スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2017年4月21日

人材を確保するための採用手段とは

What is recruitment means to secure talent

企業が存続していくためには、人材を確保し続けなければなりません。
最新の調査では、働き盛りと言われる40代の人口は男女合わせて約1,900万人。さて、20代男女の人口はどのぐらいかご存知ですか?

約1,300万人です。40代の7割弱しか存在しないのです。さらに10代やそれより小さい子供達になるほど、人口数はすくなくなっていきます。これだけ若者人口が少なければ、企業の採用活動も当然厳しいものとなります。

良い人材をいかに獲得できるか。どうやったら自社に目を向けてくれるのか。ここにきて、地方の中小企業においてもブランディングや採用に向けた広報活動が見直されてもいます。人材を確保するための採用手段について、考えてみたいと思います。

 

求人募集、採用活動について

主な手段とその特徴をご紹介します。

ハローワーク

おなじみのハローワーク。求人情報を登録し求職者に探し当ててもらう方法です。採用コストがかからず、一部条件を満たせば採用企業に助成金が支給されるなどのメリットがありますが、紹介できる情報量が限られるため、求めるターゲットとは違う応募者が来る可能性も否めません。

学校の就職担当部署を利用する

各大学や専門学校にある就職支援部署に求人情報を発信する方法です。こちらもそれほど採用コストがかからず、学部による専門性などから、学生の特徴を踏まえた採用に繋げやすいのが特徴となっています。

最近では大学のキャンパス内が開催地となった企業説明会も盛んに開催されるなど学校側もマッチングに熱心な印象です。
ただ、複数校に案内する手間と時間がかかり、実際に応募がどれぐらい来るのかが予測しにくいといった実情もあります。

媒体活用

大別して「Web求人媒体」と「紙求人媒体」の2つが存在します。「Web求人媒体」は、求人サイトに登録し情報を掲載する方法で、「紙求人媒体」は、新聞や求人情報誌やフリーペーパーなどが主なものとなり、どちらも利用者層や発行部数などの媒体特性をもとにセグメントをきってのターゲティングが可能です。

ただし若者向けの発信や情報量で軍配が上がるのは、間違いなくウェブ媒体です。ネットが当たり前で育ってきた現在の若者にとって、就職や転職の情報収集もいつでもどこでも見られるウェブを活用します。

そして、就職活動をする人にとって知りたいこと。それは、賃金や労働条件情報とともに会社の雰囲気や環境です。
ウェブではそういった情報が、先輩社員の1日紹介やメッセージなどで紹介されています。また求人サイトの場合は、就職希望者がエントリーして行く形式です。自ら登録しているわけですから、意欲の高い応募が期待できるのです。

人材紹介サービスを活用する

欲しい人材像を紹介会社に依頼し、登録している人の中から当てはまる人材を紹介してもらう手段です。新卒採用というより即戦力が欲しい時の中途採用に多いケースです。応募から試験、面接といった一般的なプロセスが軽減できますが、採用決定の場合は紹介手数料が発生します。

人材派遣を利用する

派遣会社と契約し、その会社のスタッフを派遣してもらう方法です。時給は契約する派遣会社や、職種やそのスタッフの能力などで異なります。利用の際には、社員が同じ業務を行う場合との比較でコスト的にメリットがあるかどうか、そこがポイントとなります。教育費や人件費などの経費を削減することにも繋がりますが、将来的に見た時の人材育成には不安が残る手法です。

SNSの活用

ソーシャルリクルーティングといわれている方法です。フェイスブックやツイッターなどのSNSを活用して企業が情報を発信し採用活動を行います。一例ですが、職場体験などに来た学生とSNSでコミュニケーションを継続。就職活動時に優位に立てるように活用していることもあるようです。また内定者フォローとしてSNS上での繋がりが、辞退を回避する「囲い込み」としても有効なようです。

 

