それぞれのフェーズ

記事公開日:2015.09.07

最終更新日:2017.10.20

407 PV

lgf01a201403122200

物事を続けていると、必ず訪れるフェーズ。成長期もあれば停滞期もあるし、低迷期だってある。大事なのは、いま自分がどのフェーズにいるのか認識することだと思う。それぞれのフェーズで「やるべきこと」「やってはいけないこと」が存在するからです。

我々、Bigmac inc.は今年の12月で第2期が終了します。本当に色んな方々に支えられて初めは1人で始めた会社が、今では14人という規模にまで大きくなりました。会社を起業した時は、全く考えていなかったことが毎日起こるし、自分の想像以上のことが良かったり悪かったりします。

まずは、会社の認知や売上をあげることが目標だったわけですが現在はちょっと違います。第1のフェーズから第2のフェーズに会社が変わったと感じているからです。第1のフェーズでは、自分が率先して現場を指揮していたけど、第2のフェーズはそのままではいけないと思う。

「0から1をつくること」
「1から10をつくること」

上記の2つではかなり手法も違うし考え方も大きく変えないとその階段を上がれないと思う。人に今まで自分がやっていた仕事を任せることで自分の気持ちや体力面が楽になると考える人も多いかもしれませんが、それは完全に違います。

人を信じて任せることは、余計な「不安」や余計な「ストレス」を感じるものです。しかし、人(部下)を信じようとしなければ会社のフェーズにおける成長は成し遂げることができないと感じます。第2のフェーズでは、自分以外の人を信じて任せることが最も重要になってくるんだと思います。

自分は、いま何をするべきか。自分は、誰を信じて信じて信じるか。自分は、何をしないべきか。日々、考えていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

徳山 佳瑛

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事