LINE@」「LINE Ad Platform」
の三種類ありますが、
今回は「LINE Ad Platform」について簡単にお話させて頂きます。

LINE Ad PlatformはLINEのタイムラインや
LINE NEWS、Hike Networkへ広告が配信でき、
LINE公式アカウントよりも費用がかからないことが特徴です。

配信方法/ターゲティング

ユーザー属性によるターゲティングが行えます。
LINEではユーザー情報を、直接利用者が打ち込むfacebookほど
詳細なターゲティングは出来ません。

そのためLINEでのユーザー属性とは、
スタンプの購入履歴や公式アカウントの登録などといった行動を
もとにしています。
トーク履歴の情報は除かれます。

リターゲティング・逆リターゲティングが行えます。
リターゲティングは
サイトに訪れた人にのみ広告を表示することで、
広告を運用したことのある方なら
聞いたことや試した事もあると思います。

逆リターゲティングとは
サイトで特定の行動を起こしたユーザー以外に
広告を配信する事です。

Twitterの特徴

Twitterの特徴としては、
拡散力が高いことがあげられます。
Twitterを利用しているユーザー数は、4,000万人程度です。

利用者層としては10代、20代のユーザーが
多い結果になっています。

Twitterを利用するメリット

・情報の速報性が早い
・有名人やメディアから返信をもらえることがある
・実名制ではないため気軽に登録可能
・様々なお役立ちボット(bot)がある

デメリット

・未成年の飲酒や喫煙等の発言で警察沙汰になる
・有名人のアンチで暴言を吐く人がいる
・140文字までしか入力できない
・間違った情報が流されることがある
・投稿によっては炎上する
・アカウントを乗っ取られる可能性がある

上記にあるように
乗っ取りが起きる場合があります。

乗っ取りが起きて悪口や変な投稿をされたら困りますよね。
そんな時に役立つ「Twitterデータ」と言う機能があります。
この機能を使うとログイン履歴をチェックすることが出来ます。
ログインした日時やIP位置なども確認できるので、
もしや?と思った時はぜひ使ってみてください。

Twitterを使用した広告については別の記事にも
詳しく書いてありますので、ご参考にして下さい。
http://big-mac.jp/recommend/twitter-advertisement-three-different-types-of-use/

facebookの特徴

facebookの特徴としては、
Twitterと違って年齢層が30代、40代が多いことです。
さらにTwitterとは違い匿名性が低いこと、
投稿文字数がTwitterの140字に対し「約60,000字」であること、
「いいね」を押すことで
友達の友達などにシェアすることもできます。

facebookはTwitter程、開放的ではありませんが、
LINE程、閉塞的でもありません。

facebookを利用するメリット

・実名性なので知人を見つけやすい
・セキュリティの設定は充実している
・広告出稿が少額から可能

デメリット

・悪質なスパムも存在する
・個人情報の流出のリスクがある

facebookを使用した広告については別の記事にも
詳しく書いてありますので、ご参考にして下さい。
http://big-mac.jp/recommend/practical-use-of-facebook/

影響力を調査するツール

アカウントの影響力を調査するものとして
Twitter、facebookに対応している
「Kloutスコア」というサービスや
(その点数が高いほど影響力が高いということを示すサービス)
Twtterに対応している
「Twitterlevel」というものもあります。
(フォロワー数、Tweet、返信された数、引用などから、
Twitterのレベルを計測することが可能です。)
ぜひ一度利用してみてください。

それぞれの影響力

簡単にまとめると、
開放度
LINE<facebook<Twitter
ユーザー層
LINE:年代別に大差はない
Twitter:10代から20代が多い
facebook:30代から40代が多い

筆者としては
LINEは個人間の安全なやりとり、
信頼関係を築けるコミュニケーションツール。
年代層の大きな差はない。
タイムラインをじっくり見るユーザーが少ない現状、
LINE単体での拡散力はあまりない。

Twitterは、広い情報と知識を蓄えられる小さなブログ
(ただし、誤情報には注意)
10代から20代の利用者が多い。
二次拡散が可能なため拡散範囲、即効性がすごく強い。

facebookは匿名性がないので嫌がらせや炎上が少ないブログ。
年代層は30代から40代が高い。
拡散速度はゆっくりだが、
文字数制限がほぼないので
伝えたいことはしっかり伝えることができる。

