スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ情報

2017年2月5日

Webサイトの表示速度改善をしよう!

speed-up-your-website

ホームページを見ていて、
なんだか読み込みが遅いなぁ・・・と思った事
ありませんか?
ユーザーにとっても
Webサイトの表示速度が遅いことは
ストレスになりますが、
SEO対策としても
ページの表示速度を改善することは
とても重要なことです。
今回はそのWebサイトの表示速度について
サイトを作り上げるWebデザイナーが
取るべき対策をご紹介したいと思います。

ページの表示速度がもたらす影響

実際に、ページの表示が遅い場合
どのようなデメリットがあるのでしょうか?
まず、ページの読み込む速さは、
Googleの検索順位を決定付ける指標のひとつとされています。
表示速度が速ければ速いほど
評価は高く、検索順位が上がる要因の
ひとつになりえます。
またページの表示スピードは、
コンバージョンにも深く関係すると言われており、
「1秒のページスピードの遅延で、コンバージョンの7%減少する結果に」
と言われることもあるようです。
ページの読み込み時間を短くすることによって、
ユーザビリティも向上できます。

どうやってページの読み込み速度を調べるのか?

Google推奨のページ表示速度チェックツールがあります。
ひとつはGoogleアナリティクスのサイト速度です。
アナリティクスを導入しているサイトであれば
誰でもこちらは見ることが可能です。
もうひとつは、GoogleのPage Speed Insightsです。
こちらはサイトのURLを入力するだけで
ページ速度のスコアと改善方法のアドバイスを
してくれます。
モバイルとPCでそれぞれ出してくれるので
とっても便利です。

サイトを高速化する具体的な方法

では、どういいた点を改善していけば、
サイトを高速化でき、表示速度を改善していけるのか?
先ほどあげたPage Speed Insights
改善案として出されるものをご紹介していきたいと思います。

画像を最適化しよう!

画像ファイルの容量を減らすことは
大きくページの表示速度に関係します。
ご存知だとは思いますが、
必要以上にサイズが大きな画像は表示に時間がかかります。
最近では画像を全画面表示で大きく表示させるようなデザインも
よく見かけますが、
そちらも多用してしまうと
どんどんページの表示速度が落ちてしまうので、
画像のサイズを考えて加工することが必要です。
サイトで使用する画像のサイズに合わせて
最適なサイズに画像をトリミングすることや、
できるだけjpgを使うことも、大事ですね。
画像のトリミングに関しては、
実際に試すとわかると思いますが、
大きなサイズの画像を
HTMLやCSSで小さなサイズを指定して
縮小してみせることによって
画像がぼやけたように見えます。
ユーザーにとっても画像を見れるのは
当然良いことですし、
小さなサイズを指定することによって、
ブラウザでは、一度画像を取得した後にリサイズを行うので
再計算の時間がかかりますので
画像サイズに関しては
制作時に徹底して行っていきたいところですね。

サーバーへのHTTPリクエストの回数を最小限にしよう!

ページの表示時間の大半は
ページの画像、スタイルシート、スクリプト、Flashなどのパーツを
ダウンロードする時間だと言われています。
これらの要素は
それぞれに対して1回ずつ
サーバーへHTTPリクエストが送信されます。
ページの要素が多ければ多いほど
表示されるのに時間がかかります。
サイトのデザインがシンプルであれば
あるほど、
これらの要素も少なくなってくるので
いいのですが、
デザインをシンプルにすることが
難しいサイトももちろんあるでしょう。
そういった場合は、最低限、
できるだけ画像ではなく
 cssでできるものはcssですることや、
複数のスタイルシートを使わない、
スクリプトを減らし、
読み込む順番を遅くするため、
ページの最下部に記述すること
などは意識して対応するといいでしょう。

WordPressの場合はプラグインをチェック!

