ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

ITAL株式会社

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2017年5月10日

ウェブサイト制作で心がける、目的の明確性

Clarity of purpose to keep in mind as to website creation

 

現在、ほとんどの人がわからないこと、調べたいことがある場合にインターネットを活用します。企業と消費者とのファーストコンタクトがWEBサイトとなっており、情報を発信する手段として、Webサイトの重要性は高まる一方です。

企業側も必要性を感じてるからこそ、少しでも良いWebサイトを作りたい、より多くの方に見てもらえるような企業サイトを作って欲しい、といった要望を制作会社に依頼していることでしょう。

あなたの会社は、なんとなく必要だと思うから。作れば自社の商品の販促になるだろう。そんな漠然とした理由で制作を進めてしまっていませんか。今回は、ウェブサイト制作する際に重要となるポイントについてお伝えしていきます。

目的とゴールを定める

Webサイト制作に取り掛かる際に大切なのは、何の目的を果たすための存在かということです。目的が定まっていないと、目指す場所、つまりゴールも定まりません。目的のないWebサイトの弊害、考えられる例をあげてみます。

何でもサイトになってしまう

そもそも明確な目的がないので、コンテンツを追加することになっても何を入れるべきかの判断が出来ません。思いつきや、ただ情報量を増やすためだけに追加してく事になっていまいます。

その結果、掲載されている企業情報に強弱がなく、結局何の事業をやっているかわからない。ユーザーにそう認識されてしまうWebページも多く存在しますよね。

Web担当者の意欲が下がる

目的がないwebサイトの場合、サイトの運用・保守を任された担当者は意欲的に活用しようとするでしょうか。よっぽどネットが好きで触ってるだけで幸せという人なら大丈夫ですが、会社の配置上担当となるというケースも多いでしょう。

そういう場合は、そもそも何をすればいいのかわからなく、その他のやらなくてはいけない業務が優先され、放置することに繋がります。ブログやニュースなど、何年も更新されていないWebページも多く見かけますよね。

改善策が打てない

Webサイトは、制作し公開して終わりではありません。サイトへのアクセスを分析し、訪れたユーザーの動向や声を把握しながらサイトに反映する。集客を強化したい場合は、時に広告予算を投じる。

そういった継続的な改善を通し、ユーザーが求める存在に仕立てていくのが基本です。改善をしたくても、目的やゴールが設定されていなければ適切な行動に移せません。

目的を明確にし、制作に取り掛かる段階でゴールをしっかりと定める。それにより、そのサイトが発揮するパフォーマンスが大きく変わってきます。そのことは、デザインや機能性といった目に見える部分の出来栄えというよりも、サイトを活用する上での方向性に関わる部分と言えるでしょう。

 

目的の種類

ウェブサイトを作る上での目的、主なものをあげてみます。

資料請求、問い合わせなどの見込み客集め

購入や契約といった最終取引を集めるのではなく、前段となるの興味のあるユーザーを集めるという目的。BtoBビジネスなど、検討期間が長く導入に複雑な手続きが必要な商品・サービスや高額商品などは、Web上での取引が発生する可能性は高くありません。ですので、見込み客を集めてそのユーザーに情報を送付できるような体制づくりが目的となります。

商品購入、サービスの申込み獲得

低単価の商品や、提供するサービス内容が明確である場合は、Webサイト上での商品・サービスの購入や申込の獲得が見込めます。このようにウェブ上での販売を目的に、仮想的お店のような形式をECサイトと呼びます。

資料請求や問合せ獲得などと比べると、ユーザーがアクションを起こすハードルは高くなりますので、しばらく運用したけど売上が伸びてこない時には商品や目的自体を見直す必要があります。

認知度の向上

お店の紹介や、新商品・新しいサービスを立ち上げた場合には、まずその存在をユーザーに認識してもらわなければいけません。その場合のWebサイトの目的は「認知度の向上」となります。

