スタッフ厳選おすすめ情報

Bigmacのここがおすすめ

おすすめ情報

2016年8月30日

類人猿診断ーBigmac編ー

Ape diagnosis over2

 

みなさん、類人猿診断ってご存知でしょうか?
類人猿診断とは、人間の性格を4つの類人猿(オラウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ)に分類して判断する性格診断方法です。
この類人猿診断を知っていれば、人間関係がよくなり、個人の力を最大限に引き出すツールとして使えるので、Bigmacではこの類人猿診断を取り入れております。
それでは、まず類人猿診断の内容について紹介していきます。
まずは、自分がどのタイプなのか、あの人はどのタイプなのか…気になりますよね?

実際に診断をやってみましょう!

 

Ape diagnosis over
引用元:https://www.super-every.co.jp/challenge/005.html

それでは、下記の診断結果でどれに当てはまるか確認してみてください。

Ape diagnosis over1
引用元:https://www.super-every.co.jp/challenge/005.html

タイプ別で詳しくご紹介!

A.オラウータン

一人でもくもくと仕事をするのが好きな職人気質のこだわり屋さん。
■特徴
・自分が納得することを重要視
・論理的だが理屈っぽい
・じっくり考えてから行動
・効率的でマイペースで動く

■仕事
得意な仕事:専門的分野、数字分析
苦手な仕事:チーム作り

■キーワード
・納得
・冷静
・余地

■声かけのポイント
自分が納得していればそれでいい、というのがオラウータンであり、感情表現も豊かではないので、一見、他人からほめられようがけなされようがまったく気にしていないように見えます。
しかし、そんなオラウータンでも、周囲からの声かけを気にしないわけではありません。
むしろ、的確な声かけであれば、オラウータンは大いにやる気を出します。
褒めるポイントが分からなければ、いっそのことオラウータン自身に「どこがポイントだったのか」を聞いてみるのも有効です。
もし、こだわっているポイントであれば、オラウータンは喜んで教えてくれるでしょう。

B.ゴリラ

縁の下の力持ちで、平和主義の安定思考。
■特徴
・チーム全体の調和が大事
・平和主義者
・秩序を守る
・単純作業が得意
・入念に準備する

■仕事
得意な仕事:チームの調整、日常業務
苦手な仕事:リーダー、新規開拓

■キーワード
・内気
・調和
・敬意

■声かけのポイント
ゴリラが求めているのはチームの調和。
小心者のゴリラは、常にイレギュラーなトラブルが起きないように、全体に気を配って日々を過ごしています。何か成果が上がったとしても、それが自分の手柄のように盛り上げられることは好みません。本人だけでなく、チーム全体を含めた評価をすることが重要です。
また、指示はできるだけ具体的に「これをいつまでにこんなふうにやってほしい」とハッキリと示しましょう。「自由にやっていいよ。」などのアバウトな指示は禁物です。

C.チンパンジー

好奇心旺盛で、新しいことを切り開くのが得意で、リーダーに向いている。

■特徴
・勝つことを重要視
・外交的で社交的
・リーダーシップを取りたい
・思い立ったら即行動
・好奇心旺盛

■仕事
得意な仕事:新規開拓、企画リーダー
苦手な仕事:単純作業

■キーワード
・勝利
・賞賛
・開拓

■声かけのポイント
チンパンジーが求めているのは他人からの評価です。
感情を表に出し、勝ち負けを重視するので、ストレートに褒められることを好みます。
本人と成果にスポットライトをあてること。実際に成果が上がっていることについて、「その成果が上がったのはあなたのおかげだ」と認められることを、求めています。
仕事を頼むときには、「あなたにしか頼めない」「あなたならきっとすごい成果に結びつきく」ということを強調しましょう。

D.ボノボ

 

豊かな感情表現とコミュニケーション能力で、円滑にチームをまわしてくれるムードメーカー。

■特徴
・スキンシップを重要視
・問題解決よりも共感を優先
・感情表現が豊か
・人とつながることでやりがいを感じる

■仕事
得意な仕事:サービス業
苦手な仕事:論理分析

■キーワード
・共感
・感心
・依存的

■声かけのポイント
ボノボが求めているのは「共感」です。
具体的な成果よりも、その場の雰囲気が温かくなり、互いに思わず笑顔がこぼれるような空気になることを求めています。
現実的に問題が解決するかどうかよりも、「一緒にやってくれること」「一緒に考えてくれること」がボノボにとって大切です。ですから、ボノボに声かけをするときには「すごい!」「よかったね」「うれしいね」といった、感情に訴える言葉を使いましょう。

みなさん、いかがだったでしょうか?

