アフィリエイト広告の仕組みから活用方法まで徹底解説

アフィリエイト広告の仕組みから活用方法まで徹底解説

「アフィリエイト広告を目にする機会が多くなったけど、実際どんな広告かよくわからない」「アフィリエイト広告って難しそう」そんな気持ちを抱いているマーケティング担当者やアフィリエイト広告について詳しく知りたい方に向けて、今回は、アフィリエイト広告の概要から活用事例までを解説します!

アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告とはアフィリエイト広告とはWeb広告の一つです。 媒体主(アフィリエイター)が、Webサイト・ブログサイト・各SNSなどの媒体に広告(広告主のWebサイトのリンクなど)を掲載して、リンクを経由して流入してきた閲覧者に広告主のサイトで会員登録したり商品を購入したりすることを目的としています。

ASPについて

ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダー(Affiliate Service Provider)の略で、”広告主”( 広告を出稿して商品を売りたい企業)と、”媒体主”(広告を掲載して、報酬を受け取りたい個人や企業)をつなぐ役割を担っています。媒体主(アフィリエイター側)は、たくさんの広告の中から自分の好きな商品やサービスを選択し、出稿できるためとても便利な存在です。初心者でも簡単に始めることができます。

アフィリエイト広告の仕組み

アフィリエイト広告の仕組みアフィリエイト広告の仕組みについて解説します。

まず広告主は、ASPを介してアフィリエイターと提携します。提携したアフィリエイターは、ASPが出している広告の中から、広告を選択して、自身のサイトやブログで宣伝、サイトを経由して成約に至った場合報酬が発生します。例えば、割引中の商品やサービスなどをブログなどで紹介、お問い合わせや購入完了に至った場合に、広告主が媒体主(アフィリエイター)へ報酬を支払うことになります。

取引の多くは、成果に至るまでの計測の仕組みなどを用意したりする必要があるため、広告代理店が提供するシステムを介して取引することが一般的です。

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告の種類について紹介します。

 

成果報酬型

アフィリエイト広告のなかで、最も利用されているのが「成果報酬型」です。サイト閲覧者がアフィリエイターのブログやメディアに貼られたリンクを経由して、商品を購入したり、成約に至ったりした場合、その件数に応じて報酬が支払われます。

成果報酬型は、広告の表示回数クリック数に関係なく成約に至らない場合、報酬は0円であるため、次に説明するインプレッション型やクリック型よりも難易度は格段に上です。しかし「成約に至れば購入金額の〇%が報酬」と最も単価が高くなります。

商品やサービスが売れない限り、費用が発生しないため、無駄に広告費をかけなくていいため、リスクの低い広告手法です。

インプレッション型

広告の表示された回数に応じて報酬を支払うのが「インプレッション型」です。アクセス数の多いサイトに広告を掲載する場合は、十分に効果を見込むことができ、多くの人に広告が表示されることで収益が増加します。

広告が表示されるだけで報酬が発生するのは嬉しい点ですが、広告表示の1回あたりの発生報酬は0円に近いです。成果報酬型やクリック型と比べて単価が低いと言われています。

クリック型

ブログに掲載された広告を閲覧者がクリックすれば収入が得られるのが「クリック型」です。多くのブログでこのような方法が導入され、「1クリック〇円」という形で設定されていますが、表示されている各広告によってそれぞれ違い、1クリックあたりの単価自体も公表されていません。

クリックからの流入数が多いサイトでは、クリックしてもらえるチャンスが増し、より収益を上げることが期待できます。

アフィリエイト広告のメリット

アフィリエイト広告のメリット

アフィリエイト広告のメリットを、3つ紹介します。

費用対効果が高い

「成果報酬型」のアフィリエイト広告は、アフィリエイターのブログやメディアを閲覧した顧客が商品を購入する、申込をする、あるいは広告をクリックされた時に報酬を支払うため、余計な広告費がかからないケースが多いです。

また、広告主が成果報酬の金額を決められるのも、アフィリエイト広告の魅力の1つです。ASPの利用には、月額の料金がかかりますが、その月額固定費さえ回収できれば費用対効果がマイナスになることはありません。

多くのユーザーにPRできる

アフィリエイターのサイトやブログを通じて、顕在層だけでなく、自社ブランドや商品を知らない潜在層に対して認知拡大できることもアフィリエイト広告の魅力のひとつです。認知度が上がることで、商品購入やサービスの申込完了だけでなく、実店舗への来店につながる可能性もあります。

初期費用が少ない

ASPを利用するには、初期設定費用がかかりますが、中には初期費用が0円のASPもあります。マス広告は広告費が数十万円以上かかるのに対し、アフィリエイト広告の出稿に関しては、ASPに支払う費用のみで運営を開始することができることも嬉しいポイントです。

活用方法

活用方法

アフィリエイト広告に出稿して効果が出やすい媒体、商品・サービスを紹介します。

アフィリエイト広告とリスティング広告

アフィリエイト広告はリスティング広告への影響力が非常に強い傾向があります。悩みのある人はまず、解決するために「検索」をすることが多いです。

検索の際に、「美容液 おすすめ」や「ダイエット食品 人気」などのキーワードで検索し、広告のクリックに繋がれば、ファーストコンタクトとなります。ファーストコンタクトの際に、魅力的な商品やサービスを提供するサイトであれば、自ずと購入などに繋がる可能性が高く、リスティング広告に相乗効果をもたらすことができます。

効果が出やすい商品・サービス紹介

アフィリエイト広告の出稿で、効果が出やすい商品・サービスは以下のようなものがあります。コンプレックス商品(ダイエット食品)や販売数の多い商品(コスメ、美容系商品)、申し込みのハードルが低い商品やサービス(無料会員登録)などが挙げられます。またアフィリエイターに好まれる商材や条件を設定することで、より多くのサイトへ掲載され、売上を伸ばす秘訣です。

まとめ

今回はアフィリエイト広告について概要から活用方法を紹介しました。アフィリエイト広告は低リスクで始めることができるため、とても便利なWeb広告です。広告の出稿を検討する際は、自社商品やサービスがアフィリエイト広告で収益を獲得できるかどうかなどを見定めてうまく活用していきましょう。

マーケティングでお悩みでしたら、
Bigmacにお任せください。

バナーマーケ・制作
バナーlefty
バナーマーケ
バナー総合
バナーマーケ
バナー総合
LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事