自社サイト活用が重要

ご紹介した主な人材採用手段は、どの会社もやろうと思えば取り組めるもの。いうなればどこの会社も取り組んでいる者でその手段の段階では他社との差別化を図ることは難しいでしょう。優秀な新卒者を獲得するために、各企業とも自社サイトでの発信に力を入れているのです。

コーポレートサイトの一部としての採用ページではなく、採用に特化した1つのサイトを新たに立ち上げ、そこで新卒者や求職者に向けた情報発信を行っています。求人ポータルサイトでは伝えきれない情報を、自社の求人サイトで補完することで閲覧者の企業理解度を深め、結果的に応募者の質が高まることになります。

自社が本気で採用をしたいという気持ちも伝わりやすくなるでしょう。さらに、ウェブが情報収集の第一手段になっている現在では、採用サイトを持っているかどうかが、その企業の信頼度に影響することも考えられます。

ただ情報を出しておけば、集まる時代ではありません。欲しい人材の年代層が、今何を見ているのか。どんな発信に反応し行動に移してくれるのか。その点をしっかり考えて採用活動を行わなくては、他社にどんどん人材を取られていってしまうのではないでしょうか。

 

採用に欠かせないもの

採用に最も大切な要素、それは自社のブランディング活動だと感じます。募集をかけても、求人広告を出しても中々きてくれない。そこには自社が、「あの会社で働いてみたい」と思ってもらうようなポジションを築けていないことも原因なのです。

直接的に売上を生まず、数値的にも効果を図りにくいブランディング。この部分をどう捉えるかどの程度の予算をかけられるかで採用に大きな差が生まれてくるのではないでしょうか。マスメディアを活用しないとブランディングが出来なかった時代ではありません。自社サイトやSNS、イベントなど様々な発信手段の登場が、大手以外のブランディング構築を可能にしてくれます。

採用活動でお困りの皆様。
発信手段に悩むよりもまずシンプルに自社を好きになってもらうようなブランディング活動に本気で取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年4月20日

相手に伝わりやすい説明をするコツとは

相手に伝わりやすい説明をするコツとは本の著者など相手に伝わりやすい、説得力のある説明をする人はどのようなポイントを意識して説明をしているのでしょうか。商品を説明するということはとても難しいことだなと感じるとともに、そのようなことを感じました。そもそも、ただ商品の説明をすることだけが本当の説明なのでしょうか。

このような疑問を感じたため、相手に伝わりやすい説明をするコツについて調べてみました。

上手な説明とは

お客様のところに行き、商品の説明をする。取引先の人から依頼を受け、それを社内に説明する。説明をする場面はいくつも有ると思います。しかし、ただ説明をするだけでなく、しっかりと相手に正しく伝えた上で伝えた相手が行動を起こしてくれることが上手な説明であるということが判明しました。

説明が下手な人は、1人だけが話し続けるという状況になっていることが多いようです。また、そのような状況になってしまっている人は、思いつきの順番で話を進めているケースがほとんどだということでした。説明は伝えることが目的ではなく、伝えて動いてもらうことが目的だということですね。

上手な説明のコツ

1.相手の聞きたい情報から話す

人はお願いしたい気持ちが強いと同じ言葉を何度も繰り返してします傾向にあるようです。こちらの要求をいきなり説明し、聞き手がよく理解をできていないまま要求を繰り返すと印象が悪くなることにつながってしまいます。しっかりと理解をしてもらえていないのに、次の話にいってもその人の次の行動には繋がらないということですね。自分が思いついた順番での説明は、相手にとって必要のない情報が先に出てしまいがちであるため紙に書き出して整理をすることや重要な結論から述べるなどの工夫が必要なようです。

