ビジョンを明確にすることで一丸となれる

Become united by a clear vision

ビジョンの必然性

会社組織というものは、社会に対してある目的を果たすために存在している。そのビジョンが明確であれば明確なほど、組織には団結力が生まれて業績も上向いていくんだと思うようになった。ビジョンが明確な会社とそうではない会社で何がそんなに変わってくるんでしょう。

ビジョンが明確な会社

ビジョンが明確だということは、そのビジョンの目的が明確に定まっているということ。どんな状況に陥ってもビジョンと目的が全ての人に浸透していれば大きな間違いは少ない。

・困った時に判断基準を誤らない
・組織の団結力が高い
・組織が明確な意思で動く
・物事を決めるのが早くなる
・組織全体の助け合いが生まれる

 ビジョンが明確でない会社

ビジョンや目的が明確でない会社は、問題が起こる確率が極めて高い。それは何のために仕事をしているのか、自分は何のためになっているのかを理解できないからです。ビジョンや目的がないと下記のようになります。

・現場レベルでの判断がリーダーの方針と違う
・組織内のスタッフの仲が悪い
・組織での助け合いや協力が生まれない
・仕事にやりがいを感じることができない

ビジョンには必ず目的が必要なんです

ビジョンには必ず明確な目的が必要です。弊社を例にするとわかりやすいと思います。

【ビジョン・ミッション】
広告の力で人の心を動かすこと

【目的】
クライアントのビジネスを飛躍させて、クライアント&会社&スタッフ&スタッフの家族を幸せにするため

私たちのビジョンと目的は上記になります。その目的を果たすために日々努力を続けることに全スタッフ一丸となっています。

私が、ビジョンや目的の【なぜ?】という部分に非常に大事な意味があることに気がついたのは起業して二年目のことでした。そこまでは全く重要だとは思っていなかったのです。組織に人が増えれば増えるほど、経営サイドの考えが全体に浸透することは難しくなります。組織の意識を一定に保つためにもビジョンと目的は必要になるんです。

会社がうまくいっていないなら、、、

悩み

会社経営で売上が伸びず、人も続かない、など息詰まっているのなら、まずは自分がたてたビジョンが本当に明確であるのかを確認するべきです。目的や目標が定まっていなければ、人はどんな判断をしていいのかわかりません。また、人それぞれの考えがバラバラになってしまうので決して組織にとっていいことはありません。

もし、あなたが困っているのら、よいヒントになると幸いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

T.Tokuyama

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。 数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。 会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。 得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。 起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事