スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2017年3月21日

読書することの大切さ それを習慣化しよう!

importance-of-reading-its-time-to-make-it-a-habit
自分は小さいころから大人に本を読めと
何度も言われてきました。
そのときは「大人って本ばかり読んでいるんだなあ」
と思ってました。

しかしいざ大人になってみると例えば電車に乗った時
寝ている人はさておき起きててもスマホばかりいじってて
あまり本を読んでいる人は見かけません。

一方でテレビで紹介された本があっという間に
売れ筋本ランキング1位をとったりして悪い噂はなく
読書の一般の評判は高いと思います。
読書することの何がいいのでしょうか?少し考えてみました。

読書って?

一般的な定義では、読書にはラノベや漫画
といった本を指すわけではなく、文字主体で構成された本を
読むことを指しています。

読書量を聞かれて週刊誌や漫画などをカウントする人は
あまりいないですよね。

なぜ読書をするのか?

学びがあるから

最初に読書をするきっかけは
学べるからではないでしょうか?

ここでの学びとは本に書いてあることを
インプットし、何かの形でアウトプットする
ということです。

本だけではなくテレビ、インターネットなど
あらゆるメディアには文章が溢れています。

それらをたくさん読むことにより語彙力が
鍛えられることはもちろん話のネタにもなります。

テレビでは決められた尺の中でどれだけわかりやすく
情報を伝えられるかに特化しています。

一方インターネットではわからない単語を検索できる
という強みがあります。

そして、その中でもわからない言葉が出てきたら
また検索する。

これを繰り返せば膨大な量をインプットできるはずです。
そしてそれをアウトプットします。
このアプトプットには2種類あり
一つ目は練習のためのアウトプット
二つ目は本番のためのアウトプットです。

一つ目のアウトプットは
上司や友達が言った言葉をおうむ返しにするとか
面白い単語や言葉を見つけたら音読してみるということです。

このように口に出すことで言葉や言い回しを自分のものに
なっていきます。

純粋に楽しいから

本を読むことによりいろいろ学べ、気付け
自分の成長を感じるようになると「本を読む」
という行為が楽しくなってきます。

意気込んで学ぶぞ!気づくぞ!と読まなくても
ただ本を読んでいるだけで楽しいのです。

また、だれにも邪魔されず静かに一人で
ゆったりと時間を過ごせます。
本を読むことでその物語に入り込むことだってできます。

そして入り込み登場人物の気持ちに共感したりして
それがまた楽しいんです。

ここで小説と漫画のメリットを見てみましょう。

小説のメリット

語彙力と表現力、思考力が身につく。

語彙力と表現力は互いを高め合う関係にあります。
語彙が豊富な人は豊富な語彙の中から
言葉を選ぶので表現力も豊かになります。

表現力が豊かになると喜怒哀楽が出やすくなり、
話を聞いてる人たちに言葉が届くようになります。

「頭の中ではうかんでるけど、言葉にできない・・・」
どこでもよくあることです。

読書する習慣を身につけるとあなたが思い浮かべてることを
しっかり言葉に表現できるようになります。

語彙力がない人は、「やばい」や「すごい」などを
多用していませんか?