企業Webサイトやコーポレートサイトと呼ばれるものですが、今や業種や企業規模に関係なく、ほぼ全ての企業に必要なものとなっています。

コストの削減

Webサイトはコスト削減にも繋がります。よくある質問の紹介や、お問合せ窓口を設置するることで、利用者からのアクションに時間効率良く対応出来るからです。

時間効率が生み出すものは、会社の不必要な人件費の削減にも繋がります。またウェブサイトは、24時間365日動いている営業マンでもあります。サイトからの受注率を上げていけば、無駄な営業コストの削減にも繋がります。

自社ウェブサイトの目的を決めれば、活用するための改善行動の判断も明確になり、アイデアも出やすくなるでしょう。今、自社サイトが上手に活用できていないと感じている場合は、目的と目指す場所、ゴールを改めて考えてみることをおすすめします。

まとめ

ゴールや目的、目標も業種や企業規模によって様々です。同じ企業でも打ち出す内容や、その時にサイトに求める目的は変化するでしょう。制作の終了はあくまでもサイトとしての出発点です。放送して、掲載して終わりのマス広告との違いもそこにあるると感じます。ウェブサイトは、手を掛ければ掛けた分だけ良くなっていくものなのです。

よく売れるサイト、多くのユーザーが繰り返し訪問するサイトなど、目的、目標が明確でその本分を果たしてるWebサイトもたくさん存在します。
放置せず、改善することを諦めない。そういう意識が一番大切ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年5月10日

食べログは時代遅れ!?検索はInstagramが常識

eating-logs-are-out-of-date-instagram-is-common-sense

Instagram(インスタグラム)は、写真や動画を撮影して共有できるSNSとして爆発的にユーザー数が拡大している無料アプリです。Instagramの最大の魅力は、豊富にアップされている画像や動画の中から、必要な情報をリアルタイムに検索できることではないでしょうか。

今までは、食べログやぐるなび、Rettyなどの口コミサイトで検索していた飲食店情報が、Instagramを活用する方法に移行しつつあります。そこで今回は、Instagramの特徴と魅力について徹底解析しながらご紹介します。

Instagramの優れた検索機能

飲食店情報を検索する際には、GoogleやYahoo!などの検索エンジンや、食べログやぐるなびなどの口コミサイトを活用する方法が一般的です。しかし、Instagramの登場によって、情報検索に大きな変化が見られるようになりました。

Instagramは、ユーザーが投稿したさまざまな画像や動画、店舗情報と共にSNSで共有できます。投稿されている画像や動画のなかから、必要とする情報をスマホで確認できる利便性が特徴です。表示される画像と紐付けされているリアルな感想を比較しながら、最適で最新の情報を得ながら店選びをすることが可能なのです。

一方で、食べログは豊富なレビュー機能が特徴ではありますが、投稿者の年齢層や収入がバラバラ、また地方では投稿する人が少なく、偏りが有り投稿自体の信憑性も不確かで参考になりにくいというデメリットがあげられます。
Instagramのユーザーは比較的年齢層が低く、若い世代を中心に共感できる部分が多い点から自分と似たようなユーザーの投稿だと感じるようです。また、投稿自体の信憑性も高いと言えるのではないでしょうか。

ハッシュタグの活用で検索範囲を絞り込める

Instagramでは、TwitterやFacebookと同様にハッシュタグで検索できる機能が搭載されています。ハッシュタグとは、投稿内でタグとして使用されるハッシュマーク(#)の付いたキーワードのことです。ハッシュタグで検索は、TwitterやFacebook 、InstagramなどのSNSで活用され、同じキーワードの文言を一度に検索することが可能となります。

飲食店を探したい時には、Instagramを立ち上げて検索エンジン代わりにハッシュタグ検索を行います。
食べたいメニューやジャンル、料理や食材など、ハッシュタグを付けて検索することで、画像や動画が一覧で表示されるのです。さらには、ほとんどの投稿者がお店の位置情報やアカウントをタグ付けしています。希望に合った画像をクリックすると、お店の場所までがひと目で確認することが可能です。

