7期を振り返って

7期を振り返って

こんにちは。今年も最後の12月になりましたね。

コロナにはじまりコロナに終わる、とんでもなくイレギュラーな年になったことは間違いないですね。楽しみにしていたオリンピックや各スポーツイベント、音楽イベントも、映画も全て中止になったり延期になったり、特にエンタメ系での個人的なダメージが大きかったです。来年はその分がギュッと凝縮された年になってほしいと心から願っています。

さて今回は、弊社が11月決算のため一年を振り返った内容を書きたいと思います。

会社の成長について

会社の成長について
まず今年も多くのクライアント、スタッフ、外部パートナーに恵まれて目標値以上の成長を達成することができました。ありがとうございます。

7年で積み上げてきたことが、大きな結果として出てきていることは本当に嬉しく思います。グループ売上規模は15億円〜17億円での着地、利益5億円の推移にまで会社は成長してきました。僕が個人で走っていたら確実に到達できなかったラインでしょう。既存のデジタルマーケティング事業、コンテンツデザイン事業、コンサルティング事業、メディア事業どれも目標値以上に成長をしてくれたことで、バランスがよい成長をできた1年になりました。特に大きな成長推移を示してくれたのは下記です。

① 6月にリリースした『Lefty』

弊社顧問の土屋さんのアドバイスでスタートした事業になります。

弊社のデジタル広告運用部隊とクリエイティブ部隊、コンサル部隊を効率よくクライアントに提供できないか?ということでリリースしたサービス。現在、多くの企業がデザイナー、マーケター、コーダー、コンサルを直接雇用していくことに苦戦しています。

ただ弊社では、多くの人員を確保することに成功しているので外部パートナーとして6月よりサービスを開始しました。この期末で38社さまと契約を実施&継続することができており、サービスを利用して頂いているお客様からも感謝の言葉を多く頂けています。土屋さんのアドバイスを聞き、すぐ形にしてリリースして良かったと思っています。

来期はもっと多くのお客様に利用していただけるように人員の増加をしていくつもりです。

② アドアフィリエイトによる成果報酬販売

こちらは今年の春先から取り組み出したサービスになります。

全てのお客様に提供できるサービスではないので正式にコーポレートなどでメニューとして記載はしていなかったのですが、弊社の顧客の中でも特にメーカーさんに直接ご提案をさせて頂いて取り組みをスタートしていました。まだ10社未満の企業さまとの取り組みにしかなっていませんが今までではありえない利益率を出せています。

弊社で広告費を負担するので弊社側のリスクも大きいですが、自分達が『売れる』と思った商品をシビアに広告運用をしていくので、弊社デジタルマーケティング部隊の成長にも大きなものになっています。来期はこの取り組みを必要とする企業さまを更に増やしていきます。

③クリエイティブ部隊の拡大

今期は特にクリエイティブ部隊のスタッフ増員&クリエイティブ向上に力をいれてきました。

金沢オフィスを開設したこともあり、多くの雇用に成功し多くの売上&利益を達成することができ、クリエイティブ部隊は昨年の250%くらいの成長率を出せています。これは会社の利益率も大きくあげることと同時に、デジタル広告運用のクリエイティブPDCAも更に早くなったので会社にとって大きなプラス影響になりました。

現在クリエイティブ部隊で34名になったので来期は40名程の体制にし、更なるクオリティー向上を目指したいと考えています。

大きく成長をしてくれた上記の3つの他にも、グループ会社であるThinkなども大きな貢献をしてくれています。9月にリリースした『House Labo』年内リリース『シネマニア』など、他にも会社として投資をしているメディアも、来年成長させるためにスタッフ全員で向き合っていきたいと考えています。

組織の成長について

組織の成長について
12/1日からの8期に向けてコーポレート体制を一新しました。会社として次に目指す指標が決まったこともあり下記のような体制に変わります。

① 中東常務執行役員→中東常務取締役に就任

② 高橋 東京支社長→高橋 取締役営業部長 就任

③ 中山コンテンツデザイン部長→中山 取締役事業部長 就任

④ 豊岡 総務係長→豊岡 取締役総務部長 就任

このように取締役が4名就任しました。

各事業をずっと任せてきて結果を出し続けてきてくれたスタッフを、より信頼し会社の成長速度をあげていくために決断したことになります。私だけの決裁では進まないことも今後は増えていきますが、それが組織として正しい在り方だとも認識しているので、取締役全員で今後の舵をどう進めていくのか考えて歩んでいけることにワクワクしています。

上記4名の取締役就任にあたって、その部下の昇格や人事異動も同時に11月末に行ったので12/1の新しい体制にご期待頂けたらと思います。

8期の採用計画について

8期の採用計画について
7期は、前途で記載した通り多くの新規事業を立ち上げてきました。この8期はその立ち上げた事業を深掘りして伸ばすことに集中する一年にしたいと考えています。その上で必要な人員に関しては8期も積極的に採用を進めていく計画です。

『金沢オフィス』
金沢オフィスは現在、コンテンツデザイン部、ブランド推進室によって運営しています。春の立ち上げから優秀なスタッフに恵まれたこともあり目標値以上の業績を残せました。8期は更に顧客増加を考えてブランド推進スタッフの増員、デザイナー、コーダーの増員を大幅に進めていきます。

『東京オフィス』
東京オフィスは7期で170%の目標達成でした。オフィスを表参道に移転したこともあり、営業スタッフを更に増員していく方針です。営業、デジタルマーケティング人員を中心に8期は採用を拡大していきます。

『福井ヘッドオフィス』
福井ヘッドオフィスでは、7期も一番多くのスタッフを増員しました。しかしまだニーズに対してリソースが足りていない状況です。営業部、コンテンツデザイン部、デジタル広告運用マーケティング部全てにおいて増員が必要だと判断しています。メディアとしての動きも多くなっているので、特に今まで全く採用してこなかった営業(ディレクター)は大幅に増員していきます。デジタル広告運用マーケティング部隊も、前途の通り案件が増え続けているので採用し、育成することを中心に雇用を拡大します。

まとめ

まとめ
7期を終了して、私は本当にスタッフに恵まれて幸せだと心から思っています。時には悲しい別れもありますが、その別れも私たちを強くしてくれました。人生も会社も良いこと、良い時期ばかりではないと思います。良いときにあるべき投資をし、悪い時にしっかり根を伸ばすことが重要だと思います。

弊社で働いてくれているスタッフが一瞬一瞬に感謝でき幸せを感じられるように、新しい8期も私はその環境づくりに全てを注いでいくつもりです。

また来月までお元気で。

共に元気に頑張りましょう。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事