スタッフ厳選おすすめ情報

おすすめ仕事術

おすすめ情報

2017年1月7日

自分なりの働き方!仕事の「組み方」を考えよう

仕事,組み方,段取り

これまでの「おすすめ記事」の中で、
『時短』や『作業の効率化』について
紹介した内容がいくつかありました。

重ねてにはなりますが、
私たちが今、働いている
それぞれの職場で仕事をする中で、
「時間意識」や「コスト削減」は
意識していかなければいけない大切なことです。

一口に「効率化を図る」
「時間・コストを減らす」と言っても、
何から始めればいいんだろうか。

もしくは取り組むこと、そのものが
ゴールとなってしまっているのかもしれません。

これらを踏まえて、
今回のおすすめ記事では、
一人一人が取り組むべきこと、
またその結果となっていく、
仕事の「組み方」についてまとめてみました。

仕事の組み方、改善はなぜ必要なのか?

普段働く中で、どういった時に効率よく、
または短時間で仕事を終えたいと感じるのか。

まず最初に思いつくのは
『定時に帰りたい時=残業をしたくない時』でしょう。

仕事終わりにプライベートな予定を入れていたり、
仕事そのものの期日が前もって設定されていれば、
期日に合わせて(時間内で)
仕事を終わらせようと、意識をするはずです。

そもそも、残業をするからいい仕事ができるという
理屈にもなりませんし、
遅い時間ともなってくればミスにも繋がります。

内容も整理でき、集中力の高い時間に仕事が
できるよう余裕を持った行動(段取り)が必要となります。

今やっていることは「作業」?「仕事」?

定時に帰りたいのはもちろんだし、
時間も意識できる。
わかってはいるけれども、
いざとなると実行できない。上手くいかない。

何故だか考えたことはありますか?

考えられる原因の一つとして、「仕事」と「作業」。
業務に対して、それぞれにかける
力と時間配分が合っていないことが多いです。

作業とは、ルーチンワークや日常的にあって、
頭をそれほど使わず行えるもの。

仕事とは、企画書の作成や制作物など、
考えて動かなければいけないもの。

先ほどの悩みに引っかかる人は、
この「作業」に対して時間や力をかけすぎていたり、
仕事の組み方が必要な人だと感じています。

自分でやった方が良いのは本当か

作業系の仕事は、誰かに任せるよりも
自分でやってしまった方が早くて楽なことが多いです。

内容を伝える時間であったり、
その人が思ったようには動いてくれない時。
イメージしていた結果から差が生まれてしまう時と
感じる場面は多くあるでしょう。

それが重なったり、いわゆる「面倒くさくなって」
自分がやってしまいがちになってしまう。

私自身にも当てはまる事が、やはりあります。
しかしこれでは、いつまでも「作業系」の仕事から
抜け出すことはできません。

上にも書きましたが、
「作業系」に時間をかけすぎてしまうと、
その人がやらなければいけないこと、
「頭で考えること」に対して
時間をかけられなくなってしまいます。

全部を自分でやるには限界があるのです。

それよりも他の人がやった時でも、
同じような結果を出せるような『仕組み』を作り、
作業そのものの効率を上げることで、
本当に自分にしかできないことに
時間を使っていくべきなのです。