WordPressを用いたサイト構築は
とても多く、制作している側なら
きっとおわかりだとは思うのですが、
プラグインって、本当に助かるのです。
カスタマイズの点でいうとなかなかなのですが、
システムに明るくなくても、
ある程度プラグインで対応できてしまうことも
多々ありますよね。
ただ、このプラグイン、
データ量が大きいこともあり
Webページの表示速度に
そこそこ悪影響をもたらします。
不要なプラグインは削除することはもちろんですが、
できるだけプラグインを使わないことも
表示速度を改善する一歩になります。
プラグインなしでも解決できる方法が
最近では検索すれば結構出てくることも多いので、
Webページの表示速度に悩んだ場合は
一度そちらも見直して見ると良いかもしれません。
見直しの方法としては、
プラグインをひとつずつ無効化して、
表示速度を計測していくのが
わかりやすいかと思います。
サイトのスピードを落とす原因となっている
プラグインを探しあて、
そのプラグインを使わずに対処することで
表示速度の改善につながります。

ブラウザのキャッシュを活用しよう!

サーバーでブラウザのキャッシュを有効にしましょう。
Webサイトを訪問したときにそのページの要素が
キャッシュ、または一時ファイルとして
ハードディスクに保存されます。
そうすることによって、
次に同じサイトを訪れたとき、
ブラウザはサーバーにHTTPリクエストをもう一度送ることなく
表示することが可能です。

jsやCSSファイルを軽量化しよう!

余分なスペースや改行、インデントなどの
不要なバイトを取り除いていきましょう。
javascriptやcssの記述なんて
微々たるものと思われる方も多いかもしれません。
しかしながら、
ページ数の多いWebサイトや
デザイン性の高いWebサイトほど
jsファイルやCSSファイルの
データ量も大きくなってしまい
読み込み時間に影響するほどの
サイズになってしまうのです。
圧縮をかけることで
改善されるのでぜひ活用しましょう!
よくxxx.min.jsやxxx.min.cssなどという
ファイルを見かけることがあるかもしれませんが
そういったファイルのminは
minify(圧縮化)の略で
無駄な改行や余白やコメントが
全て削除されたファイルを表しています。
実際にファイルを開くとわかりますが、
改行がほぼ(もしくは一切)ないファイルです。
CSS/javascriptファイル minify化ツールも
いくつかありますのでご紹介させていただきます。

CSS Compressor
Online JavaScript/CSS/HTML Compressor
※いずれも海外のサイトなので
圧縮化で使用する際には必ず
バックアップをとっておきましょう!

小技として・・・CSS スプライトを使ってみよう!

CSSスプライトってご存知でしょうか?
方法としては結構前からある方法ではあるのですが、
個人的にはあまり好きではありません・・・。
ただ、この方法を使うことによって、
画像ファイルにリクエストする回数が減るので、
Webページの表示速度改善にはつながるようです。
簡単にどのようなものか説明すると、
サイト内で使っている画像(パーツ)を
できるだけ一枚の画像にまとめて、
サーバへのリクエスト回数を減らす
というような方法です。
画像とCSSだけで高速化が実現できるので
お手軽ではあるのですが、
スプライト用の画像を準備するには
工夫も必要なため、
慣れるまでに時間がかかるかもしれません。
バナーなどでホバー時に画像が変わるものなどで
よく使っているのを見かけます。
通常時の画像とホバー時の画像を
1枚の画像にしてしまい、
cssで画像置換を行なっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
特にWordpressを使ったサイト構築ですと、
ページの高速化で悩まれる方が多いのではないでしょうか?
いろんなことが実現できるWebサイト制作ではありますが、
いろんなものを使えば使うほど
ページの読み込みに時間がかかってしまうので、
よりよいWebサイトを作り上げていくには、
サイトの高速化について
考慮していくことも必要だと思います。
どれも地道な作業ではありますが、
ユーザビリティ向上のため、
是非実践してみてください!