この4つのタイプが理解できると…

 

その人の得意分野、長所などがわかるので会社、チーム、仕事分担などでおおいに活用できると思います。
会社では、同じタイプが固まるよりも、4つのタイプがバランスよく配置されていると仕事がしやすいチームになります。

Bigmacでは、仕事の分担、チームの活性化、採用などで活用しています。
類人猿診断を取り入れてから、自分と他人は感じること、考えることがすべてにおいて違う。その違いが明確になり相手を理解しようという気持ちになります。
相手との接し方を考えたり、言い方を変えてみたりとみんなが働きやすい環境をつくっています。
他人との違いを個性として認められる会社がBigmacです。

おすすめ情報

2016年7月25日

企業への求人応募をご検討中の方、是非ご一読を!

mainv-read-the-direction-of-you-considering-a-job-application

別の会社に転職したい!
Webデザイナーとして就職したい!
と思っているそこのあなたへ。

最近は弊社Webデザイナー職にもたくさんのご応募をいただいておりますが
デザイン部の採用担当として、どんな会社を受けるにあたっても、
是非ここは気をつけていただきたい、という点をお伝えします。

デザイナー職に限らず、あらゆる職種にわたって、
採用応募の際には参考になることも多いと思うので、
これから企業へ応募をされる予定がある方は、
是非ご一読ください。

1 応募メールや履歴書の志望動機欄には、
「御社を選んだ理由」を必ず記載すること。

履歴書
何通か履歴書に目を通す中で、
やはり定型文のようなものはよくあり、
読む側としてもさらっと流してしまいがちです。

また、そういった文章を書く方に限って、
複数の会社への応募されているケースが多いです。

文才が無くても、別に長く無くてもいいので、
「私は、こういった理由で御社を志望しました」
といった、内容が欲しいのです。

よく「志望動機」を書かれる方もいらっしゃいますが、
この二つは似て非なるもので、簡単に言い換えれば、
「他の会社への履歴書に記載しても通用する内容か」
と言えるのではないでしょうか。

採用担当からすれば、自社に興味を持ってくれているか否かで
だいぶ応募者への気持ちは違います。

恋愛に例えると分かりやすいかもしれませんね。
「あなたのここが大好きです!付き合ってください!」
とアピールされるのと、
「あなたのことはほとんど知りませんが、お付き合いして下さい!」
とアピールされるのでは、
普通の感覚の人なら、前者の方が
より好感度が増して好きになりやすい、ですよね?
違ったらすみません…。

さて、話を戻して。

2 面接に臨む前に、会社のことをしっかり調べて、
自分から聞きたい質問もいくつかピックアップしておこう。

面接

書類選考を無事突破したら、面接は書類選考以上に気構えてください。
自己PRももちろん大切ですが、会話のキャッチボールとなる
面接官とのやりとりは、それ以上に重要といっても過言ではありません。

たった数分の短い時間の中で、コミュニケーション能力も測られるからです。
頭が真っ白になった!なんて事態に陥らないためにも、
スムーズな受け答えができるよう、自分のことはもちろん、
会社のこともしっかり下調べしておきましょう。

会社のWebサイトやブログは、会社や社長の理念や、
会社全体や従業員の雰囲気が伝わりやすく、
是非目を通して欲しいページと言えます。

面接官からの予期せぬ質問に、
事前に会社の情報に目を通していたか否かでは
答えられる内容もだいぶ違うと思います。

自己PR、面接官からの質問まで終わったら、
いよいよ今度はあなたらからの質問のターンです。

意外ですが、多数の採用担当がこの、応募者からの
質問タイムを重視しています。
どんな質問がでるのか?
Webサイトを見れば済むような質問であれば、
本当に興味があって会社のWebサイトを見てきたのだろうか?
と色々な指標になるからです。