仕事内容を振り返ってみよう

それでは、今自分が抱えている
仕事はどれだけあるのか。周りの人も同様です。

思いつく内容を洗い出して、
できれば取り組んでいる時間まで
細かく書き出してみましょう。

実際に書き出してみると、ただの「作業」だった。
思っている以上に時間をかけていた。
極論その人でなくてもできるのではないか。

いろいろ見つかってくると思います。

筆者としては、
「特定の人しか知らないもの」「その人にしかわからないこと」
が出てくればなお良いかと思います。

経理の方であれば請求の管理であったり、
担当者とクライアントとの約束事であったり。

事情もたくさんあるかと思いますが、
その人しかわからないというのはリスクが生まれます。

担当者の体調不良から、欠勤が続いたら?
業務が重なり、負担が大きくなったら?
最悪、その状態で退職になってしまったら…

会社、組織として、
個人の力に頼りすぎるのは良くありません。

今すぐに解消できる問題とも思えませんが、
問題をいつまでも置いておくわけにもいきません。
解決できるような仕組みを作り始めましょう。

ルーチンワーク、事務的な内容(作業)が多いのであれば、
誰にでもわかり実行できるよう目指し、
「仕事の質」を高めるため、

現状から上に行くための見直す時間を作りましょう。
仕事の組み方のキッカケ、第一歩目です。

これからの自分のために

「段取り8分、仕事2分」という言葉もあります。

仕事の内容を整理し、最初にちゃんと目的を定める。
必要となる手順を決めておけば、それだけで
取り掛かるスピードや質も変わっていきます。

一人ひとりの影響が、職場や周りの人にも広がっていきます。

周囲を変えるにはまず自分から。
年の明けた新しい一年。
まずはこれまでの自分を見つめなおすことから始めていきましょう。

おすすめ情報

2016年12月28日

知ってると知らないじゃ違う 有料フォントの名前の構成

paid-font-name-composition

 

文章の表現に欠かせないフォント。
特に印刷やWebなどの制作に関わる現場では
バリエーションや異体字の種類などの理由で
メーカーからフォントを購入しているところがほとんどです。
購入したフォントの名前を見てみると

「ヒラギノ明朝Pro」
「ヒラギノ明朝Std」
「リュウミンPro5」
「リュウミンPro6」
「FOT-ニューロダンPro」
「FOT-ニューロダンProN」

といったように同じような名前が並んでいますが
違いが分からずなんとなく使っていないでしょうか?

このフォントの違いを知らずなんとなく使っていると
場合によっては大きな間違いを生むことも・・・

この微妙な違い、知っているだけで文章の制作時に
どのフォントが適しているのか考えやすくなります。

フォント名の構成

フォント名のほとんどは主に4つのパーツで構成されています。
上の例に挙げた「FOT-ニューロダンProN」を
例えで見てみましょう。
4つのパーツに分けるとこうなります。
【FOT】→メーカ名
【ニューロダン】→書体名
【Pro】→文字セット①(Adobe-Japan)
【N】→文字セット②(JIS)

こうしてみてみるとちょっと複雑に思えるかもしれませんが
意味を知ると簡単に理解できます。
それでは各パーツの説明をしていきましょう。

メーカー名

フォントの多くは頭にメーカー名を入れてあるものが多く、
先に例を挙げた【FOT】はフォントを制作販売している
会社のひとつ「フォントワークス」の省略名が
入れられています。

このように会社名の省略を入れたもの以外にも
【I-OTFイワタ新ゴシックPro】のような会社の頭文字と
フォントフォーマット「OpenTypeFont」を
組み合わせたものなどもあり、
フォントメーカによって違いが多く、
メーカー名を入れていないものもあります。
中には頭に文字セットや規格をいれているものもあります。

書体名

このパーツは名前の通り書体名が入り、
そのフォントの特徴が名前で表されています。
「ヒラギノ明朝」というような角ゴシック・丸ゴシック・
明朝・楷書といった一般的な書体を表す言葉に
各メーカーがつけた名前を合わせたものや
一風変わった面白い名前なども、
名前が多すぎで覚えるのが大変ですが、
覚えてしまうとフォント選びがスピーディーになります。

文字セット①(Adobe-Japan)

この文字セットとはアドビシステムズ社が
日本語フォント製品用に決めた規格
「Adobe Japan Character Collection for CID-keyed Fonts」
(※以下Adobe-Japan)のことです。
Adobe-Japanは現在、文字や記号のコードを7つの集合に
区分しています。

Adobe-Japan 1-0(0~8283)
Adobe-Japan 1-1(8284~8358)
Adobe-Japan 1-2(8359~8719)
Adobe-Japan 1-3(8720~9353)
Adobe-Japan 1-4(9354~15443)
Adobe-Japan 1-5(15444~20316)
Adobe-Japan 1-6(20317~23057)

現在広く使われているフォントフォーマット
OpenTypeFont(※以下OTF)が出始めた頃と
Adobe-Japan1-3ができた時期が近いため、
OTFののほとんどはAdobe-Japan1-0~Adobe-Japan1-3までに
含まれる文字が使用できます。
そのためAdobe-Japan1-0~Adobe-Japan1-3(総9353字)
までの文字コードが入っているものを【Std】と
表記されます。

それから文字コードが増えていくことに
Adobe-Japan1-4(総15443字)までを【Pro】
Adobe-Japan1-5(総20316字)までを【Pro5】
Adobe-Japan1-6(総23057字)までを【Pro6】
と表記するようになりました。

