優秀なオンラインショップたち

2017.09.21

487 PV

今回は私たちが関わる素晴らしいオンラインショップを一部ご紹介したいと思います。
我々がリスティング広告運用、Facebook広告運用、ウェブ運営など様々なご支援をさせて頂いている中で私が強みがあってこれからもっともっと伸びていくだろうなぁと感じているオンラインショップたちです。

Hacoa ONLINE STORE

https://www.hacoa.net/

福井県鯖江と言えば、メガネの聖地というイメージです。実際、国産の眼鏡は鯖江市が相当なシェアをもっています。どこを車で走っていてもいたるところに眼鏡メーカーの看板やショップを見かける地域です。そんな中で異色を放っていて、とっても急成長しているのが山口工芸(hacoa)さん。眼鏡というジャンルではなく、Hacoaというブランドでおしゃれな木製雑貨を展開しています。実際に私も元々Hacoaさんのファンだから時計とか電卓とか色んな商品を所持しています。このHacoaさんの素晴らしさですが、どこにもないというオンリーワンなものづくりの技術力と商品の完成度の高さ。そしてオリジナルで自分の名前やプレゼントする方の名入れができるという付属サービスです。Hacoaブランド立ち上げ当初からまずブランド価値を全国に築いていくことに集中し、最もニーズがある地域から店舗展開を始め今では全国に多くのショップまで展開している会社さんです。自分たちが納得した商品しか市場に出したくないから基本的に大量生産はやらないというポリシーも私はとても好きなところです。2017年の残りにも全国に3店舗出店を控えている勢いがあるショップです。

Dcollection 株式会社ドラフト

http://clubd.co.jp/

こちらは福井県三国にあるメンズファッション専門のオンラインショップを展開している会社。
何よりいつも凄いと感じるのは、その戦略。楽天やヤフーショップでも利益がでているのに最も急成長している自社サイトに戦力を集中させて伸ばしていたり、売れるとわかった商品にフォーカスして徹底的に売り方を考えていたり、本当にユーザーの役にたつ記事を書いていたり、全てにおいて戦略が素晴らしいオンラインショップ。安売りが最も簡単な販売のやり方ですが、ドラフトさんは決してやらない。自分たちのユーザーに求められているコーディネートを考えそれを提案し販売しているから客単価も他ショップより格段に高いのです。
ここまで決めたことに集中できるのは、「自分たちの強み」をしっかり認識しているからだと感じています。「メンズファッション」というビックキーワードにて現在もSEO1位というポジションで勝負できているのもしっかりGoogleの検索ポリシーを考えて記事やコンテンツを作成しているからですね。素晴らしい戦略ショップです。

Paper glass  株式会社西村プレシジョン

https://www.paperglass.jp/

福井県鯖江に本拠地がある老眼鏡ペーパーグラスのメーカーである西村プレシジョンさん。
ここの代表作である「Paper glass」ですが、今までの老眼鏡の概念をブチ壊すという意味でも素晴らしい商品です。驚きの極薄老眼鏡で薄さは2mmしかありません。その薄さから持ち運びにも本当に優れています。私は凄く目が良いので早く老眼になると関係者の方からも言われていますが、ペーパーグラスに知り合ってから今までは悪かった老眼鏡のイメージが変わりました。ブランディングもすごくうまくやっており各メディアでも良く取り上げられたりしているショップです。
ガイアの夜明けなどでも取材を受けて今全国で一気にシェアを拡大しています。私がこのショップさんで素晴らしいと感じるところは常に「改善する」という意識があること。もちろん自信をもって市場に商品を投入していますが必ず100%ではない。だから商品にもウェブページにも細かな改善を行っています。自分たちの考えが100%正しいと頑固になりすぎず、常にユーザーが求めているだろうページ、商品に近づけているショップなのでまだまだこれから大きなオンラインショップに成長すると思います。

株式会社ジャストコーポレーション

http://www.just-j.com/

ここは本当にたくさんのネットショップを展開しています。様々なジャンルにばらけているわけではなく販促品やノベルティ専門のオンラインショップを複数運営しています。
国内のノベルティ市場だけでも大きな市場ですが、ジャストコーポレーションさんが凄いと思うのは、そのほとんどのシェアでNo.1を本気で狙っていること。SEOでの上位表示やリスティング広告でもかなりその業界では知られている存在だと思います。
また取り扱い商品や金額も大きいことから国内でも最安値でユーザーに提供できる努力を欠かさない会社さんです。あと、有名なところで言いますと皆さんがよくDVDレンタルで使用されるDVDレンタルケース(透明なやつ)も国内ほとんどがジャストコーポレーションさんのものになっています。毎年どんどん新しいオンランショップをスタートさせるのですが、その市場リサーチ能力も高くどのサイトも軌道に乗るのが本当に早いといつも感じます。まだまだ伸びていく会社であることは間違いないと思います。

まとめ

今回は4つのショップさんをご紹介させて頂きました。どのショップにも共通して言えるのが、自己満足で終わっていないところです。どれだけ自分たちが素晴らしい商品やサービスだと思っていたとしても市場やユーザーがだす答えが全てなんです。
「こんなにいい商品なのになぜ売れないのかな?」と売れていないオンラインショップの方は仰いますが、オンラインショップを成功に導いていくにはその「なぜ?」を追求する必要があります。ここで紹介した企業さんもはじめからガンガン売れていたわけではありません。自社の強みを作り、それをユーザーにわかりやす伝え続けてきたのです。
この一年弊社に多くのオンラインショップ運営の相談を頂いてきましたが、そのうち60%~70%はお断りもさせて頂きました。弊社のキャパシティーオーバーなどが主な原因ですが、それでも絶対にこの先売れると思った商品やサービスは率先してやらせて頂いています。商品が売れないという事実を他者の責任にしているうちは絶対に飛躍なんてありません。「なぜ?」に集中して改善してまた再アクションし続けられるショップにだけ未来があるのだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

T.Tokuyama

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。 数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。 会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。 得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。 起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事