おすすめ情報

おすすめ情報

2017年3月28日

Googleの目指す検索エンジンの進化とSEOの未来、セマンティック検索とは

SEO

semantic-search

「セマンティック」という概念がウェブの進化により注目されています。セマンティックという概念が、検索エンジンにどういう影響を与えるのか?今後のために知っておく必要があるでしょう。今後もグーグルが検索エンジンの世界を作っていくことは間違いないですから、そのなかでずっと上位表示をしていくためにはどうすれば良いか、考えていきましょう。

グーグルは検索結果が、自然な会話領域になることを目標としています。人間の自然な会話領域のレベルまでアルゴリズムを開発するのは難しい課題です。検索エンジンは、AIの開発において最前線の位置にあり、現在もアルゴリズムは日々進化しています。セマンティック検索についてまとめました。

セマンティック検索とは自然な言語データを扱う進化のこと

「セマンティック」とは、あるものに対する意味や意味論に関する事を指します。

検索で言うセマンティック、「セマンティック検索」は、文章やキーワードなどの文脈上の意味をコンピューターに解釈させて、文章や情報の関連付けを自動処理させることによって検索の精度を高めようとする技術のことです。自然言語アルゴリズムや概念の一致、同義語、類義語などをデータベースに変換してインタラクティブな検索結果の提示ができます。

従来のキーワード検索においては、ユーザーが検索したキーワードがページに入っていれば、ユーザーの目的の情報とは無関係の内容のページや無意味なキーワードの連続したものでも関連情報として表示されていました。しかし、セマンティック検索により、キーワード検索より検索者の意図や目的を深く理解した回答を選び出すことが可能となりました。

世界のオンラインデータ量は2年で倍増していると言われており(ムーアの法則)、その膨大なデータを整理して構造化し、それぞれの意味に基づいて関連付けをするプロセスは、検索エンジンに頼りたい重要な役割の一つです。セマンティック検索で会話のように自然な言語データを理解する事ができれば、ユーザーが検索した際に最善の結果が得られる可能性が高まります。

セマンティック検索はさらに検索が便利になる効果をもたらす

実際のセマンティック検索について、実例を挙げましょう。例えば「ラーメン」と検索した場合、単にキーワードとして「ラーメン」を含んだページを表示するだけではなく、位置情報を基にして地図の表示や近隣の店舗の営業時間、ウィキペディアによる言葉の意味や、栄養成分など付随する情報が表示されます。

検索してキーワードに対して、詳しい人に尋ねた際の返答に近いものが検索結果として表示されることになるわけです。キーワード検索においてありがちな、「検索ワード+会社名」のような検索目的ではない結果も少なくなる傾向にあります。また、セマンティック検索には、検索の際に検索クエリ(検索したキーワード)に一致していないワードでも、同義語や類義語が太字で表示されることがあります。

例えば「ページ除去」と検索した場合に、「削除」が太字で表示され、「ページ削除」が検索結果で表示されます。意味的にも「ページ除去」ではなく「ページ削除」の方が正しいわけで、セマンティックの検索エンジンが正しいと思われる結果を考えて表示したことになります。

また、セマンティック検索では特定のコンテンツを判別して除外する傾向があります。

  1. アーティクルスピニング(特定の文章を書き換えたりすることで類似の文章のように作成すること)
  2. キーワードスタッフィング(特定のページに無関係のキーワードを詰め込むこと)

このような従来の手法を識別して検索結果から除外するというものです。セマンティックの検索エンジンは、言葉の組み合わせや、意味がどのように関連付されているかを統計的に見て理解しているということです。

セマンティック検索が進むことでSEOの知見にも影響がある

今後、SEO担当者は、セマンティック検索を理解することが必要不可欠になるでしょう。検索エンジンの進化に伴い、SEO担当者も最先端の知識が必要とされます。音声検索の進化においても、セマンティック検索は特に重要な要素になってきます。検索者の意図を理解し、関連付けの情報を組み込むことにより検索結果の向上に繋げることができるのです。

セマンティック検索に対応していくために、SEO担当者は今後どうしていくべきでしょうか。検索エンジンが把握している物事や情報に対して、的確に対応していくためのコンテンツを作っていくにいくつかの方法があります。

  1. コンテンツを明確な文章で構成する。
  2. コンテンツのカテゴリーを分けて情報構造を明確にする
  3. 関連記事にリンクを活用して情報構造を示す。
  4. 関連性の無いコンテンツはサイトを分離して運用する。

上記の項目を具体的に考えてみましょう。

コンテンツを明確な文章で構成する

SEOにおいて、コンテンツには自然な会話を意識した、わかりやすいコンテンツにすることが必要になります。今後の音声検索の普及の対応していく上でも、自然な会話のような文章が大切になってきます。無意味なキーワードの連呼や、不明確な内容のコンテンツは検索上位から除外される傾向にあるということを念頭に置きましょう。

主語や術後、目的語などで文章を構成することを意識すること。名詞を重点にした目的を持った文章でユーザーに分かりやすいコンテンツを作っていくこと。検索エンジンにとって情報解析しやすくなる、これらの項目に気をつけてコンテンツを作成することが有効です。

コンテンツのカテゴリーを分けて情報構造を明確にする

無意味なキーワードが多いサイトや、関連性の無いコンテンツで構成されたページであれば検索の上位から除外される可能性が出てきます。グーグルから目的やターゲットが明確でないと判断される可能性があるコンテンツの構成は極力避けるべきです。ユーザーのターゲットを絞り込みテーマを決めたら、テーマとは無関係なキーワードや文章を入れないように心掛けてコンテンツを構成するとよいでしょう。

また、それぞれのコンテンツにはテーマをしっかりと持たせて作っていくことも有効です。

関連記事にリンクを活用して情報構造を示す

リンクにおいて関連性が低いサイトと判断されれば、検索エンジンから低い評価を受ける可能性があります。意識的に関連性のある記事と自然なリンクを活用するのが最も効果的です。

内部リンクは、トピックの関連性を示すためにサイト全体の案内的な役割を担っていますが、多用は控えて情報の構成において有効な場合のみ使っていくほうが良いでしょう。

関連性の無いコンテンツはサイトを分離して運用する

カテゴリーが違うコンテンツは分離したサイトで運用するようにしましょう。検索エンジン側から見て、まとまりのないサイトであれば検索の除外対象になるばかりか、ユーザー側からしても、非常に見にくいものになります。一つのサイトで一つのテーマを持たせることを原則にしてサイトを作ることが、セマンティック検索において非常に有効であると意識しましょう。

カテゴリーが違うコンテンツは分離してサイトを運営していく。このことは、必然的に見やすいサイトが出来るとともに、情報の明確化や信頼性により検索結果にも表れてくるでしょう。

SEO担当者はユーザーに向けたコンテンツの構築を強く意識すること

検索エンジンは、セマンティックシグナルを検索結果に組み込み傾向にあります。今後もGoogleのセマンティックの技術が、飛躍的に進化していくことは確かです。今後の進化に伴い、SEO担当者は目的とする記事によって同義語や類義語、関連するコンテンツを明確に統合する必要があります。

ユーザーそれぞれの悩みに合わせてパーソナライズされた検索結果を確立するために、自然な会話の内容に近いユーザーに向けたコンテンツの提供をする。キーワードの構成だけにとらわれず、ユーザー目線でのコンテンツづくりがもっともっと必要になってくるのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録