スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ仕事術

おすすめ情報

2017年5月26日

仕事の疲れが取れる!上手な気分転換の方法とは

i-can-get-tired-of-work-what-is-a-good-way-to-change-your-mood

どれだけ疲れていても毎日働かなければならない社会人の皆さん。お疲れ様です。毎日の仕事の中で、職場での人間関係や達成しなければならない目標など、ストレスの原因は様々です。体の疲れやストレスなど、社会人なら誰もが抱える悩みを解決するために最適な方法があります。それは上手な気分転換です。毎日頑張っている皆さんのために、仕事の疲れを忘れられるような気分転換の方法をお伝えしますので、参考にしてください。

なぜ気分転換が必要なのか

仕事をしていると価値観が全く合わない人と上手く接しなければならなかったり、他人と比べて自分自身に劣等感を抱いてしまったり、様々なストレスが生じます。また無意識に日々の疲れが体に蓄積されている可能性もあります。そんなストレスや疲れを軽減するためには気分転換をすることが最適です。

間違った気分転換の方法

愚痴・噂話

たまに飲食店で食事をしていると女性がひたすら愚痴や噂話で盛り上がっている声が耳に入ってきます。確かに話している本人は気分転換のつもりなのだとは思いますが、無意識の内に心が疲弊してストレスに変わっています。感情的に愚痴や噂話を話している時は気分が晴れるかもしれませんが、話し終わってから冷静になり罪悪感に苛まれる事がほとんどです。また話している友達の気分も害してしまう可能性があります。
愚痴や噂話ばかり話していると、自己価値低下や無意識のストレスなど、様々な問題が起こります。周囲の人たちが徐々に自分から離れていく可能性もあります。自分自身や友人を犠牲にしてまで愚痴や噂話で盛り上がりたいですか?もし思い当たる節があると思った人は、その話を聞く相手の気持ちや話し終わってからの罪悪感の事を考えてみましょう。きっと今すぐやめたほうが良いと思うはずです。

ギャンブル

これは男性に多いと思います。休みの日に1日中ギャンブルをすることはあまり良くない気分転換の方法です。
始める時は気分転換だと言っている人がほとんどですが、終わった時にほんとに気分が晴れている人はほんの一部です。ギャンブルをする人の中で大多数を占めているのは負ける人です。ギャンブルをして負けた時には大きなストレスや後悔、ひとりで負けると孤独感などが残ります。もしギャンブルをするのであれば、あらかじめ使う金額を決めて、ストレスを感じないように楽しみましょう。

上手な気分転換の方法

力を抜いて深呼吸

仕事で行き詰った時や集中できない時、いつでもできるのが深呼吸です。深呼吸をすることで無駄な力が抜けて、気分が落ち着きます。ポイントは息を吸うと同時に胸や腕などを伸ばすことです。そうすれば心と体の緊張が緩和されます。迷ったらとりあえず深呼吸、覚えておきましょう。

軽い運動

体を動かすことは悩み事が多かったり、気分が晴れない時におすすめの方法です。ストレッチやウォーキング、ジョギングなどであれば、日頃体をあまり動かさない人でも気軽に取り組むことができそうですね。気分転換や健康のためにも、運動することは習慣にしましょう。

趣味に時間を使う

日々の仕事で溜まったストレスを自分の好きな事で発散するのも効果的な方法です。毎日家と職場の往復という状況の中ででストレスが溜まらないはずがありません。自分が本当に楽しいと思える趣味を見つけて思いっきりストレスを発散しましょう。
スポーツやゲームなど、すぐにできることから旅行まで様々な趣味があります。もし趣味が無かったり、新しい趣味を探したい人はとりあえずいろいろなことを試してみるのも良いかもしれませんね。