例えば、うにの美味しいお店を探している場合は、Instagramの検索画面で「#うに」とハッシュタグ検索を行います。すると、「うに」をキーワードとした全ての画像が表示されます。その中で、目にとまった画像をクリックすると、投稿者がタグ付けしているお店の所在地を含めた詳細な情報を得ることできるのです。目的のエリアやメニューなどをハッシュタグの項目として追加することで、検索内容をさらに絞り込めます。

IMG_9907

他には、Instagramで「#○○屋」「#○○部」「#○○スタグラム」といった検索方法も有効的です。「#○○屋」は、「#パン屋」「#蕎麦屋」、「#○○部」は、「#スウィーツ部」「#ホットケーキ部」などがあげられます。「#○○スタグラム」では、「#丼スタグラム」「#麺スタグラム」とハッシュタグ検索することで、期待以上のお店、グルメ情報を見つける可能性が高まります。

この様に、ハッシュタグ検索にちょっとした工夫を加えるだけで、Instagramの活用の幅は無限に広がるといえます。

若い世代を虜にするInstagramの魅力

加入者数が増加の一途を辿るInstagramは、若い世代を中心に世界中で受け入れられています。食べログやぐるなびで店検索をするより、Instagramでのハッシュタグ検索が「スマホネイティブ世代」と呼ばれる若者たちを虜にしています。

スマホネイティブ世代とは、パソコンを必要とせず、スマートフォンでTwitterやLINE、Instagramを自在に使いこなす10代から20代の若者のことです。特に女子大生からの絶大な支持があるのは「スマホネイティブ世代」であるためでしょう。

画像や映像が情報として受け入れやすい

以前は、文章で綴られたブログなどの言語系コミュニケーションが情報収集の中心でした。Instagramを代表とする画像や映像で表現される非言語系コミュニケーションは、ストレスを感じることなく、スムーズに受け入れやすいメリットがあります。

食べログやぐるなびなどの口コミサイトでは、複数の画像とレビューを確認しつつ、次のお店を次々と検索していくという作業が必須となります。多くの口コミサイトで表示される文字情報に対して、抵抗を感じるユーザーが増えていると言えそうです。

一方で、Instagramは、検索によって表示される飲食店の画像や動画で雑誌感覚で情報を得ることが可能となります。スマホネイティブ世代にとって、Instagramはストレスなく活用できる最適なツールなのです。

インスタジェニックで高まる信頼性

インスタジェニックとは、フォトジェニックから変化した造語で、インスタ映えする画像を表しています。
Instagramに投稿された画像や動画は、インスタジェニックされることで、投稿者の満足度とお勧め度を判断できるのです。ハッシュタグ付けされた情報を基に、検索した他のユーザーの投稿とを比較し信頼性の高さを判断し口コミ評価とします。

Instagramでの検索結果は、写真や動画で表示されるため、ユーザーが予想するイメージに合わせやすく、一瞬で記憶に残りやすいメリットが考えられます。

飲食店予約機能が搭載される?進化し続けるInstagram

驚異の伸び率を記録しているInstagramに、店舗の予約機能サービスが新たに追加される見通しのこと。予約機能とは、掲載されるお店のプロフィールページに追加されたボタンをクリックすると、リアルタイムに予約が完了できるという機能です。予約機能は、2017年3月時点において、数か月以内の導入が予定されています。
(予約機能はビジネスプロフィールを使用している場合のみとなります。)

さらには、世界に先駆けてアメリカで提供される「Explore」ページの追加にも大きな期待が寄せられています。Exploreは、リアルタイムにキュレーションやコンテンツを閲覧できる優れた機能のことです。日本国内での利用はできませんが、今後の新たな機能追加が待たれます。

投稿のみ行っている企業アカウントは損

今後は企業アカウントでただ投稿するだけではなく、ユーザーにいかに自社に関する投稿を促せるかが重要となります。#指定のハッシュを付けて投稿すると○○プレゼント♪などのPOP等を設置したり思わず写真を撮りたくなるような状態にすることもおすすめです。