質問の内容もとても重要です。
その人がどういった類の質問を投げかけてくるかで、
働く上で何を一番重視したいかが一目瞭然だからです。

入ってから「聞いてなかった」とならないよう、
ぼんやりとしている福利厚生や、就業規則があれば
質問として投げかけましょう。

ただ、ひとつ注意して欲しいのですが、
「残業はありますか?月何時間くらいですか?
その場合残業代はきちんとでますか?」
といったマイナスな質問を深く掘り下げてしてしまうと、
面接官としても、「本当に熱心に働く意欲があるんだろうか?」
と心配になってしまうものです。
当たり前といえば当たり前ですが…。
労働者としてとてもしっかり確認しておきたい大切な面は
みなさんそれぞれあると思いますが、
そういった内容は、面接で聞くとしてもできるだけソフトに、
難しそうならメールでの確認にとどめるなど、
悪い印象を与えないようにしましょう。

3 自分の長所も短所も、素直に伝えよう

書類選考も面接も、自信のない人ほど
自分を大きく見せようとしがちです。
あなたには長所があれば、もちろん短所もあります。
きちんと両方を把握できていてこそ、
自分を客観的に見られる、よい人材とも捉えられます。

長所をアピールすることはとてもいいことですが、
きちんと短所も伝えた上で、その短所を
そうカバーしているか、といった改善策も
合わせて伝えられるとベストですね。

4 前職(現職)の不満を漏らさないようにしよう

中途採用の面接では、必ずと言っていいほど
「なぜ今の会社(前の会社)を辞めたい(辞めた)のか?」
という質問を投げかけられます。
この質問こそ、応募者の価値基準を推し量る、
最重要な質問とも言えます。
ここで前の会社の悪口を言う人は採用しづらいとも言えます。
なぜなら、「その不満を改善するよう、コミュニケーションをはかったり、
要望を伝えたり、十分な勉強をしたりしなかったのか?」
と捉えてしまうからです。

「自分がうまくいかないのは会社のせい、
だから自分の行動ではなく会社を変えてやる」という
責任を会社に押し付ける辞め方をしていると、
不満をにじませる回答になりがちです。

こういった人は、ほぼ必ずといっていいほど、
自社で採用しても、不平不満を漏らすケースが多いです。

確かに転職というのはなんらかの不満が結晶化し、
行動にうつすものというのはよくわかります。
が、不満を漏らす前に、きちんとその問題に立ち向かえ、
そしてどうしてもだめだったから転職を考えている、
という人材に会社は惹かれるものです。

「前の会社には多大なる恩を感じています」と
胸を張ってどうどうと言えるくらいの意気込みで、
面接には臨みましょう。

Webデザイナー職に応募する前に

man
さて、ここからはWebデザイナー職を希望される方へ
ご一読いただきたい内容になります。

1 ポートフォリオの提出

まず、一番大切にしていただきたいのが、
ポートフォリオの提出です。

やはり、応募者本人のデザイン力を
一目で把握できるのがポートフォリオなので、
そこから興味を惹かせるよう、
十二分にもこだわって、ポートフォリオはつくり込みましょう。

サイトでも、紙媒体でも構いませんが、
Webデザイナー職を希望するなら、
できることならポートフォリオサイトでの提出が望ましいですね。
HTMLの知識が乏しくても、
調べつつ作った、という意欲は買えるので、
是非トライしていただきたいです。

2 ポートフォリを全体を通して

また、ポートフォリオでは自分らしさを思い切り出してください。
ぱっと見て、「お?」と目に留まれば
企業側は自己紹介文などを読み込みます。
デザインの良し悪しは一瞬で判断できるので、
決して手は抜かないでください。

自己紹介文は、短く、単的にまとめましょう。
ポートフォリオ内での長文は読み飛ばされやすいです。
アピールしたい内容は、別途履歴書に記載するのが無難です。

また、得意なジャンルで勝負してください。
がんばったという意欲は素晴らしいと思いますが、
多岐に渡らせたあまり中途半端になってしまった
作品集を見せらせるより、
一部に特化してクオリティの高い作品集という方が
断然高評価です。
自分の得意なジャンルで勝負してください。

