おすすめ情報

おすすめ情報

2016年12月15日

Twitter広告、3種類の使い分け

161215_%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81-02

Twitter広告とは

Twitter広告とは、主に
「フォロワーの増加」「特定のツイートのリーチの上昇」
「外部誘導」「情報拡散」を
目的に配信される広告です。

ユーザーのタイムラインに広告主のツイートを挿入し、
ユーザーがTwitterにログインした時に
上部に掲載される仕様になっています。
今回はTwitter広告、全3種類についてお話させて頂きます。

3種類のTwitter広告

Twitter広告には3種類あり、それぞれ違う目的のために出稿され、
異なる場所に表示されます。

プロモアカウント

プロモアカウントはその名の通り、
「Twitterアカウントを宣伝」するものです。

表示場所としては、タイムライン右上にある
おすすめのユーザー枠に表示されます。

プロモアカウントの目的

プロモアカウントの目的としは、主に3つあり
1つ目に、
「購入、リード、ダウンロード、及び登録の数を増やす」ことがあります。

Twtterユーザーがその会社のアカウントをフォローすることで、
その会社にある商品に興味関心があることを示しています。
そのようなユーザーに向けてサイト誘導を促すツイートをし、
商品の購買行動を促すことが出来ます。

2つ目に、
「ブランド認知度を高めて口コミの共有を促進する」ことです。

Twitterで価値のある情報をついーとすることで
フォロワーはリツイートを誓ってそれを簡単に友達と共有できるため、
より幅広いユーザーに情報が届き認知度がさらに向上します。

最後は、「ウェブサイトへの訪問数を増やす」ことです。
有料のプロモアカウントによってフォロワーを獲得したら、
無料のオーガニックツイート(通常のツイート)によって
毎日そのユーザーと関わりを持つことが出来ます。

その会社のツイートをフォロワーは見ている可能性があり、
ツイート内にURLを掲載することで
ウェブサイトを閲覧する可能性もあります。

プロモアカウントのターゲティング

プロモアカウントは
「興味関心」「地域」「性別」によって
ターゲティングを設定することが出来ます。

興味関心については、旅行や映画/テレビと言った大きなカテゴリーから
コメディ、アニメなどの細かい分野まであわせて
350以上のジャンルでユーザーの興味を絞り込むことが出来ます。

プロモツイート

プロモツイートは
アカウントを宣伝するのではなくツイート単体を宣伝するものです。

プロモツイートは、タイムラインに表示されるものと
検索結果に表示されるものの2種類あり、
ユーザーのツイートと一緒に表示されるため
インフィード広告とも呼べます。

プロモツイートの目的

プロモツイートの目的としては、大きく分けて
「Twitterを通じて特定の行動を促すこと」と「認知度を高めること」です。

Twitterを通じて特定の行動を促すことを目標にする場合、
・ユーザーが一番良い情報をクリックできるように促す事で
ウェブサイトへのアクセス数を増やす
・ツイートでクーポンや特典を提供する
・販売や特典などの情報をプロモーションする

ビジネスに対する認知度を高めることを目標にする場合、

・投稿したブログやイベントや
新製品の発売などの情報をより多くのユーザーに配信できる
・ツイートした内容を広告により確実にみてもらうようにすることで
 影響力の強いユーザーやそのブランドを支持する人と繋がることができる
・リツイート求めることで、
メッセージを更に幅広いオーディエンスに届けることができる

という2つの目的があります。

プロモツイートのターゲティング

プロモツイートでは
「キーワード」「興味関心」「地域」「デバイス」
「性別」「既存のフォロワーとの類似性」の
ターゲーティングが可能です。

プロモトレンド

プロモトレンドはトレンド(もっと探す欄)の最上部に、
キーワード、ハッシュタグを宣伝することが出来ます。

話題になっているキーワードのところに、
キャンペーンを宣伝するようなハッシュタグや
新製品を紹介するキーワードが入っていると
ユーザーの注目度も高くなりますね。

プロモトレンドの目的

プロモトレンドの目的は、プロモツイートと同様に
イベントや販売促進のための宣伝等を
トレンドとしてアピールすることです。

プロモトレンドのターゲティング

プロモトレンドはキーワードなどの細かいターゲットではなく、
指定された地域のユーザー全てのトレンドに表示されます。

まとめ

いかがでしたか?
最近ではTwitterの利用者が激増しているので、
Twtterを使った広告配信は大変有効な手と考えられます。
特に、Twtterの利用者として、
10代~20代で半数以上を占めているので
10代~20代をターゲットとするSNS広告は
Twtterを活用すると大変効果的だと考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録