お店に対しての投稿にお礼のコメントをする事は時間や工数はかかりますが今すぐにでき、お店の印象を良くするため効果的です。

まとめ

スマホネイティブ世代を中心に活用が拡大しているInstagramは、単なる画像共有アプリではなく、リアルタイムな画像検索サイトとしての重要な役割を果たしています。世界を舞台にInstagramの加入ユーザー数は、Twitterを凌ぐ勢いを見せています。

飲食店を検索するのなら、食べログやぐるなびなどの口コミサイトは時代遅れなのかもしれません。検索者の検索スタイルに合わせ、この機会に優れた機能を搭載しているInstagramを活用してみてはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年5月9日

総務とは?意外に知られていない仕事内容

general-affairs-job-description

総務と聞いて何を思い浮かべましたか?「何でも屋」「雑用をする人」「利益を生まない部署」「ビジネス感がない」といったネガティブでマイナスなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

総務部は数ある部署の中でも、仕事内容や社内の役割や意義や目的が見えにくい職種だと思います。しかし、総務のという仕事を知れば、とてもやりがいのある仕事だということはイメージできると思います。

総務の使命は社員を一つにまとめること

総務の使命は、「会社のレベルアップ」を支えることです。総務部は経営陣はもちろんのこと、すべての部署と関わりをもつ部署でもあり、いいことも悪いことも目にしている部署なのです。経営陣と現場の関係をつなぎ、社員全員を会社が目指す方向に導くことが総務の役割なのです。

すべてを自分事ととらえ、自分が経営者になった気持ちで仕事をしていくと、責任感・使命感も強くなり、とてもやりがいを感じることができます。

さまざまな総務の仕事内容

総務は何でも屋というイメージはありませんか?それは間違ってはいません。総務の仕事内容を簡単に説明すると、総務以外の部署では取り扱わない、会社にとって必要不可欠な大事な業務のすべてです。そのため広範囲な業務に携わります。広範囲な業務に携われることもあり、さまざまなことへの対応能力が必要とされます。

また、大企業では人事部、広報部、財務部、法務部など細かく業務が分担され、それぞれの担当者がいますが、中小企業や、ベンチャー企業には細かく部署わけがされていないことがほどんどです。

実際に総務とはどのような仕事に関わっているのでしょうか。

・文書、消耗品、備品などの管理部門
・書類作成などの事務作業
・社内設備・防災業務
・セキュリティの管理・整備
・受付業務、来客対応、電話対応
・福利厚生業務
・従業員の健康などのさまざまな管理
・秘書の役割
・貸家の行事やイベントの企画
・契約書の管理
・リスクマネジメント
・労務管理
・他部署のサポート
・経理業務

などがあります。全ては書ききれませんが、仕事内容は多岐にわたることが実感できます。
さまざまな経験ができ、自分のスキルアップに繋がり自分の財産となります。

総務業務を正確に進めるためには・・

自分の仕事をしっかりとこなす

会社全体にアナウンスを行う立場として、まずは総務が出来ていないと話になりません。自分たちの業務にしっかりと責任をもって遂行していくことが求められます。「人のことは言っておいて、総務はできていないじゃん」など思われてしまったら、社内が一丸となることは難しいでしょう。

まずは自分たちからお手本を見せるぐらいの気持ちで取り組むことが、人の心を動かすには大切なことです。

公正な視点で全体を見る

総務は常に全体を見渡し、会社全体を向上させることが求められます。自分の部署、特定の部署をひいき目に見ることはできません。集まる情報を冷静、客観的に判断し、分析していくことが求められます。

会社にとって何が大切なのかをしっかり考え、判断していく必要があります。

社員の目線に立ち、適切な判断をする

さまざまな場面に関わり、現場と経営陣の橋渡しを行う総務は、他の部署の社員よりも多くの情報、ルールに知らぬうちに自然と関わっています。しかし、総務の考えが社員の常識を思ってしまうことは危険です。現場のスタッフは忙しく、ルールに対して理解できない部分も出てきます。

