スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ仕事術

おすすめ情報

2015年7月15日

「備えあれば憂いなし」を図解するとこうなる

こんにちは。

お中元で頂いたスイカを食べ過ぎてお腹タッポタポな、野村です。

 

 

きょうは、仕事の進め方と考え方。

前に学んだことをシェアさせて頂きます。

 

「備えあれば憂いなし」が図解化されている事例です。

 

599376_228309257289527_695297116_n

タスクを、「緊急かどうか?」と「重要かどうか?」に分けて

緊急かつ重要な「憂い」タスクから片付けていくとよい、という図です。

 

 

「憂い」タスクを片付けて、将来のための「備え」タスクを

2~4割ほど手がけられるのが理想と言えるでしょう。

 

 

第一領域(重要かつ緊急)…「憂い」タスク

  • 効きや災害
  • 差し迫った問題
  • 締め切りのある仕事、会議
  • 病気や事故
  • クレーム処理
  • 壊れた機械の修理
  • むずかる赤ん坊

 

第二領域(重要だが緊急ではない)…「備え」タスク

  • 豊かな人間関係づくり
  • 健康的な身体作り
  • 準備や計画
  • 予防
  • 価値観の明確化
  • 勉強や自己啓発
  • 真の意味でのレクリエーション
  • エンパワーメント

 

第三領域(緊急だが重要ではない)…「穀潰し」タスク

  • 様々な妨害・邪魔
  • 多くの重要でない電話
  • 多くの重要でない郵便物や報告書
  • 多くの重要でない会議
  • 重要でない差し迫った問題
  • みんながやっていること
  • 突然の来訪
  • 無意味な接待や付き合い

 

第四領域(緊急でも重要でもない)…「憂さ晴らし」タスク

  • 噂話などの暇つぶし
  • 意味のない活動
  • 見せかけの仕事
  • とりとめのないだらだら電話
  • 多くのテレビ番組やコミック
  • 現実逃避
  • 単なる遊び
  • 待ち時間

 

 

どうでしょう?

このように整理されると、分かりやすいですね。

 

 

このような、「仕事の進めかたノウハウ」も、

おいおいと社内教育や社内勉強会などで

突き詰めていきたいと考えています。

 

※画像は、下記リンクの記事から引用しました。

詳細はこちらに掲載されています。( ..)φメモメモ

▼時間の使い方を改めれば、好きなことに使える時間が増える

http://cyblog.jp/modules/weblogs/9922

おすすめ情報

2015年6月29日

無料で使える動画キャプチャソフト「Screencast-o-Matic」が便利

こんにちは。野村です。

 

きょうは、便利なPCソフトを紹介したいと思います。

PCの、デスクトップ上の動きを15分間録画できる、

動画キャプチャーソフトです。

 

その名も「Screencast-o-Matic」。

スクリーンキャストーオーマティックと呼べばいいと思います。

野村はそう呼んでいます。

 

 

Screencast-o-Maticで何ができるのか?

 

Screencast-o-Maticは、ユーザーが指定したデスクトップ上の

様子(マウスや画面の動き、音声も)を録画して、

動画ファイルとして保存できるソフトです。

 

特筆すべきところは2つ。

  • 無料である
  • 動画ファイルとして保存できるほかYoutubeにも簡単アップできる

無料でも使うことができるのが、いい感じですね。

英語ですが、慣れればそう難しくはないと考えます。

 

screenshot-www.screencast-o-matic.com 2015-06-29 22-51-41

http://www.screencast-o-matic.com/

 

 

Screencast-o-Maticの使いかた

 

使いかたは簡単で、画面内の「Start Recording」を押すだけ。

※初回のみ、プラグインをインストールする必要あり。

 

無料版では画面左下にサービスロゴが入ったり、

15分までしか録画できなかったりしますが、

個人利用や試しに使うには充分。

 

マウスカーソルやマウスクリック表示のON/OFF、

音声の録画や音声カット、Webカメラ映像を入れるなど

オプションも充実しています。

 

 

Screencast-o-Maticの使用例

 

下記のような動画キャプチャーを(下のは動画じゃなくて写真ですが)

簡単に取り込むことができて便利ですよ。

Bigmacでは動画マニュアルなどに活用しています。

screenshot-{domain} {date} {time}

 

 

25/30/500 xx.x

おすすめ情報

2015年6月22日

御社・貴社の使い分けについて

こんにちは。野村です。

 

仕事柄、日常的にクライアント様と商談やご提案などさせて頂きます。

 

そのとき、「御社」「貴社」という言葉について、

使い分けの仕方を恥ずかしながら最近知りました。

 