という認識です。

まとめ

SNSが現代社会に及ぼした影響として、
一概に良い悪いとは言えません。

企業、政界について様々な情報を
素早く仕入れることができたり、
ユーザーがSNSに参加している企業に
好感を持つということがある反面、
個人情報の流出や悪質なスパムなど悪い影響もあります。

それらを理解した上で、自分に合ったSNSでやり取りしたり、
情報を入手できたら良いですね。

また、SNSを使用した広告配信も
ただ出せば良いという訳ではありません。
SNSの特徴を理解し、
自分達はどのメディアで広告を出稿するべきか?
を一度考えてみてください。

おすすめ情報

2017年2月14日

Googleハネムーンとは SEOの基礎知識

SEO

big-mac.jprecommendwhat-is-google-honeymoon-basic-knowledge-of-seo
SEOの用語の一つとして、
「Googleハネムーン」
という用語があります。

名前だけ聞いていると、文字通り
青い海、白い砂浜といった
イメージが浮かびます。

実際、
ハネムーンと似たような現象が起きる
Googleハネムーン。

詳しく説明していきます。

Googleハネムーンとは

Googleハネムーンとは、
主に新規ドメインを取得したり、
無料のブログを開設したときに、
特別なSEO対策の行動をしなくても、
検索結果ランキングで、
一時的に上位表示されるよう優遇され、
本来評価されるであろう順位より、
上位に表示される現象のことをいいます。

「ご祝儀順位」とも呼ばれることがあります。

Googleハネムーンの期間

Googleハネムーンの期間は、
名前の由来どおり、
約1ヶ月間くらいだと言われています。

最初の1ヶ月くらいは
検索結果の上位に表示された後に、
順位は下落してしまうことが多いのですが、
それとともに、
自然検索流入の増加現象が発生するのが
一般的とされています。

急激に下落してしまうので
ペナルティを受けたのかのように見えます。

新規サイトの全てが
このGoogleハネムーンになるわけではありません。

しかし、
どの新規サイトがこの対象となるのかは
まだ分かっていません。

Googleハネムーンは本当にあるのか

少し前まで、
Googleハネムーンは存在しない、
というのが一般的でした。

Googleからも正式に公表されていません。

しかも、
Googleハネムーンになるサイトと、
そうならないサイトがあるので、
存在についてはいろいろ話されていました。

しかし、2012年、
Googleの社員で
ウェブマスターツールの開発と運用に
関わる部署で働いている、

プロダクト・マネージャの
Anthony Chavez(アンソニー・チャベス)氏と

ウェブマスター・トレンド・アナリストの
Jonathan Simon(ジョナサン・サイモン)も、

Googleハネムーンの存在を
肯定するようなコメントをしています。

Q: 一度に大量のコンテンツを公開すると
検索からのアクセスが一気に伸びるが、
しばらくすると今度は急降下することを経験している。

新規公開したコンテンツは
本来よりも高く評価されるように
見えるのだがどうなのか?

A: そういう仕組みが確かに存在する。
ユーザーがそのコンテンツに興味を持つか確かめるためだ。

参考記事:
ページの表示速度は日本でもランキング要因になっていた ?
Google社員に尋ねた11個の質問 at #SMX Advanced Seattle 2012 | 海外SEO情報ブログ

この
「検索からのアクセスが一気に伸びる」
「新規公開したコンテンツは本来よりも高く評価される」

こちらはまさに、
Googleハネムーンの特徴であり、
こちらに対し「そういう仕組が存在する」と回答されています。

また、
オールドドメインはSEO的に効果があると言われていましたが、
以前に比べて薄いといわれています。

エイジングフィルターについて

Googleハネムーンに関連した現象のひとつとして、
エイジングフィルターがあります。

Googlエイジングフィルターとは
投稿したばかりの新規サイトが、
検索してもすべてのページが
一時的に圏外になってしまう現象のことをいいます。

期間も3ヶ月位だと言われています。

この現象が存在することは
Googleは公式に認めていませんが、
SEO業界では広く存在が知られています。

一般的に3~6ヶ月の期間が過ぎると
サイトの評価に適した順位に回復する、
と言われていますが、

明確な理由は分かっておらず
複数のアルゴリズムが重なって
発生していると考えられています。

Googleハネムーンとエイジングフィルターは
セットとして考えられており、
Googleハネムーン期間の間に、
新規ドメインを評価した後に、
エイジングフィルターで適正な順位に移動させるイメージです。