おすすめ情報

2017年2月4日

仕事で大切なこと、信用と信頼

important-things-at-work-credit-and-trust

多くの商品、サービスがリリースされ続ける現在、
サービスが利用され、商品を購入していただくためには、
お客様に選ばれなくてはいけません。

選んでもらう大きな理由である、信用と信頼。
広告というジャンルにおいては、特にそういったものが、
仕事を獲得していく上で重要な要素になってきます。

営業担当とクライアント担当者との信頼関係。
そして、会社同士の信頼関係。
また、提供サービス・商品に対する信用・信頼。
これらを全て満たすことで、健全で継続的な仕事が
続いていくのではないかと感じています。

信頼獲得の為には

会社を代表し、クライアント担当者と接する営業担当。
人としての信頼を得るために何に気を付けるべきなのでしょうか。
いくつか挙げてみます。

1.誠実さ
ほぼ全ての営業マンが心がけていることでしょう。
具体的には、できない約束はしない、ウソをつかない。
誤解を生じるような言い方、不必要なかけひきをしない。
また、あくまでも仕事上の関係として、
ある一定の距離を保つことも意識した方がよいでしょう。

2.自信を持つ
人は自信のあるひとに惹かれるものです。
自らと自社サービス・商品、そして自社の対応能力に、
実績に基づいた自信を感じさせてくれる営業担当は、
クライアントに安心感を与えます。
それらを、自然体で先方に感じられるような振る舞い、
これが重要になってくるでしょう。

3.多くの情報
深い商品知識と幅広い情報を基に、
クライアントに適した施策・商品を提案しなければいけません。
あらゆる手段の中で、なぜその手法なのかを、
根拠をもって説明、クライアントに理解してもらえるか、
そこが、ポイントだと感じます。
クライアント側の業界にも興味を持ち、出来る限り下調べして
臨むようにしましょう。

4.スピーディーな対応
やりとりにも、スピード感が必要です。
基本的にクライアントは悩みを抱えています。
緊急なリクエストも頻繁に発生してきます。
悩みを解決するための、素早い対応。
これが出来れば、クライアントからの信頼感がぐっと増します。
スピーディーな対応は、思っている以上に信用獲得に繋がる
ということも覚えておきましょう。

5.親身な対応
クライアントは、自分側に立った視点を求めます。
そのためには、話をしっかりと聞き出し、
何で困っているのか、何をするのがベストなのかを
こちら側が感じ取らなくてはいけません。
相手は、業種や人間性も様々です。
常に同じパターンでは心を掴むことは出来ません。
相手の気持ちに寄り添うような心がけ。感じて動く。
そうやって、良好な関係性を作り上げていくべきです。

これらは、方法とか心理学的とか、
そういう難しいことではありません。
「自分だったらどうしてもらうと嬉しいか。」
社会人として、人としての思いやりの気持ちを持つこと。
そういった、極々シンプルな行動指針ではないでしょうか。

コミュニケーションの場における心構え

クライアントとの会話の中で、実際どのように
コミュニケーションを図り、信用、信頼関係を築いていくのか。

ひとつは、相手を褒めるということです。
褒めるのが出来るということはつまり、
目の前にいる相手の長所を見つけられたということ。
簡単そうで意外と難しいのがこの「褒める」です。

上辺だけの褒め言葉を投げてもいけません。
何をどう褒めるのか。それは、相手が大切にしているものや
長所だと思っている事をいち早く気づいてあげること。
そして、それについて触れることが重要になってきます。

自分が気にしていること、こだわりに気づいてもらえた喜び。
そして、それを認めてくれた喜び。
褒める行為は、相手にそういうプラスの心の動きを与えます。

次に、共通の話題を見つけるということです。
相手を観察し、気づくことでは「褒める」場合と同じですが、
自分も興味や知識を持っている話題になりますから、
少しは自然体で話せる状態ではないでしょうか。

ただし、調子に乗りすぎて自分を押し過ぎないようにしましょう。
仕事において、そのシーンは自分がクライアント担当者を
理解する為のものであることを忘れてはいけません。
自分がその分野で相手より専門家だったとしても、
基本的には、相手に多く話をしてもらう、
聞く構えで臨みましょう。

また会話においてシンプルでかつ具体的な手法として、
「相手の特徴に気づき、5W1Hを質問する」というのを、
覚えておくと便利です。

例えば、「相手が特徴的なペンを使っていた」ことに
気付いたとします。
「そのペン、あまり見ないですね。どちらで購入されたのですか」
「そうしてそのペンを選ばれたんですか」といった形で
相手に不快感を与えていないかに、注意しながら
展開していきます。