上記のような単語ばかりを使っていていると
高校生までなら大丈夫かもしれませんが、
卒業してからも多用しまくっていると危ないです。

まず語彙力がなければ馬鹿に見えるというのを
認識し直す必要があります。
こういう危機感がないと本当に語彙力を身につけよう!
と思わないからです。

語彙力を高めるためにはジャンルを問わず
いろいろな作者の本を読むことがコツです。

大脳が活性化する

読書をすると大脳の一部の前頭前野
という部分が刺激されます。この前頭前野には
「思考、言語、論理、感性、選択」などが
司っています。

また、経験も記憶するので読書することにより、
実際に経験したかのように脳が記憶します。
つまり読書=経験であるといえます。

それにたくさん本を読んでいる人ほど
収入が多く成功者が多いということも聞きます。
読書量と収入は比例するんですね。

なぜかというと読書により前頭前野が鍛えられ
仕事に直結するからです。

博識になる

読書することにより自分には思いつかなかったような
アイデアややり方を知れます。

それにより知識がどんどん増えいろいろな情報が蓄えれます。
また、上に書いたように語彙力も増えるでしょう。

それに、会話も上手くなります。
知識が豊富なことにより日常的な会話から
趣味の話題などにも話ができるので会話が自然と弾みます。

また、少しの単語からいろいろな知識が出てくるので
博識な人と話すと、様々な世界が広がります。
人間関係も良好になるでしょう。
そのため博識の人は会話がうまいです。

漫画のメリット

コミュニケーション力が高まる

老若男女問わず漫画は好きだと思います。
なので友達同士や初対面同士でも漫画について語り合え、
友達になるきっかけになることもあります。
子供たちはだいたい漫画好きです。

また、親子間でも共通するので親子間の
コミュニケーションも深まるにではないでしょうか。

勉強に役立つ漫画もある

歴史の漫画で歴史の勉強をする
というのを聞いたことありませんか?

例えば、中国だと「三国志」や「キングダム」。
フランスだと「ベルサイユのばら」。
日本だと「花の慶次」などですね。
他にもまだまだあります。

これらはそれぞれの国の歴史を楽しく、
面白く勉強できます。

なので歴史好きの人や
子どもたちなどにいいかもしれません。

言葉や言い回しを知れる

小説に比べれば量は少ないですが、
文字に絵が入る分記憶に定着しやすいです。

漫画のキャラクターが言ったことって
しょうもないことでも記憶に残っていたりしますよね。

どうでしょうか。
まだまだメリットはあると思うのですが
本、漫画を読むことにより
これらのメリットが得られます。

読書と学校教育

読書はやらされるもの・努力して読むものと
考えがちです。

例えば「読書マラソン」。
読書マラソンとは「在学中の4年間で本を100冊以上読もう!」
と各大学が主催する読書継続推進企画のことなのですが、
読書を辛くても達成感があるマラソンに
置き換えることは適切なのでしょうが、
読書は最初からそんなにつらいことなのでしょうか。

私が小学校の頃は読書タイムという
15分間静かに本を読む時間があったし、
中学では黙読という20分間黙って
本を読む時間もありました。

最初、自分は「こんな時間いらないだろう」とか
思っていたのですが、ページが進むにつれだんだんと
楽しくなっていき、この時間が終わっても読んでいる
ときがありました。

また、学校図書館があり読む本がなくなるとそこにも
そこそこの頻度で通っていました。
家で読むときもありました。

なのでこれは教育的には良いのではないのかな
と感じています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本の大切さはわかってくれましたか?

読書はただ情報を得るためのものではありません。
人生や仕事において大事なものをたくさん学べます。

しかし、本を読むことを作業的にしてはいけません。
嫌々読んでても頭に入ってきません
入ってこないということは語彙力も表現力も
思考力もつきにくいでしょう。
それに何より読んでても楽しくないです。
読むなら楽しく読んだほうがいいですよね。

映画やテレビ、インターネットなど
本以外も活用し、本もジャンル問わず
いろんな本を読みそれを習慣化して
いろいろなものをインプットしていきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年3月21日

スランプを脱出する方法とは?

how-to-escape-from-slump
皆さん、スランプに陥ったことはありますか?

誰しも一度は経験したことがあるであろうスランプ。
解決するのは簡単ではありません。
それはどれだけ大きな才能を
持っている人でも共通しています。
人それぞれ物事がうまくいかない時の
解決策を持っていると思いますが、
いざスランプに陥るとどうすればよいのか
わからなくなるものです。
勉強、スポーツ、仕事、人間関係など、
様々な場面でスランプは起こります。
私自身現在スランプに陥っているので、
この記事を読んでいる皆さんと自分に向けて
対処法を考えていこうと思います。

どうしてスランプに陥るのか

自分自身でスランプだと自覚するまでには前兆があります。
スポーツであれば、練習中に突然調子が悪くなったり
やる気が起きなくなったりするでしょう。
仕事でも、集中力が続かなかったり心の状態が
不安定になったりした経験のある方が
いるのではないでしょうか?