お互いを理解し合いコミュニケーションを行っていかなければ、ネガティブな誤解を招く可能性も大きくあります。そのことを防ぐためにも、現場に出向き、コミュニケーションをとり、「社員の声」をしっかり聞くことが大切なのです。

社員と経営をつなぐ役割

社員からすると、経営側の存在は遠く感じてしまいます。経営陣が発する言葉を、悪い方向で受け取られてしまうこともあります。普段から経営側に意見が出しづらく、不満がたまってしまうこともあります。

そのような状況の時に、総務が社員と経営陣が腹を割って話し合えるような架け橋になることで、お互いの相違を防ぎ、会社の経営理念に一丸となって進んで行き、強い会社を作ることができます。

会社のアクセル・ブレーキの判断を行う

会社のイベントで社員同士の交流などを活性化させることはとても大切です。しかし、活性化しつつも、規則を守ることは徹底しなければいけません。社員が規則をしっかり守るよるう、チェックを行うのが総務の役割です。その場の状況を冷静に判断しながら、制御役と促進役の役割を臨機応変に使い分け、対応することが求められるのです。

総務のやりがいとは何なのでしょうか

総務は「やりがいを感じられない」「何の役に立っているのかいまいちわからない」と感じている方は多いのかもしれません。そんなことはありません。上記でも記した通り、自分たちの行動次第では、会社全体の成長に大きく携わることができる職種でもあります。

総務だからといって受け身ではなく、自ら行動することにより、大きな充実感も得られます。また、さまざまな部署と関わり、社員と会社の架け橋になれるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年5月9日

脳科学から考察、引き寄せの法則とアファメーションで運命が変わる?

law-of-attraction-and-affirmations

引き寄せの法則とは、「自分に起きるすべての出来事(現実)は、自分の考え(思考)が引き寄せている」という法則です。「人生において、自分の考えていることがいいことも悪いことも含め、すべて現実として引き寄せされます。ですから、望みを実現したいのなら、その望む現実だけを繰り返し頭に思い浮かべなさい。」ということを、この法則はアドバイスしています。

引き寄せの法則をスピリチュアルな観点からではなく、なるべく脳科学的に考察。さらに具体的な方法論としての自己暗示術、アファメーションを紐解きます。

引き寄せの法則は偉人も活用していた

引き寄せの法則は、かのマザー・テレサの言葉にも登場しています。マザー・テレサの有名な言葉としてあるのが、以下のものです。

思考に気をつけなさい
それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい
それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい
それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい
それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい
それはいつか運命になるから

この言葉、有名なので見聞きしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。最初の1行と最後の1行を合わせると、「思考は、運命になる」ということ。

自己啓発書の金字塔とも言われたナポレオン・ヒルの名著「思考は現実化する」もそうですし、思考が自分の運命をつくるという「引き寄せの法則」。古今東西でいろんな時代の色んな人が同じようなことを、言葉に、文字に残しています。

ウォルト・ディズニーの言葉
「夢見ることができれば、それは実現できる」

聖書の言葉
「祈り求めるものは、すべて既に得られたと信じなさい。そうすればそのとおりになる。」

アイザック・ニュートンの言葉
「成功に必要なことをあえて一つ述べるとすれば、それは、『つねに願望や目標について考えることだ』と言うことに尽きると思います。なぜなら、私達の人生は私達の『思考』 でつくられているからです。」