2.一つの文をなるべく短くする

一つの文にたくさんの情報が盛り込まれていたり、ダラダラと長い話し方をしているとどれが重要な事なのかわかりづらくなってしまいます。たくさんのことを伝えたいと思えば思うほどそうなりやすいのかもしれません。どんな情報が気に入ってもらえるかわからないからとむやみに情報量を増やしてしまうのは良くないということですね。伝えたいメッセージを的確に伝えるということが上手な説明には共通しているようです。伝えなくてもいい情報を自分でカットしていく能力を身に着けていく必要がありそうですね。

ブログの記事なども、投稿者はコレを伝えたいのだなと読者にわかってもらえるように、読者に伝えたいことや求められている情報はなんなのかを考え、整理して記事を作成するという作業が必要なのかもしれないですね。

3.イメージをさせる

その商品を使ってどうなるのか?どんなメリットがあるのか?それはどういうことなのかを例えや比喩を使ってわかりやすく表現をすることが大切だということです。自分がわかっていても、当たり前だと思っていても相手にはなかなか伝わっていないもの。それを前提にどういう物に例えるとわかりやすくイメージしてもらえるのかを考えて行く必要があるようです。

話と全くかけ離れている例えを出してしまってもますますイメージしづらくなってしまい困惑を招く一方ですので、これに例えるとわかりやすいのではないか、と準備をしておく必要がありそうですね。わかりやすく言うならば相手の視点に立って話すということではないかと思います。自分が説明したいことを相手の知識や興味のレベルに合わせてどれだけわかりやすい言葉を選んで話せるか。思いやりとも言えるかもしれません。聞き手の気持ちを考えることが大切なのですね。

4.小学生にわかってもらうつもりで話す

仕事にはそれぞれ専門用語が有ると思いますが、その情報は当たり前のように使っていて実は当たり前のものではないですよね。初めて聞く人はなにがなんだか内容が全く理解できないと思います。わからない話にわからない専門用語が入っていると話が全く理解できないようになってしまいます。みなさんもそのような経験があるのではないでしょうか。相手がわかりやすいように噛み砕いて話すことが自分自身が理解することにもつながります。

自分がわかっているようでわかっていないから専門用語を使うことになってしまっているのかもしれないですね。自分自身が理解するため、そういう意味でも小学生にわかってもらうつもりで説明をするということが大切なのだと思います。

おわりに

今回、調べていて得られた情報をいくつかまとめてみましたが、私自身相手に伝わりやすい説明をするには多くのことを考慮する必要があるなと感じました。うまく伝えよう、伝えようとするほどわかりにくくなっている可能性があるということですね。人と話すとき、情報を発信するとき、常に意識をしていきたいと思います。有り難いことに弊社では、ブログの記事投稿日が設けられているため、この機会を利用し情報発信を通して上手な説明心がけていきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年4月20日

男女で違う!SNSの使い方

how-to-use-different-sns-for-men-and-women

わたしたちの生活行動を決めるひとつとなりつつある、ソーシャルメディア。

旅行先や食事をするお店を「インスタ映え」を意識して選んだり、若い世代ではSNSアプリで恋人を作る人が増えてきているという話もよく聞きます。そんなソーシャルメディアに関して男性と女性では全く違う使い方をしていることがわかってきています。
そこで今回は、男性と女性で違うSNSやインターネットとの関わり方をまとめていきたいと思います。

まずは、代表的な4つのSNS利用者の規模感と特徴についてまとめます。

タイムラインが充実し魅力が増した「LINE(ライン)」

月あたりのアクティブユーザーが6,800万人と最も高く、圧倒的規模感のLINE。今まで、LINEはメールの変りになるような基本1対1のコミュニケーションツールとしての使い方がメインでした。2016年からは、「タイムライン」機能が充実、さらにはタイムラインの広告も開始されました。それに伴い、様々なタイムライン機能が強化されています。利用者の年齢も幅広くなっており、年配者のスマホ利用者も増え、50歳以上の利用率が18%を占めてきているようです。

拡散力の「Twitter(ツイッター)」

世界規模では苦戦しているとのニュースが聞かれますが、日本ではLINEに次ぐ、月あたりのアクティブユーザーが4,000万人のTwitter。「140文字」の制限も緩和され、広告としても機能が充実してきています。