これまでは、どちらを使えば良いのか?聞かれたら…。

「気にせず好きな方を使って良いんじゃないか?」

などと思っていましたが、間違いでした。

 

 

screenshot-image.search.yahoo.co.jp 2015-06-22 23-13-20

どちらも相手の会社様を丁寧に言う事には違いありません。

しかし、本当は次のように使い分けが必要だと知りました。

 

「そんなの常識だよ!」とも聞こえてきそうですが…。

ぼくと同じように、何となく覚えていたかもしれない人のために、

あとはBigmacスタッフへの教育のために、

ここに記しておきます。よろしければご参考まで。

 

 

「貴社」と「御社」の違い

 

「貴社」「御社」の違い。端的に言うと、

  • 書類・書面で相手の会社のことを言う場合は、「貴社」を使用。
  • 相手と直接話をする場合は、「御社」を使用します。

これだけです。

 

単純に、話し言葉と書き言葉の違い。

シンプルでした。

 

 

相手が会社ではない場合の呼び方は?

 

それでは会社ではない場合はどちらを使えば良いのでしょうか。

これも調べました。

 

銀行…書く場合は、貴行(きこう)。話す場合は、御行(おんこう)

組合…書く場合は、貴組合(きくみあい)。話す場合は、御組合(おんくみあい)

学校…書く場合は、貴校(きこう)。話す場合は、御校(おんこう)

お店…書く場合は、貴店(きてん)。話す場合は、御店(おんてん)

協会…書く場合は、貴協会(ききょうかい)。話す場合は、御協会(おんきょうかい)

病院…書く場合は、貴院(きいん)。話す場合は、御院(おんいん)

団体…書く場合は、貴団体(きだんたい)。話す場合は、御団体(おんだんたい)

支店…書く場合は、貴支店(きしてん)。話す場合は、御支店(おんしてん)

役所…書く場合は、貴庁(きちょう)・貴省(きしょう)。話す場合は、御庁(おんちょう)・御省(おんしょう)

 

 

ちなみに、自社のことを指す場合は、「当社(とうしゃ)」「弊社(へいしゃ)」となります。

これは知ってましたわ。ぼくは弊社を使う派。

 

18/20/500 83.9

おすすめ情報

2015年6月20日

スーパー家庭教師から聞いた、結果を出す人を育てる教え方(後編)

こんにちは、野村です。

 

最近、教え方がすごく上手い方から

結果を出す人を育てる教え方を教えて頂いたので

それをシェアしたいと思います。前編の続き、後編です。

 

スーパー家庭教師が考える、勉強の教え方について。

仕事の教え方にも共通するところがあるなと考えています。

参考にして、取り入れたいと思いました。

1~2を前編で取り上げましたので、その続きから。

前編はこちらから読めます

 

 

3.生徒の自尊心を最大限尊重する

 

自尊心は、自ら考え行動するのに

大きな原動力となります。

 

「お前はバカなんだから、人一倍頑張れ。」

 

と言っても、自尊心はくじけてしまい

何も頑張りません。

 

自尊心に加えて反骨心の強い性格なら

まれに「何くそ!」と頑張れる生徒もいますが、

頑張れない生徒の方が圧倒的に多い。

 

仮に計算ドリルを頑張ったとしても、

根底に「ぼくはバカだから」があるので、

学習に何の工夫も生まれず、

単純作業の繰り返し。

(↑こういう感じになっている社会人も多そうです)

 

「君は十分優秀だから、

安心してまずはやってみよう。」

 

「君はできると信じているから、

最後までしっかりやり遂げよう。」

 

が、正しいメッセージです。

 

 

4.きちんと教えた方が圧倒的に時間の節約になる

 

教えるということは骨が折れます。

時間もかかりますし、

教えたことを生徒が理解してくれない

ことに対して、ストレスにもなります。

 

それでも、きちんと教えると、

そのあとに生徒は自発的に動くことができる。

長い目で見て圧倒的に

時間の節約になります。

 

あとから、

「なんでこんな点数取ったんだ!」

とか

「どうして勉強しないんだ!」

とか無駄にガミガミ注意したり、

悩んだりする時間が無くなることになります。

ストレスも掛からなくなることでしょう。

 

 

まとめ:洞察と解決をこつこつ繰り返していく

 

以上、前後編で4つ、スーパー家庭教師からお聞きした

教え方のコツをまとめてみました。

 

  1. 生徒の能力を100%信頼する。
  2. 生徒が何を考えているのかを考える。
  3. 生徒の自尊心を最大限尊重する。
  4. きちんと教えた方が圧倒的に時間の節約になる。