私も今までの人生の中で何度もスランプを経験しました。
その度に原因を探さなければ、
調子を戻さなければと必死になって悩み続けていました。
しかしスランプとは不思議なもので、
解決のために悩み続けるほど抜け出せなくなっていきます。
そしてその状態に慣れてきて
スランプのことを考えなくなった途端
元の状態に戻っていることがいつものパターンです。

そんなことを何度も繰り返しながら私は、
「悪いことを考えなければスランプは起こらないのでは?」
こう感じるようになりました。
実際にそれ以降スランプに陥ることはほぼなくなりました。
それが良いことだとも思っていましたが
そんなに人生は甘くないようで、
スランプがなくなると同時に自分の成長を
感じることも少なくなりました。
やはりスランプに陥るのは自然なことであり、
乗り越えなければ成長はないようです。

スランプの乗り越え方

スランプの乗り越え方は人それぞれだと
思うので断定はできませんが、
スランプについての情報を調べた時、
メジャーリーガーのイチロー選手の克服法が
とても多く出てきたので紹介します。

調べた情報によるとイチロー選手は、
「スランプ大歓迎」という
考え方をしているようです。
スランプが成長のチャンスだと考え、
徹底的にその原因を突き止めるのが
問題解決の方法だそうです。

紹介しておいてどうかと思うのですが、
私にその方法は向いていませんでした。
「成功している人の真似をするのは良いことだ」
私が尊敬している高校生の頃の担任の先生も、
私の人生を変えた小説の著者も言っていました。
しかしスランプに関してはイチロー選手の
真似をしても解決しませんでした。
私はその時点で克服方を考える事をやめて、
様々な人たちからの意見を参考にして
自分について考えてみました。
最終的には、自分は楽しいことが
なにより好きだという結論に至りました。
実際に今も楽しいことが大好きです。
なんの話をしてるんだろうかと
思うかもしれませんが、楽しむことが
私にとって最適なスランプの脱出方法でした。

私が今までスランプに陥った時は、
大好きで毎日していたサッカーが
上手くできないから楽しくない、
仲間が多くて大好きだったバイトで
ミスが増えたから楽しくない、
毎回楽しむことを忘れてしまっていました。
だからこそ今はスランプに陥った時、
楽しむ気持ちだけは忘れないように意識しています。
簡単に言うと、どんなに辛いことでも
ゲームをクリアする感覚で
乗り越えるように意識しています。

上から目線にはなってしまいますが、私とイチロー選手、
どちらの克服法も間違っていないと思います。
というよりスランプの克服法は、人それぞれ
自分なりのやり方を考えて実行することだと私は思います。

まとめ

結果私がどうしても伝えたいことは、

1度の人生、スランプなんかに負けず楽しみましょう。

短くまとめるとこういうことです。
しかし楽しもうとしても解決策が見えなかったり、
今まで楽しめていたことが楽しめなかったり
することもあると思います。
そういう時は思いっきり睡眠を取ってみたり、
読書やインターネットから自分が
知らない知識を吸収したり、
面白いものを見て思いっきり笑いましょう。
思い切ってずっと気になっていた
商品を買うのも良さそうです。
そうすれば気分転換にもなって
新しい考えが浮かぶかもしれません。

私は現在誰にも負ける気がしなかった
コミュニケーションでスランプに
陥っています。正直全く楽しくないです。
それでも最近外を歩く時は、
誰かと話すときにネタに
なるようなものを常に探して
人と話すことを楽しめるように意識しています。

まだまだスランプ脱出には程遠いですが
少しずつ楽しめるようにはなってきています。
個人的にすごく大事だと思うのでもう1度言わせてください。

1度の人生、スランプなんかに負けず楽しみましょう!

ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年3月20日

ついに!Instagramストーリーに広告が導入!