Googleハネムーンの存在意義とは

なぜGoogleは、
Googleハネムーンというような現象
(新規サイトの順位を一時的に上げる)を作ったのでしょうか。

この答えは
Googleの収益構造にあります。

Googleの収益は90%以上を、
広告収入から得ています。

そのため、
Googleを検索エンジンとして多くの人に使ってもらい、
広告をユーザーにたくさん見てほしい、
クリックしてほしいと考えているので
Googleを使用する人の利便性の向上を
大事にしています。

Googleの検索エンジンで
ユーザーにとって良質だと感じられる情報を
上位に表示することで、
Google利用者を今まで以上に、
Googleの検索エンジンは優秀である、
と感じてもらい、
Googleを利用し、広告を見ることを狙っています。

このGoogleの狙いを達成するには、

Googleハネムーンで、
新規サイトの検索結果順位を
一時的に上位に上げることで、

このサイトがユーザーにとって
良質かどうかを試して調べている
と言われています。

Googleハネムーンは
新規サイトがユーザーにとって
良質かどうかという、

ユーザーのサイトのPV数や滞在時間、
直帰率などの変化から
判断材料となる数値をより多く獲得するために、

ユーザーの流入を増やす為に行っている
と考えられている。

Googleハネムーン終了後の順位

Googleハネムーンは、
Googleからの新規サイトの審査期間
だと考えるのが適しているでしょう。

一般的に多くの新規サイトは、
Googleハネムーン後、
新規サイトは本来のあるべき
適正な順位に戻されるので、
パッと見、検索順位が下落すると言われています。

しかし、
Googleの審査期間中に
Googleに良いサイトだと認められたなら、
そのまま検索結果上位に表示し続けることができます。

Googleハネムーンの対策

Googleハネムーンの期間、
つまりGoogleからの審査期間後に、
検索順位が下落する原因は、

投稿した新規サイトの記事のユーザーの滞在時間が短い、
あるいは直帰率が高いために、

新規コンテンツだけでなく
新規サイト全体までの評価が下がってしまう
ことにあると考えられます。

そのため、SEO対策としては、
Googleハネムーン期間中に、
ユーザーが求めているだろう
良質なコンテンツを作り頻繁に更新し、
ユーザーに長くページに滞在してもらうことが求められます。

具体的に行う対策

検索結果と記事の内容が
合っていなかったり、
コンテンツに情報量が少なく読みにくいと
ユーザーの滞在時間は短くなり直帰率は高くなります。

あなたも、
文字数は多いが
専門用語が並べすぎてて読みにくいサイトより、

ページの情報量が読みやすく正確であり、
関連ページにリンクがはってあるようなサイトの方が
見やすいし、次も使おうと思うはずです。

こまめに良質なコンテンツを投稿できるなら、
1日1回は記事を投稿するのが理想的です。

しかし記事の投稿数ばかりを着目し、
質の悪いような記事ばかりあげては意味がありません。

例えば過去の記事を何も変えずに投稿すると、
今度はGoogleからペナルティを受けてしまうので、
数よりも
「良質なコンテンツをあげる」というのを守ってください。

検索結果に適した
わかりやすい正確な内容のコンテンツを
ユーザーに提供することで、
滞在時間を延ばすことができます。

Googleのシステムも、

ユーザーに長く見られているサイト

ユーザーに有益である良質なサイトだと認識し、

Googleハネムーン後も
新規サイトを上位表示で保つことができます。

まとめ

Googleハネムーンは全ての新規開設されたサイトに
該当するわけではありません。

しかし、どのくらいの期間中、
Googleハネムーンが続くのかは
正確にはわかっておりません。

一時的な上位の順位に振り回されるのではなく、
ユーザーに有益であり、
興味を持ってもらえるコンテンツ情報を
提供できるサイト構築を心がけていきましょう。

おすすめ情報

2017年2月13日

インスタグラム(Instagram)のフォロワーの増やし方

How to increase the number of followers in Instagramウェブサイトへユーザーを集客する手段として、
企業でのソーシャルメディア(SNS)
の活用が目立つようになりました。