3 ポートフォリオに掲載する作品数

ポートフォリオは、形だけあればいいのではありません。
中身こそ重要です。
どういった作品を、どれだけ載せられるかに
勝負はかかっています。
デザイン学校を卒業しているなら、
ある程度の作品数はあるかもしれませんが、
採用担当としては、授業以外で
どれくらいデザインを手がけているか、
という点も重視したいところです。

やはり、デザインが好きで仕方ない!
という方はそもそもの作品数も雲泥の差ですし、
そこはできる限り多く掲載していただきたいですね。

ただし、点数稼ぎのためといって、
工事中のページや、未完成の作品は掲載しないよう、
注意して下さい。
どうしても足りなければ、少ないコンテンツで
いかに魅力的に見せるか、
レイアウト力で勝負しましょう。

4 Web以外の作品も載せよう

採用担当としては、Webサイトだけでなく、
応募者個人がどれくらいクリエイターとしての
素質があるのかも見たいところです。
イラストや映像作品など、Webには関係のなさそうなものも
自信がある作品なら是非掲載しましょう。
ただし、載せすぎは
「本当にWebデザイナーになりたいんだろうか…」
と思われてしまいがちなので、
掲載点数のバランスは重視しましょう。

5 掲載作品について

せっかく作品を厳選して掲載するのですから
その作品の詳細や背景なども、簡潔明瞭に載せたいものです。

  • デザインのキャプチャや写真
  • URL
  • 制作期間
  • 使用ソフトや素材
  • 共同作品の場合はどこを担当したか具体的に記載
  • テーマやコンセプト

など記載できれば、充分でしょう。
長々書きすぎると、読み飛ばされやすいので注意してください。

余談:筆者の場合

脱線しますが、筆者の場合、新卒の頃と中途の頃で、
採用への応募にあたっては、複数回ポートフフォリオを作っています。
学生時代どっぷりと美術やデザインに浸かっておりましたので、
作品数はかなりたまっていましたが、新卒の頃は
Webの作品数はそのなかでも1割にも満ちませんでした。

だいぶ厳選はしましたが、それでも
A3クリアファイルがパンパンになるくらい
たくさんの作品を詰め込んだ結果、
掲載点数は100点をゆうに超えていました。

それはそれで、見る側は飽きるよな…
と今になっては気恥ずかしい思い出ですが、
無事前職で採用していただけた時には、
上の方から、「ポートフォリオ見たよ、期待してるよ」
と言われ、嬉しくなったと同時に、
たかがポートフォリオ、されどポートフォリオと、
しみじみ実感したのを覚えています。

中途の時は、
よりWebサイトのみに特化して
ポートフォリオを作り直しましたので、
ポートフォリオとしての構成は荒削りでしたが、
自分のなかでクオリティを保てていると推せる作品たちで
勝負ができたと思っています。

が、やはりポートフォリオというものは、
過去の作品を載せるものなので、
見返せばどんなものでも
だいぶ気恥ずかしいものではありますが・・・。

まとめ

bill
いかがでしたか?
これから求人に応募される方の参考に少しでもなれば幸いです。
ポートフォリオを作られる予定のあるデザイナーの方は、
是非「自信を持って見せられる!」と太鼓判がおせるくらいに
クオリティと自分らしさを追求して、
素晴らしい1冊を作り上げてくださいね。

おすすめ情報

2016年6月28日

上を目指す?現状キープする?それより進化したほうが良い理由

keep-or-evoltion

上を目指すのか?キープするのか?
どちらにせよ、進化を目指すほうが良い理由をお伝えします。
これは経験上、かなり重要な話しだと思います。

 

ある程度、成功した後に分かれる選択肢

 

商売や会社経営、お店運営である程度稼げるようになると
面白いもので、2通りのパターンに分かれます。

 

  • さらに上を目指して突き進むタイプ
  • 現状維持のキープでいいやと思うタイプ

 

どちらを選択するか人それぞれで良いですし、
どちらでもそこに「自分の意思」があれば正解です。

 

ただ、個人的には、
「上を目指すにせよ、キープするにせよ、
進化にフォーカスしたほうが良い」と考えます。

何をキープする、進化する、もそれぞれで、
売上だったり、利益だったり、従業員1人あたり利益だったり
同じくそこに「自分の意思」があれば正解だと考えます。

 

売上で上を目指す場合、目標設定がわかりやすい

売上で上を目指す場合、わかりやすい理由としては、
進化するためには目標を設定する必要があるからです。

 

