おすすめ情報

おすすめ情報

2017年1月23日

企業最大の悩み?人材をWEBで集めるには。

web_recruit

春に向けて、新社会人を目指し
就職活動を行う学生や、
新しく職場や自分に合った仕事を探す転職者の人。

就職に悩む人も多いでしょうが、
企業・会社・お店としても
求人に悩む人事担当者も、同じくらい多いと感じます。

これまでにも、求人で悩む会社様。
正社員だけでなくアルバイト・パートの求人について
相談を受ける機会も少なくありません。

今回のおすすめ記事では、
その悩みを解消するためご提案できる、
いくつかのプロモーションについて紹介していきます。

応募者が参考にする情報とは?

テーマと言うより、前提の話かもしれません。

今あなたが働く職場、
気になっている会社はどのように知りましたか?
元々その会社を知っていて、

興味を持っていたということであればOKなのですが、
なかなか望む職場に就職できるかも難しく…

自分の中の働く時に希望する
条件・福利厚生であったり、
働く職場の環境について探していた時期があったかと思います。

その時にどのように会社や求人情報を集めていたのでしょうか。

箇条書きで挙げていくと

・求人誌の掲載内容
・ハローワークからの情報
・人材紹介、人材派遣
・大学、学校からの紹介
・企業セミナー、合同説明会
・周りの人からの紹介
・マイナビやリクナビなど就職サイト
・会社HPやSNS

紙やインターネット(Web媒体)など媒体の差はありますが、
大まかにはこのような内容かと考えられます。

そしてやはり、一つの情報だけではなく、
複数の媒体を利用しながら
企業の情報を集める人がほとんどだと思います。

応募して欲しい人材。狙う採用ターゲットは?

媒体を振り返り、
その上で採用したい人材とは。

募集して応募に来て欲しい求職者とは、どのような人ですか?

学校卒業後、これからの成長や知識をつけてもらい、
今後の人材となるような「新卒採用」が目標なのか。

これまでの職場、社会経験スキルを積み、
即戦力となり得る「中途採用」なのか。

あるいは、とりあえず人材が足りていないから
「アルバイト・パート」の募集が欲しいのか。

こちらが募集するターゲットが、
上に挙げた採用媒体をそれぞれ参考にするとは限りません。

あくまでも「見ると思われる」「情報が届きやすい」
という基準ぐらいしかないのですから。

今すぐ、もしくは専門的な
知識を持った・経験者が欲しいのに、
大学に求人を出していても、効果は薄いでしょう。

「ターゲット」「人物像」をはっきりイメージし、
そのターゲットにあったプロモーションを
考えていかなければいけません。

情報社会の今。若年層が情報を集める方法

いわゆる「若手」。
20代の人材が欲しいとします。

ほとんどがパソコン、スマホの利用者だと考えられるこの年代。
WEB媒体の活用は欠かせません。

スマホのアプリケーションにも、
タウンワークや求人アプリが公開されていますね。
求人サイトを見ていて、気になった会社があれば、
リンクを踏んで、HPに訪れて
情報を集めるまでが数分でできてしまうのは、
インターネットのメリットです。

数年前まで紙媒体がメインで情報を出していたところも、
「○○オンライン」などが出てくるようになったことからも、
ネットを切り離していてはいけない
という認識があるからこそでしょう。

応募する時も、
「お問い合わせフォーム」やメールを送ることで、
24時間受け付けることができることも一つの理由に考えられます。

経験ですが、
文字を打つことに慣れ、
応募する時に直接、
採用担当者と話す=電話をかけることに緊張するよりも。

文面であれば訂正も簡単ですし、その場で答えなくても、
文章に失礼がないかを誰かに
確認してもらう時間が取れることも理由ではないでしょうか。

とすれば、自社のHPや閲覧されているかも
知れないSNSに発信されている情報が無い時、
比較される対象にもなりにくくなってしまいます。

採用選考で人事が求職者を判断することと同じように、
知らないところで企業、お店も判断をされているのです。

応募者から、企業への期待を超えること

先ほども触れましたが、
自社のHP、LPや採用サイトを見ている人は、
採用情報と会社情報を探しにきています。

今のサイトを見直してみて、
たくさんの情報が載っているでしょうか。
自社のHP内に「求人採用ページ」を用意し、
もし可能なら専用ページを作れると
力の入れ込みが伝わってきますね。

実際に、専用のページを用意される
トコロも増えてきていると感じています。
その中で内容を整理し、
ぱっと見でわかりやすくして上げることはどこも同じです。

おすすめとしては、社内風景や先輩スタッフからの声や写真。
採用Q&Aであったり、応募者へのメッセージを記載すること。

もし、一人一人の文章を用意することが難しければ、
2~4行程度の簡単なメッセージにまとめて、
SNSで発信することも企業へのイメージにも繋がります。

採用活動、応募者はほんの少しの
時間で情報を得ようとします。
そのわずかな時間から、
私たちに対する「期待」を超えられるよう、
頑張っていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録