スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2017年7月29日

jQueryをつかってスライダーを導入してみよう

lets-introduce-a-slider-using-jquery

みなさんはjQueryという言葉を知っていますか?言葉を知らなくてもこのjQueryをつかったサイトをよく見かけるはずです。例えば、ちょっと複雑な動きをするものはだいたいこのjqueryが使われています。今回はそんなjqueryについて、そしてスライダーを導入する方法の記事を書いていきます。

jQueryとは?

jQueryとは、プログラム言語である「JavaScript」をより扱いやすくしたファイルであり、軽量化されたJavaScriptライブラリです。プログラミングをしている方はJavaScriptという単語を聞いたことがあるはずです。ライブラリとは使用頻度が高いプログラムを再利用できるようにまとめたものです。JavaScriptのコードを少なく記述できるのは、jpueryがまとめているためです。jQueryのタイトルにもある「write less, do more.」の通りですね。すぐにjQueryを試したい場合は、本家でjQuery本体をダウンロードしてみてください。

jQueryでできることとは?

例えば、プラグイン本体を設置することによりこの記事のタイトルにもあるスライダーをサイトに反映させることができます。他にも、よく見かけるのはスムーズにtopに戻るボタンや、ページを移動する際のモーション、画像をクリックしたら大きく表示されるモーションなど、様々です。少し複雑な動きをするものは大体jQueryで動いているものです。jQueryプラグインを配布しているサイトはたくさんありますので、気に入ったプラグインを探してみると楽しいのではないかと思います。

jQueryのメリット

・コード量が少なく済む
上記で説明したように、JavaScriptの莫大な量のコードを少ないコードで同じように表現することができます。そのため、効率よく作業することができます。開発は特に、莫大なコードだと作業効率が落ちてしまったり、エラーなど起きやすくなってしまいます。コード量が少なければそれを防ぐことが可能です。

・様々なブラウザに対応することが可能
JavaScriptの場合、ブラウザごとにコードを変えなければなりません。しかし、jQUeryなら最初から様々なブラウザに対応するために作られているため、書き換える必要はありません。環境に左右されることがないので、それだけでも、時間を使うことがなく作業効率が上がりますね。

・プラグインが豊富
上記でも説明したように、便利なプラグインが様々なサイトで配布されています。使いやすいものや、見栄えのいいものなど、高機能なプラグインをサイトに実装することができます。

jQueryのデメリット

・処理が遅い場合がある
JavaScriptよりコードを少なく軽量化されているため、読み込みに時間がかかる場合があります。

・理解していないと裏でどう動いているかわからない
粗悪なコードがあったとしても、jQueryだけでは分かりません。JavaScriptの知識も必要となってきます。

便利なjQueryですが、デメリットもあることが分かりました。コードに慣れていない方にはjQueryはコードも少なく分かりやすく学習しやすいですが、それと同時にJavaScriptの知識も必要となります。jQueryで学びつつ、JavaScriptに触れる機会が出来るとなお良いのではないかと思います。

スライドショーを導入してみよう

では、jQueryを使ってスライダーを導入してみましょう。スライダーのプラグインは沢山あります。様々なサイトで配布されているので是非覗いてみて下さい。今回は、初心者でも導入しやすいスライダーを使います。jQuery入門にはおすすめのプラグインです。

bxSlider
初心者でも設定がしやすく、簡単に導入できます。様々なオプションがあり、レスポンシブにも対応しており、スマホやタブレットの場合は難しいコードを書かなくても勝手に縮小してくれます。初心者にはおすすめのスライダーです。

bxsliderの設置方法

まず、ホームページでjQueryファイルであるbxsliderをダウンロードします。
英語のサイトなので分かりにくいですが、右上にダウンロードボタンがあります。

次にダウンロードしたフォルダを開くと、中にいくつかのjsファイルがあるのが分かります。その中で使うものは、スクリプトの「jquery.bxslider.min.js」とスタイルシートの「jquery.bxslider.css」の2つです。
indexやcssのある階層と同じところにJSフォルダを作り、中に上の2つのファイルを入れます。

