おすすめ情報

おすすめ情報

2016年12月20日

デザインと心理学の関係

relationship-between-design-and-psychology皆さん、デザインと心理学は違うものだと分けていませんか?実は深い関係性があります。

心理と色は関係は深い

ここでは、心理学に則った効果的なwebデザインを紹介していきます。Webページの記事を初めて見た時、直感的に利用者の脳内に働きかけるものが色(カラー)です。それぞれの色には人間が直感的に感じるイメージが存在します。

たとえば、WEBサイトを見に行ったとき、赤いボタンと緑のボタンが並んでいたとしましょう。どちらか一つ押さないといけないと言われたらあなたはどちらを押しますか?おそらくは緑のボタンではないでしょうか?信号機のように緑には「安全」や「健全」などの機能、影響、背景が無意識に連想できます。逆に赤には「注意」や「危険」のイメージがあります。ボタンを押したらどのような展開になるのか想定できない状況でわざわざ危険と感じるボタンを押す人はそういないと思います。

しかし、意味がわかった状況だと結果は一転します。対応例として、買い物をするためにアプリ、ホームページやWebサイトを訪れた場合は、赤い商品購入ボタンの方が売上が上がるという結果が出ています。実は赤色には危険というイメージの他に、活動的や行動力などのイメージもあります。そのため、購買意欲を掻き立てるというマーケティング結果があります。

このように配色によって人間の感じ方は様々です。最初に、そのWEBサイトが見てくれる人にどのような印象を与えているかはWebデザイナーたちのセンスと技術と経験ももちろんですが、ターゲットを射抜くための色設計で決まると言っても過言ではないほどの心理と色は関係は深いです。それでは、デザインを考える上でおさえておきたい豆知識をまとめました。

視覚階層

視覚階層とは、人間の目が、対象物を把握する順番を指すことで、良質なウェブデザインを支える要素の中でも、特に重要度が高いです。なぜ、視覚階層が重要なのかといいますとビジュアルによる判断は何が重要で自分にとって必要かどうか、何が違うのかを決定づけることができるからです。

あるデザイン要素のウエイトを強くすることで、それらが重要なポイントと対象者は認識します。デザインの基本原理を理解することで、ユーザーの感覚順応に作用しリーチすることができる可能性が高まります。階層において情報は取り込みやすく、そしてより製品が分かりやすいことが重要です。じっくりと考慮された階層は、ユーザーが感情に混乱することなく、安心感を持つことができスムーズに情報内容を理解できるでしょう。さらにデザイン要素まとめることで、統一感を表現できデザイン面が良くなります。

黄金律

見た目が美しくなると言われているバランスの黄金律は、1:1.618です。世界的に有名な古代ギリシャのパンテノン神殿が良い参考例です。

また、フィボナッチ数と呼ばれる、二つの数字0と1から始まる数列で、一つ前の数を次々に加算た数列の法則もあります。
(0、1、1、2、3、5、8、13、21…)

この2つの法則は、全く関係がないように見えるものの、同じ数字を導き出します。この黄金律もデザインにおいて重要です。

ヒックの法則

ヒックの法則は、選択肢を増やすと、それだけ意思を決定する時間が長くなります。メニューにあまりに多くの選択肢が用意されていると、選ぶのに困ります。しかし、2つしか選択肢がないなら決定までにかかる時間は遥かに短くなると思いませんか?

Webサイト訪問者が利用する際に選択肢が多いと使いにくくなります。最悪、全く使ってもらえなくなる場合もあります。そのため、UXデザイナーはより楽しいUXを提供するため、選択肢を少なくする必要があります。ウェブデザインを改善目的を明確にする上で、気を散らす選択肢の削除は、継続的に実施しなければなりません。

三分割法

三分割法とは2本の横線と2本の縦線でスペースを同じ9つの大きさに区切って考え、重要な構成要素を線、もしくは、線が交差する点に画像などを配置する手法です。中心に置くより上記のところに置いたほうが周辺視野を考えてもデザインが良くなります。デザインに画像を利用する有効な手段です。なぜなら視覚的な要素は、テキストよりも遥かに迅速にアイデアを伝えることが出来るからです。

余白&清潔感のあるデザイン

余白は、画面ページの「手をつけない・装飾しない」スペースです。グラフィック、縁、溝、カラムの間のスペース、そして、文字や視覚要素の列の間のスペース等が該当します。「空白」のスペースと認識するべきではない余白は、余白の中のオブジェクトの存在感を引き立てる効果がありデザインにおける大事な要素の一つです。

余白においてのキーポイントが、階層の利用です。会社のブランドメインカラーや写真、広告の文字であれ、色であれ、ブランドロゴ、画像情報の階層が欠かせません。テキストやグラフィックで埋め尽くされた余白のないページは、いくらベースカラーや配置にこだわっていてもゴチャゴチャした印象や散らかった印象を与えてしまい、また、メインのサービスが伝わりにく、読みにくい印象を与えます。十分に余白のスペースを確保すると「清潔感」が生まれます。清潔感のあるウェブサイトは、明確なメッセージを伝える上で重要ですが、コンテンツを少なくすればいいわけではありません。清潔感のあるデザインとは、スペースを有効に活用するデザインをさします。

カラースキーム

色彩計画のことを言います。色のもつ心理的、生理的、物理的効果や性質を利用し、全体的にまとまりのある見やすい雰囲気作りなど、目的を理解した上で見合った配色設計を行うことです。主に建築、インテリアウェブデザインなどでよく使われます。

ハロー効果

ハロー効果とは、ある対象物を評価する際に目立ちやすい特徴にひっぱられて、他の特徴までも高評価してしまう、あるいはマイナスな印象を受けて低評価してしまう心理現象のことを言います。光背効果、後光効果とも呼ばれます。このように、他の特徴や要素の影響力によって、判断を歪めてしまう認知バイアスのひとつです。Webマーケティングでハロー効果活用することでお客さんが好むタイプを理解し、一番最初に提示することで、全体の印象を良くすることができます。

まとめ

上記のポイントを研究し、検索ユーザーのことを考え操作しやすいUXデザインを作っていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録