そして、相手の答えに対して
「そのお店は昔から行かれているのですか」
「どんなきっかけでそのお店にいかれたのですか」
など、会話を発展していくなかで、
相手が何を大事にしているのか、判断基準といった、
相手の価値観が感じられるはずです。
相手側も、自らの価値観を理解してもらっていることに
心の充足を感じるでしょう。

会話を展開する質問の投げかけ。
社内での会話などで普段から意識しておくと
良い練習になるのではないでしょうか。

社内が大事

信用、信頼は対外的にだけでなく、
社内での人間関係維持においても欠かせません。
職場の上司から、部下から。
むしろ社内で安心して仕事をお願いできる信頼関係が
築けていないと、営業マンは何もできません。

お願いするばかりではなく、お願いに答えてあげる。
周りが仕事をやり易い様に様々なことを調整をする。
助け助けられと、小さい約束の積み重ね。

自身の転職以降、そのことの大切さ強く感じています。

おすすめ情報

2017年2月3日

Web制作者向け便利ツールをご紹介!

introduction-of-useful-tools-for-web-makers

Web制作者のみなさま、いつもの制作作業の中で
「あとちょっとこの作業を効率的にできたら、
もっと早く仕事がこなせるのに・・」というような悩み、
一度は思ったこと、ありますよね?

そんなあなたに、いくつかの便利ツールをご紹介します!

おすすめのブックマークレット

まずはおすすめしたいブックマークレットを
いくつかピックアップ。

ブックマークレットとは、通常、
ブラウザでお気に入り(ブックマーク)を選ぶと
指定のホームページに飛びますが、
登録URLの代わりにJavaScriptで構成されたプログラムを
ブックマークすることで、それを選んだ時に指定のプログラムが
そのページで実行され、早く、簡単に機能が実現できるのです。
そういったものをブックマークレットと言います。
インストールもお手軽で、そのコードをブックマークするだけで
行えるんですよ。

画像のalt属性を一発で確認出来るブックマークレット

画像を入れて、altが入っているか、最終チェックが必要ですよね。
そんな時に便利なのが、こちらのブックマークレット。
例えばYahooのトップのaltを確認しようとすると、
このような表示になります。

少し画面が崩れますが、画像のalt属性を全て検証モードで
確認するよりは手軽に確認ができますね。

useful-tools-02

▼alt属性を確認するブックマークレット。|trustworks

http://www.trustworks.biz/blog/2008/04/alt.html

HTMLタグの閉じ忘れを教えてくれるブックマークレット

閉じタグ忘れ、よくありませんか?
このブックマークレットは、
閉じタグが多かったり少なかったりするのを教えてくれます。

急なページの崩れが起こったら、
まずこちらで確認してみましょう。

HTMLタグの閉じ忘れを教えてくれるブックマークレット

▼HTML内タグの閉じ忘れをチェックするツール[ブックマークレット]|とっくりばー
http://tockri.blog78.fc2.com/blog-entry-168.html

フォントの名前を知らせてくれるブックマークレット

このサイト、なんのフォント使われてるんだろう?
と気になった方はこちら!

検証モードでcssを探さなくても、その場所が
なんのWebフォントが使われているか教えてくれます。

フォントの名前を知らせてくれるブックマークレット

▼WHATFONT TOOL|Chengyin Liu
http://www.chengyinliu.com/whatfont.html

レスポンシブWebサイトのデバイスサイズ別チェックできるブックマークレット

クロームなどは特に拡張機能でも同じようなものがありますが、
よりデザイン的で、より視覚的で見やすいですね。

デザインも整っているので、
レスポンシブが楽しくなりそうです。

ただし、こちらのブックマークレットは
ブラウザ幅を取得し、viewport(ビューポート)で
デバイスサイズ別に表示させているサイトでのみご使用頂けます。

アクセス時にパソコンかスマートフォンかを
取得して振り分けているサイトにはお使いいただけませんので、
お気をつけて。

レスポンシブWebサイトのデバイスサイズ別チェックできるブックマークレット

▼VIEWPORT RESIZER|maltewassermann
http://lab.maltewassermann.com/viewport-resizer/