アンドリュー・カーネギーの言葉
「悪いことを考えながら良い結果を期待することはできない。良いことを考えて悪い結果を得ることはできない。」

ウィンストン・チャーチルの言葉
「想像力がすべてだ。それはこれからの人生の予告編に他ならない。」

フランス皇帝 ナポレオンの言葉
「人間は、その想像力によって支配される。」

ベートーベンの言葉
「純粋な心だけが美味しいスープを作る。」

ピカソの言葉
「想像できることは、すべて現実なのだ。」

ヘロドトスの言葉
「人間の運命は、自分の魂の中にある。」

ココ・シャネルの言葉
「成功は、多くの場合、失敗ということを知らない人によって成就される。」

ヘンリー・フォードの言葉
「人間は想像できることならどんなことでも実現できる。」

フレッド・スミスの言葉
「あなたが望んだ通りに、今のあなたはある。現状を変えたいと本気で思うなら、今すぐあなた自身に変革を起こさなければならない。」

いかがでしょうか。それぞれのニュアンスは異なりますが、要するに、偉人たちも「望めば叶う」という引き寄せの法則について言及していることが分かります。

引き寄せの法則と脳科学は関係している?

私(筆者)は最初、引き寄せの法則について懐疑的でした。いわゆる自己啓発全般に、何とも言えないウサン臭さを感じていたから、というのがその大きな理由です。その認識を変えることになった知識をご紹介しましょう。

きっかけは、テレビか何かで放送されていた、脳科学の番組でした。ふだん、自分の発している意識や言葉が、耳にする言葉が時間をかけてその人の心や脳に影響を与えるというものです。その人の潜在意識に何度も刷り込まれることで、脳の中の回路が書き換わり、行動に現れるという番組内容。

例として紹介されていたのが、ソフトバンクの孫正義社長のエピソード。孫社長は幼少時代から「お前は天才だ」と繰り返し言われ続けて育ったそうです。そのことで、孫社長は常に自分には根拠のない自信があった。自分は改善を重ねて、うまくやれる側の人間なのだ。世界一の会社を作る。と起業時から宣言していたそうです。

このように、ポジティブな人たちから前向きな言葉をもらって育った人は、自分に自信があります。逆に、あまりいい例ではないかもしれませんが、自分に自信を持てない大人の多くは、幼少時代に親や友達、学校の先生から「お前はできないんだから」とネガティブな言葉を浴びていた人だとも紹介されていました。

このことを活用した自己暗示方法が、アファメーションです。

引き寄せの法則を自分にもたらすアファーメーション

自分で自分の潜在意識に働きかけて、よい結果を引き寄せようという自己暗示方法がアファメーションです。

アファメーションの効果をインターネットで検索すると、やたらスピリチュアルなものや、効果が大げさなものなどたくさん出てきます。

真偽のほどは確認しようがないですが、私(筆者)の解釈としては「自分で自分の脳に働きかけ、いい結果を生む行動を自分にインストールする方法」という、脳科学っぽい理論的っぽい解釈をしています。

脳化学もまだまだ発展の途中でしょうし、分からない解明できない部分も多いので効果が絶対に保障されるものでは決してありません。無料でできて時間もかからず、効果があればそれこそ運命が変わるほどのこともあるでしょうから、当テキストを読んで興味がわいたら、まずはやってみてはいかがでしょう。

アファメーションのやり方

アファメーションのやり方を紹介します。
引き寄せをもたらすアファメーションにはコツがあります。

  • 望みがすでに実現した状態をイメージすること
  • 望みが実現したときの感情を心に湧き上がらせること
  • 望みがどのように実現するかは考えないこと
  • 望みを受け取り、感謝すること

アファメーションの具体例

最後に、アファメーションの具体例を紹介します。これらを参考に、ご自身でワクワクし、自己実現の助けになるアファメーションを実践してみてください。

仕事に関するアファメーション具体例

  • 私は上司の【上司の名前】さんからは絶大な信頼を得ています。
  • 私は【仕事の目標】という目標を達成しました。
  • 私の関わる【プロジェクトなど】が大成功しました。
  • 私はみんなにとても頼られています。
  • 私は頑張ったぶんだけ高い評価を得ています。
  • 私は自分の力を最大限に発揮して仕事できています。
  • 私は【資格・昇格試験など】に、休日や空き時間を有効に使い取り組むことができました。
  • 私は【役職】に昇進しました。

