スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ仕事術

おすすめ情報

2016年5月9日

「shockwave flash has crashed」と出てきた時の解決策|Google Chromeで問題が起きた場合

Google Chromeをお使いのみなさま。
パソコンやノートPC、そして技術の進歩でAndroidスマホやiPhone(携帯機)にて日常的にニコニコ動画やYoutube、フラッシュアニメ、はたまたインターネットの無料オンラインゲーム(シューティングゲーム、無料ゲーム)。
ホームページで知りたいキーワードを検索をながら仕事や宿題をしているのではないでしょうか。

PCを使う中で情報バーにトラブルが表示されたりと、トラブルはつきものでもありますが、その困ったことの中でもGoogle Chromeを使っている時、ブラウザ上にタブを数個開いてしばらくすると…
「shockwave flash has crashed」このようなエラー表示が出てくるネットトラブルに遭遇したことはございませんか?
本日、私のパソコン(コンピューター)に出てきて非常に困りました!
しかも英語だと技術者向けに見えて非常に不安…。
日本語だと「プログラムの異常がおこりました」「セキュリティの脆弱性を確認」などで、わかりやすいんですけどね。
どうも質問サイトなどを見ていると、Flashゲームの一部、艦これやニコニコ動画などで不具合がある人が多く見られるようです。

質問サイトの記事やトラブルシューティング情報などの最新質問一覧などを見ていろいろと解決方法や対処法をまとめ、説明をさせていただきたいと思います。

そもそも「Shockwave Flash」とは

この記事の問題でもある、「shockwave flash(ショックウェーブ フラッシュ)」ですが、マクロメディアが開発した、音楽や動画関連といったメディアのデータを再生するためのプラグイン(Shockwaveプラグイン)です。

現在はAdobe(アドビシステムズ)が買収して、そこから販売されています。よくユーザーが使うShockwave FlashプラグインとしてはShockwave Playerという名前で、アドビシステムズのホームページからフリーウェアとして配布されています。
アドビシステムズから配布されているので、「shockwave flashプラグインクラッシュ」「Adobe Shockwave Playerプラグインの追加が必要なコンテンツがあります」などともエラーメッセージで出るようですね。

Shockwave Flashの現在

アドビシステムズの似たような技術(Flashプレイヤー)と比べても、多機能かつグラフィカルなゲームの制作に向いていることから1990年台の半ばまで、PC版ゲームなどに使われていました。
しかし、動作が軽快であるFlashの登場によってどんどん使用数は減少していきました。日本人向けとして2000年7月にFlashファイル(アニメやゲーム)などに使われていましたが、2009年の1月に日本人向けのサービスは残念ながら終了いたしました。年々普及率は低下しています。

現在でもShockwaveアプリケーションのひとつShockwaveゲームサイトなどで、懐かしい感じのShockwave系のパズルゲームやアクションゲームを楽しめるので、一回覗いてみてはいかがでしょうか。

どのような現象が起きたか…

さて肝心の問題ですが、まず、新しいタブでYahoo!やGoogleを開こうとしたところ、まったく開かなくなりました。
何かを検索してページを開こうとしてもページが見つかりません…となりました。
おかしいな…と思い、再起動して様子をみてみると、ページは開くものの、しばらくすると「shockwave flash has crashed」この表示がでてきてなんと何も出来なくなってしまうという現象が。
パソコンやバージョンによっては、「次のプラグインがクラッシュしました: Shockwave Flash」プラグイン応答がなく、このように表示されることもあります。こうなると開いたページが触れません。

解決手順

では、解決策を調べたのでご紹介していきます!
まずは、アドレスバーのところに「 about:plugins 」と入力してプラグインを開いて下さい。
そうするといくつか項目が出てきます。
その項目の中に「Flash」とついた項目を探します。
右上にある詳細のメニューボタンをクリックしていただくと以下のようなページになります。

shousai

puragu

このようにいくつかの項目の詳細が見れるようになります。
「Flash」の中の「App」とついたものはありますか?
それを無効にし更新することで、「shockwave flash has crashed」をかなり軽減できます。
今日はこの対策をしてからは普段通りにパソコンが使えています。
ちなみに、本日おこなったこの解決策ですが、Chromeがバージョンアップされてしまうと設定が元に戻ってしまうこともあるそうです。