効果的に集客するためにはまず、
Instagramアカウント内の投稿を
少しでも多くの人に見てもらう必要があります。

インスタグラムのフォロワー、いいねの
獲得方法を紹介します。

インスタグラム(Instagram)とは

Instagramは2010年10月6日にリリースされ、
スマートフォンの無料アプリで提供されています。
利用者は圧倒的に女性が多いです。
フォロー、投稿、コメントなどを行わない
閲覧の場合のみパソコンからでも楽しむことができます。

iTunes
https://itunes.apple.com/jp/app/instagram/id389801252?mt=8

Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.instagram.android&hl=ja

Instagramは瞬間的な場面を写真に撮り、
フィルター画像加工、投稿を一貫して行うことができます。
画像の加工方法も簡単で、
プレビュー画面を確認しながら
投稿写真の完成をイメージして
加工をすすめることができる事も魅力の一つです。
これで撮影技術が無くても
クオリティの高い写真をアップする事ができます。

Instagramは写真で世界観を伝えるため、
全体的に綺麗でおしゃれな画像が多くなっています。
2016年からは動画を投稿することができるようになり、
料理レシピやメイク方法などをより詳しく知ることができ、
さらに人気のSNSと成長しました。

芸能人のアカウントだけが人気があるとは限らない

モデルや芸能人、スポーツ選手から
海外セレブと様々な人が利用しています。
もちろんそんな芸能人アカウントは人気があります。

ですが、現在一般人のInstagramユーザーアカウントが
芸能人のフォロワー・いいね数を
超える事はよくある事となりました。
人気インスタグラマーと呼ばれる方たちがそれに該当します。

プロフィールページで世界観を伝える

現在のプロフィールページの状態はどうなっていますか?
企業アカウントに多い売り感が強すぎる投稿や
ハッシュタグに関係ない画像の投稿をしていはいけません。

クオリティの高い画像を投稿し続ければ、
宣伝なしでもユーザーの心に残ります。
統一感を持たせることも重要です。

世界観が伝わらないプロフィールページでは、
キャンペーン内容も広告の効果も感じられないかもしれません。

いいね!フォローを積極的に

待っているだけでなく、マナーを守りながら
積極的に投稿者への
いいねやフォローなどの行動を起こして下さい。
いいね、フォローをすることで、
自分の投稿、記事内容が相手の目に触れる可能性があります。
相手や自分の投稿状態によっては、
相互フォロー・フォロー返しがあるかもしれません。

傾向としては、
フォロー数よりフォロワー数が多い(その差が大きい)
場合フォロー返しはあまり期待できないでしょう。

逆にフォロワー数よりフォロー数が多い人は
フォロー返ししてくれる可能性が高いと言えます。

 フォロワー増加とハッシュタグ

投稿内容の文中に「#」の記号を見たことがありますよね?
この「#」付きの単語・文章をハッシュタグといいます。

ハッシュタグとは簡単に言えば
画像のカテゴリのような位置づけです。
世界中の人の同一テーマを一覧表示させることができます。

ハッシュタグはInstagramの独自文化として定着しています。
現在ではテキストがハッシュタグのみという事も多いです。
ハッシュタグ活用をご紹介していきます。

デザートビュッフェ0002

 

ハッシュタグの必要性

InstagramがTwitter、Facebookと大きく違うところは、
画像ありきというところです。

Instagramは画像がなければ
投稿すらすることができません。
そして画像のみの場合、
自分の投稿を他のユーザーに見つけてもらうことは
極めて困難だと言えるでしょう。

私もそうですが、
旅行に行く際はユーザー投稿の
ハッシュタグで現地の情報を得ています。
これを「ハッシュタグ検索」といいます。

【例】
#台湾グルメ
#台湾限定
#お伊勢参り
#京都ランチ
#女子旅
#okinawa

自分の写真のカテゴリ分けでなく、
ハッシュタグは自分以外のユーザーにとっても
必要不可欠だといえます。

人気アカウントに学ぶハッシュタグ

#○○な人と繋がりたい

自分の趣味・感性が似ている人の
投稿を見つけられる可能性が高いハッシュタグです。

【例】
#花が好きな人と繋がりたい
#料理好きな人と繋がりたい
#旅行好きな人と繋がりたい

#○○部

例として#弁当部では、
ほとんどの投稿は
毎日自分で作っているお弁当の画像です。
#○○部は基本的に、
ユーザー同士の仲の良さが際立ち
まるで一つのコミュニティのようです。