次に、コードを書いていきましょう。
まずHTMLファイルの<header></header>内にスプリクトとスタイルシートを呼び出す記述をします。jQueryのバージョンに注意しましょう。

<link href=”/js/jquery.bxslider.css”  rel=”stylesheet” >
<scriptsrc=”http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js”></script>
<script src=”/js/jquery.bxslider.min.js”></script>

これで呼び出す記述は出来ました。

次にJavaScriptを呼び出す記述です。

<script type=”text/javascript”>
$(document).ready(function(){
$(‘.bxslider’).bxSlider();
});
</script>

これを入れることによりスライダーが動きます。書き忘れないように注意しましょう。

次にHTMLのメインに表示させたいものを書き込んでいきます。

<ul class=”bxslider”>
<li><img src=”/img/01.png”></li>
<li><img src=”/img/02.png”></li>
<li><img src=”/img/03.png”></li>
</ul>

スライドショーの本体をulで指定し、表示させたい画像をliで指定しています。今回は3枚だけですが、liを増やせば表示できる画像を増やすことができます。

以上で、画像が表示され、スライダーが動くはずです。とても簡単ですね。
これだけでなく、さらにカスタマイズすることも可能です。

例えば、スライダーを自動的に動かしたい場合は、

<script type=”text/javascript”>
$(document).ready(function(){
 $(‘.bxslider’).bxSlider();
auto: true
});
</script>

と要素を追記するだけで、自動的にスライダーが変わります。
また、スライダーのボタンなども複雑になりますが、CSSで変更可能です。他にも様々カスタマイズ方があるので、是非試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?一見難しそうなスライダーの導入ですが、思っていたより簡単だということが分かりましたね。動きのあるWEBサイトを作成するにはjQueryは必須となります。
良いWEBサイトを作れるように、jQueryをこれからも学んでいきたいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年7月28日

これでばっちり!ビジネスメールのマナー

this-is-perfect-manner-of-business-e-mail

ビジネスシーンで主流な連絡ツールといえば、「メール」ではないでしょうか。ビジネスメールが当たり前になっている現代だからこそ、マナーをきちんと守り、仕事をスムーズに進められるようなメールのやり取りが重要になってきます。

この記事ではビジネスメールのマナーについてご紹介したいと思います。

連絡手段に最適なのはメールか検討する

メールは確かに便利です。しかし、メールがいつでも最適かというとそうではありません。

例えば、すぐに相手に確認を取る必要がある時やお詫びをしたい時など、電話や直接会ったほうがいい場合もあります。様々な場面を想定して常に最適なコミュニケーションを図れるようにしましょう。

急ぎの用件のときには使用しない

送信したメールを相手がすぐに読んでくれるとは限りません。急ぎの用件の時には、基本は電話にしましょう。

複雑な用件のときにはメールと電話の併用を

長文のメールは読みにくいだけでなく、内容も伝わりにくくなってしまいます。なので、複雑な用件の場合は、メールと電話の併用を心がけましょう。

重要な用件は電話で一報を

頻繁にメールをチェックしている人は少ないと思います。未読のまま時間が経ってしまったり、他の多数のメールに紛れてしまう可能性もあるので、メールを送った旨を電話でもお伝えしましょう。

TO・CC・BCCの使い分け

TO・CC・BCCのうち一番使用するのはメインの宛先の「TO」ですよね。
では「CC]と「BCC」の使い方はどうでしょうか。知らず知らずのうちにマナー違反をしていませんか?

確認してみましょう!

「TO」

メインにメールを送りたい相手のメールアドレスを入力します。

例えば、Aさんにメールアドレスを送りたい場合は、AさんのアドレスをTOに記入します。TOには複数人のメールアドレスを記入して送ることも可能です。

「CC」

メールを共有したい相手に使います。

例えば、Aさんとのやり取りをBさんにも共有したい場合はBさんを「CC」に追加します。また、「CC」に誰が入っているのかは送信者全員に開示されます。

「BCC」

BCCメールは他の受診者にメールアドレスを見られることはありません。なので他の人に知られずにメールを共有しておきたい相手に使います。

例えば、Aさんとのやり取りの様子をAさんに伏せた状態で上司に共有する場合などに使います。また、お互い面識のない方たちに一斉にメールを送りたい場合にも便利です。

件名は簡潔にわかりやすく

大量のメールが毎日送られてくるビジネスマンにとって、メールの処理はとても大変です。忙しい時間の中であなたから送られたメールを読んでくれているのです。件名だけでメールの内容が分かるぐらいに、本文の内容を元に簡潔にわかりやすくまとめましょう。