お金に関するアファメーション具体例

  • 私は【事業や副業、サービス名】で成功しました。
  • 私の収入が【金額】円プラスになりました。
  • 私の銀行口座の残高が【金額】万円を超えました。どんどん増えています。
  • 私の念願だった【商品名】を手に入れました。大満足です。
  • 私はとうとう【マイホームなど】を購入するための資金が貯まりました。

家庭に関するアファメーション具体例

  • 私は【名前】とゆっくり話す時間を持ち、お互いが理解し合えています。
  • 私と【名前】とは【どんな】関係を保てています。
  • 家族の【名前】が毎日をいきいきと過ごしているのを見て、私も幸せです。
  • 私は誰もがうらやむ幸せな家庭を築いています。

健康に関するアファメーション具体例

  • 私はいつもキラキラした笑顔だねと褒められます。
  • 私は自分磨きに十分な時間を使えています。
  • 私は自分にぴったりの【方法】を実践し、効果を感じています。
  • 私のいきいきとした態度が、周りの人まで元気にしています。
  • 私はキラキラした日々を過ごしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年5月9日

初心者必見!webデザイナー独学のすすめ

how-to-learn-webdesigner-yourself

webデザイナーになるためには、web制作におけるwebデザインはもちろん、サイトを構築するプログラミング(コーディングと呼ばれる作業)の両方ができるようにならないといけません。初心者が独学でWebサイト制作をしようとしたとき、何から手をつけていくべきか、またスキルアップを目指したときにどのように勉強していくべきかを今回は記事にしたいと思います。

まずはWEBデザインをたくさん見よう

Webデザインを学ぶためにはまずは目を肥やすこと。これに尽きます。デザインのトレンドも年々変化していく中で、トレンドを追うことはもちろん、基礎的な部分もまずは色々なデザインを見て学んでいきましょう。
どうしてこのデザインがよく見えるのか?どこが魅力的なのか?そういったところまでしっかりと見て、さらには余白の取り方や画像の見せ方、サイトの導線など、いいサイトを見ながら学んでいくのが一番です。基礎的な部分に関しては学校などでも学ぶことができますが、日々の変化については自分で養っていくしかありません。
定期的にWebデザインのギャラリーサイトなどを見たり、関連する記事を読んだりする習慣をつけられるといいと思います。

実際にデザインしてみよう

自分の引き出しをたくさん作っていったところで、次に取り掛かりたいのは実作業としてデザインを作成していきましょう。手っ取り早くデザインスキルを身に付けたいのであれば、以前記事でもご紹介した「トレース」をしてみるのが一番だと思います。
参考記事:Webデザインを上達させる第一歩「トレース」
また、デザイン制作だけでなく、Webサイト制作全体で見ていくのであれば、コーディングまで意識して、レイヤーの作り方、分け方などもしっかりと見ていけるといいですね。こちらに関してはWebサイト制作の先輩などがいれば一度データを見せてもらったりすると一目瞭然かと思います。
どのようにわけていくとコーディングしやすいのか、実作業をしながら学んでいくのもありですし、先輩の技術から学んでいくのもありだと思います。

コーディングって何から勉強すればいいのか?

今回の記事の本題です。デザインに関してはいろいろと独学でも勉強できる方法がネット上でもあげられていますし、最近は動画などでツールの使い方なども効率よく学ぶことができます。ただ、コーディングに関しては、どうしても専門知識が必要なのでは?と思われる方が多いかと思います。
結論から言ってしまえば、コーディングも独学でしっかりと学ぶことができます。用語がわからなくても、英語が読めなくても、知識さえしっかり学習すればできるものです。
デザインからコーディングまでできるようにならないとWEBデザイナーとは名乗れませんので、わからないからといって諦めず、勉強していきましょう。

ではまず、何から勉強したらいいのでしょうか?