 

finally-advertisement-introduced-to-instagram-story2016年8月にInstagram社から新しく追加された
Instagram Story機能をご存知でしょうか?

Instagram Story(インスタグラムストーリー)とは
ユーザーが投稿した写真や動画が24時間で消える。
といった機能になります。
このStory機能は1日1億5,000万人以上のユーザーが
利用している機能になります。

今回、2017年3月1日にInstagram Story内に
広告提供を開始するという
アナウンスが正式に発表されました。
2017年1月にInstagram Storyの広告の
テスト実施が発表され
一部の広告主には試験運用されていたのですが、
正式にローンチされるのは未定のままでした。
しかし、今回の発表により、3月いっぱいで
ビジネスの規模・国等を
問わずにこのInstagram Story広告を
利用できるようになります。
今回はそのInstagram Story広告について
ご紹介したいと思います。

Instagram Story広告とは?

その名の通りInstagramのStory機能に
広告を表示させることができることです。
このInstagram Story広告は、
ビジネスアカウントをフォローしている
ユーザーに対して配信される広告で、
ユーザーのStoryの合間に
5秒間から15秒間表示される広告です。
通常の投稿と同じく画面をスワイプすることによって
広告をスキップすることもできます。
また、フォローしているユーザーの投稿を
ある程度見終わるまでは
広告が表示されないようになっています。

このInstagram Story広告は、
Storyの投稿の合間に
タテ型のフルスクリーンで表示されるので
広告を出稿している企業の情報を
効率良く訴求することができ、
ブランドの認知に大変活躍します。

Storyインサイト

ビジネスプロフィールを利用している
アカウントを持っている企業が
Instagramの投稿コンテンツの
パフォーマンスを測ることが
できるツール「インサイト」の部分に
Storyのセクションが追加されることも発表されています。
Story広告のインプレッション数、
リーチ数、リプライ数や離脱数を測定し、
広告主が把握できるようになるとのことです。

Instagram Story広告の導入の背景

Instagramユーザーの7割近くが
ビジネスアカウント(企業のアカウント)を
フォローしていると明らかになっており、
実際に5件のStoryの内1件には
ダイレクトメッセージが寄せられているそうです。
また、閲覧されているStory記事の約3分の1が、
ビジネスアカウントから発信されている
Storyで占められていることも
現在では、そう意外なことではありません。

そういった背景から、Instagramユーザーの
ビジネスに対する反応が比較的好意的であることが、
広告出稿を前向きに捉えることができる
1つの判断材料とすることができます。

ブランディングに最適な広告

Instagram Story広告で現在使用できる
キャンペーンタイプはリーチ数を延ばす
目的のキャンペーンのみです。(2017/03/14時点)
まだ利用することができないアカウントはあるものの
今後、3月いっぱいにはすべてのアカウントで利用可能と
なるとのことです。
現状、「リーチ」目的のみの出稿になるので
ファンの獲得やブランディング向けの広告になるかと
思われますが、この施策で広告想起率が大幅に上昇した
ケースが既にみられています。

また、今後数ヶ月の内に
ダイレクトレスポンスオプションを
追加する予定だと発表しております。

Instagram側は
「Story機能はメインストリームの広告ツールに成長した」
と述べており、今後Instagram Storyの
機能のブーメランやステッカー、リンクを
広告に利用できることを強調しています。

また、ターゲティングもできるので、
リーチさせたいユーザーに対し、
セグメントを行い広告を配信することもできます。

今後、外部サイトへの誘導等の目的で
このInstagram Story広告が出稿できるように
なると広告配信の幅が拡大しいろいろな訴求ができる
ようになると思われます。

まとめ

現在、Story機能の影響力は非常に高いと思います。
今回の、Instagram Story広告の誕生は今後、
Instagramマーケティングを行う際に
必要になってくるのでは?と考えております。
まだ広告がスタートしてからそんなに日が
経っているわけではないので競合や、
広告表示に対するオークションの高騰が
始まらないうちにInstagram Storyに広告を
出稿することを検討してみると良いと思います。
また、通常のInstagramの投稿とは異なり
リアルタイム感、手作り感などのテイストが強い
Instagram Storyにどのような広告(動画広告)を
配信するかによってユーザーの企業に対する印象に
大きく影響してくるのではないかと思います。
Storyに広告を出稿する場合は今まで以上に
ユーザーを引き付ける
クリエイティブに気を付けたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年3月20日

