ヤフージャパンプレミアム広告賞受賞

自社書籍

新卒採用情報

長期インターンシップ募集

採用情報

Bigmac 社長ブログ

スタッフ厳選!!おすすめ情報

twitter
@Bigmac_work
google+
rss
rss
a
follow us in feedly
hatena.bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ情報

おすすめ情報

2017年3月14日

インターン生として学んだこと

What I learned as an intern私は去年の6月から今年の3月まで
インターン生として
Bigmacの業務に携わらせて頂いています。

就職活動をしている中でBigmacという会社を見つけ、
企業説明会でweb広告をしている会社です。と説明を受け、
楽しそう!やってみたい!という
漠然とした理由だけで新卒採用を受けました。

ちなみにweb広告ってなに?どこに配信しているの?
広告の業界って実際どんなことをしているのだろう?
という状態で面接を受けました。

パソコンを使うことは今までたくさん、というより、
毎日のように使用していますが、
web広告を気にすることは
ほとんどなかったように感じます。

そんななかでこの会社に来て、
リスティング広告、facebook広告、
Twitter広告などの単語を耳にしても
全くわかりませんでした。

そんな状態だった私ですが、
インターン生としてBigmacで
体験し学んだことをお話させて頂きます。

社会人の方にとっては、
当たり前のことだったりするかもしれませんが、
今、就活を行っている人が
この会社の魅力やインターンシップの魅力を
ちょっとでも感じて頂けたらうれしいです。

学んだこと

1.考える事

最初は分からないことだらけで何をしたら良いかも分からず、
ひたすら言われた業務をこなしていくだけでしたが、
最近になってようやく広告について
「考える」ということができるようになりました。

・この広告をどういったターゲティングで
配信したら効果が出るか?
・どの媒体で出したら良いのか?
・KPIをどうするか?

など考える事です。

学校生活で学ぶ勉強は私からしたら「暗記」でした。
方程式や計算式を「暗記」する、単語を「暗記」するなど
答えがある以上、「暗記」をすればなんとかなりました。

しかし、
この仕事で明確な答えというものはないように感じます。
広告文ひとつにしても、
もっとユーザーに
興味をもってもらえる広告はどんなものだろう?
と常に考えていたりします。

この仕事をしていく上ではもちろん、
社会にでたら本当の意味で「考えること」を
常に行わなければいけないことを学びました。

2.行動すること

広告をだすこと、ターゲティングを変えてみること、
アカウント内のキャンペーンから作り直すこと等、
上司のサポートの元、
自分なりにこうしたらもっと良くなるんじゃないか
と考えたことを実際に行ってみることが大切だと思いました。

考えて終了では何の意味もありません。
もちろん、これを行うことによって
広告の結果が悪くなったらどうしよう・・・
と考える事もありましたが、
そんな時は社員の方に
「やってみて」や「フォローするから大丈夫」などの
声を掛けていただき、
実際に運用してみることで、結果がこうだったから
次はこうしてみたらどうだろう?
と考え、実際に行動を移す。

その繰り返しで、
常に考え、自分で判断し行動していくことが
大切だと思うようになりました。

大変だったこと

学生生活と仕事の両立

まず一つ目に学生生活と仕事の両立です。
当たり前ですが、
私はまだ学生としての身分があったので、
最初の頃は毎日学校に通い、学校が終わってから
会社に来ていました。
普段の学校の勉強に加え、
仕事で覚えることややることを考えると
想像以上に大変でした。

考え、行動すること

二つ目に、考え、行動すること
先程もお話しましたが、
私にとって学校の勉強は暗記だったので
常に考える事に慣れるのは大変でした。

良かったこと

人間関係

この会社、この部署にきて良かったと思うことは、
一つ目に人間関係がすごく良いことです。
私もアルバイト等で経験したことですが、
職場の雰囲気が悪いと、萎縮してしまって
本来の自分がだせなかったりすると思います。

そうなると仕事に関しても、
ネガティブに考えがちになったり、
集中できなくなったりすると思いますが、
Bigmacは皆仲がよく、
とても発言や行動がしやすい環境です。

知識の幅が大きくなる

二つ目に、
いろいろなアカウントに触れられ、
ひとつの仕事にとらわれないことです。

様々な業種の広告を作成することになるので、
どんな媒体でだすかやターゲティング方法を考えたり、
その業種自体を理解するために検索したり、
お客さまとやりとりをしたりなど
「広告をだす」ということではひとつの仕事ですが、
いろいろな業種に関する知識が蓄えられたり、
思わぬ発見があったりして
楽しいと思えることが多いです。

4月からの不安が小さい

3つ目に、
インターン生として少しずつ業務に慣れていくので
4月からの不安が小さいことです。

インターン生としての
就業体験を通して会社に慣れていくことで、
その分どんな仕事内容かや仕事のリズムなどを
理解することができ
ストレスなく会社に馴染む事ができると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事を通して、
Bigmacの良さやインターンについてのことを
知って頂けたら嬉しいです。

大変なこともたくさんありますが、
その分楽しいことや嬉しい事もあり、
インターンを経験できたことについて
とてもいい経験になったと感じています。

まだまだ分からないことも多いですが、
インターン期間に経験したことを活かして
4月から新社会人として頑張っていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録