考え方、生き方を変えてみる

これは始めるのが少し難しいかもしれませんが、やってみると新鮮な気分になって案外良い方法です。例えば完璧主義な人は休日だけでも自分に甘くなってみたり、大雑把な人は日記やブログなどを定期的に書いてみると新しい発見があって面白いかもしれないですね。他には、今まで生活の中で習慣として続けていた事に少しだけ変化を加えてみたり、環境を変える為に新しい習い事などをはじめることも良い方法です。
毎日同じことの繰り返しで退屈、どうしても自分に自信が持てない、このように感じることが多い人にとっては考え方や生き方を変える事が向いているのでは無いでしょうか。

まとめ

今回は、毎日仕事を頑張っている社会人の方達のために上手な気分転換の方法を紹介してきました。間違った気分転換の方法に当てはまってしまった人は、上手な気分転換の方法を参考にしてストレスを溜めないように心がけてください。
仕事の合間や休日の気分転換は、仕事に対して努力していくためのエネルギーになります。大きな問題が起きた時やチャンスが訪れた時に最大限の力を発揮するためにも気分転換は怠らないようにしましょう。もちろん気分転換の方法にも個人差はありますが、やってみて損な方法は載せていません。是非積極的に試してみてください。
もし今後気分転換の方法に悩んだらこの記事を参考にしてくれると嬉しいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年5月23日

部下を育成して戦力にする方法

How to foster subordinates and make them fighting strength

 

スポーツの世界では、「名選手、名監督にあらず」という言葉があります。これは現役時代に選手として残した実績と、その人が指導者として発揮する力が必ずしも比例しないことを表した言葉です。

確かな技術をベースに素晴らしい実績を残す人。ですが、その技術を後進に伝えるということは、また別の難しさがあるということなのです。

全体のことを把握して、チームが最大限の成果を発揮するための指揮を取る監督。その中で一定の範囲を管轄し責任を持って指導していくコーチは、企業で置き換えると部署を管理する立場、上司や管理職、リーダーといったポジションにあたるのではないでしょうか。

部下やメンバーが成長しないという悩みを抱える管理職の方も多く、管理職向けのリーダー研修、リーダーシップ研修会も盛んに行われています。今回は、強い部署、強い会社になっていくために欠かせない部下の育成について考えてみます。

原因は部下だけにあるのか

質問に対しておどおどしていて明確な受け答えができない。自ら先の指示を積極的に確認しない。おそらく世の中の管理職と呼ばれる人達は、部下のそんな態度にやきもきし、困っているのではないでしょうか。
なぜ部下がそんな態度になってしまうのか。それには、管理者側の部下への接し方にも理由があるのかもしれません。
こちらの聞きたいことが明確に部下に伝えられているのだろうか。無意味に怒ったりすることで、コミュニケーションがとれなくなってはいないか。目標設定など、やる気の出るような環境を作る努力をしているのか。

自ら考え工夫しより良い環境に会社を変えられる、組織を変えていく意思を持っている人間。部下がそういう社員になって欲しいと思うのであれば、上司自らが変わらなければいけないでですよね。自分が変われば相手も変わる。これもよく言われる一文です。育たないと嘆く前に、部下に対しての自分の行動を見直すことが必要なのです。

ただし、部下のことを考えて話しやすいように怒らず常に笑顏でといっているのではありません。部下が素晴らしい社会人となり、会社にとって貴重な人材となるためのことを意識しての指示やトレーニングを課すことは、その時は厳しく捉えられたとしても、いずれ必ず伝わるものだと思います。そう信じて、部下と接していくことが大切なのではないでしょうか。

 

指導で意識すること

接し方で意識したいポイントをご紹介します。

 失敗した時の対応

「もっと上手くやれ!」などと曖昧な言葉を発してはいないでしょうか。
そもそも出来なかった理由が部下にはわからないのですから、「上手く」と言われても改善方法がわかりません。何を変えるのかを具体的に伝えてあげましょう。

部下に質問をする時

なぜ出来なかったのか?という質問が続くと精神的に追い詰めてしまいます。
そこで上司やリーダーから質問するスタイルを、次の行動に繋がるような聞き方「どうやったら出来たのだろう」に変え、部下の目線を次へのチャレンジに向けるようにしましょう。