つまりは表現できる文字コードの種類が
【Std】が一番少なく【Pro6】が一番多いということです。
それならば文字が増えてもすべてまとめた方が
効率がいいと思われる人も多いと思いますが、
過去のデータを編集する際、フォントのデータが更新、
もしくは変更されてしまうとエラーが出る可能性があるため、
Std・Pro・Pro5・Pro6といったように
すべてのフォントデータを残しています。

文字セット②(JIS)

上記で説明した文字セットの後に
【StdN】や【ProN】といったような
最後に【N】がついているフォント名があります。
この【N】は文字セットの公的規格のJIS(日本工業規格)が
2004年に「JIS X 0213:2004」(※以下JIS2004)という
新たな規格に変わる際、それまで多く使われていた
「JIS X 0208-1990」(※以下JIS90)から
大きく変更されたため、
JIS2004以降に対応しているフォントに
【N】を付けて区別しています。

JIS2004で以前より変わった点は大きく分けて2つ
・漢字 168字の例示字形(見本)が変更された。
・第三水準漢字に10文字が付け加えられた。

この一つ目が重要な変更で、
とある漢字を入力した際複数ある異形字の中で
表示される字形が以下のように変更されました。

おすすめ記事アイキャッチ_1608_山口編集

この変更によって人名・地名などの固有名詞が
大きく影響を受け、変更後はパソコンで表示される文字が
Windows XPとVistaで表示される字形が変わり
様々なトラブルが起こりました。
フォントも同じで人名や地名を多く含む文章を
【Std】の文字セットで制作した後【StdN】の文字セットに
変更すると漢字の字形が変わってしまい
トラブルに発展しやするなるので注意が必要です。
【N】付きのフォントで作られたデータを編集する際は
【N】付きのもので
【N】無しのフォントで作られたデータを編集する際は
【N】無しのもので行うのが鉄則です。

番外編

もちろん上記で説明したフォント名に
当てはまらないものも多々あります。
その中の用語をいくつか紹介していきます。

【UD】→ユニバーサルデザインフォント
出来るだけ多くの人が見やすい・使いやすいように
細かい部分に配慮や工夫がされているフォントに付いています。

【A-OTF】→Adobe-Japan OTF
Adobe-Japan規格のOTFに対応したフォント名に付きます。

【U-OTF】→U-PRESS OTF
U-PRESS(社団法人共同通信社)が新聞社など、
記事を発信する際にまとめた文字セットに
対応しているフォントに付いています。

適したフォントを使うために

・新しい文章を制作するとき
・過去のデータを編集するとき
・人名が多い文章を扱うとき
・みんなが読みやすい文章を作るとき

フォント名の構成を一通り理解した上で、
上記のような条件でフォントを考えてみると
ある程度の目星が付きやすくなったのではないでしょうか?
目星がつくということは
フォント選びの間違いも起こりにくくなり、
トラブルも回避できるようになります。

しかし、フォントは年々変化していきます。
JIS規格がまた大きく変わるかもしれません。
もしかしたら新しい文字コードが
沢山追加されるかもしれません。
昔の言葉が使われなくなるように、
文字も消えたり、増えたりします。
こういった変化にすぐに対応できるよう
常に新しい情報に目を向けていくのも
沢山のフォントを使っていく上で大切なことです。

おすすめ情報

2016年12月27日

類人猿分類の診断結果を仕事に活かそう

lets-apply-diagnostic-results-of-ape-classification-to-work

人は褒められてこそ伸びると思います。
しかし、無意味に褒められるとどうでしょうか?
最悪の場合、相手はバカにされているのではと
感じることになります。

お互いに認め合い褒めることで
人間関係が良くなりチーム力は高まります。
チームの能力を最大限引き出し仕事に活かすためには
「褒める能力」も必要ではないでしょうか?

