知ることの重要性を理解すれば世界は変わる

the-world-will-change-if-you-understand-the-importance-of-knowing

人は小さいコミニティーから育っていく

私たちは、家族というコミニティーからはじまり、幼稚園や保育園という新しい場に出会って、小学校、中学校、高校、大学という更に大きなコミニティーへと向かって成長していきます。ここ数カ月、会社も似たような成長をしていくんだろうな~って考えることがあります。

家族という枠で生活をはじめた時には、親の愛に包まれてストレスもなく本当に幸せな「愛」を感じると思う。
しかし、家族という枠組みから外れた瞬間から自分の価値観と違う人と出会い受け入れることができたり、受け入れることが出来なかったり新しい価値観が生まれたりするんだと思う。

小学校、中学校、高校という枠組みになると同じ趣味や目標を持つ仲間と出会い、一緒な時間を共有して笑ったり泣いたり、喧嘩したり様々な経験値を手にする。大学や社会人になるともう助けてくれる人はいなくて自分で人生を切り開いていかなくてはいけなくなる。

ほとんどの人がそうだと私は思います。小さいコミニティーの時には想像もしなかった経験を経て、自分なりの道を進んでいく。はじめから計画的にこのコミニティーを操作していくことは不可能に近い。

会社もはじめは小さなコミニティー

先に言ったように、会社も人の成長と似ていてはじめは知っている人を頼ったり、知り合いの知り合いを紹介してもらったりして小さな枠組みの中でグルグル回転していくパターンが多いと思います。月日が経ち、経験が増え、知名度が上がりだすと次のステージで会うべきだった方々と知り合いそこからまたコミニティーは広がってどんどん加速していくのだと思う。

そこで大切なのが知識経験だと私は考えます。小学校や中学校で勉強を教えてもらうのと同じで社会に出てからも知識と経験がその人の宝になると思うのです。何となく日常を過ごしていたら知識と経験を積んでいきたい!!と考えている人と比べて成長スピードは著しく遅くなると思う。

知識と経験を蓄積するのは何か?

1.多くの人との出会いに積極的になること
2.偶然を偶然だと思わないこと
3.たくさんの本に出合うこと
4.尊敬できる人を探すこと
5.やったことがないことにチャレンジすること
6.行ったことがないところに行ってみること
7.多くの人の価値観に触れること
8.自分の嫌いな人ともつきあうこと
9.わからないことをそのままにしないこと
10.周りの人やモノ、環境に感謝すること

私は上記の10項目を大切にして過ごすことで多くの経験値を得られると思います。いきなり高い山に登れとか、いきなり今までより3秒はやく走れ!という話ではなく普段の生活で自分の意識レベルで調整ができるものばかりだと思います。日常にこそ「気づき」があるのです。

学生時代にたくさん勉強したから、社会人になったらそれでいいということではなく、更に自分に必要な勉強をしなくてはいけないのです。社会人になったとたん、勉強をしなくていいと思っている人もいると思いますがそれは間違っています。社会人こそ自分が生き残っていくために真剣に自分に向き合い勉強しなくてはいけないのです。

自分一人では成長なんてできない

勘違いしてはいけないのは、自分でどれだけ勉強して知識を詰め込んだところで、自分の力だけでは成長ができないということ。成長には必ず他者からの教えや刺激が必要なのです。実際に私も多くの方と知り合い色んな価値観に触れることで成長してこれたと思うし、それがなかったら今の自分は存在しないと思います。

多くの方に育てて頂いたからこそ、今から起業したい!とか頑張っている人には本当に協力したいと思うし、痛いほどその苦労がわかる自分もいます。何をするにも、100%成功するなんて保証はありません。しかし、努力によって限りなく100%に近づけていくことは可能です。その努力をするか、しないかでその人の価値は決まっていくのではないでしょうか?

周りに感謝もせず、愚痴や不満ばかりを口にしている人は努力したりすることから逃げているだけに過ぎません。誰だって100%納得できることばかりではないし、全て自分の価値観が正しいなんてことはありえないです。

一度きりの人生、悔いがないようにしよう

人生は一度きりです。自分が少しでも納得できる人生を送るのは多くのことを吸収することです。カナダに行ったことがない人はカナダの素晴らしさが全くわからないでしょう。サッカーをしたことがない人は、サッカーの魅力が経験者よりわからない。

フォアグラを食べたことがない人は、なぜフォアグラに人気があるのかわからない。辛い失恋をしたことがない人には、その人の本当の辛さがわからない。

このように知らないということ、知っているということには大きな差がある。多くのことを見て考え経験してこそ人間の深みが増していくのだと私は考えるようになりました。

まだまだ30半ばですが、出来ていない経験や行けていない場所、出会えていない人がたくさんいます。まだまだ可能性はいっぱいあります。明日も新しい出来事のため、自分はどうあるべきで何をするべきかを真剣に向き合って考えていこうと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

T.Tokuyama

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。 数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。 会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。 得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。 起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事