各企業も季節のイベントごとや新商品のプロモーションなどで「拡散を狙ったキャンペーン」を実施しています。20代の利用者が最も多く、若者の利用が多いのが特徴です。若い世代へのアプローチには、非常に活用できると思います。

「いいね!」時代は終了?動画活用がキーになる?「facebook(フェイスブック)」

facebook利用ユーザーは微増しているものの、月のアクティブユーザーは2,500万人と勢いは鈍化してきているようです。
実際にfacebookを開いてみても、ともだちや知り合いの個人の投稿が減ってきていると感じませんか?

ある調査では、2014年の中頃と、2015年の同じ時期では、個人の投稿が21%減少しているというデータもあるようです。facebookとしては新機能や自動で動画が作成される機能などで投稿を促しています。

投稿の減少傾向にあるfacebookですが、退会数は減っていないため、投稿こそしていないものの時間が空いた時にfacebookを開く、というユーザーはまだまだ多いようです。利用者情報は、25歳から34歳が最も利用率が高くなっています。

進化と流行の激しい「Instagram(インスタグラム)」

ほかのSNSプラットフォームと比べると1,600万人と小規模に感じますが、勢いがあり、伸び率が高いのが特徴です。特に若い女性の利用率が非常に高いです。アイコンや表示方法などの変化から、24時間限定で配信でき、その後投稿が消えてしまう、「ストーリーズ」機能の追加など進化も著しいです。

アプリが登場した当初は、おしゃれな人にしか使いこなせないようなインスタグラム独特のインスタジェニックな世界観がありましたが、今では誰でも気軽に投稿ができるツールに変化しました。ブランドや企業の活用も多くなってきています。

参照元:https://appbu.jp/share-of-social-media

4大SNSの男女利用比

LINE
男性ユーザー:46.4%
女性ユーザー:53.6%
男女別では、ほぼ同じくらいの利用比率となっています。40代やシニア世代のスマートフォン所持率が上がっていることから、年代別でみても比較的バランスのいい比率となっています。

Twitter
男性ユーザー:48.4%
女性ユーザー:51.6%
Twitterも男女比は大きな違いはありませんでしたが、10代、20代の若い世代で利用率50%を占めています。

facebook
男性ユーザー:53.9%
女性ユーザー:46.1%
唯一、男性ユーザーが女性ユーザーより比率が高い結果が出ています。年代別では、30代、40代の利用がほぼ半数を占めた結果となっています。

Instagram
男性ユーザー:39.4%
女性ユーザー:60.6%
男女の利用比率の差がはっきりとわかれる結果となっています。圧倒的に女性ユーザー数が多く、今では日常生活の一部となっている女性も多いのではないかと思います。

参照元:https://www.bricoleur.co.jp/blog/archives/3420

「Instagram」をきっかけにものを買う女性

「Instagramの投稿を元にしたユーザーの購買意向」を調査したデータによるとInstagram女性ユーザーの86%がInstagram を見て商品がほしくなったと回答しているそうです。そのうち、71%が実際に商品を購入したと答えています。

画像を見て、もし自分が使ったら、、、ということを想像し、購入へと行動を起こす女性が増えています。この消費行動のことを「妄想消費」と言われています。(対して、アマゾンや楽天などレビューを見たり、比較検討し購入することを「現実消費」と表現している人がいました。男性に多い消費行動です。)

これまでの消費行動と比較すると、
従来:認知➡︎理解➡︎検討➡︎欲求➡︎購入
妄想:認知➡︎欲求➡︎購入
このようになり、 Instagramが生む「妄想力」は女性の購買行動に大きな影響を与えています。

また、最近ではファッション情報や旅行の行き先などを検索するのに、「Google」ではなく、「Instagram」で検索する人が増えてきているというデータもあるようです。わたし自身も、ランチの場所などはまずInstagramで検索し、googleでお店の場所を調べるという方法でお店を決めています。

