5秒で伝え共感させるYouTube広告術の出版について

記事公開日:2016.04.07

最終更新日:2017.09.06

891 PV

bigmac-book

出版の背景

2016年4月15日にBigmac株式会社として初めての書籍「5秒で伝え共感させるYouTube広告術」が発売になります。東京のクロスメディアパブリッシングさんからの出版になります。

2015年の11月に出版のお話を頂いて約半年という制作期間がありましたがこの機会が自分たちの事業をみつめる上でも大切な期間となりました。そしてこれから私たちが進んでいく道を再認識することもできました。もともと出版には興味があったのですが、出版の魅力や波及力について熱心に私に説明してくれた菅さんがこの出版を決めた最も大きいポイントだったと思います。

私たちは下記の中から出版するメインテーマを考えました。

出版について考慮したコンテンツ

・リスティング広告運用について
・ディスプレイ広告運用に特化した内容
・YouTube動画広告について
・Facebook広告について
・Instagram広告について
・Twitter広告について

など私たちが取り扱っている広告の中でいま最も市場に不足していて役立つ情報は何かを考えました。リスティング広告の本やFacebook広告の本はよく書店でみかけたりもしていたので、特に近年注目されている「YouTube」について内容を絞ることにしました。YouTubeに関しては、YouTuberの方々の書籍をみかけたりしますが、YouTube広告については書店であまりみかけないということもありました。

YouTubeを選んだ最も大きな理由はもう一つあります。それは、これからのテレビに変わる媒体だと私たちが認識しているからです。もともと私は、広告代理店の出身なのでテレビ広告や新聞広告や雑誌広告などを取り扱っていました。

テレビと比べて圧倒的に費用対効果がよく、今までのテレビ媒体にはできない機能がいっぱいあるからです。もっと多くの方にYouTubeという媒体の特性を理解して頂き、活用するキッカケになればと思います。

YouTubeの魅力を最大化

この書籍では、YouTube広告の基本的な設定から運用のテクニックまでを網羅しています。YouTube広告といっても何パターンも使い方があるので特に中小企業の方が効率的に使える方法を掲載しました。
これだけ世の中にインターネット広告が浸透しているのであれば、これからYouTube動画広告もまだまだ浸透することは確実です。抜群の費用対効果をだせる媒体「YouTube」をもっと多くの方に知ってほしいと考えました。

最適化と最大化

ビジネスを発展させる上で必要な要素。「最適化」と「最大化」の2つの要素がなぜ必要なのか?もこの書籍では掲載しています。
CPA、CTR、CVR、CPCなどクリックを中心とした最適化の指標もビジネスでかなり大事ですが、同時に最大化の指標も疎かにしてはいけないのです。私たちのクライアントにも最適化を気にしすぎるあまり、チャンスロスをしている方はたくさんいます。広告が本来持つ強みは広めることでもあるということをこの書籍にて少しでも認識してくれると嬉しいです。

そもそも、広告はビジネスを広げるためにある。

こんな考えを全くわかっていない人もかなり存在します。リスティング広告では、ディスプレイ広告がこの最大化というメニューとして使用しているクライアントが増えましたが、まだまだYouTube広告は手つかずの状態です。私たちは通常の4マス媒体も扱っているので、いかに効率よくYouTubeという媒体が使えるかを知っています。

これからの動き

この書籍の発売に伴い、今年は全国で多数のセミナーを予定しています。東京、仙台、名古屋、大阪の他、要望があれば遠くの地方にも行きたいと考えています。せっかくこんなにいい媒体があるのだから一人でも多くのビジネスで貢献できたらと思います。

これから多くの新しい出会いが待っていると思うとワクワクしてきます。

多くの方にお会いできることを楽しみにしています。

発売直線になりますが、4/12日は渋谷にて出版セミナーも開催します。詳細は下記です。
https://www.facebook.com/events/1591899447794708/

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

徳山 佳瑛

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事