理解度を把握する工夫

指導したことを、部下に逆説明してもらいましょう。理解度を把握することで、任せられる仕事内容が明確になります。失敗する確率が高い、もしくは大丈夫。そんな予測が立てられることで、万が一トラブルになった時の対応準備も可能になります。

自らの行動をお手本に

部下に言う前にまず自分が懸命に仕事に取り組みましょう。上司やリーダーは、常に部下に見られているのです。普段の取り組みが部下の信頼をつかみ、言葉に重みを加えます。何を言われたかではなく、誰に言われたか。それが大事なのです。

 

まとめ

ある書籍では、上司不適切者の特徴として
・部下に任せず自分でやってしまう。
・部下の能力を信じることができない。
・全てではなく、一部分しか任せない。
・指導するのが面倒くさい。
と紹介されています。思い当たる方もたくさんいらっしゃいますよね。

上司は部下に任せて失敗しても、自らが責任を問われる立場です。それなら自分がやるほうがと思ってしまいがちですが、それは部下の育成から逃げていることにも繋がります。失敗するリスクを背負える度量も、上司に欠かせない資質と言えますね。

企業の採用活度においては、少しでも優秀な人材を確保したいもの。ですが、優秀な人材かどうかは仕事をしてみないとわからないのも事実です。結果的に会社に欠かせない人材にするには。本気で事業の発展を目指している企業は、この人材育成に投資をしています。

人工知能の発達により、段階的に仕事がロボットに奪われていきます。将来的に生き残るのは、ロボットに奪われない人間力を活かした組織・サービスであり、そういう人間力を自社で教育出来る企業であると感じます。人材教育において、上司が部下に与える影響の大きさや会社にとっての役割。上司の皆様は、重々意識して行動するべきではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年5月18日

習慣化すると劇的に変わる?!続けるためのコツを伝授!

Does it change dramatically when it becomes a habit It is! Teach me how to keep going

みなさんは、何か一つでも習慣化していることはありますか?習慣化について、心に残る言葉に出会いました。
「良い習慣は才能を超える」です。この言葉を耳にしてから、もっと知りたい!と思い習慣化について今回記事を書くことにしました。
どちらかというと、才能とは元々もっているもの、あるのものかと思いますが、いい習慣を身につけるだけで才能を超えることができるのなら…と思ったのです。習慣化するには、継続していくことが必要なのでコツがいります。
習慣化したいことを継続するは、どうすればいいのでしょうか?一つずつ紐解いていきたいと思います。

習慣化するには一定期間が必要

まず、習慣化に取り組む前に知っておいていただきたいことがあります。それは、習慣化にはある一定期間が必要ということです。習慣パターンを3つに分類できます。それぞれ習慣化するのにかかる時間が異なるのです。
①行動習慣…1ヶ月(ブログ、試験勉強、読書など)
②身体習慣…3ヶ月(早起き、ダイエット、ジョギング、禁煙など)
③思考習慣…6ヶ月(プラス思考、論理的思考など)

すでに習慣化されていること

日常生活の行動の4割は習慣なのです。日々の生活の中で当たり前に行動していることは、人間は小さい頃から当たり前のように行動しているので無意識に行動できてしまうのです。日々学習して大人になった今では当たり前の行動になっていますよね?
例えば、「歯磨き」、「お風呂に入る」、「会社に○時に出勤する」などと習慣化できているからこそ当たり前のように行動しているのです。

わたしの悪癖でもありますが、今まで何度も色んなことに挑戦してきましたがことごとく3日坊主で終わってしまいます。
例えば朝活したいから、早起き。運動したいからジョギング。日記代わりにブログ更新。全て習慣化できておりません。人と比べてはあの人はあんなにがんばっているのに、なんで自分はいつも意思が弱いのだろう…と落ち込むこともあります。ではなぜ習慣化できないのでしょうか?やる気がないから?本気度が足りないから?そこには、やりたくても継続できない原因があったのです。