目標を達成するためには、設定するだけではなく、
それを達成するために必要なことを
考えたり、取り組んだりする必要があります。

そのプロセス(過程)が自分を成長(進化)させます。

 

また、結果として目標を達成できれば
いろんなものが手に入ります。

 

お金はもちろんのこと、それに見合うだけの
スキルや知識、実力、経験なども
積み重なっているので手に入るわけです。

 

充実感や達成感が得られるので
「成長欲が強い人」は精神的な充実も得られます。

 

キープする場合も、目標指数を変える必要がある

一方で、現状維持でいいや、というスタイルの場合は、
キープはキープでも頭を使って工夫をしながら
取り組まないと実は落とし穴があります。

 

例えば、同じレベルの収入をキープするとしても、
それを得るためにかかる「時間」や「労力」を減らそう!

 

こういう感じであれば、そこには創意工夫や効率化が
見られるのでまったく問題はないと考えます。

 

表面的な数字は変わっていなくても、それを生み出すための
時間や労力などの使い方はうまくなっているわけなので、
結果として「進化、成長」しているわけですから。

だから、どちらにせよ正解だと思うのです。

 

楽にキープできるわけではない!注意すべき落とし穴

ただ、怖いのが…

  • 何もしないで
  • 何も工夫しないで
  • 何も考えないで

いまの収入や生活水準だけキープできればいいや…
となると、これは危ない傾向です。

あなた
「お金も時間も余裕がある状態なのに
何がいけないんですか?」

こう言いたくなるかもしれません。

 

これに対する明確な理由は
私が身をもって味わっています。

いったい何かと言うと
楽しくないし、ボケるからです=退化する

 

お金や時間が手に入ったとしても、
そこで頭使わなくなったり、成長したいと考えなくなったり、
工夫しなくなったりすると…

途端に楽しくなくなります。

頭も急速にボケてきます。
退化して、人としての魅力もなくなっていきます。

 

せっかくお金や時間が手に入っても
これでは本末転倒、台無しです。

成功している方の中には
お金や時間はもう十分すぎるほど
手にしているのに、いまなお現役で活動している方が
たくさんいらっしゃいます。

 

そうではない方からすると

「お金や時間はあるのに、まだ働くなんて
○○さんはお金が大好きなんですね。金の亡者なんですね。」

と、不思議に思われるかもしれません。

 

でも、これは違います。

もしかしたら、お金が大好きで、金の亡者の方も
いるかもしれませんが、
(別にこれはこれで個人の自由なので良い)

そうではない方達は知っているのです。

 

お金とか時間があるとか関係無しに…

目標や進化を目指して活動しないと
楽しくなくなってしまい
ボケてきて、退化してしまうということを。

 

あとは、お金以外の何らかの「力」を
欲しがっているとかですね。
(一番多いのは「影響力」かな)

 

「上を目指すにせよ、キープするにせよ、
進化にフォーカスしたほうが良い」
のは個人的な経験からも間違いないと断定します。

そのほうが絶対に楽しいです。

 

Bigmacは、

Bigmacも、まだまだ成功というには
やることが山積みではありますが、

各スタッフの進化にフォーカスしてやっていくつもりです。
そのほうが、上を目指せるからです。

そして同じく、スタッフの進化にフォーカスすると、
キープするステージに行っても、強みを維持できます。

 

スタッフが進化するための投資も目標設定もしているので、
あとは気持ちを入れて、やるだけ。

楽しんで、いきます。

おすすめ情報

2015年11月16日

そもそもインターネット広告って?

最近、転がってきた岩に潰される夢を見ます。

 

うなされて起きたら目の前が真っ暗。

 

息子が僕の顔に乗って寝ています。

こんにちは、森田です。

 

 

 

 

最近、

 

そもそも、インターネットの広告って?

 

と聞かれることが多いので

この場で簡単に

僕が感じた広告の違いを書いてみようと思います。

 

 

まず、

「広告」って?

 

 「広告」と言われて何が思い浮かびますか?