スマホアプリでのtumblerの使い方

How to use Tumblr on a smartphone application
前回の記事でも触れましたが、
今アメリカを中心にtumbler(タンブラー)という
ブログ型のSNSが流行し、日本でも徐々に
アクティブ率が上がっている、
成長途中にあるサービスが話題になっています。

今回はtumblr初心者の方向けに、tumblrの特徴と、
iPhoneアプリから自分のページを作成する、
基本の手順をご紹介致します

Tumblrとは?

Tumblrとは、アメリカで開発されたSNSです。
基本的料金はかからない、無料という点が特徴です。
2017年現在、 グローバルユーザー数は
およそ2億人にものぼり、
世界各国の人がtumblerを利用しています。

人気の理由は、「おしゃれ」「簡単操作」
「広告が入らない」などです。
更に、デザイン性やカスタマイズ性が高く、
様々な企業から「公式サイト」や「販促ページ」
などとして利用されています。
日本では、でんぱ組.incの公式サイト
がtumblerで作られていることから、
そのカスタマイズ機能性が話題になり、
tumblerはメディアから注目を受けました。

また、パソコンから操作する場合、
様々なデザインテンプレートが選択できます。
写真を高画質でアップロードできる
テンプレートがある点や、
投稿した写真を奇麗に「魅せる」テンプレートが
たくさんある点、ひとつの投稿にたくさん
写真を載せることができる点、
ブログの用量が無制限な点から、
Instagramに載せた写真や動画を
纏めるコンテンツとしても使用されています。

シンプルに使えるiPhoneアプリ

tumblerはSNSアプリ版もリリースされています。
スマートフォン向けのtumblrアプリは、
よりシンプルにtumblerを利用できると、
2016年頃から日本でのユーザー数も
大幅に増えました。

今回は、iPhoneアプリでの、
tumblerの基本的な設定や投稿の流れをご説明します。

tumblerに登録する

tumblerのアプリをインストールし、
「始めよう!」のボタンを押します。
それではアカウント登録をはじめましょう。

▽ユーザー情報の入力
「始めよう!」を押すと、「sign up」という
ユーザー情報を入力する画面が出てきます。
英語になっていますので、わからない点は
こちらを参考にご登録ください。
②
1~6まで、全て入力したら、
7の「Continue」のボタンを押し、次に進みます。

ユーザー名・好きなものの入力

先ほどの「Continue」を押すと、
画面が変わり、「ユーザー名」の入力が始まります。
この「ユーザー名」ですが、
自分のtumblerのURLとなります。
ですので、入力は「英数字」のみになります。
そして右上の「次へ」を押し、年齢を入力して、
登録が完了します。

「好きなものをタップしよう」の画面にかわったら
興味があるものを5つ選択します。
好きなもの5つを選択することにより、
tumblerがあなたのダッシュボードに
お勧めの記事を表示してくれます。

これでユーザー登録が完了しました。

ブログの設定

それでは、ブログの設定を行いましょう。
右下の人の形をしたアイコンを押します。
すると、ブログの新規画面に映るので、
右上のキャンバスの形をした、
「ブログデザインの編集」のボタンを押します。

①

すると、ブログの編集画面に進めます。

④

ヘッダー・アイコンの画像設定

ヘッダー、アイコンの場所をそれぞれタップすると、
カメラロールから画像を選択することができます。
写真を選択したら、画像の位置を調整しましょう。

何か変更を加えたら、アップデートのボタンを押す

アイコンの設定やヘッダーの設定など、
何か変更を加えたらその都度、右上のアップデートの
ボタンを押し、変更情報を保存しましょう。
また、バグが起こりアップデートを押しても
変更内容が反映されない場合があります。
アップデートを押した場合は、その都度保存を押し、
確実に変更内容を保存していきましょう。