原因と他の対策として

そもそもの原因とは何か気になったので調べてみた結果、複数のブラウザを使用している場合に複数の種類のFlashプラグインのバージョンが現在使用しているChromeのバージョンと相性が良くないことがクラッシュするひとつの原因として考えられるそうです。
しかしはっきりとした原因は分かりませんでした…。

他の解決策として

Flash Player を最新版のものにダウンロード(インストール)して、今現在問題があると指摘されているものは無効ではなく、削除してしまう!といった策で効果があるそうです。
自分のPCソフトのバージョンは確か最新版だったような、とお思いの方は試してみてはいかがでしょうか。
ついつい体験版などのソフトだと無料のものが多く、コンピューターにダウンロードを多くしてしまいますが、不具合も起きる可能性があるのでほどほどにしておきましょう。

さいごに

今回ご紹介した解決策で、「shockwave flash has crashed」この現象が良くならない場合は、直接Google公式サイトにお問い合わせしていただけると良いかと思います!
ヘルプから問題報告が出来ますのでそちらから、行った手順やそれでも起きている問題を報告していただければ、解決策をいただけると思います。
問題を解決し、快適なデジタルライフを過ごしてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2016年5月8日

知識を自発的に学ぶ人と学ばない人で差が付く時代

polarization

これから知的格差は拡大し二極化していくのではないか?
そんな時代をどう捉えているか?という話をします。

Bigmacは最新のマーケティングや広告を実践し、
その中で活路を見出してクライアントと歩む会社です。

知識や知恵はどうしても重要になります。
きちんと時代の流れをつかみ、進むためには
知識の源泉にはアンテナを張っていく必要があります。

 

日本では知識格差は起こらない?

人は、情報を得ることによって知識を得ます。
情報といっても自分にとって使える情報、使えない情報が
入り混じって入ってきますから、取捨選択する必要があります。

そして、知識を自分なりに実践して成功体験・失敗体験を得る。
その結果、知識は知恵へと昇華されるわけです。

自分たちの血肉となる知恵の源泉、知識。
その知識のさらに源となる情報。

私は知識格差がこの先、そのまま経済的な格差にも
繋がると見ています。

アメリカではインターネット上の情報にアクセスできないくらい
貧富の差があって、一部では解消されているものの全体的には
広がる一方だという話があります。
(※アメリカにおけるデジタルデバイドは解消したか?

一方で、日本が情報社会となって久しいですが、
インターネット接続料金を払え、パソコンかスマホを所有する
お金があるインターネット利用率は9割を超えますよね。

日本でも経済的な二極化は言われていますが、
インターネットに接続できないほどではない。

それでも、今後は知識格差が日本でも進み、
そして知恵の格差、経済格差が間違いなく進むと考えます。

 

知的レベルの差が広がることで知識格差が広がる

知恵の格差、経済格差を引き起こす原因は、
間違いなく知識格差です。

誰もがインターネットにアクセスできる時代ではあります。

しかし、誰もが自由に情報を得られるからこそ、
情報の取捨選択をコントロールする知的レベルによって
得られる情報の質が決まってくるのだと考えます。

新聞・テレビなど既存メディアを否定するものではなく
役割の違い・棲み分けの違いだと考えていますが、
受動的に受けるこれらメディアの情報で満足する人。
能動的に情報を調べ、知識レベルがアップする人。

その差がどんどん出てくる流れがあるということです。

本人が満足ならばそれでOKなのですが、
取り返しの付かない差が出てからでは遅いのです。

受動的な情報だけにさらされることなく、
自分で調べ、追求し、情報の質にこだわり実践して
知恵に変えていく姿勢が重要なのだと考えています。

 

知識の質はどんどん高まり続けている

能動的に知識を取くためには、どうすればいいのでしょう?

