売上アップするためにGoogleアナリティクスは重要

記事公開日:2016.04.28

最終更新日:2017.10.20

602 PV

Google Analytics in order to sales up is important

オンランショップで売上を上げるために大事なこと

売上の構成比というものは、簡単に3つの構成になります。

1.客数をあげること
2.客単価をあげること
3.購入率をあげること

集客をあげたりしたいのなら手っ取り早いのが広告です。特にオンランショップだと、リスティング広告ですね。ただ、集客をあげてもお客様に必要な商品でなければ購入してはくれません。例えどれだけ素晴らしい商品であっても、その説明が下手くそだったらその素晴らしさは伝わらないのです。

私たちは、リスティング広告運用代行のお仕事をメインで行っているのですが、実は最も重要指標としてみているのは、“Googleアナリティクス”なのです。

その理由は私たちが使用しているツールの中で最も信頼性が高い解析データを取得できるからです。インターネットでの販売メリットは、購入している方、購入していない方のキーワードや属性、行動傾向などデータで見れることです。運営にとって大切なデータを収集できるGoogleアナリティクスを利用しない理由がないですよね。

下記は、Googleアナリティクスを利用するメリットです。

ペルソナを具体的に仮設立てられる

ネット販売だけでなく、リアル店舗の販売でもそうですが自分が商品やサービスを販売して購入してくれる人をより具体的に描くことが大事になります。どんな人が自分の商品やサービスを欲しているのかわからなくては売れるものも売れません。Googleアナリティクスを使用することで、ユーザーの性別、行動傾向、購入までのプロセスなどが明確になります。

状況把握がよりスムーズになる

リアルタイムでの集客やユーザーの行動が把握できます。それによって、自社が求められていることやこれから必要になるコンテンツを導きだすことができるようになります。

リストを抽出できる

広告の管理画面ではできないユーザーリストを抽出できることができます。〇ページ以上ページを巡回している人、〇分以上ホームページに滞在していた人などをピンポイントにリターゲティングで追客できるリストとして使えるのです。

より相対的な判断ができる

広告だけの集客を見ているわけではないので、オーガニック、リファラー、など複数チャンネルの傾向を使うことができます。広告ユーザーの傾向とオーガニックユーザーの行動傾向も大きく違う場合があるので相対的なチャネル別のデータをみることができるのは大きいと思います。

私が説明した項目はごく一部です。
伝えたいことは、Googleアナリティクスを使うことでより正確なデータを元に次のアクションにつながられるということです。

集客だけに目を向けてはいけない

どうしても集客にばかり目がいってしまう人が多いのですが、例えば集客を2倍にすれば売上が2倍になるという話をいう人もいますが、そこには莫大なコストがかかる可能性がある。それよりもホームページの改善を行い、CVRをほんの数パーセントでも改善したほうが私はいいと考えています。

カート部分や、トップページ、下層ページなどホームページには様々なページが存在するので、修正にかけた工数に対して最もインパクトのあるものから順に施策をおこなっていくことをおススメしています。

集団

集客、改善、アクションをいかに効率よく繰り返していくのかを考えることが売上アップへの近道だと言えますね。100人が見てくれて、1人購入してもらえるホームページではなく、100人が見てくれて、5人が購入してくれるホームページを目指していったほうがいいということです。

Googleアナリティクスには大きなニーズがある

私たちのお客様でも多くの方がGoogleアナリティクスのデータを大切に活用しています。むしろしっかり活用している方しかビジネスを効率的にうまく好転させている人がいません。ビジネスで、何となくという勘の時代は終わったのです。

勘でビジネスを軌道に乗せることなんて、今は難しいです。これだけ色んなマーケティングツールや解析ツールがあるのだから、それを有効活用したほうが打率があがるに決まっているのです。私たちはこの事実に1年以上前から気がついたので、社内マーケティングチームにも徹底的にGoogleアナリティクスを使用するように教育しています。

■書籍
■セミナー
■ブログ
■資格

などなど多くの情報の中から自分たちにとってうまく使える方法を日々模索しています。これから更にこのGoogleアナリティクスに注力していくので益々、広告運用の結果が楽しみです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者

徳山 佳瑛

25歳まではブラブラした人生を送っていたが、地元の福井に戻るキッカケがあり帰郷。 数年間の広告代理店勤務を経て起業したのがBigmac inc.。 会社やクライアントさんの前では社長らしい感じだが、家では愛犬にべったりの完全なる愛犬家。 得意なことはおいしいお店とおいしい料理を覚える記憶力で、基本的に的を外すことがないのが自慢。 起業してから10kg以上も太ったので、最近やっとジムに通いだしたらしい。

筆者が最近執筆した記事