 

余談ですが、

「プログラマーは教え方が上手い。」

と言います。

 

教育はプログラミングに似ているのかも知れません。

プログラムがおかしい動き方をしたときに、

怒っても悩んでも、解決なんかしません。

どこにバグがあるのかを洞察し、調査して、

1つ1つ潰していきます。

 

一通り直すと、整合性の取れたプログラムは

そのあと勝手に動きます。

 

教育が上手くいくまでの過程も同じで、

生徒の話を聞いて、何を勘違いしているか洞察し、

1つ1つ解決してあげる、または解決するよう導く。

その繰り返しだと思います。

 

学生への勉強の教え方、その教育方法も

スタッフへの仕事の教え方、その教育方法も

教え方、教育という意味で共通すると思いまとめました。

 

参考になれば幸いです。

最後に、スーパー家庭教師こと藤井さん、ありがとうございました。

(参考:石田塾メールマガジン)

 

16/20/500 83.9

おすすめ情報

2015年6月19日

スーパー家庭教師から聞いた、結果を出す人を育てる教え方(前編)

こんにちは、野村です。

 

最近、教え方がすごく上手い方から

結果を出す人を育てる教え方を教えて頂いたので

それをシェアしたいと思います。

 

 

元・凄腕家庭教師、いまビジネスマン

 

2977326264_6c2cab59a2_m

その方は、両親とも学校の先生で、

家庭教師をしていた頃には生徒の順番待ちが

できるほど繁盛したらしいです。

 

生徒のところに家庭教師をしに行くと、

その娘の友だちも家に来ていて、

一緒に教えることもあったそうです。

 

中学3年、英語のアルファベットを

書けるかすら怪しいような、

成績「1」とか「2」の子を、

4ヶ月で英検3級に合格させたり、

 

テストの成績が平均5点だった子を、

3ヶ月で数学70点、平均40点になって

本人、もの凄く喜んだり。

 

実績には枚挙に暇がない、スーパー家庭教師だったらしいです。

今は、とあるビジネスに参加し、日々活躍しておいでです。

 

そんなスーパー家庭教師が考える、勉強の教え方について。

仕事の教え方にも共通するところがあるなと考えています。

参考にして、取り入れたいと思いました。

 

 

1.生徒の能力を100%信頼する

 

スーパー家庭教師は、言います。

「生徒のことを、”できない子”と考えてはいけません。

必ず、”この生徒はできる子だ」という前提で教えます。」

 

自分で自分を”バカ”だと思っていて、

親や家族からもバカだと思われ、

場合によっては学校の先生からもバカだと

思われている子でも、きちんと教えたら

実は優秀な子だったというケースを、

何度も見てきているそうです。

 

仮に”できない子”なのであれば、

それは100%、教育者の責任だと考えるそうです。

 

 

2.生徒が何を見ているのかを考える

 

簡単な数学の公式、論理問題など、

分かっている大人から見れば当たり前・簡単でも、

分からない生徒には何のことか分かりません。

 

ここでなぜ分からないかを、洞察。

仮説立てる必要があるとスーパー家庭教師は言います。

 

よくあるケースが、下記の2つだそう。

  • 理解するのに必要な知識を教師が与えていない
  • 生徒が何かを勘違いしている

順に、挙げていきましょう。

 

理解するのに必要な知識を与えられていない

もっとも多いケースは、その事柄を理解するのに十分な知識を、

教える側から与えることができていなかったというものです。

 

教える側がそのことに気づけず、生徒のせいにすることが

非常に多いとのことでした。

悪い教育者ほど、「生徒がバカだから伝わらないんだ!」と

考えがちなのだとか。

 

生徒が何かを勘違いしている

次に多いのが生徒が何かを勘違いしているケースだそう。

 

もし勘違いしていたとしても、勘違いの内容を洞察し、

正しい方向へ導くのは教育者の仕事だと

スーパー家庭教師は言います。

 

仮に洞察できなかったのであれば、

生徒の能力が足りないのではなく、

教育者の教育スキルが足りないのだ、というわけです。

 

 

結果を出す人を育てる教え方(後編)へ続く

 

いかがだったでしょうか。

まだ2つほど項目がありますが、少し長くなったので

続きは後編へまとめたいと思います。

 

きのうは1日、外に出ずっぱりだったので、

きょうはデスクワークがっつり頑張ります。

それでは。

 

15/20/500 83.7

 

(2015年6月20日追記)

後編書きました。 → 後編はこちらから読めます。