個人の能力・性格を活かすため、
Bigmacでは入社前に類人猿分類診断を行っています。

類人猿分類とは

人間を4つの動物タイプに分ける、性格分類法です。
タイプ別に特徴をご紹介していきます。
決して心理テストというものではありません。

チンパンジー

 得意分野

  • 新規開拓
  • リーダー役
  • 取引先との交渉

苦手分野

  • 地味で単調な業務
  • 成果の見えにくい業務

長所

  • 負けず嫌い
  • 決断力がある
  • スピード感がある
  • コミュニケーション能力が高い

短所

  • 短気
  • 嫉妬心が強い

チンパンジータイプはまさにリーダータイプ。
誰もやった事がない仕事でも躊躇はしません。
とりあえず、やってみる。動く。に尽きます。
合理的なので無駄を出さずスピーディーに、
勝つことを重要視し業務をこなしていきます。

オランウータン

 得意分野

  • 企画立案
  • クリエイター
  • データ分析

苦手分野

  • 接客
  • 単調な業務
  • チーム運営

長所

  • 集中力が高い
  • 好きなことであれば頑張る事ができる
  • 物事の本質をつきとめようとする

短所

  • 頑固
  • コミュニケーション能力が低いc

オランウータンタイプに分類されている人は、
職人気質で独創的なアイデアの持ち主です。
納得がいくまで粘り強く考え業務をこなします。
感情に寄り添ったフォローは出来ませんが
論理的に指導することが得意です。

ゴリラ

 得意分野

  • 単調な業務
  • ルールの遵守
  • 会議の記録等の書記業務

苦手分野

  • 裁量の多い業務
  • インパクトを重要とする仕事
  • 創造的な仕事

長所

  • 真面目
  • 優しい
  • メンバー思い

短所

  • 融通が利かない
  • アクシデントに弱く臆病

調和を最も大事に思っているのがゴリラタイプです。
優柔不断なところもありますが
真面目一徹でチームの縁の下の力持ちのような存在です。
単純作業を丁寧に確実にこなすところもゴリラタイプの
良い特徴です。

ボノボ

 得意分野

  • 会社内・チーム内のムード作り
  • 困っている人へのフォロー
  • ワクワクする販促物の作成

苦手分野

  • 責任の重い仕事
  • 裁量の多い仕事
  • 分析や論理的思考を用いる仕事

長所

  • 相手の気持ちを思いやる
  • 高いコミュニケーション能力
  • 物事の本質をつきとめようとする

短所

  • 説明がわかりづらい
  • 言動に一貫性がない

ボノボタイプは感受性が豊かで
人の気持ちに寄り添う事を得意とします。
チーム内のクッション材として大きく貢献します。
人間関係だけでなく、
時代やクライアント様の空気を察することも得意なため、
サービス向上の立案でも力を発揮します。

どの部分を褒められたいのか

例として、チーム内で一つのプロジェクトが成功したとします。
その事柄一つでも人によりポイントは異なります。

  1. あなたに頼んで良かったなど、
    本人にスポットをあてた褒め方
  2.  仕事のやり方や過程を認めた褒め方
  3. チームの働きなど自分ではなくチーム力を褒める
  4. 仕事の成果よりチーム内の喜び、感情を褒める

1のように褒められたい人が3のように褒められても、
全くと言っていいほど響きません。
では、誰にどのように褒めるかの判断はどうするのか。
そこで類人猿分類診断の性格診断結果を活用します。

実際のチーム内では?

メディア事業部は現在4名で業務を進めています。
4名しかいないのですが、
チンパンジー・オランウータン・ゴリラ・ボノボの
全ての動物が揃っています。
あくまでもチンパンジー目線の
私から見たチーム内を紹介していきます。

ゴリラちゃんは毎日カタカタとパソコンを
ひたすらに打ち込んでいますが業務がなかなか進みません。
忙しいこの時期に優先するべき業務を後回しにして
マニュアル作成を行っているのです。
そんなゴリラの行動が理解できませんでした。
それをチンパンジー特有の感情をプラスして聞いてみたところ、
新しく入るであろうメンバーのために
作成しているとのことでした。
なるほど…。先を見ているのだな。
ゴリラちゃんと私とでは優先順位が違うんだな。
そういう考え方もあるんだな。と
とりあえず納得しました。

新しい業務の開始の際、
チンパンジーが言われて嬉しい張り切ってしまう言葉、
「好きなように自由にやっていいよ。」
と信頼しているから言った言葉。
この言葉は彼女にとっては苦痛でしかないことを知りました。

ゴリラちゃんの脳内はきっと
「好きなようにってなに?」
「自由ってどこ?」
といった感じだったのでしょう。

類人猿分類診断を行いデータとしてまとめたことにより、
私の「好きなように自由にやっていいよ。」
はあえての意地悪でしか言わなくなりました。

理解し合うことはまだ難しいですが、
ゴリラちゃんがいなければチームは
まわらないことをわかっています。
猪突猛進で突き進むだけ進んででた穴を正確・丁寧に
ゴリラちゃんはそっと埋め立ててくれます。
チームの全員がどこまでついてきているかの確認、
気配り、サポートも自然に行いまるでチーム内の
お母さんのようです。
私が前だけを見ていられるのは
ゴリラちゃんがいるからだと感謝しています。