画像や要素の幅や高さ、プロパティを表示できるブックマークレット

画像や要素の幅・高さを、いつも検証モードで
調べているのですが、
パッと確認したい時にはオススメです。

背景画像のサイズ取得までできれば最高なのですが、
背景の時はブロック要素のプロパティを取得してしまうようなので
そこはまだ検証モードが必要そうですね・・。

画像や要素の幅や高さ、プロパティを表示できるブックマークレット

▼XRAY: look beneath the skin|westciv
http://www.westciv.com/xray/

META、短縮URLなどのページ情報を一括で表示できるブックマークレット

titleやdescriptionなどのMETA情報をはじめ、
サムネイルなど、ページの基本情報を見ることが出来ます。

こちらで個人的に一番オススメなのは、
短縮URLを表示できることですね。

長いページの短縮URL発行に
いちいちGoogleのサービスページまで飛ばないのは
結構便利な気がします。

META、短縮URLなどのページ情報を一括で表示できるブックマークレット

▼XRAY: look beneath the skin|westciv
http://geturlinfo.com/

おすすめのChrome拡張機能

最近だと、標準ブラウザに動作の早い
Google Chromeをお使いの方も多いのではないでしょうか?

Chromeにはたくさんの便利な拡張機能があります。
拡張機能のインストール自体はとても簡単で、
chromeウェブストアから、欲しい拡張機能を選択するだけ。
クリックしてインストールすれば、もう使うことができます。

さてここからは、いつもの業務がちょっと早くなる、
おすすめChrome拡張機能をご紹介します。

ブラウザにデザインを重ねてコーディングチェックできるChrome拡張機能

htmlページにファーストデザインなどの画像を
うっすらとしたレイヤーで乗せることができる
Chrome拡張機能です。

レイヤーの透明度を変更する箇所や、
矢印キーで細かな位置調整ができる箇所もあるので、
PSDが分かれていたりしても
パーツごとに重ねてチェックもできますね。

デザイン通りにコーディングされているかのチェック以外にも
ブラウザ上で画像を横に置いて比較したい時にも便利です。

ブラウザにデザインを重ねてコーディングチェックできるChrome拡張機能

▼PerfectPixel by WellDoneCode|Chrome拡張機能
https://chrome.google.com/webstore/detail/perfectpixel-by-welldonec/dkaagdgjmgdmbnecmcefdhjekcoceebi

増えすぎたブラウザタブを整理させるChrome拡張機能

個人的な意見ですが、この拡張機能、だいぶ画期的です。

よく調べ物をしていると、ブラウザにタブが増えすぎますよね?

私もよくなります。。
こんな感じになってよく迷子になりますが、
下手にタブを消すと、せっかくの参考サイトが
URLわからなくなったりするので
迷子の中探し回ることがしょっちゅうです。
(都度閉じればいいんですけどね)

この拡張機能があれば、 OneTabのメニューを押すだけで、
1 つのタブにサイトのタイトルとURLを
一覧で見やすく表示してくれるのです!

いつもタブ迷子になっている方、
ぜひこの拡張機能をインストールしてみてください。

増えすぎたブラウザタブを整理させるChrome拡張機能

▼OneTab|Chrome拡張機能
https://chrome.google.com/webstore/detail/onetab/chphlpgkkbolifaimnlloiipkdnihall

1クリックでキャッシュをクリアできるChrome拡張機能

構築中のサイトのキャッシュがきつくて、
画像やcssを差し替えるたびに
キャッシュをクリアしなくてはいけない・・

もしくは、軽微なサイト修正があり、
差し替えたはずのバナー画像が切り替わらない・・

そんな経験、誰しもありますよね?
画像のURLを変えるのがベストですが、
ちょっと修正したいだけなのに!
というときも根強いキャッシュ。

そんなときにはこの拡張機能がおすすめ!