インターネット検索スキルを上げ、情報を取り出す精度を高める
知識レベルの高い人の発信する情報に触れる
知識レベルの高い人と実際に交流する

など、自ら少しずつ実践する必要があるのですが、
学校のように体系的に学べる仕組みもどんどん高まってきています。

そのひとつとして、ユーデミー(Udemy)を挙げます。
knowledge-and-udemy
https://www.udemy.com/courses/

IT用語辞典バイナリ(http://www.weblio.jp/)によると

Udemyとは、2010年に開始された、
eラーニングのプラットフォームを
提供するサービスである。

Udemyの主な特徴として、
個人でも授業・講義の資料を用意すれば
講師として発信することができる点、
有料授業に設定して収益を得ることが
可能となっている点などを挙げることができる。

資料は講義の様子を収録したビデオ映像の他に、
パワーポイントやPDFなどの文書資料でもよい。

講義の内容は分野もレベルも様々であり幅広い。

個人講師の中にも、Facebookの創業者である
マーク・ザッカーバーグや、
元ゼネラル・エレクトリック経営者であり
「20世紀最高の経営者」とも称される
ジャック・ウェルチのような、
世界トップクラスの評価と実績を持つ
経営者などが含まれている。

日本ではベネッセが運営権利を取得して
展開しているようですが、動画教育が中心です。

  • プログラミング技術
  • PhotoshopやIllustratorなどデザイン技術
  • WordPressなどWeb構築技術
  • マーケティング技術
  • そのほか多くの専門知識

などが数千円から動画や資料として販売されており、
販売者なり動画教育プログラムが評価される
仕組みになっています。

動画教育のAmazonみたいなイメージでしょうか。

動画で実際の画面を元に自分のペースで学習できますから、
専門的な分野のスキルを挙げるにはもってこいでしょう。

さらに、情報発信者にコメントすることもできますから、
そこから知的レベルの高い情報発信者との交流を深めて
さらなる高みへ登る人も出てくるでしょう。

 

ユーデミー(Udemy)の知識の質が高いという事例

ユーデミーの知識の質が高いことを示す事例として、
例えば、これです。

1462769021944screensave

未経験からプロのWebデザイナーになる!
400レッスン以上の完全マスターコース

2000名以上が受講し、116名の平均評価が星4.5を超える
人気の講義のようです。

  • 422のレクチャー数
  • 41.5時間のビデオファイル
  • スキルレベル初級
  • 日本語
  • 30日間返金保証
  • スマホで受講可能
  • 修了証明書が発行可能
  • Webサイト制作の一連の流れを理解できるようになります
  • Photoshopで、バナーやフライヤーが作れるようになります
  • 実践的なWebサイトグラフィックデザインができるようになります
  • HTMLとCSSができるようになります
  • 実践的なWebサイトのコーディングができるようになります

と、資格なみのサポートですね。

Web知識、Photoshop、Webグラフィックデザイン、
HTML、CSS、実践的なコーディングなど、
Webデザイナーとして働いたり、
自分1人でサイトを作り上げるのに必要な全てが含まれています

とのことで、広く浅く入門的な知識なので
経験のある私(野村)は未受講ですが…、

やる気と受講料の6000円さえあれば、
初心者でも、全く専門外だとしても、
ひととおり学ぶことが可能ですね。

ご興味あるからは、ぜひのぞいてみてください。
https://www.udemy.com/web-design-master/

 

自発的に学ぶ人と学ばない人で差が付く

このような情報が、あらかじめ質の高い状態で蓄積され
それが提供されるようになってくると、

あとはそれを知っているか?
自分から手に取り実践しているか?

が問われるようになってきます。

これからは、自発的に学ぶ人と学ばない人で差が付く時代。

Bigmacでは、クライアントと共に歩んでいくために
知識的なブラッシュアップを実践しています。

あなたが知識的な成長を望むならば、同じように
質の高い知識を取り入れ、それを実践することが
これからの時代にマッチさせるには必要だと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2016年4月22日

デキるビジネスパーソンの仕事依頼術

弊社はウェブ制作から、広告運用、テレビCMまで、
幅広くお仕事させて頂いておりますので
必然的にたくさんの方と(社長、役員、役職者の方など)
関わりながらお仕事しております。

その中で、稀にとてつもなく仕事がデキる人が現れます。

「この人はすごいなぁ・・・」

とりあえず圧倒されます・・・^^;

私は今まで
”仕事がデキる人”=”アタマガキレル人”と
思ってましたが、それだけではありませんでした。

自分の仕事のクオリティのは当たり前ですが
周りへの配慮が抜群であり
「この人のためだったら頑張ろう」と、
無意識にそんな気持ちにさせてくれます。
結果、その方の仕事では
大きな成功を得られている傾向にあり
出世されている方多いです。

