2020年目指すこと

記事公開日:2020.01.01

最終更新日:2019.12.30

308 PV

新年おめでとうございます。2019年も本当に社会的に色んなことがありましたね。弊社にとっても大きな成長を遂げた一年になったことに感謝しています。東京支社の拡大や子会社の事業変更、新事業の立ち上げなど目標にしていたことを全てやりきることができ、本当に良かったです。

今回は新年1回目のブログということもあって2020年の私たちの計画や目標について記載したいと思います。

既存事業の見直し&再アクション

昨年も同時期に既存業務の見直しなどを行っていましたが、毎年更によくしていくために見直しを行います。人が増えれば元々の仕組みなども更新していかなければ、仕組みが耐えられなくなってしまいます。そこを今年の年始も全事業部取り組みます。

私たちのメイン事業であるマーケティング事業は、とてつもないスピードで進化&変化しています。昨年まではOKだったことがいきなり出来なくなってしまったり、出来なかったことが可能になったりと本当に変化が多い業種になります。その変化についていくには、最新の正しい情報を如何に取得するのか?またそのテクノロジーをどうやって利用していくのか?などいち早く取り組んでいくことが重要になります。

「誰か先にやった人がうまくいったら弊社も取り組もう」とか考えていたら絶対に勝てなくなります。だから、基本的には失敗を恐れずにまずはやってみるという社風が出来上がったんだと思います。成功に一番近いのは失敗だと僕は考えています。

ただその失敗をいかに見つめて原因を定めて次のアクションを正確に行うかで、その失敗が必要だったかが変わってしまいます。あくまで成功のために失敗があったという縮図になるように社員にチャレンジできる場所を提供するのが、経営者としては大切なことだと思っています。

子会社、Think inc.の本格始動

昨年弊社の100%子会社にしたThinkですが、2019年の12月に大きく体制と事業を見直しました。そこまでに半年以上の準備を重ねてきたので、この事業転換が今年どのような形でお客様に価値を提供できるか?というのを僕は楽しみにしています。

北陸にはまだキャスティング→動画制作→スチール撮影→プロモーション運用を一気通貫でできる企業は存在していません。どこかに特化してしまっているので、お客様はそれぞれ別の会社に発注してちぐはぐになっているケースが多々見られます。

私たちは広告運用をずっとやってきているのでお客様に提供すべき価値が何なのか?を知っています。既存の制作会社さんが提供している価値はこれです。

  • かっこいい広告をつくること
  • かっこいい動画を納品すること
  • かっこいいホームページをつくること

ほとんどの制作会社は上記の価値提供です。しかしこれは本当にお客様が望んでいる価値でしょうか?我々はこう考えます。

  • 目標成果をだせる広告をつくること
  • 目標成果をだせる動画を納品し運用すること
  • 目標成果をだせるホームページをつくり運用すること

かっこいいだけで成果がでるわけは決してありません。実際に広告運用されている企業さんは気がついていると思います。大切なのはその制作物が目標にしている成果をだせるかどうかです。

いつまでもお付き合いで発注していたり既存の枠から抜けられない企業は衰退していくのみだと、心の奥底ではわかっていると思います。なのに行動を変えないのはどうなんでしょう。

私は上記のような疑問を抱えているのでThink inc.がこの状況を変えていくために、今年どんな価値提供をしていけるかが本当に楽しみなのです。

youTuberさん、モデルさん、著名人さんとのお仕事も春先にたくさん決まってきています。このような環境を活かして代表や役員が必死に価値あるものを生み出してほしいと思っています。

新しく取り組んでいく事業について


今年は新たに設立する計画の会社が2つあります。それぞれ今までの経験を活かせる事業だと判断した結果、前に進めることにしました。

1.特殊なEC事業&プレースメント広告事業

こちらは2月くらいまで発表はできないのですが都内の会社さんとの合弁になります。日本で一番大きなシェアをもっている媒体さんとの共同事業で、特殊なEC事業を4月にはリリースする予定で動いています。

またEC事業にプラスしてそのEC内でプレースメント広告を販売していく予定です。こちらは弊社の顧問である土屋が全力で構築してくれているので、タクシーアドなどと似通った新しい広告プラットフォームが実現できると思います。

初年度は会員の増が目標なので売上を追いかけるわけではないですが、とても楽しみな将来性がある事業になると思います。

2.特定のエリアでマーケティング会社の立ち上げ

こちらもとある会社さんとの合弁事業になります。ある地域では弊社のようなマーケティング会社が皆無に近い状態です。私たちが福井・石川・富山でシェアを拡大したという実績を元に同じように該当エリアにて起業していく予定です。

夏までには形にできると思いますが、既存でも長年お付き合いがある会社さんとの合弁になるので私としても注力していくつもりです。そのエリアで困っているクライアントさんが助かるような価値提供ができるように努力していきます。

今のところこの2つは計画が見えているものなので記載しましたが、他にも様々な事業展開を予定しています。もちろん軸足はBigmacのまま雇用を増やして、それぞれの事業を実現していく予定になっています。

まとめ


今年も本当に多くの計画が同時並行で動いています。このような色んな事業に関わり実行できるのは僕を支えてくれる仲間(スタッフ)のおかげです。弊社も今年で7期目になりました。僕の側近である幹部もそれぞれ意思を持ち責任を持ち、それぞれの持ち場で最大限の力を発揮できるように努力してくれていることに感謝ですね。

第6期は200%成長を成し遂げられましたが、それはダメだった仕組みを見直せた結果だと思います。決して営業力を強化したわけではありません。

今まで営業を採用してこなかったですが、今年は1月から北陸営業部は1名増員します。東京も3名程営業を増やしていく予定です。関わる人を一人でも幸せにできるように今年も全員で努力していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

徳山 佳瑛

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事