忙しい人と暇な人。

記事公開日:2014.03.24

最終更新日:2017.10.20

3,625 PV

みなさんの周りにも両方の人が存在するはずです。忙しい人と暇な人。この人達にはどんな違いがあるのか考えたことありますか?こうやって二つにわかれるのには理由があるんです。

まず、忙しい人。忙しい人は、仕事やプライベートなど色んなことに追われて時間がなくいつも大変そうな人。決して悪いわけでなく、それだけ頼りにする人が多いから忙しいし信頼されている。勘違いしてはいけないのは、忙しくて時間がないから、仕事が遅くなったり出来なかったりすのではなく非常に仕事も速く正確であること。

次に、暇な人。暇な人は、第三者から見るといつも余裕があってマイペースなイメージをまわりに与えている人。これも決して悪いわけではない。でも暇なイメージだから何か大切なことを頼むのには信頼がおけない。何故なら、仕事が出来ないから、信頼されていなから「暇」な可能性があるから。人気者なら暇なはずはない。

忙しい人、暇な人に同じ仕事を頼むとどうなると思いますか?答えは簡単。

確実に仕事が速く性格にできるのは、暇で時間がある暇な人ではなく、忙しい人です。あの人は忙しそうだから、すこし手が空いてそうな人に頼もうという発想は結構、危険だということです。

忙しい人は、次から次へと仕事や依頼が舞い込んでくるので知らないうちに自分のキャパがどんどん大きくなっていき自信に繋がり、益々頼りにされるいいループに突入します。暇な人とは知らない間に大きな差がつくということ。

うちに入る社員にも今後言い聞かせて意味を理解してもらいたいと思いますが、このいいループを作れるか作れないかは、全て自分次第ということ。特にはじめのうちは我武者羅に頼まれた仕事を100%ではなく120%目指してやっていくこと。そうすればどんどんいいループに入る。

しかし、自分にできるかな?自分でいいのかな?といちいち悩んでいると自分にどんどん仕事はこなくなる。そんなもんですよ。

今日、仲良くしてもらっているクライアントさんから、そんなメールをもらったので僕の考えを書いてみました。明日からまた全力でいきましょう!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

徳山 佳瑛

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事