ビジネスで「facebook」を使う男性

「男性脳」「女性脳」と言われるように、行動や考え方は男女で全く違うといわれていますが、SNSの使い方も男女で全く変わります。例えば男性の場合、WEBでの検索やWEBサイトを訪れるのは「目的の情報を得るため」だと言われています。
SNSを使用するのも会社の同僚やクライアント先の担当者とつながりやすいといった理由や、イベントの告知・シェアなどがしやすいなど、ビジネスを円滑に進めるツールとして使用している方が多いようです。

また、男性は自分のステータスや仕事での出来事などをSNSで公開することを楽しんでいる、というデータもありました。写真重視のInstagramや端的な言葉でつづるTwitterなどとは違い、複数の写真で文章の制限も気にしなくていいFacebookは男性の心理や行動傾向からすると最も使いやすいのも納得できます。

まとめ

消費行動や人とのつながりにも関わってくるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)はもはやわたしたちの生活の一部となりつつあります。変化の早いSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)業界ですので、今回まとめたデータも日々更新されていくのではないかと思います。ユーザーの利用スピードに遅れないよう、うまくビジネスツールとして利用できると大きな効果がでますので、ぜひ今回のデータも参考にしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年4月19日

PCにセキュリティをかけることの大事さ

importance-of-securing-pc-ecurity

みなさんは自分のパソコンにセキュリティをかけているでしょうか?
セキュリティをかけても、格段便利になったり楽しくなったりする訳ではないです。

そんな目に見えない対策をする必要があるのかと疑問に思っていないでしょうか?
セキュリティをかけていないと変なサイトに行ったりしたときに悪質なウィルスに感染してパソコンが起動しなくなったり極端に動作が遅くなったり大変なことになってしいます。

これだけならまだいい方ですが、個人情報や重要なデータが盗まれることだってあります。
ウィルスに感染するとどういう症状がパソコンが表れるのかみてみましょう。

【タイプ1】ファイル感染型

拡張子がEXEなどのプログラム実行型ファイルに寄生し、ファイルを開くと感染してしまうというコンピューターウィルスです。E-mailに添付されてるダウンロードファイルなどの、外部から入手したものにウィルスがついている場合もあります。

【タイプ2】トロイの木馬

パソコン利用者に好ましい、または悪意ではないプログラムのように見せかけ、ユーザーが感染していると気づかない内に内部で破壊活動をしたり、データを流出させたりするウイルスのことです。
名前の由来はギリシャ神話からきており、中に兵士が入った木馬をトロイアという街に危険がないようにみせ招き入れるというところからきています。

【タイプ3】マクロ型

WordやExcelなどの文章作成ソフトには、簡単な作業を自動でしてくれる「マクロ機能」というものがついていますが、これを利用して侵入するマクロ機能を悪用したウイルスです。
ファイルに入ってるマクロウイルスがメールに添付され、添付ファイルを開いた利用者のパソコンがウイルスに感染します。対応OSや機種には依存しません。

【タイプ4】ワーム型

他のウィルスとは違い、自分以外のプログラムに寄生せず独りで行動しネットワークを介して感染し、自ら増殖していくのが特徴です。
ネット以外にも、E-mailや共有のフォルダ、USBメモリなどからの感染もあります。いずれにしても多くのパソコンを感染させ大きな被害をもたらします。
これ以外にもウイルスはありますが、これらのウイルスをまとめてマルウェアと呼びます。

これらはパソコンのウイルスですが、スマホでもウイルスに感染してしまうことだってあります。
実際に被害があったAndroidウイルスの例をいくつか挙げてみます。

1.偽バッテリー節約ソフト

「バッテリーの持ちをよくする」と謳ってる無料アプリだったが、実際にはバッテリー長持ち効果なんぞなく、インストールした時に個人情報が抜き取られてしまうたいへん悪質なものでした。