ゴリラに響く言葉がけ例

  • ゴリラちゃんの新人指導のお陰で
    チーム全体がレベルアップしましたね。
  • 会社全体の売上に貢献していますね。
  • いつもみんなのために動いてくれてありがとう。
  • ごりらちゃんの気遣いにみんなが喜んでいました。

チンパンジーからみたチーム内のボノボ

こんな私とゴリラちゃんの
クッション材になってくれるのがボノボさんです。
私とゴリラちゃんの激しい討論に
(激しいのはほぼチンパンジーです。)
割って入るわけでもなく、でも何ともいいタイミングで、
「ふふふ。」
「どっちの気持ちもわかるわ。」という感じです。
平和主義のボノボさんの「ふふふ。」で
一旦クールダウンすることが出来ています。
チーム内の頼れるお姉さん的存在で、
主観的な判断を取ることが出来ているのだなと
わたしは勉強の毎日です。

ボノボに響く言葉がけ例

  • ありのままのあなたで大丈夫。
  • ボノボさんと一緒に仕事が出来て嬉しいです。
  • 一緒に頑張りましょう。
  • みんなボノボさんの事が大好きです。

チンパンジーからみたチーム内のオランウータン

正直に言うと何を考えているのかわかりません。
こだわる部分に関してもよくはわかりません。
そして、群を抜いて仕事が出来るイメージが有ります。
きっと自分とはかけ離れている存在なのでしょう。

オランウータンに響く言葉がけ例

  • 詳細なデータの分析をお願いします。
  • センスが素晴らしいです。
  • ここをポイントとしたところが素晴らしいですね。
  • 具体的に何が決めてだったんですか?

類人猿分類診断を活かす

それぞれのタイプには当然、「弱み」と「強み」が
存在しています。
だからこそお互いに相手の強みを引き出す事ができ、
助け合うこともできるのだと思います。
類人猿分類診断でチーム力を強めていきたいです。
他のメンバーから見たチンパンジーも気になるところです。

おすすめ情報

2016年12月25日

営業力アップのために、心がけること

to-improve-sales-force-keep-in-mind

四期目を迎えたビックマック。
各部署とも、若いスタッフが増えるとともに、
活発に業務に取り組んでいます。

自らが所属する営業事業部にも、
春には2名の新社会人が加入します。
まだまだ自分の事で精一杯ではありますが、
まがりなりにも、部署を引っ張らなくてはならない立場。
新たに加入するフレッシュマンの見本となるよう、
実績を積み重ねるにはどうしたら良いのか。

営業力アップのための取り組みについて、
今回はお伝えしていこうと思います。

営業の仕事とは

営業は、その会社のサービスを提供する際の、
窓口となるポジションですよね。
世の中には様々な業種があり、業種によって、
その営業方法も大きく違ってくるかと思います。

ただ、基本的に営業の仕事とは、
自社の商品やサービスを正しく理解し、
それをより多くのお客様に正しく伝え活用頂くことで、
お客様の利益に貢献する。

「やってよかった」「買ってよかった」
という状況のきっかけを作る仕事だと、
個人的には認識しています。

もちろん、自社の売り上げを獲得するという
使命も担っているわけですが、
クライアントに、人に、ひいては世の中に貢献する
という、大きな意味での信念的なものを持ちえない限り、
営業という職業は、長く続けられないのではないかと思うのです。

ビックマックのポリシーは、
Move the heart advertising 「広告で心を動かす」です。

広告で心を動かし、広告の力でクライアントに貢献する。
思い通りに物事は進まないものですが、
このポリシーを忘れなければ、良い仕事が出来るはず。
そう信じています。

仕事を依頼される人とは

さて、実際に営業スタイルは人それぞれと書きましたが、
多くのお客様に信頼され、
重要な仕事を依頼される営業マンとは、
どういう人なのでしょうか。

あなたがもし、仕事を発注する立場ならどういう人に
お願いしようと思うのか。
そう考えると分かりやすいですよね。

知識の幅が狭い人にお願いしますか?
色んな事を知っている人にお願いしますか?