最近Chromeのキャッシュクリアが
設定から2、3クッションおかないとクリアできなくなって、
非常に面倒だと感じていた私には、
これまたかなり便利な拡張機能。

一瞬ボタンを押すと、
アイコンが緑にふわっと切り替わるのですが、
無駄な数秒をコンマ数秒に省けて大変重宝しています。

毎度毎度のキャッシュクリアに辟易しているあなたは、
ぜひこちらのChrome拡張を使ってみてください。

1クリックでキャッシュをクリアできるChrome拡張機能

▼Clear Cache|Chrome拡張機能
https://chrome.google.com/webstore/detail/clear-cache/cppjkneekbjaeellbfkmgnhonkkjfpdn/related

まとめ

いかがでしたか?

これらの便利ツールで、毎日の制作が少しでも早くなり、
ストレスフリーな制作に近づけられるといいですね。

ぜひお試しください。

おすすめ情報

2017年1月31日

見た目以上のフラットデザイン〜メリットとデメリット〜

flat-design-merit-and-disadvantage-beyond-appearance

皆さんフラットデザインという言葉は知っていますか?
少し前から、Webサイトなどでトレンドになっています。

いつの間にか色んなサイトがフラットデザインになっていたり、
OSやインターフェイスで使用されていたりと
見かけることも多いと思います。
手元にあるスマートフォンに表示されるアプリのアイコンも
フラットな物が多いはずです。

今、人気のデザインと思われることも多い
フラットデザインですが、実は見た目以上に意味があります。
今回はフラットデザインについて記事を
書いていきたいと思います。

フラットデザインとは

フラットデザインとは2012年頃から広まった、
webデザインのスタイルのことです。
では、フラットデザインとはどのようなものを指すのでしょうか?
代表的な物はWindows8から採用されたインターフェイスの
「メトロUI」
や、iPhoneのOSで採用された
「ios7」
がフラットデザインとしてあげられます。
日常的に目にするこの2つから、
フラットデザインや
フラットUIを知った人が多いのではないでしょうか。

次にフラットデザインで作られた参考サイトを見ていきます。

フラットデザインの例

京都宇治伊藤久右衛門
http://www.itohkyuemon.co.jp/

ひめの麦畑
http://www.himeno-mugibatake.com/

Lorenzo Verzini
http://lorenzoverzini.com/

フラットデザインの特徴

上記のサイトからフラットデザインの
特徴がなんとなく伝わったはずです。
簡単に特徴を説明していきます。

  • 平面である
  • 装飾がない
  • シンプル
  • 一目で分かる
  • 情報が整理されている
  • 色鮮やかで見た目が華やか
  • フォントがモダン調

フラットというだけあり、
質感や立体感がありません。
フラットデザインの一番の特徴です。
ボタンやロゴに注目すると、
エフェクトやグラデーションが無いことが分かります。
また、文字などの各要素がとてもシンプルです。
情報も最小限にしかありません。

レイアウトも一目で分かるようになっています。
そして、シンプルだけでなく色を多用しているため、
見た目がとても華やかになります。

見た目以上の意味

特徴的なフラットデザインですが、
なぜここまで一気に広がったのでしょうか?
実はデザイナーやユーザーにとってメリットがあるからです。

スマートフォンの普及

まず、スマートフォンの普及が大きな要因です。
パソコン画面の場合、質感や立体感を出したり、
フォントを細かく設定してもしっかり、
美しく表現することができます。
このような手法はリッチデザインと呼ばれます。
木目の素材感を出したりなど、
実際のものに寄せています。

これがスマートフォンだとどうでしょうか?
ほとんど潰れてしまい、
せっかくの綺麗なボタンなどが
見えづらくなってしまいます。
これがフラットデザインだと、
装飾や文字が最小限なので、
スマートフォンの画面でもしっかり見え、
ユーザーにとってメリットがあることが分かります。

デバイスの多様化

デバイスの多様化によりパソコンやスマートフォン、
タブレットとユーザーが
どれを使ってサイトを閲覧するか分かりません。
どのデバイスからも
最適化されたサイトを閲覧できるよう、
デザイナーはレスポンシブという方法をとります。

実はそのレスポンシブは
フラットデザインととても相性がいいのです。
フラットデザインを採用しているサイトの多くが、
グリッドレイアウトを意識しているものが多いです。
グリッドレイアウトはページ内にグリッドを引き、
余白をもたせ、コンテンツを当てはめていく手法です。