2.Twitterのアカウント乗っ取り

アプリをTwitterと連携すると、身に覚えのない宣伝ツイートを勝手に発信してしまうというウイルです。

まだまだありますがキリがないと思うのでここらへんにしときます。

では、スマホとパソコンのウイルスの違いは何でしょう。

パソコンのウイルスの多くは、システムを改ざんしてシステムに攻撃を加えることが目的です。個人のパソコンそのものを目的としている訳ではなく、そのパソコンを踏み台にして、ほかのシステムに攻撃を加えることが目的です。
これに対して、スマホでは個人の端末を狙った攻撃が多くなっています。身に覚えのないものを請求してくるというのがスマホへの攻撃です。

また、手の込んでいるものだと無料でウイルスをチェックさせ、「ウイルスが見つかりましたので、除去してください。除去は有料です。」などといったポップアップが表示され、スマホがロックされてポップアップが消えないといった例も見られます。

これはAndroid端末を人質として課金させる「ランサムウェア」と呼ばれています。

コンピューターウイルスの症状

ウイルスに感染するといろろな症状が現れます。
ウィルスの種類によって症状は違ってきますが、ファイルやデータが勝手に削除されたり、異常なメッセージが画面に表示されたり、画面の表示がおかしくなったりするなどの症状がでてきます。

また、個人情報が流出したり、ワーム型ウィルスではウイルスの添付されたファイルがネットを介してばらまかれたりすることもあります。
トロイの木馬に感染してしまった場合は、パソコンにウイルスを作った人が侵入するための入口を作られてしまうことだってあります。

ウイルスに感染しないためにはどのような対策をしたらいいでしょうか

1.ソフトウェアの更新

ソフトウェアの更新は、脆弱性をなくすために大変重要です。
脆弱性とは、コンピュータのOSやソフトウェアで、プログラムの設計上でのミスや不具合が原因で現れた情報セキュリティ上の欠陥のことです。この脆弱性は、セキュリティホールとも呼ばれており、これがパソコン版にある状態でパソコンを利用していると、不正アクセスされたり、ウイルスに感染したりする危険があります。
この脆弱性が発見されるとキヤノンITソリューションズなどのソフトウェアを作った会社が新たにプログラムを作成して提供しています。

2.ウイルス対策ソフトを入れる、フィッシング詐欺対策する

コンピュータにウイルス対策ソフトを導入しましょう。ウィルス対策ソフトは、コンピュータの電源が入ってるときは常時起動した状態であり、外部からもらったり送ったりするデータを常にみはることで、インターネットやLANなどからコンピュータがウィルスに感染することを防ぎます。

しかしこのソフトは、今までに発見されたウイルスに対応するデータからウィルスを見つけ出す仕組みのため、新ウイルスは検知できないことがあります。そのため、このデータはいつでも最新のものにしておかないといけません。

スパイウェア対策もしましょう。
スパイウェアとは、コンピューター内にひそみ、パソコン内の情報やインターネットの閲覧履歴などを外へ流すソフトのことです
ウイルスソフトには契約期間などがあるため注意しましょう。

3.怪しいHPやソフトに注意する

ウィルスはホームページなどで配られていたり、メールに添付されていたりなどいろいろな経路で侵入してきます。悪性ホームページにつながってしまう可能性のあるメールや掲示板などのリンクに注意することや、よくわからないメールのファイルを開かないなどの対策が必要です。最近では、SNSなどで使われてるURLが、悪性のホームページなどへ誘導している例もあり、これにも注意が必要です。

皆さんは無線LANは使っているでしょうか。
無線LANも危険なものの一つなんです。

無線LANの何が危険だというのかは、そもそも「無線」ということなんです。無線LANは、電波の届く範囲であれば、誰がどんなやり取りしているのかのデータを傍受することができます。しかもほとんどの場合、傍受されたことに気付けません。傍受されるとこんなリスクが考えられます。