【例】
#ランチ部
#刺繍部
#親バカ部
#弁当部

好きなもの・趣味・感性が似ている、
投稿画像が好みかどうか
というところからフォローが生まれやすくなります。
(ハッシュタグだけではなく、
魅力的な写真の掲載が重要です。)

フォロワー(ファン)を増やしたい場合
上記のようなハッシュタグを使用しないのは
もったいないですね。
人気投稿を真似るところから始めてみても良いでしょう。

ハッシュタグの適切な数

ハッシュタグの数が多ければ多い程、
検索ユーザーとの接触回数が増えます。
最大で1投稿あたり30個のハッシュタグを
設定することができます。
世界で人気のハッシュタグの例として、
下記のハッシュタグが挙げられます。

#love
#cute
#tbt
#ootd

人気だからこれらのハッシュタグを入れておけば間違いない!
という事ではありません。

投稿数の多い人気タグは、
世界中の人が使用するとあり
自分の投稿が一瞬で埋もれる可能性があります。
獲得したいユーザー像とはかけ離れる場合もあるでしょう。
おすすめとしては、
人気の高いハッシュタグと
自分との接点がありそうなある程度絞り込んだ
ハッシュタグを併用すると良いでしょう。

企業アカウントが学ぶべきポイント

1日1投稿は行う

慣れていない場合は特に
毎日の投稿を難しく考えるかもしれません。
人気の企業アカウントを見習い、
なるべく多くの投稿を心がけましょう。

更新回数が多ければ良いというわけではなく、
その人たち、フォロワーのニーズを満たす投稿を行って下さい。
こちらもペルソナを設定をすることで、
狙うユーザー層が明確になります。
http://big-mac.jp/recommend/analysis-and-how-to-make-high-quality-persona-technique/

アカウント運用はフォロワー目線だけでなく、
自社のブランド化をはかり世界観を確立させましょう。

動画投稿も積極的に

動画投稿は他の静止画の投稿と並んだ際に
動きがある分、ユーザーの目につきやすいと言えます。
最近ではレシピ紹介やダイエット運動、
ヘアアレンジから書道などの動画もよく目にします。

https://www.instagram.com/p/BO9dlOBD4sM/

https://www.instagram.com/p/BB-X4WKk13u/

まとめ

Instagramのフォロワー・いいね獲得について
紹介いたしました。

ユーザーとの距離感とブランドの世界観を考えながら
運用しましょう。
人気の公式アカウントを参考にすることを
おすすめします。

Instagramは今後も進化し続けるでしょう。
今後もInstagramの動向や
人気の企業アカウント・人気ハッシュタグとあわせてご紹介致します。

おすすめ情報

2017年2月13日

仕事を楽しむコツ

tips-to-enjoy-your-work

みなさん、今の仕事は楽しいですか?

そもそも仕事って楽しいというイメージですか?
それとも大変、辛い…というイメージですか?

できれば楽しく仕事したくありませんか?
それは今の職場では不可能ですか?

わたしはBigmacに転職して約1年経ちますが、
今とっても楽しく仕事をさせてもらっています。
わたしの仕事の理念の一つとして、
楽しく仕事をすることです。
長い人生のうち、大半が仕事の時間だと思います。
どうせならその時間を楽しく過ごしたい。
そして楽しく働ける環境を作っていきたいと考えています。

ちょっとした工夫で、少しでも仕事を楽しむコツの
ヒントになればと思い、記事を紹介させていただきます。

その仕事、本当にあなたに向いている?

仕事の向き不向きは誰にでも少なからずあります。
自分が何をしたいのか、何が得意で何が苦手なのか
きちんと把握していますか?