 

  •  テレビでバラエティ番組の途中に化粧品のCM流れてるなー
  •  車の運転中にラジオで定食屋のCMとか聞くなー
  •  朝、新聞読むと横とか下に新しい車の写真載ってるなー
  •  雑誌の後ろのほうって、求人とか家とか載ってるなー

 

 

これ、全部広告です。

 

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4つ

マスコミ4媒体と呼ばれるものですね。

 

 

上のように言われると

世の中って広告で溢れてるなー

って思いませんか?

 

ざっくり言うと、

上記4マス媒体は

場所、時間、掲載する大きさ

など

「枠」に投稿し掲載するものです。

 

選ぶ「枠」によって金額が違い

枠に掲載することにお金がかかります。

 

その枠に掲載し、広く多くの人に

認知してもらう。

 

基本的には

多くの人に見てもらうため

の広告が多いですよね。

 

 

では、

インターネット広告って何が違うの?

というと、

 

一言でいうと

「紹介したいもの」、「売りたいもの」に

興味関心のある人にだけ

表示させることができるんです。

 

表示させる

  • 時間
  • 地域
  • ユーザーの性別
  • ユーザーの年齢
  • ユーザーの趣味
  • ユーザーの見ているウェブサイト

     ・

     ・

     ・

などなど、ここに書ききれないほど

本当にたくさんの設定ができます。

 

そんな便利な広告って

やっぱり結構お金掛かるんだろうねぇ…

安心してください!

 

 

クリック課金型と言われる広告なら

枠に表示させるために料金が掛かる

のではなく

インターネット上に表示された広告が

クリックされた場合にだけ課金されるのです。

 

逆に言えば、クリックされなければ無料。

(そこまで単純でもないですが…)

 

 

クリックしてもらえた。

自分のサイトに来てもらえた。

という成果のあった場合にだけ課金される広告です。

つまり、極力無駄を省いた配信ができるわけです。

 

 

これだけ細かいターゲティングや設定ができる広告って

面白いとおもいませんか?

 

 

上記のように細かくターゲティングするだけでなく

認知のために広く表示させる広告もあります。

 

 

 

インターネット広告といっても

非常に多くの種類があるので、全て紹介はできませんが。

 

 

なんとなくインターネット広告のイイところって

わかって頂けたでしょうか?

 

今回は本当に触りの簡単なことしか書けませんでしたが

ネット広告って、もっともっと種類があります。

そして日々、新しいものが増えています。

 

 

勉強勉強の毎日です。

面白いことの勉強って本当に楽しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ情報

2015年10月23日

コーポレートサイト内、会社概要を更新しました。

こんにちは、野村です。

 

きょうはBigmacの情報をお届けします。

最近、当HP(コーポレートサイト)内を更新しました。
どこをどう更新したか?背景と狙いを書いていきます。

 

更新したのは「会社案内」のページです。

screenshot-big-mac.jp 2015-10-24 08-03-09

http://big-mac.jp/info/

 

この会社案内のページ、トップページからは
フッターリンクからのみリンクされているながら、

コーポレートサイト内のページ閲覧ランキングで
トップ5にランクイン常連となっているページです。

これは、コーポレートサイトの性質を考えると
見えてくるのですが、サイト流入された訪問ユーザーの
興味は、「どんな会社なんだろう?」ということです。

 

前までは、この情報が薄かったので、
今回は情報を拡充したという次第です。

 

追加したのは、以下のコンテンツ。

  • CMOあいさつ…私の挨拶文を追加しました。経営陣の考えが伝わるように。
  • ミッション&行動理念…どんな考えで会社が動いているか?伝わるように。
  • オフィスの写真…どんな会社か、外見から伝わるように。

 

要点は、訪問ユーザーのニーズを汲みとって
適切な情報がより濃く伝わるように、配置することです。

 

まだまだ至らないところがあります。

これを書いているところでも浮かんできました。

 

  • CEO徳山・CMO野村、役員陣の顔も会社案内ページから見えるといいな。
  • オフィス内の様子も見えるといいのではないか。
  • こういう取り組みをしていますよ!などあっていいのでは。
  • 会社のこと知りたいだろうから、スタッフのことも興味あるかも。

次々と浮かんでくるこのような仮説を、
ひとつひとつ実験して検証する。

 

そういう動きを地味に繰り返して、
これからもクライアント様のサイトも自社コーポレートサイトも
しっかり改善していければと考えております。

1 2 3