  • パソコンの中身が抜かれたり、個人情報保護が守れない。
  • 傍受した人がなりすまして、いたずらや犯罪行為を行う。

などといった危険があります。

個人の大切な情報を盗とられることが最も危険です。もし、会社関係などの大事な書類を保存してあれば、企業情報が流出する恐れもあります。

また、なりすましがアクセスポイントを経由して犯罪行為を行った場合、まず最初に疑われるのはなりすまされた人です。
便利な無線LANですが、常に危険と隣り合わせなのです。

いかがでしたか?
みなさんも満足度が高いウイルス対策ソフトを入れネットライフを快適に過ごしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年4月18日

ストレス解消の方法

How-to-relieve-stress
日々の仕事・人間関係・勉強・子育て…

みなさん様々な理由でストレスとか溜まりますよね?ストレスを溜めすぎると心はもちろん身体にも影響が出てきます。ストレスが溜まる理由は様々でしょうが、ストレスを解消できるように今回はいろんなリラックス方法を紹介していこうと思います。知っていることもあるかとは思いますがいろいろ試してみて少しでもストレスが軽減される可能性のあるものが見つかればといいなと思います。

ストレスをそのまま放置すると不調や病気を発症します

ストレスや疲労を溜まったままにしていると、身体や心はどんどん不調になっていきます。

なぜ身体が不調になるか…不調になる原因は、自律神経のバランスを崩し、ホルモン分泌にも悪影響を及ぼすからです。この状態が続くとどんどん悪くなり不調や病気を発症することもあります。

ストレスが招く症状・病気

■めまいや頭痛・肩こり・食欲不振・呼吸困難・不眠など…
■胃潰瘍
■対人恐怖症
■うつ病

などなどほんの一部ですが、大きな病気になってしまう前に自分に合うストレス発散方法を探しましょう。

いろいろなストレスコントロール法

ストレス解消方法には、人それぞれストレスの理由や、その方法が合うか合わないかということもあるので自分にあったストレス解消法を見つけることが大事です。どれが自分に合うかわからない人は片っ端から試してみるのもいいかと思います。

ストレッチや運動

体を動かすことは、科学的にも立証されているストレス解消法です。体を動かすことにより、ストレスが解消され、健康な体を目指すことやダイエットにも効果的で一石二鳥感があります。

体を動かすことが嫌いでない方にはおすすめの方法ですが、苦手な方には『苦痛』になってしまいさらなるストレスにもなりかねません。いきなり過度な運動をするのではなく自分のペースにあった適度な運動量で、楽しく体を動かすということが大切です。体を動かすのが苦手な方は散歩するだけでも周りの景色を楽しめたり気分転換になると思います。

またヨガもストレス発散に効果が有るとされています。呼吸を整えることにより、身体の緊張をほぐして、自律神経の働きを整えてくれます。ゆったりとリラックスすることによりストレス解消につながるみたいです。

お風呂でリラックス

普段シャワーで済ませてしまう方も多いかもしれませんが湯船につかるだけでリラックス効果があります。湯船に浸かることで、体のコリがほぐれ、体温があがり免疫力が高くなり病気にもなりにくくなります。時間がある日は湯船につかり疲れた体を休めましょう。

香りでリラックス

お香やアロマオイルなど、香りは、医学的にも科学的にも立証されているストレス解消方法です。脳に直接働きかけ様々な効果を与えてくれるそうです。
香りにはいろいろなものがありますがおすすめは『自分の好きな香り』です。香りの効果には眠気をさますもの・気分を落ち着かせるもの・元気にしてくれるものなど様々なものがありますが自分の好きな香りが一番落ち着けて、リラックス効果も高いと思います。