言われたことを言われたままに提案する人ですか?
それとも、自分の会社の事を考えて、
自分が考えつかないような展開を提案してくれる人ですか?

また、知らない人に大事な仕事をお願いしますか?
知ってる人にお願いしますか?

答えは決まっていますよね。

自らが提供するサービス・商品知識は当然として、
その他の事柄についても興味関心を持ち、知っている。
そして、自社の売り上げではなく、
クライアントの利益の為にという視点で先を見た提案をする。
そのきっかけとなる人脈が幅広い。

そういう人は、忙しくしているにも関わらず、
次々に依頼が舞い込んできます。

営業職に就く人で、身近にそういう人がいる場合は、
その人の日々の行動を観察してみることをおすすめします。
その人が何をして、どのように時間を使い、
忙しい中でどう仕事を回しているのかを。

そういう人は、当たり前の様に、見えないところで
努力をしています。
売上を上げるための努力でもあるのですが、
自らの人間力をアップさせる様な行動を、
使える時間を考えて継続的に行っています。

私は最近思うのです。
そういうトップ営業マン達は、その努力が結果として
現れることを、経験上、知っているのではないかと。

社会人となって以降、
これといった努力をしないままで来てしまった自分。
日々努力を積み重ねている人を見る状況は、
自分が努力する機会を頂いてるような気がしています。

営業力アップへ

上司からたくさんのアドバイスをもらっています。
様々な言葉をもらいますが、
最も大切なことは、どんなことであれ継続して積み重ねていく。
そういうことだと感じています。

・早く会社に来て、朝の時間を上手に使うこと。
・本をたくさん読むこと。
・見たことのない、行ったことのないお店、場所に行くこと。
・SNSで発信すること。
・知らない人と会う、食事する機会を作ること。
・自ら相手の懐に飛び込んでいくこと。
(注/ 飛び込み営業ということではない)

本当はまだまだあるのですが、今回は、この辺にしておきます。

営業は人間同士の、クライアントとのコミュニケーションが
大変重要な部分を占めています。
そのコミュニケーションが取れない営業マンは、
売上を伸ばすことは難しいでしょう。

営業活動の場面では、提案や業務打合せのみではない、
雑談が出来るというのも重要となります。
もちろん、先方の時間を無駄使いさせない意識は大切ですが、
趣味や食の話題などで、相手に興味を持って
話をしてもらうような展開づくりも、
依頼獲得のためには重要なのです。

自らが好奇心を持って、色んな土地に行ったり、旅をしたり、
美味しいと評判のお店にいち早く訪れてみたり。

そういう日々の行動が、発信力のある営業マンとして、
相手に興味を持ってもらえる存在となり、
クライアントが時間を割いてでも会いたいと
思ってもらえるようなパートナーになっていくのだと
感じています。

春に新メンバーが加わるまでに、
自らが、少しでもそういう存在に近づいているように。
もっと自分を見つめ、セルフプロデュースについて、
真剣に考えてみようと思います。

 

 

おすすめ情報

2016年12月24日

パワーポイントでキレイなプレゼン資料を作るコツ

1tips-for-making-beautiful-presentation-materials-with-powerpoint

今ではビジネスに欠かすことのできない
文書作成ソフトとなっているパワーポイント。

企画書やプレゼン資料作成など多岐にわたり活用されています。
プレゼン資料は、伝えたいメッセージを相手に
分かりやすくするためのコミュニケーションツールです。

パワーポイントでの資料の作成には、
キレイに見せる”ちょっとしたコツ”があります。

では、見やすく印象のよいパワーポイントを
作るための方法をご紹介します。

 

 タイトルスライドはシンプルに

タイトルスライドはどうしても行き過ぎた装飾をしがちですが、
デザインの経験がない方があっと驚くような
タイトルスライドを作ることはできません。

なので、タイトルスライドをセンス良く仕上げるには、
シンプルなスライドを意識することが重要なのです。

無理やり図形や背景を入れて派手にするようなことは避け、
フォントがもつ魅力を最大限に利用して
タイトルスライドを作成しましょう。

 