グリッドを意識しているため、
情報がまとまっており、ユーザーにとって、
とても分かりやすくなります。
また、どのデバイスからも読み込みが早くなり、
スタートアップに最適です。

もちろんデザイナーや制作会社側のメリットもあります。
配置や色に上点を置くため、
フラットデザインの特徴である、
シンプルさによってアイコンなどの
制作作業が軽減されます。

レスポンシブの際に、
グリッドを意識しているため、
コンテンツの配置がしやすく、
自由に配置するより、
表示が変化した時に形作りやすくなります。
画像も配置がしやすくパソコン上では
綺麗に見えていても
スマートフォンだと右端が切れて、
見えづらくなることも無くなります。

また、パソコンとその他デバイス上での
イメージの変化が少ないことも
メリットとしてあげられます。
このようにフラットデザインは作り手から受け手まで
幅広く要素を持っていることが分かります。

デメリット

メリットばかりだと思っているフラットデザインですが、
注意点もあります。
シンプルさを追求しすぎると、
ユーザーはどのボタンが次のアクションに繋がるのか
分からなくなってしまいます。
例えば、このボタンはリンクへと繋がるのか?
これはそもそもボタンなのか?
と混乱を招いてしまう可能性があります。

そして人気故に、
似たようなサイトができてしまうということです。
デザイナーの個性がまり出せないところも
デメリットとしてあがります。
A/Bテストなどを行い、
デメリットをうまくカバーすることが
大切なのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
見た目が華やかで、かわいいフラットデザインも、
ユーザーだけでなく、作り手側のデザイナーにもメリットがあり、
流行のスタイルというだけでなく、
理由があることが分かりました。

マルチデバイスに適応したフラットデザインですが、
目的によって使いづらい場合があると思います。
フラットデザインを使うのか、リッチデザインを使うのか、
ユーザーにとっての使い勝手を理解して、
Webサイト制作をしていくことが大切です。
時代と共に変化してきた
インターフェイスであるフラットデザインを、
うまく使えるように、経験を積んでいきたいと思います。

おすすめ情報

2017年1月30日

早起きをして、朝活をするメリットとは?

what-is-the-merit-of-getting-up-early-and-doing-morning-haven

朝活とは字からイメージできるように、
早起きをして勉強や読書をしたり、
スポーツなどの運動の趣味であったり、
朝になんらかの活動をすることをいいます。

しかしこの朝活をするには、
早起きが前提となりますね。
なぜ眠たいのに、早起きをする必要があるのか、
なぜぎりぎりまで寝ていてはいけないのか、
と思う方も多くいらっしゃるかと思います。
私も朝に弱い人間なので、その気持ちがよくわかります。

ですが、成功者と呼ばれる人たちが
朝活を行っている事も事実です。
例えばスターバックスのCEOは4時半には起床して、
犬と散歩をした後、6時には仕事をはじめるそうです。
他にも、twitterの創業者が
五時半に起きてマラソンをしていたりします。
というように考えてみると、
そういえば自分が勤める会社の
社長さんも朝が早いな、
なんて気づく人も多いのではないでしょうか。

では、なぜ朝が大切にされるのでしょうか。

朝活のメリットは?

 時間が取れる

仕事をして、帰宅した後に勉強をしたり
趣味の時間を設けたりするのは
なかなかできないことではないでしょうか。
仕事が終わらなければ、
帰宅時間が遅くなるということもあると思いますし、
次の日も仕事だから寝なければいけないと
時間に追われていて、どこか余裕がない
ということがあると思います。
しかし、早朝はまだ寝ている人も多く、
街も静かでゆったりとした時間が流れているため、
自分だけの時間を確保することができます。
その時間を利用して、やりたいことをやったり、
やらなければいけないことを先に終わらせることができるのです。