⑤

ブログタイトルと説明の変更

次にブログタイトルと
ブログの説明欄入力していきます。
文字の色やフォントは、この時に変更できます。

背景とアクセントの変更

「背景」の欄を選択すると、
背景色の変更・アクセントの選択をすると、
ボタンや罫線の色を変更することができます。

これで、ブログの外観の編集が完了しました。
次は、記事の投稿をしてみましょう。

記事を投稿する

下に並んでいるアイコンの中心に、
ペンマークのボタンがあります。

⑦

記事は、このボタンをタッチします。
すると、テキスト、画像、GIF、動画など、
8つのアイコンが表示されますので、
投稿したい内容に沿って選択します。
今回は「画像」で投稿する場合をご説明いたします。

画像を投稿する

中心のカメラアイコンを選択すると、
画像を投稿できます。
画像選択画面に移りますので、
投稿したい画像を選択します。

⑧

画像を選択し「次へ」を押すと、
投稿画面に切り替わります。
この際、文字は入れても入れなくても構いません。

⑨

ハッシュタグは入力してもしなくても構いませんが、
ハッシュタグはブログ内で「カテゴリわけ」の機能、
ダッシュボード(後述)では
InstagramやTwitterのように、
同じタグに投稿している他の人の記事を
閲覧することができます。

投稿する記事が準備できたら、
右上の「投稿」のボタンを押し
記事をアップロードしましょう。

⑩

投稿した記事がブログに反映されました。これで記事の投稿は完了です。

リブログ機能の使い方

tumblerの機能のうち、「リブログ」という機能があります。これはTwitterの「リツイート」のようなもので、誰かの興味を持った投稿を、自分のページに表示させることができます。

気になる話題を検索

まず、自分の興味があるワードについて調べてみましょう。

検索

投稿画面に移動した際と同じく、
下のアイコンの羅列から、虫眼鏡のマークを押すと
、検索画面に移動することができます。
検索画面に移動したら、一番上にある入力欄に、
気になるワードを入力し検索してみましょう。

⑮

記事の下にある、(1)の紙飛行機マークは、
tumbler以外のツールで記事を
シェアすることができます。

⑭

(2)の矢印マークは「リブログ」のマーク、
(3)のハートマークは「リアクション」
(FacebookやTwitterの「いいね」と
同じ意のボタン)のマークになります。

リブログ機能を使ってみよう

リブログ機能の使い方をご説明します。
リブログ機能は、先ほど説明した、
(2)の矢印ボタンを押します。
すると、記事の投稿画面に推移します。

⑫

この画面で、自分のコメントを入力することが
できます。コメントを入力したら、
「投稿」のボタンを押しましょう。
(コメントを入力しない場合は、
何も書かずに投稿を押してください。)
画面が変わり、
自分のブログにリブログした記事が反映されます。

⑬

コメントもしっかり反映されています。

⑮ (2)

これでリブログが完了です。

tumblerの特徴として、リブログで自分の好きな
ブログ記事を集めることにより、
スクラップのようなブログを作ることができ、
情報収集に特化している点があります。

ダッシュボード

⑮

この家のマークを押すと、
ダッシュボードに移動できます。
ダッシュボードは他のSNSアプリで言う、
「タイムライン」のことをいいます。
ダッシュボードには、
自分の記事やtumblerがおすすめしてくれる記事、
更に自分がフォローしている人のブログ記事や
リブログが反映されます。

フォロー・ファン

気になるブログ記事を投稿する人を
フォローすることで、自分のダッシュボードに
フォローした人の最新記事や
リブログが反映されます。
また、ファンは自分をフォローしてくれている
人のことを指します。

いかがでしたでしょうか。tumblerはブログや
写真公開ツールとしての使い方以外にも、
漫画やイラストなど絵を描く人たちが
作品をまとめたり、動画を公開できるので、
作曲やバンドなど音楽活動をしている人たちが
作品を発表する場になっていたりと
多様に使われています。