件名が長すぎると受信リストに表示される時に末尾が切れてしまうので、肝心な中身が相手に伝えられなくなってしまいます。以下のポイントに気をつけて件名は20文字程度にまとめましょう。

「何の」用件か

タイトルを見た時に、内容がすぐにイメージできるようにしましょう。

【例】
○○会議
○○セミナー
○○案件

「いつの」用件か

用件の期日や回数、日時を入れることでいつのものかが特定しやすくなります。

【例】
第5回
NO.2
7月28日(水)

「どうしてほしいのか」(概要を書く)

何を伝えたいのか明記することで相手は話しの概要をある程度つかむことができます。

【例】
~のご報告
~のお願い
~のご提案
~のご相談
~のご連絡

本文の書き方

ビジネスメールで使用されるメールの一般的な形式は次のようになります。本文は、相手に伝わりやすい文章を書くことがとても重要です。誰が読んでもわかりやすく丁寧なメールになるよう心がけましょう。

1.宛先

2.書き出し

3.名乗り

4.本文

5.結び

6.署名

例文をもとに確認してみましょう!

1.宛先

株式会社山田商事
営業部 田中様

2.書き出し

いつもお世話になっております。

3.名乗り

ビックマック株式会社 営業部 山田です。

4.本文

(用件)

5.結び

今後ともよろしくお願いいたします。

6.署名

*******************

ビックマック株式会社 営業部 山田太郎

ADDRESS:〒918-8105  福井県福井市木田3丁目3113-2

TEL    :0776-43-0294

お問合せ:0120-040-294

E-mail :yamada@big-mac.jp

*******************

返信と転送のルール

返信

メールを受け取ったらできるだけ早く返すよう心がけましょう。また、質問の内容によってはすぐに返答できない場合も多いと思いますが、その場合は、連絡を頂いたことへの感謝の気持ちと「確認してから回答致します」という旨の一文を添えて返信しましょう。

返信するときの件名は、ただ単に「Re:」を重ねるのでなく、なるべく書き直しましょう。ただし、どのメールに対しての返信かわからなくならないように相手が書いた件名は消さずに、自分の件名を「Re:」の前に書き足すようにしましょう。
返信が続いて「Re:」が増えてくると読みにくいので、「Re:」は一つにしましょう。

転送

受信したメールを第三者に転送する場合は、件名に「Fw:」と表示されます。この表示によって転送であることがわかるので、特別な理由がない限りは「Fw:」を消さずに送信しましょう。

また、転送をするときは送信者のアドレスや氏名が載っているので、転送する相手にその情報の開示が問題になる場合は、削除することを忘れないようにしましょう。

メールでNGな表現

まだまだメールの歴史は浅く、「これが正しい」というような書式は定着していません。その為、表現によっては平気に思う人もいれば、不快に思う人もいます。メールを受け取った人にとって、失礼のないよう読む相手のことを考えたメールを意識しなくてはいけません。

顔文字や(笑)などの記号使用

相手との距離感や関係性にもよるので一概には言えませんが、ビジネスマナーとしては気を付けるべき表現です。

上から目線の言葉遣い

・大至急
・要回答
・締め切り厳守

メールは相手の顔が見えない、声のトーンも分からない分、言い回し次第では相手にきつい印象を与えてしまう恐れがあります。
上記のような表現は避け、

・大変恐縮ですが、
・お時間のあるときに、
・大変お手数ですが、

など、クッション言葉を用件の前に入れると印象が柔らかく丁寧になります。

まとめ

いかがでしたか?
メールは情報を伝達する手段として大変すぐれています。仕事の効率化を図る上でも大いに役立ちます。しかし、メールは文字だけのコミュニケーションであるが故に、予期せぬ誤解を招いてしまう可能性があります。

