泣 という字

泣 という字

今日は、親戚の法事に出席してきました。お経が終わり、お坊さんのお話を頂いたのですが、内容が素晴らしいものだった。

家族を亡くした方々の苦しみはとっても大きいものです。泣くだけ泣いてください。「泣」という字の意味を私なりに説明させて頂きます。

「泣」という字の左側は文字のように流れを表す。つまり、涙を流すということ。しかし、右にある「立」という字。これは、泣くだけ泣いてもいいが「立ち直れ」という意味。「涙」という字も同じ、泣いて泣いて「戻る」こと。

家族の死、ペットの死、友人の死、どれも大きく辛いもの。でもその死により周りが活かされないと意味がないと。

心にジーンとくるお話でした。自分もまわりのおかげで活かされている。その気持ち、忘れたらいけないね。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事