とりあえずはHTMLとCSSのスキルを習得しましょう!
HTMLとCSSの独学をするのであれば、入門レベルの書籍をまずは1冊購入してみましょう。HTMLとは何か、CSSとは何か、どんな言語・用語が使われるのか、そういったものは実戦ではどうしてもわかりにくく、把握をしないまま実作業を行っても全体像がわかりにくく理解し難いと思います。
本を読んでいてもわからないところがあったりしたら、検索をかければたくさんの情報が出てきます。タグなども何を表しているのかわからなければ検索をかけてみると、何を意味するのか、どうやって使うのかも事細かく出て来ます。
バリバリWeb制作を行っている人でも、何も調べずにガツガツコードがかけるか?というとそんなわけではありません。調べ方をわかっているというところも大きいと思います。わからなければ調べる、それを習慣づけましょう。

コーディング学習法いろいろ

独学でもオンラインの学習サイトなどで最近では勉強しやすくなっているようです。Webサイト制作の実践まではまだいけない人向けに色々とご紹介させていただきます。

ドットインストール

活字を読むのはどうも・・・という人向けに、動画で解説などがされているサイトがあります。
HTML入門からphpやjavascriptまで幅広く動画が公開されています。3分程度の動画ですが、見て覚える人や自分のペースで勉強していきたい人にはおすすめです。

Schoo

こちらも動画学習サイトです。Web業界で有名なデザイナーやプログラマーの方が授業をしてくれます。入門講座ではHTML入門からPhotoshopやIllustrator 入門まで幅広くあります。
また、職種ごとにいろいろな動画があり、中にはコラム的な内容や仕事術的なものなど、見ていて楽しそうな動画がたくさんあります。

Progate

他にもオンラインで使える学習サイトもありました。実際にコーディングをしながら学べるサービスで、初心者にもわかりやすく使いやすそうです。無料会員でも17レッスン受けることが可能なので、HTMLとCSSだけとりあえず勉強したい!という方には十分なサービスではないでしょうか。
スライドに沿って学習していくサービスで、わかりやすく、サイトのデザインも可愛らしいので楽しく勉強できそうです!

CODEPREP

こちらもブラウザで学べるプログラミング学習サービスです。穴埋め問題でコーディングをしていくような問題があったり、短時間で細かく学習するのに向いていそうなサービスです。

Codecademy

オンラインでプログラミングを学べる世界的に有名なサービスです。英語サイトなので、本格的に勉強するには英語対応のみ、なのでハードルが高いかもしれませんが、翻訳機能なども使いながらだったら使えそうですね

今回は初心者向けのサービスのみご紹介させていただきましたが、調べているとエンジニア向けのものだったり、よりシステムに特化した学習サービスだったり、色々とあるようです。仕事として実務をこなしながら学んでいくと、どうしても基礎知識を飛ばしての応用ばかりを強いられてしまうので、基礎を固めるにはベテランの人にもぜひぜひおすすめしたサービスです。

実践してみよう!

デザイン、コーディングとある程度学習できたところで、実践にうつしてみましょう。まずは簡単なページを1ページ作ってみるところから始めましょう。
自分の起こしたデザイン通りにコーディングをすること、に集中して行っていってください。コードが綺麗かどうか、効率よく書かれているかどうか、はその次の段階です。
まずは見た目。見た目がしっかりデザイン通りになっていればOKです。テキストのフォントの種類・サイズ、余白などもしっかりと合わせていくことが大事です。
ある程度知識がついたところで、スキルアップを目指すには実践なしでは不可能です。実践をしていくこと、数をこなしていくこと、をしていくことがスキルアップに繋がります。
デザイン通りにコーディングができるようになってきたら、次は新しいことにチャレンジしてみましょう。いろいろな効果をつけてみたり、動きをつけてみたり、そういったバリエーションが増えれば増えるほど、
デザインの引き出しも多くなり、幅広いWebサイト制作ができるようになっていきます。

まとめ

実際にWebデザイナーとしてお仕事をしている人の大半は独学で学んでいるのではないでしょうか?しっかりスクールに通ったりされている人ってなかなか少ないと思います。
専門知識がないから無理、と決めつけずにオンラインでの学習サービスなども活用しながら、効率よく勉強していきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 180