ビジネスメールが当たり前の世の中だからこそ、失礼のないようマナーを守り、相手に丁寧かつ伝わりやすいメールを送ることを心がけましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年7月27日

仕事ができる人は運動をしている?仕事と運動の関係性とは?

motion夏に入り、毎日が暑くなると、暑すぎて運動をするのがなかなか億劫になりますよね。運動が健康のために必要なことは誰もが理解をしている事実ですが、運動をしようと思っても仕事が忙しいなど、動こうと思っても意外と動けないものです。

しかし、中強度の有酸素の運動を続ける事で、歳を重ねても神経細胞が再生されるなど、運動をすることには大きなメリットがあるようです。この記事では仕事ができる人と運動との関係についてご紹介します。

仕事ができる人は運動をしている?

休みの日に動けばと思っていても、いざ休みになると休みの日はゆっくり過ごしたいなどと思ってしまう方もいるのではないかと思います。私も運動をしようと思っていても、なかなかできずに1日が終わってしまうということがほとんどです。しかし、仕事ができる人は運動をしているなんてことも多いそうです。

あるデータでは皇居の周りをランニングしている会社員の半数以上が年収700万以上と答えていたという結果になっているそうです。ではなぜ仕事ができる人は運動をしているのでしょうか。仕事と運動の関係性について調べてみました。

体を鍛えることと、計画的に仕事をすることが似ている

仕事ができる人は、目的を明確にする→そのための目標をたてる→目標達成のための具体的な行動を考える→実際に行うという一連の計画の流れを理解しています。体を鍛える場合も同じで、目標を立て、逆算しトレーニングを積む必要があります。

この過程は似たようなものがあるようで、目標を立ててその過程をしっかりとこなしていくということが着実にできる人は仕事においても運動においても同じだということですね。                        

「体が資本」だということを理解している

「体が資本」この言葉は、松下幸之助が言った言葉ですが、どんなに才能がある人でも健康でなければ十分に仕事もできず、才能も生かされないということだそうです。それを理解しているからこそ、できる人は運動をかかさないということですね。仕事ができる人はスキル向上のための投資も行いますが、それと同時に健康のための体への投資もしっかりと行っているそうです。

運動は脳を活発にする効果がある

運動をしているとアイデアが湧いてくることがあるという方もいるかと思います。そういう方は運動が脳にも良い影響を与えていることをなんとなく感じていることでしょう。

実はこれを実証するための研究が行われていて、米国の高校で、授業が始まる前にランニングなどの運動の時間を設けたことがありましたその結果運動を行った生徒の記憶力や集中力は上がったそうです。これは脳の前頭前野というところが活性化をするためだそうです。

ストレスを軽減することができる

ここ最近、マインドフルネスという方法がストレス軽減に良いと言われています。瞑想のようなもので呼吸など一点に意識を集中することでストレスを軽減させるという手法です。なんだか日常に取り入れることが難しそうだと思うかもしれませんが、実は運動にもこのような効果があるといわれています。

運動中は筋肉の動きや呼吸に意識が向いていくため、脳の動きが制限されます。これがストレスの解消に繋がります。また、運動と言っても筋トレやスポーツなどいろいろなものがありますが、ジョギングがおすすめだそうです。ジョギングをしているときは「セロトニン」というものの分泌が促されるようで、眠気を覚ましたり、幸福感をもたらす効果があるとのことです。この時に大切なことが日光を浴びることのようですので、その点を意識をすると更に効果が上がるようです

ストレスを溜めずに健康な状態で仕事に望むということは大切なことです。そういった意味でもできる人というのは運動を行うことで精神的な部分のケアも怠らないということではないでしょうか。

体型でその人がわかる

運動やトレーニングだけには限らず、自分自身を律するための習慣を身につけているということは仕事で成功をするために必要なことのようです。どれを成功と呼ぶかは人それぞれですが、仮にそうでなくとも自分を律するための習慣を身につけることは大事なことです。

アメリカでは、肥満な人は自分自身をコントロールできていないんだなと思われてしまうこともあるようです。そのような人が会社のリーダーとして多くの人を率いて行けるのか、という厳しい見方があるのですね。

反対にしっかりと鍛えられている人は、自己管理ができ、肉体だけではなく精神的にも力のある人だということになるようです。本当にそうなのかどうかまでは言い切れないですが、周りに与える影響が違ってくるということですね。

仕事と運動の関係性について書いてきましたが、運動を行うことによってメリットは多岐に渡っているようです。仕事が忙しいときでも、30分ほどで良いので生活の中に運動を挟むと、集中力があがったり、気分転換ができて仕事の効率もあがるようなので意識してその時間を作っていきたいですね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年7月26日

SEOにおける共起語とは?