書体を揃える

文章の読みやすさを考える上で、
書体は重要な要素となります。

目的に合った書体を
使用することで、
伝えたい内容をより正確に、
伝えることが可能になります。
数多くある書体も大きく分けると2種類になります。

【明朝体】
一つはヒゲのついた明朝体と呼ばれる書体です。
筆で書いたような、どこか歴史を感じさせる書体です。
英文字の書体にもこれと似た形の
「セリフ文字」と呼ばれるひげの付いた書体群があり、
明朝体と組み合わせると揃って見え、きれいに映ります。

【ゴシック体】
もう一つはゴシック体です。
近年、印刷が発達したことで、デザイン用に作られた
ヒゲのない文字です。
英文の書体にも、デザイン用語で「サンセリフ文字」と
呼ばれる同じくヒゲのない文字群があります。

それぞれの特徴ですが、ゴシック体は、
縦と横のラインの幅がほぼ等しく、
明朝体は縦のラインに対して
横のラインが 細いのが特徴です。

一般的にゴシック体は瞬時に認識しやすいく、
明朝体は文字が読みやすく、
長く読み続けても疲れにくいのです。

tips-for-making-beautiful-presentation-materials-with-powerpoint

パワーポイントで書体を扱うときに、意識してほしいことは、
明朝体とゴシック体を、同じ1ページの中に
混合さないということです。
このことを守るだけでも、スッキリと見やすくなります。

 

整った「レイアウト」

レイアウトで重要な法則の一つに「整列の法則」があります。
整列の法則とは、文字や図形などの要素を、
端や中央等の位置を基準に揃えることです。

要素が揃っているスライド

「タイトル」や「見出し」、「画像」といった要素を
互いに揃えることで、見た目と情報の両方を整理します。

整列が行き届いた資料は、
人の手によってきれいに整えられた印象があり、
見た目が良いだけでなく、読み手に
すっと理解してもらうことができます。

tips-for-making-beautiful-presentation-materials-with-powerpoint3

tips-for-making-beautiful-presentation-materials-with-powerpoint2

「端」と「中心」を意識

うまく揃えるポイントとしては、
要素の「端」と「中心」に気を付けることです。
これは、画像はもちろん、文字にも対しても同じです。
見出しと下段の本文の両端を揃えたり、
上段の画像と下段のテキストの中央を
揃えるよう意識しましょう。

スライドに対して揃える

スライドの中の要素だけでなく、
スライドそのものに対しても意識して揃えましょう。
スライドの中心を軸に均等に配置すると、
バランスが安定しキレイに見えます。

tips-for-making-beautiful-presentation-materials-with-powerpoint4

 

カラーを揃える

プレゼン資料を作成する際、
まず初めに「テーマカラー」を決めるといいですね。
テーマカラーとは、
”資料全体を通して見た時に、こういう時にはこの色を使用する”
という色使いの法則です。

テーマカラーは読み手側の理解を促し、
また、資料全体での一体感を演出する効果があります。

テーマカラーにする色はそれぞれ、
※1「ベースカラー」・「メインカラー」・「アクセントカラー」
として使用します。
またそれぞれの色は、だいたい「70%」、「25%」、「5%」の
割合の配分にすると全体としてまとまるでしょう。

※1
「ベースカラー」
資料の背景色として使用する色
「メインカラー」
見出しや主張したい内容など、資料の要所に使用する色
「アクセントカラー」
閲覧者に特に注目させたい内容や、注意書きなどに使用する色

同系色でまとめた配色を

ついつい色を多く使いすぎると、
派手で一貫性のないデザインになりがちです。
逆に同系色でまとめた配色を使用すると、
少し大げさに使ったとしても、
全体的にまとまりが感じられるキレイな色使いになります。

文字色にはグレーを

文字色には、グレーを上手に使う方法があります。
白と黒は正反対の色なので、白い背景に
黒い文字をのせるとコントラストが強すぎてしまい、
目がチカチカしてしまうからです。
グレーを使うと、全体がきれいに落ち着いて見えてくるものです。

2tips-for-making-beautiful-pr1esentation-materials-with-powerpoint

グレーの文字の方が白と馴染み、
印象が柔らかくなるのがお分かりでしょうか。

グレーを使用する場合でも、濃いグレーと薄いグレーを
使い分けるといいですよ^^
ちょっとした違いですが、たったこれだけで
印象がガラリと変わります。

いかがでしたか?
上記の”ちょっとしたコツ”を実践するだけで、
いつもよりキレイなプレゼン資料が出来上がるはずです^^

ぜひ、取り入れてみてください♪

1 2 3 4 5 6 7 8 9 24