習慣化できない原因

いつも3日坊主になってしまう方、意思が弱いからダメなんだ…と落ち込まないでくださいね。実は、習慣化できない原因は脳の仕組みが原因だからです。脳は、新しいことを嫌い、現状を維持しようとします。すなわち変化を嫌います。だからいつもと違った行動をしようとすると自動的にブレーキをかけてしまうのです。そのため、新しくこれをやろう!と決めて行動にうつしても継続して習慣化するのが難しいのです。
では、習慣化するのは無理なのでしょうか?習慣化は、必ずできます!ただ、新しい習慣を継続するにはコツが必要なのです。習慣を継続するためのコツをお伝えしていきます。

習慣化するためのコツ

小さいことからはじめる

例えば、読書を毎日したい方の場合、「1日30分読書をする」という目標ではなく、もっと小さい目標に設定するのです。「1日5ページだけ読書する」などです。最初の段階はそのくらいでいいのです。まずはやってみて「楽しい!」「もっと読みたい!」と思うようにしていくことが続けれることのポイントになります。

1つずつ習慣を増やしていく

色んなことを習慣化したいかもしれませんが、まずは自分が今一番取り組みたい習慣から1つだけやってみましょう。あれもこれもと同時に始めては結局何もできなかった…ということになりがりです。1つ1つ増やしていくことにより、結果たくさんのことが習慣化でき、目標達成に繋がります。

行動する時間を決める

習慣化したいことをいつするのか、具体的に決めて毎日スケジューリングすると取り組みやすいです。1日のうち、どこかのタイミングでやろう!では、あとでいっか…になってしまい、そのうちやらなくなることが多いためです。しっかり時間を決めて実行してみてください。

モチベーションに左右されない

習慣化しよう!と決めたときは、モチベーションがとても高い状態にあります。しかし、時間と共にモチベーションは必ず下がってしまいます。これはあなただけでなく、誰でも下がってしまうものなのです。なので、モチベーションは常に変化するという認識をまずもってください。そして、モチベーションが下がったときでも習慣化できる仕組みを作ることが大切です。
例えば、行動する時間になったらアラームでお知らせする!などであれば自分で簡単にできる方法ですので非常に効果的です。

目的を明確にする

なぜ、あなたは○○を習慣化したいのですか?の質問にすぐ答えれますか?この答え=目的がはっきりしていないと継続することは難しいです。目的がはっきりしていないと、継続していくうちに行動することが目的になってしまい、本来のやる意味を見失っている状態だからです。まず行動する前に、何で○○をしたいのかを考えてから取り組みましょう。

周りの人に宣言する

心理学の一種で一貫性の原理というものがあります。宣言したことを現実化するために、貫き通そうとする人間の心理を利用します。親しい人や職場の人に、宣言することによって簡単にはやめれなくなります。そういう状況を自分で作っていき、継続できる環境を作っていきましょう。

まとめ

今の自分は、産まれてから今、現在までの習慣によって形成されています。そして今からでもどんどん習慣化することによって変化することは可能なのです。であればどんな自分になりたいですか?どんな習慣を取り入れると理想の自分に近づけますか?
習慣化して継続できることにより、自分への自信にも繋がります。いいことしかない、習慣化。取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年5月18日

スピードアップ!ネット情報の集め方のコツ

big-mac.jprecommendspeed-up-tips-for-collecting-net-information
加速する情報化社会を背景に、情報収集のスピードアップが求められています。いかに多くの情報を集められるかで、仕事での個人の能力が判断される時代が到来しているからです。
なかでも、膨大な数の情報が氾濫するインターネットでの情報収集は、ビジネス成果に直結すると言っても過言ではありません。
そこで今回は、ネット情報を効率的に集めるコツについてご紹介します。