仕事をしていく中で苦手なことでも
やらなくてはいけない場面はたくさんあります。
それを乗り越えたからこそ成長できるものもあるのです。
ただ、根本的なところでその仕事が
自分にあっているのかが一番大事だと思います。

わたしは少なくともBigmacに転職して、
自分に向いてる仕事につけたと感じています。
それでも中には苦手な仕事はあります。
でも根本的な部分でわたしはこの仕事が向いていると思うので
苦にはならないのです。

もし、今から就職や転職を考えている方が
いらっしゃれば、やってみたい仕事と向いている仕事が
必ずイコールになるとは限らないので
まず自己分析をして、向いている仕事を探してみてください。

人間関係の構築方法

人間関係は仕事をしていく上で
最もと言っていいほど大事ですよね。
退職理由が人間関係が原因で…
というのはよく耳にします。

Bigmacで一番楽しいと感じるところは
人間関係のよさだと思っています。
そしてみんなが自分らしくいれる環境です。
だからとても居心地がいいのです。

社内ではコミュニケーションをとても大事にしています。
部署が違うとなかなか話す機会が少なくなりますが、
積極的にコミュニケーションが取れる環境を作ることを
心がけています。

例えばBigmacでは、必ず全員で朝礼を行います。
そこでグループごとに分かれて、
24時間以内にあったいいこと、新しい発見について
1人1人発表をするワークをやっています。

普段話す機会が少ないメンバーとも話すことができるし、
みんなのことをより知ることができる
とてもいい時間となっています。
そしてコミュニケーション力も磨かれていきます。

まずは、相手がどんな人なのか?
その人の本質を見ようと心がけています。
相手を知ろうとすることで見えるものが
変わってくると思います。

その仕事なんのためにやってるの?

例えば、あなたが資料作りの仕事を頼まれたとします。
どんな内容のものかを確認して、イメージします。
具体的なものがあればそこも確認します。
その内容をもとに資料を作ります。

ただ言われた通りの資料を作る。
その資料ができればOK!
それとも、どんなときに、だれが、どうやって使うのか…
などを考えて作る。
この場合、後者が作成した資料は使い手にとっては
とっても使いやすい資料になるでしょう。

ただ言われた通りのことをするのは誰にでもできます。
同じことをするのでも、意味や意図があって実施するのと
しないとでは、全く答えが異なります。
考えて作成したもので、使い手が喜んでくれたのなら喜びは倍になり、
仕事での達成感を味わうことができます。

今、トイレ掃除当番のわたしですが、
毎日トイレを使うみんなや来客するお客様のことを
思いながら掃除をしています。
キレイな方がみんな気持ちよく利用できるだろうなぁとか、
タオルも使いやすいようにキレイに置いておこう…
とちょっとしたことですが、そう思ってトイレ掃除をすると
キレイにしようという気持ちが大きくなります。
そうやってわたしは掃除の時間さえも楽しんでいます。

一つ一つのことをただ実行するだけじゃなく、
「なんのためにやるか」を目標設定するだけで
結果も過程も変わり、楽しむことができます。

仕事で成功したい方は、案外楽しんで仕事していると
成功の近道になるかもしれませんよ。

今の仕事を選んだのは自分ですよね?

社会人になると、会社や仕事に対して色んな不満は
あると思うんです。
休日や待遇、残業や福利厚生。
自分では簡単に代えることが出来ない会社のルール。

それでもここで働くと決めたのは自分自身で、
ここにいると決めているのも自分自身です。
自分が決断しているということを自覚した上で、
仕事への目的を考えてほしいと思います。

会社が、仕事が、あの人たちが…と
周りのせいにばかりにしている間は
変わることはありません。
自分が会社や仕事や人に対して考え方を
変えていくことのが必要です。

まとめ

今、Bigmacでいろんな仕事をさせてもらっています。
時にはやったことがないことを依頼されて、
テンパってしまったり、ミスして落ち込むことも
ありますがそれも経験です。
そんな時でも周りのメンバーが助けてくれて、
いつもプラス思考で声をかけてくれます。
これは決して当たり前な環境ではなく、
そんな環境で働けることに日々感謝しています。

あなたが仕事を楽しむことで結果、
よりよい仕事につながるのではないでしょうか?
そしてそんな仲間を増やして、
よりよいBigmacをつくっていきたいと思います。

おすすめ情報

2017年2月12日

キーワードを設定して記事を書こう

write-keywords-and-write-articles

今まで検索ユーザーにサイトを見て欲しい。
アクセス数をアップしたいと思って
記事を書いても検索上位にアップされなくて
埋もれてしまっている
記事コンテンツがあると思います。

検索ユーザーの目に留まるように
ロングテールSEO対策する
手順方法についてご紹介します。

キーワード検索でユーザーの目に留まる記事にリライトするには?