笑う

笑うことにより脳が『楽しい』と思うようになりストレスが減っていきます。笑うことにより交感神経と副交感神経を刺激し緊張が和らぎストレスが軽減していくらしいです。ストレスがためっていて暗いままいるより、笑顔になり明るくすごすことにより気持ちも落ち着いていくと思います。

食事とお酒

栄養のバランスがとれた食事をすることはとても大切です。遅い時間であったとしてもダイエット中であったとしても我慢することがストレスになってしまうのであまり我慢せずに食べた方がいいです。

お酒は飲みすぎには注意しなくてはなりませんが飲むことでリラックス効果があります。気の知れた友達と飲む適度なお酒はストレス解消に良いとされています。アルコール中毒や周りの人たちに迷惑をかけない程度に楽しく飲むことをおすすめします。1人で飲む場合もたまには外食などで周りの空間を楽しむことでいつも以上のストレス解消になると思います。

質の良い睡眠を

睡眠は体力の回復、健康のためにはかかせないものです。夜の食事でついつい飲んでしますアルコール、食後のコーヒーなどのカフェイン…アルコールはストレス解消にはおすすめしますが『質のよい睡眠』をとためにはおすすめしません。アルコールやカフェインは寝つきを悪くさせます。夜中にトイレにいきたくなったり目が覚めてしままうこともあり、さらには新たなストレスを呼びこみます。

また寝る前のパソコンやスマートフォンも『質の良い睡眠』の敵です。目や脳に刺激を与え寝つきが悪くなってしまします。

音楽を聴く

音楽を聴くとストレスが軽減されると言われています。

音楽にも色々あり、『ダウンビート』と呼ばれるものと、『バックビート』とよばれるものがあるそうです。二つの違いはいつアクセントがくるからしいのですが、『ダウンビート』の方は4拍子の場合「一拍目アクセントがくる」音楽、『バックビート』の方は「2拍目・4拍目に音がくる」音楽だそうです。どちらの音楽でも良いとは思いますが普段ダウンビート(J-popなど)を聞く方が、バックビートの音楽を聴くとストレス解消につながる可能性があると言われています。

音楽つながりでカラオケもストレス発散に効果てきと言われています。大きな声をだすことで自律神経の働きがととのえられます。また腹式呼吸で歌うとダイエット効果もあるとされています。その結果ストレス発散につながります。

旅行する

美味しいものをたべたりすてきな景色をみたり。普段見慣れていないものを見るということで、気分転換にもなり、場所によっては癒しも求められます。楽しい時間をすごすことでストレス発散できます。

お買い物する

こちらは女性の方に多いかと思いますが、自分の欲しかったものを手にいれることで『達成感』が発生しストレスが軽減されると言われています。欲しいものがなくなんとなく買うことでも多少なりストレスを発散できるとは思いますが、お買い物中毒にならないよう気をつけましょう。

ゲーム・本(まんが)

こちらは男性が好むストレス解消法らしいですが、何かに集中するということでストレス発散になるみたいです。集中している間嫌なことを考えずに過ごせるから発散につながるらしいです。
私はこのストレスコントロール方です。幼い頃からゲームに集中し嫌なことを忘れたり、漫画を読んで笑ってストレス発散している感じです。

人とのコミュニケーション

「声をだす」ことでストレス発散になります。人とコミュニケーションをかわすことにより、自分のストレスが軽減されることがあります。女性に多いと思いますが、友達に相談したり、ろくに意味もなく長電話してみたり…この行動により無口な男性より女性の方がストレス障害が少ないという結果もでているらしいです。

まとめ

ストレスは溜めすぎると様々な不調・病気の可能性が高まります。上手に発散できるようにし、ストレスを溜めないように心がけたいと思います。
いろいろな関連記事を読みましたが沢山のストレスコントロール方があることがわかりました。紹介したストレス発散の仕方は一部ですが今日からでも試せるものを紹介させていただきました。ストレスを溜めすぎないよう、ぜひ自分に合うストレスコントロール方を見つけてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
1 2 3 4 5 6 7 8 174