SiteKitを使ってSEO情報をカンタンにまとめてチェックするには?

SiteKitを使ってSEO情報をカンタンにまとめてチェックするには?

SiteKitとは、サイト管理ツールGoogle SearchConsole(サーチコンソール)やアクセス解析ツール Google Analytics(アナリティクス)などと連結することができるGoogle公式のWordPress pluginsです。

WordPressプラグインとは

WordPressプラグインとは
WordPressは、初心者でも簡単にサイト作成ができるソフトウェアのことでWordPressの機能を追加しカスタマイズする拡張機能がプラグインとなります。様々な種類のプラグインがあり、有料のプラグインから無料で使用できるものもあります。

自分の使いたい用途で増やすことができるプラグインですが、プラグインの数が増えるとサイト表示のエラーや崩れなどが出たりサイト読み込みが遅くなってしまうことがあるので注意が必要です。プラグインの導入は必要なものを厳選する必要があります。そんなプラグインの中のひとつがSite Kitになります。

最新情報をいち早くお届け!

無料会員登録していただくと、
会員限定の特別コンテンツ記事を最後まで
読むことができます!
その他、更新情報・イベント情報を
お届けいたします。

Site Kitのメリット

SiteKitのメリット
SiteKitのメリットは、Googleから無料で利用ができることです。アナリティクス連携を利用することや、各種アクセス解析プラグインの全機能を利用するには有料版の購入が必要となる場合もあります。しかし、SiteKitbyGoogleは全て無料で利用できるので有料版購入の心配がありません。

また、広告やアクセス解析、流入キーワード、ページ表示速度等を別々のサービスで利用し閲覧しているのもSitKitがあればWordPress内ですべて閲覧することができます。Site Kitでは、 AdSenseの自動広告コードや、TagManagerのコンテナコード、アナリティクスのトラッキングコードが自動的に挿入されます。プラグインの使用やWordPressに直接記入、コード入力などの手間が不要になるのです。

Site Kitのデメリット

Site Kitのデメリット
無料で多数の機能が利用できるSiteKitですがデメリットもあります。サーチコンソールやアナリティクスを使いこなしている方には物足りないと感じる場合もありますし、日本語対応もまだしていません。インストール後、サイトを編集をしていたらサイトが止まってしまったという声もあります。

また、既にアナリティクスのコードを挿入しているのに、SiteKitが自動的にトラッキングコードを挿入してしまいアナリティクスが2重計測した結果、直帰率が減ったりPV数等が大幅に増加したという記事も確認できます。

SiteKitのインストール方法

SiteKitをダウンロード
①WordPress公式のsitekitページから「Install Site Kit」とクリックしプラグインのzipファイルをダウンロードします。この時、ダウンロードしたZIPファイル展開はせず自身のWordPressアカウントに移動しましょう。
②WordPressの新機能登録メニュー→「プラグインをアップロード」をクリック→WordPressのメニューバーからプラグインをクリック→新規追加をします。
WordPressのプラグイン追加画面
③「ファイルを選択」ボタンをクリック→ダウンロードした「gooole-site-kit.zip」をアップデートします。
④アップロード後「今すぐインストール」ボタンをクリックします。
⑤「プラグインを有効化」ボタンをクリックします。
⑥SiteKitのインストール完了になります。
⑦アカウント設定の画面が出現したらGoogleアカウントを設定しましょう。権限付与画面を許可します。Serch Consoleのみ有効化されていますので、 Analytics、Adsense、Speedも有効化しましょう。

SiteKitの設定

SiteKitの設定
SiteKitの設定中に問題が発生した場合は、WordPressのURLがサイトアドレスと一致するか確認することも必要となってきます。

WordPressのURL サイトアドレスのURL
SiteKitが機能する https://example.com https://example.com
SiteKitが機能しない http://example.com https://example.com

例えば、上記の表は「http」の「s」が抜けていると機能しません。どちらかのアドレスが少しでも違うと問題が発生する可能性があります。詳しく確認する場合は
Google公式のFAQがありますのでご確認ください。

一般のプラグインを利用する場合

一般のプラグイン利用
SiteKitのようにWordPressのGoogle公式プラグインディレクトリからインストールできるものもありますが、FTPなどで一般のサイトに公開されているプラグインを利用する場合もあります。

①/wp-content/plugins/ フォルダに、ダウンロードしたファイルを解凍してアップロードします。
②管理画面左メニューの「プラグイン」を開くと、インストールされているプラグインの一覧が表示されます。
③アップロードしたプラグインが含まれているので有効化すると利用出来るようになります。一度確認してみましょう。

SiteKitを利用してみよう

まとめ
Google公式のプラグインは、まだ日本語対応しておらず分らないことを調べようとしても英語で解読することになります。ですが、設定が簡単な上に無料で使用できるので、一気にSEO情報の確認をしたいというときにはすごく便利な解析プラグインだと思います。気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事