SEO

What is co-occurring word in SEO
SEO対策を行う上で、「共起語」というワードを耳にしたことはありませんか?共起語は、Googleの検索順位を高めるコンテンツを作りたい場合、重要なものとなります。

それでは、SEO初心者の方に向けて、共起語について解説していきたいと思います。

共起語とは?

共起語とは、コンテンツの主軸であるキーワードAについて検索した時、キーワードAと関連性が強く、出現頻度の高い「キーワードB」を指します。

例えば、キーワードAを「おにぎり 具」に設定した場合、「おにぎり 具」で検索した時に頻出する

  • 昆布
  • 明太子
  • ツナ

などのワードが、「おにぎり 具」(キーワードA)の共起語(キーワードB)となります。

共起語はGoogleの検索順位を高める要因の一つである

共起語は、検索順位を高める要因のひとつとなります。

Googleは、ユーザーの持つ「悩み」「疑問」といった検索意図に対し、最も解決度の高い情報を提供するウェブサイトやコンテンツを、検索順位に上位表示する傾向があります。そして、ユーザーはGoogleに対し、悩みや疑問をキーワードとして入力します。

※例えば、「おにぎりの具はどういうものがあるのかな…」という疑問は、「おにぎり 具」という検索ワードとして、Googleに問いかけられます。

しかし、Googleはキーワードに対する専門知識(この場合、「おにぎり」や「具」に対する専門知識)は持ち合わせていません。そこで、SEO対策を行うコンテンツに、主軸キーワードの周囲に共起語を含ませることで、Googleはそのコンテンツを、「ユーザーの悩みや疑問を解決する、専門性の高いコンテンツだ」と認識します。

以上から、共起語はGoogleに対し、「質の高いコンテンツだ」と認識させ、Googleの検索順位を高める要因の一つであるといえます。

共起語だけでなく文章の質も重要

しかし、ただ闇雲に共起語を組み込めばGoogleの検索順位が高まるわけではありません。GoogleはコンテンツやWebサイトページ内の文章を評価する働きがあるため、一時的に検索順位が上がる可能性はありますが、すぐにSEO圏外となることが予想されます。

検索順位を高めるならば、共起語よりも

  • ユーザーの悩みや疑問に対し、記事内で回答できているか
  • 質の悪い文章となっていないか

以上2点を強く意識しましょう。

SEO対策を行う際はGoogleの検索エンジンを意識する

余談ではありますが、SEO対策を行う際は、Yahoo!の検索エンジンではなく、Googleの検索エンジンに意識を向けることをおすすめします。なぜなら、Yahoo!の検索エンジンは、Googleの検索エンジンを利用しているためです。

詳しくはこちらの記事をご参考ください。
Yahoo!とGoogleの違いとは?

共起語からコンテンツにいれるべき内容が見える

先ほど説明した通り、Googleはテキスト内容を重視し、ユーザーが求める回答に一番近いページを検索上位に表示します。そこで、共起語は「コンテンツに必要な内容」を指ししめす働きがあります。

例えば、「おにぎり 具」を主軸となるSEOキーワードとしてコンテンツを作る場合、「昆布・明太子・ツナ」をコンテンツに組み込んだとします。しかし、一向に検索順位があがらない…といった場合、共起語を見ると、コンテンツに不足しているキーワード(この場合、梅やおかかなど)を指し示しています。

共起語のキーワードを組み込めば必ずしも検索順位が上がるという訳ではありませんが、コンテンツに必要な要素は何か、共起語と検索順位上位サイトを照らし合わせて判断しましょう。