効率的にネット情報を収集するためには

サーチエンジンの発達や通信技術の目覚ましい進化によって、インターネットは情報収集に欠かせないツールとして幅広く活用されています。インターネットで必要な情報のキーワードを検索すると、「分からないこと」や「知りたいこと」を誰でも手に入れることが可能となりました。

しかし、刻々と更新される膨大な量の情報が溢れているインターネットにおいて、キーワード検索だけに頼っていると目的の情報に辿り着けないケースや、情報が記載されているWebサイトや記事がたくさんありすぎて情報との正確性の判断に時間がかかるケースも…。

ネット情報やデータを効率的に収集するポイントは、短時間で必要な情報を手に入れられる方法を活用することです。

インターネットツールを活用する

ネット情報収集を効率的に行うためには、インターネットツールの活用が欠かせません。
スピーディな情報収集は、ビジネスの成果を高める重要なカギを握っており、ネット情報収集に最適なおすすめのインターネットツールをご紹介します。

RSSリーダー「feedly」

RSSとは、「Rich Site Summary(リッチ・サイト・サマリー)」の略称で、Web上の最新ニュースやブログの更新情報などを配信する技術を表します。
XML形式で配信されているRSSは専用のRSSリーダーを使うことで、ニュースやブログの内容や更新情報を自動的に取得することが可能です。RSSリーダーのほとんどは無料で提供されており、ネット情報の収集には欠かせないツールと言えます。

加入ユーザー数が世界規模で拡大している「feedly」は、デザイン性と利便性に優れた機能が魅力のRSSリーダーです。
パソコンはもちろん、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリとしても提供されており、リアルタイムな情報収集をスムーズに行うことが可能となります。
「feedly」では、ブログやサイトの最新情報や更新情報をひと目でチェックできる上、興味のあるサイトをまとめ読みすることもできます。英語表記ではありますが、ネット情報収集にかかる時間を劇的に短縮してくれ、日本で使い方を開設しているサイトも多いので、ぜひ試してみてください。

ネット情報収集の最適化ツール「Google アラート」

「Google アラート」は、登録した特定のキーワードが含まれる情報をWeb上で検出し自動で的にメールにて通知する機能が特徴のツールになります。
通知のレベルは調整可能で、GmailフォルダまたはRSSフィードに保存され、「Google アラート」を活用することで、目的に合わせた最新の情報を自動で収集することが可能です。通知の頻度は、「1日に1回」「1週間に1回」「その都度」などから選択でき、キーワードの複数登録や自由なカスタマイズが魅力といえます。
しかし利用する際に、インスタグラムやフェイスブックなどのキーワードを設定すると、情報量が膨大なため検索結果がひっきりなしに送られてくるため、キーワードを精査して設定するようにしましょう。

無料ニュースアプリ「Gunosy」

「Gunosy(グノシー)」は、幅広いジャンルの最新情報が配信されるニュースアプリです。
テレビCMのキャッチコピー「3分で旬のニュースをまとめ読み」の通り、自分が関心のある最新ニュースをリアルタイムに、「Gunosy(グノシー)」があなたが選んだ記事の傾向から興味関心を分析し、あなたにあわせた記事をまとめて送ってくれます。

さらに、FacebookやTwitterなどのSNSのアカウントと同期すると、投稿や閲覧履歴から情報分析する優れた機能が最大の魅力です。
つまり、単なるニュース配信サービスではなく、ニーズに合わせた最適な情報を配信するキュレーションサービスと言えるのです。パソコンはもちろん、スマホやタブレットからも利用できる「Gunosy」は、効率よくスピーディな情報収集のために、必須のニュースアプリと言えるのではないでしょうか。

経済ニュースに特化した「News Picks」

「News Picks」は、経済コンテンツを中心に配信するニュースキュレーションアプリです。経済新聞を購読する感覚で、最新の情報を手に入れることが可能となります。

