同じことの繰り返し

記事公開日:2015.09.15

最終更新日:2017.10.20

525 PV

PAK26_suitekitex20140209-thumb-1000xauto-17080

同じことを繰り返す。同じことを繰り返すのが自分にかしている習慣であるなら凄くいいことだと思う。

だが、イベントや企画で同じことを繰り返すことはいけない。毎年、毎月同じ企画やイベントをやっていればお客様は必ず飽きるし面白くなくなる。自分がお客様の立場で考えていれば気がつくと思うのですが中々難しいように感じています。

昨年うまくいったことが今年はうまくいかないなんてこと大いにありえるし、そうなって当たり前です。これだけ時代の変化が激しい中で変化を拒む企業は毎年売上が下がって、毎年利益が下がって衰退する。

考えることから逃げているだけですよね。もっとお客様に喜んで頂くには?もっと自分達が求められていることは?お客様はなぜうちに来てくれるのか?

考えないと売上や利益なんてあがらない。ただのルーチンでは誰でもできてしまうのです。それだったらあなたでなくてもいいのです。自分にしか出来ないことは必ずあります。それは人が教えてくれることではなく、自分が探すもの。

この時期になると、年末年始の広告プロモーション打合せが多くなるのですが毎年この時期に思うことです。今年はうちのクライアント様が勝てるように他ができない企画を考えていこうと思う。

今日も1日頑張りましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

徳山 佳瑛

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事