時間を有効に使う意識

記事公開日:2015.06.19

最終更新日:2017.10.20

526 PV

lgf01a201310230600

時間は誰でも平等で限られています。この限られた時間をどうやって自分なりにコントロールして使っていくかで充実感は変わると思う。

6月は色んな新規案件に恵まれて走り回っています。既存のお客様にも迷惑をかけてはいけないので今まで通り打合せをさせて頂く中で新規の動きが激しいとさすがに時間に追われます。

でもこの追われているのが成長する時間だと自覚できるようになってきました。

仕事ができる人は毎日遅くまで仕事をしているとは限らない。本当に仕事ができる人は自分で時間と人をコントロールして自分にも余裕ををもって仕事ができる人。僕はまだまだです。この1ヵ月、毎日遅くまで時間をかけてしまい自分のプライベートが全くない状況です。いけないですね。

一つ一つの目の前の仕事は当然ですが大切です。でも経営者という立場ではそれだけしていればいいわけではない。しっかり会社やスタッフのことも見えるようにしないといけない。この葛藤はずっと続くんでしょうね。

自分の敵は自分。明日からも負けないように踏ん張ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

徳山 佳瑛

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事