また、tumblerをカスタマイズして
会社のWebサイトを作成し、
自社の商品を公開することで、
リブログによる広告効果も期待することができます。
そのため、今後も国内ユーザー数が
増加する可能性が見込まれています。

この記事を見て、tumblerを活用し、
自分の趣味をより豊かにする方が増えると
とても嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年3月19日

Web制作におけるスケジュール管理

scheduling-management-of-creating-websites
Webデザイナーとして仕事をしていると、
最初はもちろん
デザイン作成やコーディングなど
ふられた仕事をこなすことから
はじめると思いますが、
経験を積んで
ディレクション側
(いわゆるWebディレクターですね)
にいけばいくほど、
Webサイト制作案件のスケジュール管理に
悩まされることはないでしょうか?
自分の案件だけではなく
他の人の案件の進捗・確認もしていかなくてはいけない、
特に相談もなかったし問題ないだろうと
ずっと任せっきりにしていたら、
結果納期に全然間に合わない!
そんなことも多々あります。
しかしながら、ひとりひとりの作業を管理することや
ひとつひとつの案件を
しっかり確認していくことも
なかなか現実的ではないですよね?
人数が多ければ多いほど、
また同時進行のプロジェクトが
多ければ多いほど
その確認や相談で
1日が終わってしまった・・・
なんてこともあるかと思います。
より効率良く全ての
Web制作案件のスケジュール管理や
そのプロジェクトの進捗の把握などが
できるものはないか?と
今回調査してみました。

制作スケジュールはしっかり作ってますか?

ホームページの制作をする場合、
まずはこちらが大前提です。
自分が作業するときはもちろんですが、
誰か人に仕事を任せる時に、
納期だけを伝えればいいということは
まずありません。
Webサイト制作の場合、
1プロジェクトごとに
何日までにどこまでの作業を終わらせる、という
目処を提示してあげないと、
だらだらと納期だけをゴールに
仕事を進めてしまうので、
もちろん中間報告がもらえないのは当然、
最後の最後に確認したら
穴だらけだった!ということもありえます。
個人的に考えるのは、
ある程度のところで中間確認を入れる、
その日付はまず守って、仕事を進めてもらう、
週に1度は最低でも確認しなくてはいけない
と思っています。
そのためには制作スケジュールをしっかり作って、
予定通りに仕事が進められているか、
どれくらい遅れているか、
もしくは前倒しできているか、などの
確認もしていくといいと思います。
全てを管理していくのは
厳しいと思うので、
ある程度のところまでは
しっかり信用して任せる、
という境界線をはっきりさせるのも
大切かなと思います。
これは制作だけに言えることではないと
思いますが、
管理をしすぎてしまうのも、
成長の妨げになってしまうと思うので、
バランスが大事ですよね。

プロジェクトに関わる人をはっきりとしよう

こちらも基本中の基本ですね。
制作側では誰が、もしくはどの課やチームが
そのプロジェクトを担当するのか、
営業担当は誰なのか、
更にはクライアント側の担当は
誰なのか、
何の情報をどこまでの人に
共有をしていくのか、
そういったことをはっきりさせて
把握していきましょう。

スケジュール管理方法

制作会社によって
プロジェクトのスケジュール管理方法は
様々だと思います。

EXCELでの管理

制作の工程からスケジュール管理まで
EXCELでの管理をしているところも
多いのではないでしょうか?
EXCELでの管理でのメリットとしては
カスタマイズが無限大!
これに尽きると思います。
しかしながらデメリットとして、
各工程の進捗をリアルタイムで
把握することや、
リスケなどが生じたときに
手作業で更新をしていくということは
なかなか簡単なことではありません。
操作に慣れてしまえば
どうってことない作業かもしれませんが、
制作する各個人個人が
この作業をすることは、
結構な時間の負担がかかると
思っています。
また、クライアントとの共有も
リアルタイムでは難しいですね。
こちらに関しては
Googleのスプレッドシートを
活用することで、
共有はかなり簡単になるかと思います。
Bigmacでは、
サイトマップの制作から制作スケジュールの
作成まで
このスプレッドシートを活用しております。

ガントチャントツールを活用する

今回この記事を書くにあたり、
弊社でも活用していきたいと思い
調査することにしたのが、
このガントチャントツールです。

ガントチャートって?