共起語を意識したコンテンツ作り

Webマーケティング(コンテンツマーケティング)を行う場合や、コンテンツSEOを作成する際、SEO対策を行うキーワードで検索順位を高めることはアクセス数を増やすことにつながり、非常に重要となります。そこで、共起語を意識した検索順位を高める方法をご紹介します。

コンテンツの主軸となるキーワードをサジェストから設定する

共起語を意識して検索順位を高めるには、まず、コンテンツの主軸となるキーワードを、Googleサジェストに登録されているものに設定する必要があります。

Googleサジェストとは、過去にユーザーが入力した頻度が高い検索キーワードをもとに、Googleアルゴリズムが自動生成した、検索窓下に表示される予測キーワードを指します。
削除
つまり、Googleサジェストに登録されているキーワードは「ユーザーからの検索回数が多いキーワード」なのです。そのため、コンテンツの主軸となるキーワードを、Googleサジェストに登録されているキーワードに設定すれば、検索順位が上がりやすくなります。

Googleサジェストの確認方法

Googleサジェストを確認するには、検索窓に狙いたいキーワードを打ち込むよりも、「関連ワード取得ツール」という無料ツールの利用がおすすめです。
サジェスト
例えば、【おにぎり 具】というキーワードを入力した場合、赤で囲った部分が、Googleサジェストに登録されているサジェストキーワードです。この場合、【おにぎり 具】というワードの他に、

  • おにぎり 具材
  • おにぎり 具 冷凍

といったキーワードも、「おにぎり 具 」と共によく検索されているため、サジェストに登録されているキーワードだとわかります。

※赤で囲った部分以外のキーワードは、「おにぎり 具」に関連性が強い「関連キーワード」であるため、Googleサジェストではありません。

共起語を抽出して記事に必要なキーワードを把握する

対策キーワードを決定したら、対策キーワードの共起語を、SEOキーワード選定ツールを使用して抽出します。SEOツールは、精度の高いものは有料となりますが、ブログや個人サイトといった範囲で使用するならば、無料のSEOツールを使用するのも手の1つです。

以下のリンクは、共起語を抽出することができる料金のかからないSEOツールです。

※LSIとは共起語のことです。

アンカーテキストに共起語を組み込んだ内部リンクで検索順位が上昇

WebmasterWorldの管理者であるtedsterさんの経験によると、キーワードAでページAというコンテンツを作り検索結果の上位表示を狙っていた際、

    • キーワードAの共起語を、「キーワードB・キーワードC・キーワードD」の3点に選定した

    • ページAをリライトした際、キーワードB・C・Dをコンテンツに組み込んだ

  • その際、キーワードB・C・Dについて詳しく書いたそれぞれのページへのリンクに、キーワードB・C・Dをアンカーテキストに組み込み、ページAから内部リンクを貼った

という施策を行った際、tedsterさんの作成したページAは、検査順位が42位から2位にまで上昇したそうです。
※アンカーテキストとは「< a href=”(リンク)”>○○< /a>」のうち、「< a>< /a>」で囲まれたテキスト部分(○○の部分)を指します。

補足として、tedsterさんは

    • ページAはリライト前からキーワードAについて詳しく書かれており、hタグやtitleタグなど、SEO対策はできていた
    • キーワードB・C・Dは、ページのサイドバーなどに表示される関連ページ部分ではなく、メインコンテンツ(ページA内)に組み込んだ
    • 共起語でも検索順位の上位を狙おうとはせず、あくまでキーワードAでのみ検索順位の上昇を狙った

すでにキーワードB・C・Dについて詳しいページをもっていた

といったことから、内部リンクのアンカーテキストに共起語を組み込んだことで検索順位の上昇を狙えたのではないかと考えられます。

もし保有しているサイトの状況が、上記のtedsterさんの事例に当てはまる場合、内部リンクのアンカーテキストに共起語を組み込むと、検索結果の上位表示を狙うことができるかもしれません。

まとめ

共起語とは、主要キーワードで検索した場合、頻出するキーワードをさします。しかし、Googleは文章内容を判断するため、無理に共起語を組み込んで違和感のある文章を作成しても、SEO効果があるとは言えません。