つまり、”アタマガキレル”だけではなく
人の使い方や仕事の依頼方法が卓越してる人が
”仕事がデキる人”だと思います。

そんな、私が出会った
デキるビジネスパーソンが行っている仕事依頼の特徴を
ご紹介したいと思います。

デキるビジネスパーソンの仕事依頼の特徴

●指示が明確
●交渉能力が高い
●キャパシティを考える
●仕事をちゃんと評価する

 

指示が明確

デキるビジネスパーソンは
誰にでもわかるような言葉で的確に指示を出します。
業界用語や、専門的な用語は
受注側で混乱を生むことが多いことから、使わないのだと思います。

また、依頼する仕事の要点、優先順位が明確なので
依頼者側と受注側との頭で同じ完成形が描け
結果的に修正がほとんど起こらないのも特徴です。

仕事の要点、優先順位が決まってない段階で
仕事を発注しないといけない場合もあると思いますが、
そういった場合は依頼する前に
「〇〇という事情があり必ず修正が入ると思うので、叩き台で作ってください」と
凝って作らないように指示を出すようにしましょう。
受注側からすれば、曖昧な指示だとどの程度のクオリティで作れば良いかわからず
作りこみ過ぎてしまい時間的なロスが生まれかねません。

 

交渉能力が高い

社内での交渉術が高く、仕事を依頼する前に
以下のことを明確してから仕事を発注します。

・やることと、やらないこと。
・やるべきことと、やった方が良いこと。
・やらなくていいことと、どちらでもよいこと。

上記のことを曖昧な状態で依頼するのは
受注側で混乱しか生みません。

社内で上手く立ち回り、時には根回しし、
上記のことを決めきってから、
現場が混乱しないように依頼しましょう。

 

キャパシティを考える

仕事は様々な取引先があった上で成り立つので
受注側は様々な仕事をたくさん抱えています。

そういう状況を鑑みず
自分たちの用件だけを強引に推し進めようとする方は
嫌煙され、そこから生み出される仕事のクオリティは
必ず低くなります。

クオリティとスピードは相反する関係であり
納期が短い、緊急対応しないといけないような仕事ほど
ミスが目立ち、クオリティが下がってしまうことを忘れてはいけません。

 

仕事をちゃんと評価する

「今回の〇〇、お陰様で大成功だったよ」
「すごく反響が良かったよ」
など、発注した仕事に対して評価するのが上手です。

もし悪い結果であっても
「あんまり結果が出なかったけど、
これを糧に次も頑張りましょう!」
と、さり気なく相手をフォローするようにしましょう。

簡単なことですが
軽視されがちなので
出来てない方は、ぜひ実践してください。

 

まとめ

天才でない限り、1人だけでは仕事をできません。
私が知り合ったデキる人は、確かに能力も高いですが
それ以上に周りの人を思いやれる人だな、と思います。
ただ、人を思いやれる人が
仕事がデキる人とは限らないので、本当難しいですよね~^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2016年4月6日

便利なスプレッドシートのご紹介

Introduction of useful spreadsheet

Bigmac 武田です。

情報化社会が著しく発達した結果のおかげで
私たちが日々行っているような、
インターネットを使用した集客業務は成り立っています。

今までの既存の媒体(テレビ、ラジオ。新聞、雑誌)
とは違い、運用した結果を数値で把握することができます^^

※1PDCAサイクルをまわしていく上で
運用した結果を数値で判断し、
次月や次の運用に反映させることが
とても重要です!

引用
※1PDCAサイクル(PDCA cycle、plan-do-check-act cycle)は、
事業活動における生産管理や品質管理などの管理業務を円滑に進める手法の一つ。
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)
の 4 段階を繰り返すことによって、
業務を継続的に改善する。

何がいいたいのかというと…

数字の分析する際、
とーっても役立つ、便利な
Googleのです♪

こちらのGoogleのスプレッドシートは
エクセルとよく似た表計算のアプリです。

ネットを介す事によって。
複数の人と同じページを共有することができます。
また同時編集も可能なので、
複数の人たちとの情報共有も円滑に進むとおもいます^^

ね?

スプレッドシートって凄いですよね!?

使ってみたくなりますよね?

そこで…
本日はスプレッドシートの便利な機能
についてご紹介したいと思います。

EXCELによく似ている

表計算ソフトといえば、
MicroSoftの一部である、エクセルが有名ですよね!