そもそも、「ガントチャート」という
言葉にあまり馴染のない方も
多いかもしれません。
ガントチャートとは、
プロジェクトを管理するために
各工程のスケジュールや
その相関関係をビジュアル化した表のこと
を表します。
有料のものも勿論ありますが、
調べてみると
WEBサイトで無料のツールも
多く提供されており、
中にはインストールが必要ないもの、
スマホやタブレットでの
閲覧・管理も可能なものなども
ありました。
無料で使える
ガントチャートツールをいくつか紹介したいと思います。

Jooto

大手企業でも導入実績がある、
国内シェア率の高い
タスク・プロジェクト管理ツールです。
こちらは、Webサイト制作プロジェクト用に
ガントチャートまで使用するとなると
有料にはなってしまうようですが、
機能も多く、
制作だけでなく、
様々な職種で活用できそうなツールです。

Brabio!

無料プランで5人まで利用可能な
プロジェクト管理ツールです。
ガントチャント作成なら
EXCELの10倍速い!とうたっているだけに
初心者でも簡単に利用でき、
進捗管理や、担当者別に
忙しさが見える化されるような
機能もあるようです。
EXCELでの出力も可能で、
クライアントとの共有も
簡単にできそうですね。

Redmine

オープンソースのプロジェクト管理ツールです。
複数人でのタスク管理や進捗管理など
情報共有を簡単にすることができます。
調べている中で
このツールが1番弊社での
管理したいことに近いと思い、
色々と調べてみましたが、
とりあえずすごい!の一言につきます。
色々と機能を紹介するよりも
こちらは日本語用のデモサイトがあるので
ぜひチェックしてみてください。
Redmineデモサイト
「チケット」と呼ばれているタスクがスケジュールとともに
ガントチャートとして出てくる機能がついているようです。
進捗状況ももちろんこれで把握することが可能です。
また、それぞれのチケットは担当者を指定することができるので、
誰が何を担当としているのかが
はっきりとわかります。
チケットをページごとにしていくと
そのページの進捗などもわかりやすくて
いいのではないかと思いました。
サイトマップに準じてチケットを作成していくのも
いいかもしれません、
ステータスや優先度も表示されるようで、
これはタスク管理にとっても便利だと思いました。
作業時間を自動計算してくれる機能もあるようですが、
こちらはチケットごとの時間は手動で入力していくようです。
こちらも使い方によっては
自分の作業時間と予定との
照らし合わせなど便利な使い方ができそうですね。

何を使うにしても手間は必至

色々調べて思ったことですが、
結局のところ何を使うにしても、
ツールを新しく導入をするということは、
少なからず慣れるまで時間もかかりますし、
習慣づけるまでの
期間もかかるものだと思います。
しばらくは手間がかかることを
理解した上で、
それでも今後効率よく仕事をしていく、
デザインからWebサイト構築まで
スケジュール管理をしっかりしていく、
という目的をはっきりさせて
導入を決めていかないと
自分一人だけでなく、
制作に携わる人全てが
関わることなので
「やっぱり面倒!」という理由で
いつの間にか誰も触らなくなっていた・・・
なんてこともありえますよね。
まずは導入前にしっかりと
自分がツールの使い方を理解して、
目的に合った使い方をしていくことも
継続して使っていくには
必要だと思います。
また、すでにできあがっているツールを
使っていくには、
柔軟なカスタマイズができないことを
きちんと理解した上で、
ある程度利用する側が
ツールに合わせた使い方をしていくよう
努めることも大事ですね。
こちらは今回紹介した
スケジュール管理ツールだけではなく
どんなツールにしても
同じようなことが言えるかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
1 2 3 4 5 6 7 8 9 167