新しく記事を書くのも良いです。
しかし、過去にアップした記事を検索時に
引っかかるようにすることも
コンテンツ全体の品質向上に繋がります。
そのためにもキーワードを設定して
記事を書くことが重要となってきます。
それでは、ポイントついてご紹介します。

上位サイトを読んで見る

自分の書きたい内容設定、検索ワードで
上位検索させていてブログSEOしている記事
コンテンツを確認してみると良いです。
上位表示させている記事、QAサイトを
読んでみることで上位サイトが
どのような機能や特徴、関係性があるのかを
分析してみましょう。

過去に書いた記事をもう一度読み直す

作成したサイトの主旨に、
この記事は必要は必要では無いかの
選別作業をする必要があります。

検索ユーザーがなんでこんな記事が
このサイトに載っているの?と
感じないように、
まず自分でサイトのテーマや目的を見直し、
それに当てはまっている記事を
ピックアップします。

自分の記事内容確認

下記の文章内容を確認しましょう。

    • この記事は検索ユーザーが検索してまで
      知り得たい情報が記載されているのか?
    • この記事は何について
      書いている記事なのか?
    • この記事は自己主張をしすぎていないか?
    • この記事にニーズに
      見合ったキーワードとは何か?
    • 文字数が足りているか?

(テキスト量:3,000文字程度)

SEO対策ツール・検索数調査の無料ツールでキーワード選定をする

SEO対策ツールとして
「キーワードプランナー」
「Google検索」
「キーワードウォッチャー」
「フェレットプラス」
「Googleサジェストワード」

といったツールから
関連度の高い検索数と関連検索語
共起語検索を洗い出し確認して、
月間平均検索ボリュームアップを
目指しましょう。

タイトルの見直し

上記のような見直し作業をしていくと
アップ時につけられた
タイトルに違和感を感じたり
見直す必要がでてきます。

そのなかで重要なことは
文章内に散りばめられた共起語の
大元のキーワードが
タイトルに含まれているかどうかです。

例えば、
修正前のタイトル
「今日受験だけど、
頭が痛いから合格する気がしない…。」

のようにつぶやきのようなタイトルより

「合格体験記
頭痛時でも集中できる3つの対処法」
みたいに記事を書きたいと思った
最初のイメージは同じでも、
タイトルを明確にするだけで、
ひとりのつぶやきから
検索されやすいタイトルになります。

そして、
タイトルを変更するメリットとして
キーワードで検索がされやすくなります。
この場合だと、
「合格体験記 頭痛 対処法」と
検索エンジンで
キーワード検索されやすくなり
検索者にもわかりやすいため
検索数アップ
SEO効果の可能性も期待できます。

記事を書き直す(リライト)

上記でお話したキーワードが本文の内容と
マッチしているかということです。

タイトルをみて
「合格体験記 頭痛 対処法」と
キーワードを決めたとしても、

修正前の記事の内容が
「受験 頭痛 」では内容にブレが生じます。
タイトルと内容の意味合いが違えば
より良いコンテンツになりません。

そのために、
検索ユーザーに選ばれやすい状態に修正した
タイトルから決めたキーワード
「合格体験記 頭痛 対処法」で
記事を書き直します。

この際に検索ユーザーに対して
最終的な答えが記載されているかも
大切なポイントになります。

この2点に注意してリライトするだけでも
記事の価値は上がります。
説明するにあたって足りない箇所や、
共起語を文章内に散りばめるために
必要な箇所は追記しましょう。

念のために、Fetch as Googleをする

記事を書き直したことを
Google検索ロボットに
確認しにきてもらいましょう。

一応、なにもしなくても、
いつかのタイミングでかは
Google検索ロボットが巡回してくれて、
リライト内容などを読み取ってくれます。

しかし、できるだけ早く変更、追記箇所を
反映して月間検索ボリュームアップと
検索上位表示欲しいと思うので、
このFetch as Googleを使います。

キーワード検索の際に上位検索される順位を
決めているのは検索エンジンです。

サイトの検索上位表示されるためには、
なによりこの検索エンジンの仕組みを
知り理解する必要があります。

その中で覚えておきたいのはこの2つです。
クロールとインデックスという
用語についてご紹介します。

クロールとは?