SEO対策を行いたいメインキーワードの上位サイトを参考にし、テーマに沿った記事を書けば、自然と共起語は組み込まれるようになります。

共起語は、あくまで自分のコンテンツに足りない内容はないか、足りない要素を探る程度で使用しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年7月26日

みんなが使う理由がわかる!Sass(SCSS)の基本機能、まとめました。

みんなが使う理由がわかる!Sass(SCSS)の基本機能まとめました。

仕事でHTMLコーディングをする人の約7割が、Sassを使用しているという調査結果があるように、コーディングをする上でSassはかかせないものとなってきています。
なぜ、こんなにも多くの人がSassを使用しているのか、今回の記事ではSassの基本機能をまとめてみました。

Sassとは?

まず、Sassを使ったことがない方に向けて、簡単にSassの説明をします。
Sassとは「Syntactically Awesome Stylesheets」の略で、訳すとすれば「構造的にとても凄い(最高な・素晴らしい)スタイルシート」という意味になります。

SassにはSASS記法・SCSS記法という2種類の記法があり、元々はSASS記法が採用されていましたが、CSSとの互換性に乏しいなどの理由から、CSSとの互換性を高めたSCSS記法が作られました。SCSSはCSSと記法が近いため、CSSを理解している人であれば、SCSSに慣れるのにそんなに時間はかからないと思います。

参考程度に、2種類の記法の例を上げておきます。

Sassの基本機能

ネスト

SCCの場合、親セレクタを何度も何度も記述しないといけなくて、長ったらしくなってしまうのを、簡潔にまとめることができるのがSassのネスト(入れ子)機能です。

このようにまとめることが出来るのです。

その他に、疑似要素や擬似クラスを使う場合は、&(アンパサンド)を使って

複数のセレクタに同じスタイルを指定したいときは、

 

CSSの半分の記述で済みます。

変数

変数とは、そのスタイルシート内で繰り返し出てくる数値やカラーコードに名前をつけて定義し、その付けた名前を書くことで使いまわすことができるようになる機能です。

書き方は「$変数名: 値;」です。

例えば、サイト内の青色を#0000FF(濃い青)にしていたけど、サイトが完成した後に#6495ED(薄い青)に変えたくなってしまった場合、変数で青色を定義しておけば一括で変更することが出来ます。

mixin

Mixinとは小さなテンプレートのようなもので、上手に活用すれば大幅に記述量を減らすことが出来ます。
感覚としては、変数の強化版のような感じかと思います。

mixinを使用するには
1.@mixinの後に名前をつけ
2.@includeの後ろにmixin名を書い呼び出します。
また、以下の例のように、mixinに引数を用いる事もできます。

例)

上記のように自分オリジナルでmixinを作っても良いのですが、「Compass」には豊富なMixinスニペットが用意されているので、時短を求める人にはぜひCompassを利用していただきたいです。

Compassについてはこちら

Compassのmixinで特によく使うものを幾つか上げておきます。

 

@import

1つのSCSSファイルで全てのスタイルを書いていくと記述量が膨大になるので、任意のルールでSCSSファイルを分けて作業すると変更・修正が容易になります。
複数のファイルに分けることをpartial(パーシャル)と言い、パーシャルするSCSSファイルの名前の頭に_(アンダーバー)を付けます。

例)_default.scss

_は、SCSSからCSSにコンパイル(変換)する時に、個別のCSSファイルとして出力させない働きを持っています。
複数のCSSファイルが出来てしまうと、サイトの読み込み速度が遅くなるので、_をつける必要があります。
仕事などでサイトの納期が迫っているときなど複数人で分担してコーディングをしなければいけない場合、
パーシャルして進めれば、誤って上書きしてしまったり、なんてこともなくなりそうですね。

そして、パーシャルしたSCSSファイルを@importで読み込みます。
書き方は、

まとめ

今回、ご紹介した機能はsassの機能のほんの一部です。
すべての機能を使いこなすのは難しいですが、今回ご紹介したいくつかの機能を使いこなすだけでも、CSSで書いていた時と比べてうんと効率的に作業ができるようになります。
SCSSフォルダ内にCSSを書いても何の問題も無いので、とりあえず導入してみて少しずつ、Sassに慣れていけば良いのではないかなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 170