「News Picks」の最大の特徴は、配信されたニュースにコメントできる「Pick機能」です。ネット情報を収集するだけではなく、自分の意見を主張することで情報に関する理解度を高める効果が期待できます。

また、SNSと同じく、ユーザー間のフォロー機能も魅力のひとつ。他にも、経済界の著名人や専門家による解説も「News Picks」ならではの特徴です。興味のあるジャンルやカテゴリを指定すると、求める情報をスピーディに手に入れることができます。

情報収集のポイントとは

ネット情報収集のポイントは、ご紹介したツールの活用とともに、情報収集の基本を理解することです。

情報収集の目的を決める

情報収集が苦手な人は共通点として、目的がブレている人を多くみられます。
情報化社会においては、ネット上に流れる膨大な情報を見るだけでは情報収集とは言えません。「集めた情報をどう利用するのか?」「ビジネスに活かせる情報は何なのか?」など、情報収集する目的を明確に定めることが大切です。

情報収集の目的を定めると、ネット情報収集の効率化は劇的に高まります。さらには、目的に合わせたインターネットツールの選択もスムーズに行えるでしょう。情報は集めるだけでなく、知識として吸収した上で、自分の能力を高めていく方法として活用することが重要なのです。

ネット情報収集の出典を確認する

情報収集を効率化できるインターネットですが、信頼性の高いサイトを見分ける能力も大切です。出典元が明記されているサイトであることはもちろん、評価などを比較する方法も必要に応じて試してみるのも良いかもしれません。

ネット情報収集は、個人情報の漏えいや誹謗中傷の拡散など、予測できない事態を招くケースも考えられます。最新のセキュリティ対策も含めて、ネット環境を整えることも情報収集には必須と言えますね。
出典元がはっきりしている情報源として、有識者のメルマガがあります。
メルマガですと有料のものもありますが、有識者の専門分野の専門的知識の情報を定期的に受け取ることだけでなく情報発信として出典元がしっかりしているため、情報源の正確性を判断する時間を短縮することができるため、おすすめです。

自分の意志決定をはっきりともつ

ネット情報収集を効率化し、有効な情報を集めるツールやコツについてご紹介しましたが、情報収集の時間短縮や正確性の高い記事の判別だけでなく、自分の意見をもつことが一番大切です。
インターネット上に溢れる膨大な情報の中から、本当に必要とする情報を見つけ出して終わりではなく、その情報を元に今後の自分が何を行うか、ということが一番大事になってきます。一つ一つの情報を読み流すのではなく、自分に応用や活用できることがあるか考えることで自分の知識として定着する力も格段にあがります。
普段何気ない情報収集から癖付けることで、効率のより情報収集を行うように心がけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2017年5月16日

商品企画の仕事に関わるスキルやマーケティングへの活かし方

How to use skills and marketing related to product planning work

『新商品』『新モデル』など。
新しい商品が次々と生まれていますね。

商品ジャンルも様々で機械や日用雑貨を問わず、過去の物よりも便利になっていたり、用途が増えたりと、私たちの生活に関わる中で変化し続けています。

実際には商品を開発するだけでなく、認知を高めるための『宣伝』としてCMを起用したり、店頭で目を惹かせるPOPを作成したりと、その手法に至るまでをセットで考えた時。

それは『商品開発』ではなく、『商品企画』としての業務になります。これは求人や転職サイトでも勤務地や雇用形態と比較し、掲載されるほど「経験者歓迎」とされるところが多く、企業として重要な内容です。今回のおすすめ記事では、この『商品企画』について触れて行きます。

商品を生み出すためのコンセプトの重要性

過去に市場にあった商品の改良版や、車等でいうマイナーチェンジを耳にしますが、業界市場に商品が多い状況であるからこそ、それぞれの企業にとって売れる商品を開発することは「容易な」状況ではないと言えます。

どうしても、自社商品に対する価値や消費者からの評価は避けられず、似通った商品・事業・サービスを持つライバル会社との比較も受けることで、商品の拡大に至らないケースは多いでしょう。