みなさんも一度は使ったことがある
のではないでしょうか?

エクセルを使用したことがある方であれば、
スプレッドシートを使うことは容易です。
それほど、見た目も機能も
エクセルによく似ているんです^ ^

ここで注意点が!!

エクセルでは使用可能でも、
スプレッドシートでは使用できない
機能や関数もあるので、その辺りは要注意です。

じゃあどんな機能が使えるの?

・SUMIFS関数

条件と一致したデータの集計を行いたいときには
SUMIFS関数が便利です^ ^
この関数は条件に合致したセルの値のみ集計したいときに使えます。
また、SUMIF関数と違い、複数条件を指定することが可能ですので、
複雑な条件にも対応することができます。

・FILTER関数

この関数は条件に合致したセルの
データ(文字列)を抽出してくれる関数です。

・VLOOKUP関数

この関数もよく使用する関数の1つですよね!
表内から値を取得するには、
この関数は外せません!

関数しか便利じゃないの?

関数以外にも、スプレッドシートには
便利な機能がたくさんあります。

エクセルと同様で、グラフを作成することも可能です。
もちろん、グラフの種類も棒グラフや折れ線グラフなど
自分に欲しいグラフを選ぶことができます。

一番のメリットは冒頭でも書きましたが、
共有することによってリアルタイムで
同時に同一シートを編集できることです!

それだけではなく、
共同編集者の表示を変えることなく、
フィルタ機能を使用することもできます。

Googleカレンダーを利用している人はご存知だと思いますが、
Googleスプレッドシートに入力した情報を
Googleカレンダーをに反映させることが出来ます。

 

他にもたくさん便利な機能が存在するので、
まだ使用したことが無い方は
是非使ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

おすすめ情報

2016年3月29日

テキストエディタ「Brackets」とは

-shared-img-thumb-HIRA86_MBAkey_TP_V

こんにちは。

Bigmacの漆崎です。

webデザイナーという職業になって少し驚いたことは、仕事がIllustratorPhotoshopを使用したデザインだけではないということでした。

大半がhtmlcssを触る仕事なのです!

htmlcssが少し苦手な私が、「これ、すごく便利!」と思ったテキストエディタがあります。

その名も「Brackets」!

今回はBracketsの機能を書きたいと思います。

確認には欠かせない「ライブプレビュー」

Chrome必須ですが、ライブプレビューができます。

しかもcssに関しては保存しないでリアルタイムに変更が確認できます。

この機能のお陰で余白の調整などが捗ります。

また、cssで範囲を選択するとライブプレビューで編集範囲を教えてくれるのでとてもありがたいです。

画像や色がその場でわかる「ホバークイックビュー」

カーソルを画像または色指定の場所にあわせるだけでポップアップで情報を教えてくれます。

なので

「ここどんな画像いれたっけ?」

とか

「どんな色指定したっけ?」

という風にならないのです!

また、画像のホバークイックビューでは、サイズも一緒に出てきてくれるので、cssのコーディングの時なにかと便利です。

スペル間違いを助けてくれる「コードヒント」

html/cssを習っていた時、パソコンのメモ帳でコーディングをしていたのでよくスペルミスがありました。

一文字でも間違えると当たり前ですが全く反応しません。

本人はスペルミスをしていると思ってないので、どこが間違っているのか探すのに時間がかかります。

そんな私を助けてくれるのが「コードヒント」です。

スペルを打っていくと、携帯の予測変換のようにコードがでてきます。

英語を打つのが苦手な人でも安心ですね。

今まで知らなかった機能「クイックエディット」

Bracketsは画面が二分割(上下)(左右)できます。

なので、今までは画面の半分をhtml、もう半分をcssで使用してきました。

この機能もすごく便利なのですが、調べてみたら、cssを開かなくてもhtmlのコードでcssを書ける機能がありました。

ショートカットキーは「Ctrl+E」で、id名、class名、htmlのタグ名の上で使用すると、適用しているスタイルを開いてくれて、編集ができます。

少し直したいという時には便利ですね。

おおまかにBracketsの機能の説明をしました。

無料のテキストエディタ「Brackets」をまだまだ使いこなしていませんが、これからコーディングのお仕事も自信を持ってしていきたいので、これからもBracketsがんがん使っていきたいと思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
1 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 34