集中力が高く、作業効率がUPする。

朝起きたときというのは
夜寝ているときに頭が整理されたあとなので、
すっきりとした状態になっています。
睡眠に向かう夜よりも、
目覚めに向かう朝の方が
集中力が高く、作業が進みやすいのです。
また、朝はアイデアなどもひらめきやすい状態となっており、
クリエイティブなことをするのに適しているといわれています。
仕事の提案書を作成したりするのも
集中力が高く作業効率がUPしているため、
短時間でよいものが作成できそうですね。
また、ブログの記事を書いたりするのも
朝の方がアイデアがでてきて、
良い記事がかけるかもしれませんね。
逆に暗記したいものなどは
夜寝る前にやって朝に復習をするというのが
一番効果が高いそうです。はじめに書いたように、
夜のうちに覚えた事を寝ている間に脳が整理するからだそうです。

健康に良い

朝起きて日にあたる事で、
セロトニンというホルモンが分泌されて
昼は活発に活動する事ができます。
朝、散歩などをすることで血流がよくなり、
脳が活性化されることなども証明されています。
またこのときには考え方が前向きになりやすく
1日のスタートをきるのにはとても良い状態となっています。
朝早くから活動しているので、夜は眠りに付きやすく、
睡眠の質もあがり、生活のリズムも整うようになっていきます。

いくつかのメリットをご紹介しました。
しかし、早く起きるということは
睡眠時間を削らなければならないなど
マイナスの考えもありますよね。
その通りだと思います。
では、どうして毎日早起きする事ができるのでしょうか。
早起きを実践している人はどのようにして
早起きをしているのでしょうか。

どうやって早起きするの?

早起きが続かない原因には
早起きを目的にしていることがあげられます。

早起きをして何をするのか、
早起きをする目的はなんなのか、
ということですね。これをやるんだというものがないと
早起きをする意味がないですからね。
ここをしっかりとおさえておく必要があります。
また、朝起きてすぐにやる行動などを
決めておくと良いかもしれません。
朝起きてぼやーっとしていると
もう一度寝てしまうなんてことはよくあることですよね。

早起きを習慣化するには、
起きてすぐにカーテンを開けて日にあたることや、
コーヒーをいれたりして立ち上がる工夫が必要です。
また、早起きするためには早く寝ることが大切です。
早寝早起きとは、早く寝るから早く起きれるということですね。
しかし、そうはいっても仕事が多く、
なかなか早く寝ることができない方もいると思います。
そういった方は一度自分が1日をどう過ごしているのかを
見直してみると短縮できる時間が
発見できたりするかもしれません。
また、短時間でも熟睡ができるように
睡眠の質をあげるということもやってみる価値があると思います。

睡眠の質をあげるには?

睡眠の質をあげるには体温を下げて、
暗い部屋でリラックスをすることが一番だと言われています。
部屋を暗くするとメラトニンという物質が分泌されて、
眠気がはやくやってきます。体温を下げるのもこのためです。
そして、リラックスをするために、瞑想をしたり、ヨガをしたり、
深呼吸をしたりすることが良い眠りにつくために
大切な事としてあげられています。

逆に睡眠の質をあげるためにやってはいけないこと
寝る直前にお風呂にはいる事
寝る直前に食事をすること
スマホやテレビなどの光で刺激を受ける事があげられています。
すべてをやることは難しいですが、
睡眠の質をあげるためには
多少なりとも生活習慣を変える必要があるようです。

早起きをして朝活をすることの意味について
話をしてきましたが、生まれつき
朝に強いなんて人はいないと思います。
朝がはやい人たちは好きな事をして生きているから
朝がはやいのではないでしょうか。
こどものころ楽しみな事があると
目覚ましがなってもいないのに、
早起きをするということはありませんでしたか?
これが良い例だと思います。
なので朝一番に好きな事をするというのも
一つの方法かもしれないですね。
私はあまり朝が得意ではないので、
早起きができるようにいろいろと工夫をしているところです。

また、良い情報が得られたら紹介させていただきます。

最後に少し話が変わりますが、
私が早起きということについて
一番尊敬しているのは家庭を持つ母親です。
朝早起きをして、家事をこなして仕事に行く。
帰ってきてまた家事をして眠りにつく。
こんなに尊敬できる人はいないと思います。
私も世界中の母親に負けないように早起きをして、
朝活に取り組んでいきたいと思います。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 159