Googleがウェブクローラーという
ソフトウェアを使用して、
世界中に存在するWEBページの
情報収集する作業をクロールといいます。

最もよく認知されているのが
ウェブクローラーです。
ウェブクローラーとはGooglebotという
巡回してまわるためのロボットです。

検索エンジンの大元、
組織のボスはクローラーという
巡回ロボットを手下に従えています。

クローラーロボットの仕事内容は、
検索エンジン(組織のボス)の命令を受けて
世界中に存在するWEBサイトの情報を
仕入れてくることです。

その動きは、蜘蛛に似ていることから、
Spider(スパイダー)とも言われます。
このように、這いずりまわって
世界のウェブサイトの
情報収集をする仕事を
Crawl=クロール:(這うという意味)と
呼ぶようになりました。

そして、
そのロボット自体を
「クロールする者」という意味で
クローラー=Crawlerと呼びます。

実は、クローラーロボットが
WEBページに
一度だけチェックしにきただけでは
正確な情報を持ち帰れないという
特徴があります。

クローラーロボットは、
そこまで優秀じゃないので
一回巡回しただけでは、
ページ情報の限られた箇所しか
情報収集することができないです。
そのため、ページの情報を正確に
読み取ってもらうためにも、
何回かクローラーに巡回してもらう
必要性があります。

クローラーが情報収集の際に確認するポイント

過去にクロールが情報収集した
Webページのリスト
所有者からWebサイトに情報提供された
サイトマップに含まれる情報

をもとに巡回を始めます。

クローラーロボットは、
一度パトロールし情報収集したことのある
サイトサイトマップで提供されている
サイトを訪れ、
そこから他のページへのリンクを
探し移動していきます。

その中でも情報収集の際に重要視する
ポイントがあります。
・新しいサイトの使い方、内容
・今あるWEBサイト内容の変更箇所
・無効なリンクがあるか

このことを理解しておきましょう。

クロールの頻度を上げることが大事
クロールを沢山してもらった方が、
より確実な情報を最新版で持って
帰ってもらうことができます。
その結果、
クオリティーの高い記事
コンテンツが正確な評価をされ、
検索結果の上位表示を狙いやすくなると
言われております。

そのためにも、
頻繁にクローラーに巡回依頼は重要です。

インデックスとは?

インデックスとは検索エンジンに
情報として記録された
WEBサイトという意味です。

英語では
「索引(さくいん)」
「見出し」という意味になります。

ロボットクローラー(手下)の
仕事内容としては、
世界中のWEBサイトの情報を収集して
組織のボスとなる検索エンジンのために
持って帰ってくることです。

そして、集められた情報を
仕分けをし記録する作業です。

このように、
クローラーロボットが持ち帰ってきた情報を
整理してインデックスに登録することを
「インデックスされる」とも言います。

インデックスには、
クローラーロボットが組織に
持ち帰った情報が綺麗に仕分けされ
記録されています。

インデックスに登録される際のポイント

どのWEBサイトが
どんな情報を持っていているか
扱っている話題とは何か
という内容です。

検索ユーザーが実際に、
Google検索を使用する際に
使われるデータとなります。

もしWEBサイトが
インデックスに登録されていない場合、
どんなキーワード検索法でもヒットしません。

まとめ

新たに記事を作成する場合も、
リライトする場合も同じことが言えますが、
このツールを
必要としているであろう人のことをよく考え
記事の内容軸となるキーワードを決めて
SEOツールで検索候補の
キーワード選定をしないと
作業が困難になります。
コンテンツ作成の下準備を
しっかりしたうえで作業を始めましょう。

Googleが求めるコンテンツと
キーワード検索ユーザーの検索意図を理解し
キーワードの出現率を上げましょう。
検索条件に関連性のあるリンクを貼るなどの
関連ワードのリンク対策をして
検索回数を増やし、かゆいところに手が届く
コンテンツに仕上げて、
アクセスアップ
検索順位アップを目指しましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 159