バズマーケティングでバズるための基礎知識

バズマーケティングでバズるための基礎知識

テレビや日常会話などで「バズる」という言葉を耳にすることが増えています。

そもそも「バズる」とは、どういうことを指すのでしょうか。特にSNS上で使われることの多い「バズる」というワードを含んでいる「バズマーケティング」についての解説と活用方法についてご紹介します。

バズマーケティングとは何?

バズマーケティングとは何?

バズマーケティングとは、SNS上で特に多く用いられる情報を拡散することを目的とした、口コミを活用したマーケティングの手法です。「バズマーケティング」「バズる」に使用されている「バズ」という用語は、「噂になる」といった意味の英語「Buzz」に由来しており、元々はインターネット上だけではなく口頭のコミュニケーションが始まりでした。

 

近年インターネットの拡散力が高まり、SNSがきっかけで商品購入やサービスの利用が多い傾向にあります。特に10代後半から20代の若者層にSNSの情報を利用する割合が高く、若者への消費行動のきっかけとして、インターネットを利用したバズマーケティングの影響力が大きいことがわかります。

バズマーケティングの進め方

バズマーケティングの進め方

バズマーケティングは、これまで行ってきた方法を残しつつも最新の方法を併用することのできるマーケティング手法です。「口コミ」もバズマーケティングの一つの方法ですが、使用媒体により進め方が異なります。

キャンペーンの実施

キャンペーンは企業が催すイベントです。SNSを利用したWeb限定のものもあれば、実際に会場や店舗で行われるものなど様々です。近年では、パソコンや携帯さえあれば参加できる手軽さと少ないコストで多くの人を集めることができるので、SNSを対象としたキャンペーンが多く催されています。

SNSの利用

バズマーケティングはSNS上で積極的に利用されています。理由としては、自然なカタチで商品を「宣伝」することができ、消費者に「宣伝」に対するストレスを与えにくいことがあります。

最近では、「宣伝」や「広告」に対して嫌悪感を覚えたり疲れを感じたりする消費者が少なくないことから、インフルエンサーの何気ない日常風景に商品を紛れ込ませ、後日「コメントで質問があったので」と商品を紹介する流れで販促しています。

テレビでまれに流れる「芸能人のカバンの中身チェック」と似ていますね。

お試しや体験のレビュー

バズマーケティングでは、無料や割引で商品やサービスを提供し商品の良さを知った消費者からのレビューを集める方法があります。

無償で商品を提供するためその分コストが発生しますが、多くの口コミを獲得することができます。一般の消費者だけでなく、インフルエンサーなどの影響力のある人物を起用することでより多くの口コミと認知度を得ることができます。

炎上商法

あえて批判を受ける内容を発信し、注目を集める方法です。おすすめはできません。

バズマーケティングを行う上でのポイント

バズマーケティングを行う上でのポイント

バズマーケティングの効果を最大限に発揮するためにも、成功のコツやポイントについて知っておくと良いです。そこで、次にバズマーケティングを行う上で気をつけるべきポイントを紹介します。

消費者間の情報を集める

バズマーケティングの重要なポイントは「口コミ」を集めることです。消費者間で情報のやり取りを行わせ「口コミ」を増やすことは、多くの人が話題にしている証明になります。中には好ましくない内容の情報もありますが、まずは「口コミ」多くの情報を集めることが必要です。

発信内容をその時々で変える

消費者にとって、その情報が正しいものかどうかについては問題ではありません。重要なのは「共感できる」「信頼できる」「信頼したい」と思い込ませる内容かどうかです。また、消費者の求めている傾向も頻繁に変わるため、一度うまくいった内容が半年後にも同じ効果を生むとは限りません。

その時々で消費者の傾向を調査し、先読みして消費者の思いに沿った行動をする必要があります。

情報をまとめて受け入れやすくする

消費者間で交わされた情報を受け入れやすいカタチにまとめることにより、バズマーケティングの効果を高めることができます。口コミは、内容が分かりやすければ分かりやすいほど拡散されます。

しかし、好ましい口コミばかりまとめても信頼度が低下する可能性があります。そのため好ましくない口コミも一緒にまとめ、偏りのない情報掲載を心がけましょう。また、見やすさも重要ですので、一覧にするなど画像や色を工夫すると効果が期待できます。

すでに運用されている、まとめサイトなどを参考にすると良いです。

インフルエンサーの起用

インフルエンサーは商品を宣伝する立場の人物ですが、消費者の立場でもあります。ですので、インフルエンサーの感想を多くのフォロワーや視聴者に伝えることができ、さらに消費者と積極的にコミュニケーションを取ることにより、消費者の生の声を聞くことができます。

また、「宣伝」に対して嫌悪感を覚える消費者に対しても、ストレスを感じさせることなく商品の良さを伝えることができます。

バズマーケティングは場所と方法で大きな効果が得られます

バズマーケティングは、消費者間の情報を活用することにより大きな効果を得られるマーケティング手法です。しかし、情報の受け手側の心情を配慮することを怠ると望ましくない形で情報が拡散されネガティブな印象を与えてしまいます。

「いつ」「どこで」「どのように発信するか」を十分に検討する必要があるため、不安な方はマーケティングのプロに相談するのもいいでしょう。

 

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事