コミュニケーションを使った人の接客ができない、発達したネット通販で購入できる商品であれば、なおさらでしょう。

物を購入する消費者が自由に情報を探し、選べてしまうからこそ、消費者が手を伸ばしてしまいたくなる、商品そのものの「質」が重要です。

その「質」を生み出すのは、開発前のコンセプト決めです。前提として、「狙うターゲット」「商品によって購入者へ与える価値」「差別化要素(特徴)」を明確に定まっていなければいけません。

それぞれのポイントがしっかり定まっていないと、商品を開発する途中でもぶれてしまいがちで、「作り損」となってしまっては勿体ないですよね。商品を作った後に、どういった人がこの商品を買うのか?と悩んでしまうような状況を避けるためにも、コンセプトを定めましょう。

顧客と開発者の考える商品に対する考えの「ずれ」

顧客は、自分が抱える悩みを解決してくれるのか?自分の持つ願い・希望を叶えてくれるか?を多少なり意識することで、自己の検討リストから購入する商品を決めます。

必要性を感じない商品に購買意欲は生まれず、開発者だけがわかるメリットや特徴は顧客には響きにくいです。この顧客と商品開発者の間に「溝」や「温度感」が生まれやすいのは、抱える問題や悩みに目を向けきれていないことが原因でしょう。

商品開発者も営業するまでもなく一人の顧客です。それまでの自分の経験や問題意識から「自分だったらこういう商品が欲しい」と考え、作られる商品も、そのユーザーの希望や抱える悩みを解決する商品です。

あるいは、顧客からの声や周りからの意見を聞くことができれば、アイディアのストック。開発のキッカケに繋がります。直接顧客からヒアリングするほどのコミュニケーションを取れれば理想ですが、代案としてはメーカーアンケート、WEB上での評価、レビューでしょう。

「◎◎ 評判」と、googleやyahoo!をはじめとした検索エンジンを使えば、大よその意見は探すことができます。また、企業ページではなく、amazonや楽天といった通販サイトにもレビューを更新されているユーザーもいます。

この声を拾うことで、開発者が思う顧客の問題意識との「ずれ」を解消することに繋がり、より手に取りたいと思える商品=新しいコンセプトへと繋がっていきます。

商品を顧客へ宣伝する方法の種類

商品も決まり、後はどのように、その商品を知ってもらうのか?より広く強く認識してもらうためには、掛け合わせ=相乗効果を利用していきましょう。

地域の情報メディア。地域新聞やラジオ、テレビCMなどに記事掲載。もしくは放送をしてもらいましょう。手法としてパブリシティ(プレスリリース、ニュースリリース等)企画。【A株式会社より。2017年8月にxxxを販売】というように、報道して欲しい内容を簡潔にまとめたものを、メディアに向けて宣伝します。

うまく目に止まればメディア側からの取材を提案されるケースにも発展します。そこからWEBニュースサイト、まとめサイトへの掲載まで発展していくことにも繋がります。

掲載期間に限りある中で、スマホアプリの中でもニュース・情報アプリをインストールしているユーザーも少なくないので、一段と話題性も広がっていきます。

マスメディアを基とした情報を集めるユーザーとネットから情報を集めるユーザー。どちらかしか存在しないと決めつけない方がよいでしょう。

繰り返しますが、情報の相乗効果を目的とすることで、仮にスマホユーザーであっても、同じ情報を受け取る回数や異なる受取先からの情報となるほどに、関心度合いも信憑性も高まっていきます。

まとめ

商品開発と広報、宣伝、そして企画と。一つの商品に対しても実際に市場に出るまでのプロセスは果てしなく長いです。売れる商品が簡単には作れず、また経験者でも簡単にアイデアを考え付くものでもありません。

今の企業、商品、お店がある方。どのような手法で外部に認知させていくことができるか、改めてご自身でも考えていきましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
1 2 3 4 5 6 7 31